ウラジオストク。 JALとANAが、「ウラジオストク直行便」参入を同時発表した背景: J

ウラジオストク観光ガイド:行きやすくなった極東のヨーロッパ・ウラジオストクの街を歩こう

ウラジオストク

ロシアというと、遠い異国の地というイメージがあるかもしれません。 未知の世界への観光は危険と感じる人もいるでしょう。 しかし、同じロシアでも東側は北海道と海を隔ててお隣です。 韓国のソウルは日本から近いイメージがありますが、ウラジオストクはソウルよりも距離的には日本に近いのです。 そんなウラジオストクはロシアの中でも日本から行きやすい都市ということで、女子旅や一人旅の観光地として人気が高まりつつあります。 観光旅行なら、気になるのはやはり治安が良いのか悪いのかではないでしょうか?買い物を楽しむなら物価も知りたいところです。 ここではウラジオストクへの女子旅や一人旅などの旅行を計画している人のために、治安や注意点、物価を含めた買い物事情などを詳しく解説していきます。 ウラジオストクへの旅行を楽しむために、おすすめの観光スポットもご紹介しましょう! ウラジオストクはロシアの極東に位置する都市です。 もしかしたらアクセスが悪いのではと心配する人もいるかもしれませんが、日本からは飛行機でわずか2時間半という近さ。 帰りなら2時間10分程度です。 日本からは成田空港と関西空港からS7航空の直行便が出ています。 ソウル経由だと4万円を切る価格の便もあります。 また、ウラジオストクへの旅行は船で行くという方法もあります。 その場合、北海道の稚内と鳥取県の境港から船が出ています。 稚内からの船は夏季限定ですが、境港からは通年運航しています。 料金は稚内からだと片道18,000円、境港からだとエコノミーで片道26,000円です。 ウラジオストクは決して日本からのアクセスが悪いわけではないのです。 尚、船の料金や運航スケジュールは随時変更となる可能性がありますので、旅行計画の際に最新の情報をチェックするようにしてみてください。 観光旅行と言えば、現地での買い物も楽しみのひとつです。 ウラジオストクの買い物事情や物価はどうなのでしょうか? 物価に関して言えば、多くの場合、日本よりも安く感じるでしょう。 為替相場は常に変動しているため、物価も一概には高い安いが言えないところもあります。 ただ、物価の目安として1ルーブル=1. 7円とした場合、バスの料金は19ルーブル=32円程度です。 コーヒーは100ルーブル=170円程度。 ルーブルはこのところ安定傾向にあります。 ウラジオストクの物価が急に上がったり下がったりするような事態はないかもしれません。 ただ、観光客が多いレストランなどでランチを食べると、1,000円~1,500円程度と日本とあまり物価が変わらないと感じるかもしれません。 ちょっとお洒落なレストランでのディナーなら、5,000円前後を見ておくと良いでしょう。 旅行先での食事はダイレクトに物価の影響を受け、予算もケチケチと削りにくい部分ではあります。 海外旅行時の現地の食べ物には口に合う合わないがあり、どのようなものか事前に知りたいところです。 日本食という選択肢もあるのかチェックしたい人もいるでしょう。 ウラジオストクにはホタテの養殖場が多数あり、港町ということでイクラもたくさん取れます。 新鮮な海の幸が多いのは日本人にも嬉しい点でしょう。 ほかにもロシアの代表料理、ボルシチやピロシキ、ビーフストロガノフなど、日本人の口に合う食事もいただけます。 また、ウラジオストクはロシアの中でも極東に位置するため、中国や朝鮮半島の影響を受けたようなアジア風の料理も楽しめます。 また、大きなスーパーに行けば、日本の商品の買い物もできます。 たとえば、カップヌードルやビール、化粧品などです。 ロシア現地の商品なら物価が高いとは感じなくても、日本の商品になると基本的に日本より割高となります。 カップヌードルのキングサイズは日本では230円くらいですが、ウラジオストクでは333ルーブル=566円になります。 ウラジオストクは他の観光都市と比べて、現在のところまだ観光客が多いという状況ではありません。 ただ、中国とは地続きということもあり、中国人観光客は多い傾向にあります。 2017年以降は簡易ビザがスタートしたこともあり、日本人の観光客も急増しています。 特に目立つのが20代の男性や、20~40代ぐらいの女性です。 ウラジオストクは一番近いヨーロッパとして人気なのです。 街並みも帝政ロシアの趣を残すものが多く、一方でオシャレなカフェや雑貨店なども増えています。 日本人観光客が増えている背景には、政府の前向きな取り組みの影響もあります。 2017年には日本の観光庁とロシア政府観光局の間で、日ロの交流人口を増やすための共同プログラムに署名するなどの動きもありました。 今後もウラジオストクは日本人の身近な海外旅行先として、人気となることが予想されます。

