ババア 英語。 英語の悪口一覧|ネイティブがよく使う厳選33個の例文集や単語

ロリババァとは (ロリババァとは) [単語記事]

ババア 英語

概要 [ ] 奈良県では、人が神社のそばや人通りの少ない森の中を歩いていると、砂を振りかけて脅かすものとされる。 兵庫県では、ある松の木の上に砂かけ婆が出没し、砂をかける音が聞こえてきたものの、実際に砂が振りかかってくることはなかったという。 兵庫県の稲荷神社でも、夜に鳥居の下をくぐると上から砂をかけられるといわれ、また同市内のでも砂かけの怪異があったという。 民俗学者・の著書『妖怪談義』に記述がある妖怪のひとつで 、その話の出所は柳田の友人、沢田四郎作(さわたしろうさく)医学博士の『大和昔譚』である。 同書には「おばけのうちにスナカケババといふものあり、人淋しき森のかげ、神社のかげを通れば、砂をバラバラふりかけておどろかすといふもの、その姿見たる人なし」とある。 に設置された砂かけ婆のブロンズ像 砂かけ婆の姿 [ ] 誰も姿を見たことがないといわれ、古典の絵巻などにも描かれていないために姿形は不明とされるか 、もしくは姿を持たない妖怪とされている。 自分の醜さを嫌って姿を人前に現さないという説もある。 ・以降には、による漫画『』でと共に戦う正義の妖怪としての活躍により一躍、全国的に有名な妖怪となり 、同漫画をはじめとする水木の妖怪画にある、和服の老婆姿が一般的なイメージとなっている。 妖怪研究家・によれば、この妖怪画はの郷土芸能・の面がモデルとされる。 水木以外の昭和以降の妖怪関連の書籍の妖怪画でも、便宜上その名の通り老婆の姿で描かれることが多い。 正体 [ ] 西宮市や尼崎市の砂かけ婆は、名前は「婆」でも実際にはの仕業とされる (砂を撒くタヌキの妖怪についてはを参照)。 滋賀県のでは、正体をタヌキではなく老婆とする例がある。 民族誌『草津のふるさと文化』の「砂ほりばばあ」項では、 砂ほりばばあ(関西弁で砂を放る婆の意)といって、現在の追分町という地域にある竹薮の一角に婆が住み着き、そこを通る村人に砂を投げつけたという。 そのため、子どもたちは「このやぶ通ったら、砂かけられる。 砂ほりばばあがおるわいなぁ。 」と竹藪の笹を千切っては投げ合いながら遊んでいたという。 一方、隣町の滋賀県のでは、正体は「てんころ」という動物とする例がある。 民俗誌『栗東の民話』の「目川の砂ほりばばあ」項によれば、現在の目川の治田小学校にある竹やぶを、「てんころやぶ」と呼ばれていた。 「てんころ」とは、タヌキとイタチのあいのこを指す動物で、その動物が住みついていたという。 人が竹やぶの近くを通りかかると、 その動物がガサガサと音を出し、人を脅かすものとされる。 そのあたりの人は「砂ほりばばあが住んでる」と恐れられているという。 また、滋賀県の八日市でも何者かが川から砂を投げつけ、砂に当たると足がたたなくなったり体調が悪くなったりしたというが、妖怪研究家・は、ではで砂を雨に見立てた広瀬神社の「砂かけ祭り」という雨乞いの神事や、砂をかけ合って「砂かけ婆だ」と囃し立てる祭りのある地域もあることから、そのような神事や祭りが砂かけ婆の伝承に繋がった可能性を示唆している。 鳥が空を飛びながら体に付着した砂を落としたものが、こうした砂かけの怪異の正体だとする説もある。 名称の「婆」は老婆ではなく、汚物を意味する方言の「ババ」を由来とする説もある。 類話 [ ] 砂かけ婆の正体をタヌキとする説と同様、小動物が人間に砂をかける怪異は、日本全国に例が見られる。 の民俗誌『筑紫野民譚集』によれば、福岡県での木の上からタヌキが通行人目がけて砂を撒き、さらにその人の前に垣を作り出して行く手を塞いだと記述がある。 でもタヌキが人に砂をかけた話がある。 、でも 砂撒き狸(すなまきだぬき)といって、同様にタヌキが夜道で砂をかけてくるという。 の流域でいう砂撒き狸は、体に砂をつけたタヌキが木に登り、人が通りかかると体を震わせて砂を撒く 、または猫ほどの大きさの小動物が木に登り、通行人に砂を振りまくなどといわれた。 新潟のの妙照寺に住む老いた砂撒き狸は信心深く、佐渡にされたのもとを子の忠子内親王が訪れる際、荒れた道に砂を撒いてならし清めたといわれ、砂撒きを見た人は忠子内親王が父に逢いに来た日だと知ったという。 字前組では 砂ふらし(すなふらし)といい、タヌキが人に砂をかけることで方向感覚を狂わせて道を迷わせ、水辺に落としてしまうという。 新潟の民俗誌『越後三条南郷談』によれば、新潟県大面村(現・)字矢田の翁坂では 砂撒き鼬(すなまきいたち)といって、が後ろ足で砂をかけ、また人の蝋燭の火を奪うこともあるといい 、の正体であるともいう。 脚注 [ ] []• 201-202• 103• 2008年4月16日閲覧。 加藤恵「県別日本妖怪事典」『歴史読本 臨時増刊』第34巻第24号(通巻515号)、、1989年12月、 325頁、。 他『妖怪馬鹿』〈新潮OH! 文庫〉、2001年、353頁。 125• ホラーアリス妖怪王. 2013年6月13日時点のよりアーカイブ。 2014年11月6日閲覧。 『図説 日本妖怪大全』〈〉、1994年、261頁。 及川儀右衛門「筑紫野民譚集」『日本民俗誌大系』第2巻、他編、、1975年、459頁。 早川孝太郎「猪・鹿・狸」『世界教養全集』21、、1961年、461-462頁。 『全国妖怪事典』〈小学館ライブラリー〉、1995年、62頁。 104-105• 笠井新也「阿波の狸の話」『日本民俗誌大系』第3巻、池田彌三郎他編、角川書店、1974年、260頁。 外山暦郎「越後三條南郷談」『日本民俗誌大系』第7巻、池田彌三郎他編、角川書店、1974年、214頁。 参考文献 [ ]• 『怨霊のふるさと〈兵庫のミステリー〉』、1972年。 『妖怪お化け雑学事典』、1991年。 宮本幸枝・熊谷あづさ『日本の妖怪の謎と不思議』、2007年。 他『百鬼夜行解体新書』松田孝宏他編、、2000年。 『妖怪談義』〈〉、1977年(原著1956年)。 山田良隆「スナカケババ」『民間伝承』第4巻第3号、民間伝承の会、1938年12月、。 妖怪ドットコム『図説 妖怪辞典』、2008年。 関連項目 [ ]• (砂男) - ドイツの妖怪.