次の

日本から一番近いヨーロッパ!極東ロシア ウラジオストク&ハバロフスク旅│旅する地球│近畿日本ツーリスト

ウラジオストク

見出し• ウラジオストクの概要 ロシア 内容 言語 ロシア語 通貨 ロシア・ルーブル 日本との時差 +1時間 観光ビザ 電子ビザを取得 コンセント Cタイプ チップ 基本的に不要 日本からのフライト時間 直行便で約2時間半 ウラジオストクは、ロシアの極東地域にあります。 成田空港からたった2時間半ほど、シーズンによっては片道2万円以下で行けることから、近年、人気の旅行先になってきました。 「日本から一番近いヨーロッパ」として、気になっている方も多いのではないでしょうか? たった2時間半で行けるのに街の雰囲気はヨーロッパ!港町の開放的な雰囲気を味わえるので、夏のプチ旅行におすすめです。 コンパクトな街なので、2泊3日~3泊4日あればOKです。 ちなみに冬は極寒!ですが、冬のウラジオストク旅行なら本場のバレエを鑑賞したり、名物の氷上マラソンを楽しむことができます。 また、電子ビザを簡単に取得することができるのもうれしいポイント。 今までモスクワ、サンクトペテルブルク、ムールマンスクを訪れましたが、ウラジオストクは本当に開放的で垢抜けています。 それは女性のファションを見れば一目瞭然! とてもカラフルで華やかです。 滞在中は、ロシア人以外にも中国人、韓国人、朝鮮人を見かけました。 人々の表情も明るいコスモポリタンな街、それがウラジオストクです。 ウラジオストクを訪れる際のアドバイス Photo by 新田浩之 ウラジオストクへ訪れる際はビザに気を付けましょう。 ウラジオストクイン、ウラジオストクアウトですと8月8日からスタートしたオンラインでのビザ申し込みが可能です。 ウラジオストク以外の街(ハバロフスクやナホトカ)を訪れる際は、従来通りのやり方でビザを取得する必要があります。 今後、ビザの取得方法が変更になる可能性もあるので、訪れる前にビザの取得方法をチェックしましょう。 ウラジオストクの治安・ウラジオストク観光の注意点 ウラジオストクの治安は安定していて、観光しやすい街です。 ですが、裏通りに入ると人気がぐっと減ることがあるので、女性の夜の一人歩きは避けてください。 ヨーロッパ諸国と同様にスリや置き引き、引ったくりへの注意も必要です。 英語はあまり通じないこともあります。 僕が泊まったホステルのスタッフは、韓国語はペラペラだけど英語はあまり……ということもありました。 移動に関しては、電車は走っていないので、基本的にはタクシーかバスを使うことになるでしょう。 ただタクシーの運転手さんも、ほとんど英語が通じないので、行き先をロシア語で書いたメモなどを用意しておくことをおすすめします。 現地ツアーを予約するという方法もあります。 ロシアには、「ヤンデックス」という、Uberに似たタクシー配車アプリがあります。 ですが、登録には、現地で使える電話番号が必要。 また運転手さんからはすぐにロシア語で電話がかかってくるので(地図上に、乗客の現在地は表示されているのですが)、ロシア語が話せないと使いこなすのが難しかったです。 ウラジオストクで食べるべき料理 ウラジオストク観光のおすすめは、本場のロシア料理にチャレンジすること!ボルシチ、ピロシキといった定番ロシア料理はぜひ食べてみてほしいです。 また日本ではあまり食べられないジョージア(グルジア)料理もおすすめ。 は、「プハリヒンカリ」というお店で「シュクメルリ」を食べて、とても感動しました。 2019年12月には「松屋」がシュクメルリの全店販売を始めたことで話題になりました。 いつも店内は満員で、超人気店であることがうかがえました! 「シーバックソーン」というフルーツティーもおいしかったです。 