次の

【悪口スラングは使用注意】かっこいい英語のスラング50選

ババア 英語

A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... A ベストアンサー I mean・・・ 今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。 I like this book. この本好きなの It's interesting for me. おもしろいんだよね I mean, the story was good, and characters, too. ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね You know・・・ 意味はないです。 単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。 You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client. あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。 一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。 また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。 I mean・・・ 今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。 I like this book. この本好きなの It's interesting for me. おもしろいんだよね I mean, the story was good, and characters, too. ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね You know・・・ 意味はないです。 単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。 You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t... A ベストアンサー イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。 例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに 組織されています。 つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。 しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して 公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。 ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。 一応これは一つの例ですけど。 というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。 こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。 この説明で理解してくれると思いますけどね。 イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオ... A ベストアンサー アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。 これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。 その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。 つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。 これってすごく違うことだと思いませんか? 思って欲しいのです。 動作であるからこそ、I would like to apoligizeとはいえるけどI would like to be sorryとは言えないと言う事を考えればすぐ分かるわけですね。 つまり、I would like to apoligize you all and I would like to apoligize you all and express it from the bottom of my heart, "I am sorry. "と言う表現がまったく違和感無く使えるわけです。 重複している文章ではないわけですね。 と言う事は、謝罪をするのかごめんなさいと言うフィーリングを伝える表現なのかと言う違いがあるわけです。 そうすると、apologizeの方は「文章として使え」、I'm sorryはフィーリングを著説あらわす表現だと言うことになります。 ですから、この違いをしっかりつかんでおけば、謝りたい、謝った、謝るつもりだ、と言うフィーリングを出すときにはapologizeと言う単語当然のごとく使いたくなるわけで、文章にするわけですね。 その謝りたい時に言う表現が「ごめんなさい」と言うせりふになるように、I'm sorryと言う表現を使うわけです。 I thank you. とThank you! の違いに似ているかな。 こちらの方が同じ単語を使うのでちょっと分かりにくいかもしれませんが、感謝しまうと言う文章か「サンキュー」と言うせりふか、の違いですね。 日本でも、謝るときに「謝罪いたします」や「深く感謝いたします」と言う表現もせりふとして使いますね。 でも、どんなときに使いますか? この表現が口から出るときの状況や感覚を感じてください。 今回の英語の表現もまったく同じなのです。 これを口語・硬い表現と分類したところでどうやって使うのかは分からないのではないでしょうか、とふと思いました。 参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。 アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。 これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。 その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。 つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。 A ベストアンサー sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。 A ベストアンサー onomatopoeia 擬音語 interjection int. 間投詞・感嘆詞 などとですネ。 about. about. htm onomatopoeia 擬音語 interjection int. 間投詞・感嘆詞 などとですネ。 about. htm bang バン・ガン とたたく 、 ドアなどが バタン と閉まる bonk バン・ガン・ゴツン・ボイーン と打つ・たたく・なぐる・ぶつかる bong ボーン・ゴーン 鐘・ゴング・呼び鈴などの音 ゴツン・ボカッ boom ドカーン と鳴る音 、ブーン と鳴く声 bop ボカッ bump ドン・バタン・ドス... A ベストアンサー Hamburger steakという言い回しは辞書にも載っているのであるのだとは思いますが、アメリカでよく耳にする表現ではないですね。 ドイツ料理店やギリシャ料理店なんかではGerman steakとかHamburger steakと言う表現を目にするかもしれません 普通一般のダイナーやレストランでそういうメニューがあるかなあと考えると、質問者さんがお書きのSalisbury steak が一番近いのではないでしょうか。 Hamburgerのバン抜きと注文することも出来ますね。 ただ微妙に違いますが。 日本でのハンバーグステーキには必ずといっていいほどつなぎが入っています。 卵とかパン粉とかたまねぎのみじん切りとか。 アメリカでHamburgerと言ったらつなぎが入っていることはめったにありません。 塩コショウと多少のスパイスで味付けされたひき肉パティを指すわけですから。 Salisbury steak はひき肉につなぎが入っているものです。 ですのでこれが一番近いかと思います。