現地の人は、冬場ビタミンが不足するため、フルーツティーを大量に飲んでビタミンを摂取するそう。 いろいろな種類があるようでした。 ウラジオストクのベストスポット Photo by 新田浩之 ウラジオストクのベストスポットはアドミラーラ・フォーキナ通りです。 とにかく、この通りは華やかで垢抜けています。 きっと、この通りを歩くとロシアに対するイメージが大きく変わることでしょう。 アドミラーラ・フォーキナ通りをまっすぐ進むと海(スポーツ湾)に出ます。 郊外にあるので、タクシーで行くのがいいかもしれません(筆者は散歩がてら30分ほど歩いて行きました)。 料理は、一般的な韓国料理が食べられます。 メニューに日本語表記があるので安心!羊肉の炒め物と北朝鮮名物の冷麺をオーダーしたのですが、いずれもとてもおいしかったです。 日によって20時~ディナーショーが開催され、北朝鮮の女性が歌を歌ってくれます。 異国情緒が感じられるレアな経験なので、ぜひウラジオストクに行かれる際はチャレンジしてみてください。 鳥取県からは、なんと船でも行くことができます。 日本から近いといっても、街並みはヨーロッパ!気軽にヨーロッパ気分を味わうことができます。 コンパクトな街なので、週末旅行にもおすすめです。 ウラジオストクとシベリア鉄道 ウラジオストクは、モスクワから走っているシベリア鉄道の終着点であり、出発点です。 時間がある方にはぜひ経験していただきたいのですが、チケットの買い方が難しいのでご注意を。 チケットは窓口でも購入できますが、「駅員さんたち英語通じるかな?」と不安だったので、筆者は日本でWeb予約しました。 サイトがロシア語だったので、英語に翻訳しつつですが、無事に予約できました。 なお、シベリア鉄道の予約の仕方がわかりやすく解説されているサイトもありますが、手数料が含まれていて、とても高かったりするので注意してください。 そこは正しくヨーロッパの雰囲気「アドミラーラ・フォーキナー通り」 Photo by 新田浩之 最初にご紹介するのはウラジオストクの中心からスポーツ湾へと通じる「アドミラーラ・フォーキナー通り」です。 別名「噴水通り」とも呼ばれており、通りの真ん中に大きな噴水がいくつも存在します。 この通りは歩行者天国になっており、のんびりと散策することができます。 通りに面する建物と雰囲気は「ロシア」と言うよりは「ヨーロッパ」という感じ。 人々の服装もどこか垢抜けています。 少し華やかな雰囲気が楽しめると同時に、日本からわずか2時間でこのようなスポットがあること自体に驚くはずです。 「スポーツ湾」は簡単なビーチになっており、人々は日光浴や海水浴を思い思いに楽しんでいます。 雰囲気はどこかのんびりしており、海を見ているだけでもリラックスできるでしょう。 周辺には趣向を凝らした露天が軒を連ね、見ているだけでも楽しくなってきます。 その中で、ぜひ訪れて試してほしいのがマロージナエ(アイスクリーム)! ロシアのアイスクリームは濃厚で安くて本当においしいです。 アイスクリームを食べながら、海をのんびりと眺めるのがウラジオストク風の休日の楽しみ方です。 もともと軍港として栄えたので、ソ連時代は「閉鎖都市」として外国人の立ち入りが禁じられていました。 ソ連崩壊後、ウラジオストクは「アジアへの窓口」として開放され、発展を続けています。 2012年にはAPECの首脳会談がウラジオストクで行われました。 そんな発展するウラジオストクを観察できるのが「鷹の巣展望台」です。 「鷹の巣展望台」からはウラジオストクの街並みが一望できます。 その中で注目すべきは長さ737メートルの「黄金橋」。 APEC首脳会談に合わせるために2012年に完成しました。 他にも、新しいアパートやビルが見られます。 