次の

日本語で老人に対する侮辱語で「ジジイ」「ババア」もっとひどいので「

ババア 英語

A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... A ベストアンサー I mean・・・ 今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。 I like this book. この本好きなの It's interesting for me. おもしろいんだよね I mean, the story was good, and characters, too. ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね You know・・・ 意味はないです。 単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。 You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client. あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。 一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。 また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。 I mean・・・ 今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。 I like this book. この本好きなの It's interesting for me. おもしろいんだよね I mean, the story was good, and characters, too. ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね You know・・・ 意味はないです。 単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。 You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t... A ベストアンサー イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。 例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに 組織されています。 つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。 しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して 公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。 ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。 一応これは一つの例ですけど。 というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。 こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。 この説明で理解してくれると思いますけどね。 イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオ... A ベストアンサー アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。 これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。 その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。 つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。 これってすごく違うことだと思いませんか? 思って欲しいのです。 動作であるからこそ、I would like to apoligizeとはいえるけどI would like to be sorryとは言えないと言う事を考えればすぐ分かるわけですね。 つまり、I would like to apoligize you all and I would like to apoligize you all and express it from the bottom of my heart, "I am sorry. "と言う表現がまったく違和感無く使えるわけです。 重複している文章ではないわけですね。 と言う事は、謝罪をするのかごめんなさいと言うフィーリングを伝える表現なのかと言う違いがあるわけです。 そうすると、apologizeの方は「文章として使え」、I'm sorryはフィーリングを著説あらわす表現だと言うことになります。 ですから、この違いをしっかりつかんでおけば、謝りたい、謝った、謝るつもりだ、と言うフィーリングを出すときにはapologizeと言う単語当然のごとく使いたくなるわけで、文章にするわけですね。 その謝りたい時に言う表現が「ごめんなさい」と言うせりふになるように、I'm sorryと言う表現を使うわけです。 I thank you. とThank you! の違いに似ているかな。 こちらの方が同じ単語を使うのでちょっと分かりにくいかもしれませんが、感謝しまうと言う文章か「サンキュー」と言うせりふか、の違いですね。 日本でも、謝るときに「謝罪いたします」や「深く感謝いたします」と言う表現もせりふとして使いますね。 でも、どんなときに使いますか? この表現が口から出るときの状況や感覚を感じてください。 今回の英語の表現もまったく同じなのです。 これを口語・硬い表現と分類したところでどうやって使うのかは分からないのではないでしょうか、とふと思いました。 参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。 アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。 これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。 その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。 つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。 A ベストアンサー sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。 A ベストアンサー onomatopoeia 擬音語 interjection int. 間投詞・感嘆詞 などとですネ。 about. about. htm onomatopoeia 擬音語 interjection int. 間投詞・感嘆詞 などとですネ。 about. htm bang バン・ガン とたたく 、 ドアなどが バタン と閉まる bonk バン・ガン・ゴツン・ボイーン と打つ・たたく・なぐる・ぶつかる bong ボーン・ゴーン 鐘・ゴング・呼び鈴などの音 ゴツン・ボカッ boom ドカーン と鳴る音 、ブーン と鳴く声 bop ボカッ bump ドン・バタン・ドス... A ベストアンサー Hamburger steakという言い回しは辞書にも載っているのであるのだとは思いますが、アメリカでよく耳にする表現ではないですね。 ドイツ料理店やギリシャ料理店なんかではGerman steakとかHamburger steakと言う表現を目にするかもしれません 普通一般のダイナーやレストランでそういうメニューがあるかなあと考えると、質問者さんがお書きのSalisbury steak が一番近いのではないでしょうか。 Hamburgerのバン抜きと注文することも出来ますね。 ただ微妙に違いますが。 日本でのハンバーグステーキには必ずといっていいほどつなぎが入っています。 卵とかパン粉とかたまねぎのみじん切りとか。 アメリカでHamburgerと言ったらつなぎが入っていることはめったにありません。 塩コショウと多少のスパイスで味付けされたひき肉パティを指すわけですから。 Salisbury steak はひき肉につなぎが入っているものです。 ですのでこれが一番近いかと思います。

次の