「鷹の巣展望台」からの風景はあなたのロシアのイメージを変えるのではないでしょうか。 3つ目のバス停で降り、そこから徒歩20分 ・所要時間:30分~1時間 ・オススメの時期:冬以外 迫力ある潜水艦を見学できる「潜水艦C-56博物館」 Photo by 新田浩之 先ほども紹介した通り、ウラジオストクは軍港として発展しました。 冷戦時代は、太平洋に出られる数少ない港として、戦略的に重要だったのです。 そのような「軍港 ウラジオストク」を感じることができるスポットが「潜水艦C-56博物館」です。 この潜水艦はソビエト時代の主力潜水艦で、ウラジオストクにも多数配備されていました。 実際に、現役そのままの潜水艦に入ることができ、設備も触ることができます。 まるで、映画のセットみたいで迫力満点!なお、船内を撮影する際は追加料金が必要ですのでご注意ください。 そうです、ここからモスクワ行きの列車が出発するのです。 モスクワまでは6泊7日の道のり!ぜひ、シベリア鉄道にチャレンジしてみましょう。 シベリア鉄道に乗らなくても「ウラジオストク駅」は立ち寄りたいスポット。 モスクワから来た列車を眺めると、ロシアの広大さを実感することでしょう。 また、「ウラジオストク駅」の時計にも注目したいところ。 全てモスクワ時間で表示されています。 なお、ウラジオストクとモスクワの時差は7時間です。 少しロマンチックな気分に浸れる、そんなユニークな駅です。 空港から電車で街に向かうと、橋からの美しい景色を堪能できますよ。 毎日11~19時の間には、金角湾を巡る遊覧船ツアーも催行されています。 , 29, Vladivostok, Primorskiy kray, Russia, 690000 ・電話番号:0423240-233 ・公式サイトURL: ギャンブルを楽しめる「ティグレ・デ・クリスタル」 ウラジオストクでギャンブルを楽しみたい方必見!ティグレ・デ・クリスタルは、ウラジオストク近郊の公認ギャンブルエリアにある唯一のカジノで、スロットマシーンやルーレットなど、様々なギャンブルに挑戦できます。 将来的には、カジノの他にレジャー施設やホテルなどを建設し、「極東のマカオ」として発展させていく予定だそうです。

次の

ロシア最大!ウラジオストク プリモルスキー 水族館へ行ってみた!

ウラジオストク

ロシア語版記事の機械翻訳されたバージョンを(各言語から日本語へ)。 Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。 もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 を行うため、に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。 記述方法については、を参照ください。 に、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 ウラジオストク市内と金角湾を挟んだチュルキン半島を結んでいて、全長は2. 1キロメートルで、海上の長さは1,388メートル、主なスパン間は737メートル。 早くも1959年に、当時の指導者が、ウラジオストクを「ソビエト連邦の」にすることことを要求していた。 1969年には、金角湾橋は都市開発計画に含まれていたが、建設はまだ開始されていなかった。 この橋の建設は2008年7月25日に始まり、・と共に、2012年に向けた三本の架橋プロジェクトのひとつであった。 橋は2012年8月11日に正式に竣工し、8月13日に開通した。 それまで、金角湾の北と南を直接結ぶ陸上交通はなかった。 黄金橋 は(~)の一部になっている。 脚注 [ ].

次の