キャンパス スクエア 追手 門。 Campus Square for WEB 概要・利用方法

交通アクセス・キャンパスマップ — 大阪市立大学

キャンパス スクエア 追手 門

Campus Square for WEB 概要・利用方法 「Campus Square for WEB(キャンパス・スクエア・フォー・ウェブ)」は、学生生活に必要な情報をインターネットから閲覧・登録できるシステムです。 ・ご利用のブラウザでJavaScripとcookieが有効でないと、Campus Square for WEBは正常に動作しません。 ご利用のブラウザで有効になっていることを確認してください。 ・「学籍情報」・・・大学に登録されている学生本人・保証人の情報 ・「履修状況」・・・時間割、 履修登録 ・「お知らせ掲示板」・・・大学からのお知らせ ・「休講・補講」・・・休講や補講、教室変更のお知らせ ・「お知らせ掲示板のメール配信」・・・お知らせ掲示板に掲載された内容を登録したメールアドレスに配信 ・「アンケート」・・・大学からアンケート 成城大学について• 大学概要• 大学の取り組み• 学生生活• 大学院• 教育支援• 民俗学研究所• 経済研究所• 研究機構• グローカル研究センター• 治療的司法研究センター• 私立大学研究ブランディング事業• 社会貢献• 社会貢献• コミュニティー・カレッジ• オープン・カレッジ• キャリア• キャリア• キャリア教育・支援• 国際交流• 国際交流• 成城の留学プログラム•

次の

追手門学院大学(茨木安威キャンパス)の学生マンション特集|学生マンション賃貸のユニライフ

キャンパス スクエア 追手 門

概要 [ ] 歴史 (11年)に開校した「高知中学校」を前身とする。 (25年)に創立135周年を迎える。 2018年(平成30年)には創立140周年記念式典が開かれた。 高知県内ではに次いで歴史が長い。 校訓 「質実剛健」「文武両道」 校章 を開始した(昭和24年)12月に制定。 旧制中学校時代のの校章にちなみ、シンボルツリーのの葉を6枚並べ、中央に「高」の字を置いている。 制作は当時の在学生(高校3年)の金沢弥三平による。 校歌 作詞は中島佐輔、作曲は平井康三郎による。 歌詞は4番まであり、各番とも校名の「追手前」で終わる。 イメージキャラクター 「追手前OO(おお)くん」(校名にちなむ)・「ギンコちゃん」(スクールツリーの銀杏にちなむ) 旧制中学校卒業生のによってデザインされた。 進路 進学を希望する生徒が大半であり 、補習授業や小テストが年間を通じて実施されている。 校内では、「大学受験のための学習は集団で努力するものだ」という考え方から、全校および学年を「 チーム追手前」と呼称することがある。 学校紹介ビデオにおいても、この言葉について触れられている。 大学進学講座 主に土曜日の午前に、全生徒対象の補習授業が実施されている。 1限60分(3年生は80分)で3限設定されており、15分間の休憩時間が設けられている。 施設 が予想されているため、(平成23年)から大規模な工事が行われている。 同年10月には南体育館の取り壊し工事が、(平成24年)2月には新館の耐震工事が完了した。 今後は、本館および本館増築部の耐震工事、南体育館の改築工事などが行われる。 校舎および文化施設• 本館と新館に分かれており、ほぼ全ての教室に冷暖房が完備されている。 新館は選択科目の教室が複数あり、放課後や休日に学習する場としても利用されている。 本館横の多目的ホール(芸術ホール)は、校内行事のみでなく演劇祭や総合文化祭、唱歌コンクールなど高知県の文化行事の会場としても使用されることがある。 生徒・教職員間での通称は「芸ホ(げいほ)」。 本館北のレオスクエアは、一階に食堂、売店、校史資料室等があり、二階に体育館、三階に卓球場がある。 「レオ」とは、卒業生である第27代・が「ライオン宰相」と呼ばれたことによる。 校舎屋上には時計台があり、スクールシンボルとなっている。 体育施設• 25mプール、グラウンド、テニスコート(2面)、北体育館(武道場(・))、南体育館 同窓会 「高知追手前高等学校校友会」と称している。 に支部を置いている。 旧制中学校時代の卒業生も含み、同窓生は「校友」と呼ばれている。 分校 [ ] 吾北分校(ごほく)• 所在地 - 高知県上八川甲2075番地1( )• 設置課程・学科 - 全日制課程 普通科(定員40名) - 2年次より普通型と生活環境型に分かれる。 吾北分校は身元引受人がいれば、県外からも志願できる。 設置課程・学科 [ ] 全日制課程• 人文コース• 2年への進級時に下記のコースを選択する。 人文・語学コース: の教科・科目を中心とした学習を行う。 自然科学コース: 理数系の教科・科目を中心とした学習を行う。 沿革 [ ] 前史• (明治7年) - 西弘小路の高知県庁内に学舎を設置し、その中に中学校に準ずる「変則中学」を設置。 (明治9年) - 附属変則中学と改称。 修業年限を2か年半とし、これを5級に分け、6か月毎に進級するものとする。 (明治10年)8月 - 帯屋町(現: 所在地)に新築移転。 旧制中学校・新制高等学校(男子校)時代• (明治11年) - 変則中学が廃止され、 高知中学校として独立。 この日を創立記念日に制定。 尋常科と高等科を設置し、各科の修業年限を4か年とし、6か月毎に進級するものとする。 (明治14年) - 第1回卒業式を挙行。 この時の卒業者数は4名。 (明治17年)• - 帯屋町から西弘小路に移転。 - 安芸・赤岡・佐川・中村の4中学校を分校とする。 (明治18年) - 上記の4分校を廃止し、本校に統合。 (明治19年)• 7月 - 高知県高知師範学校と共用の新校舎が追手筋35番地(現在地)に完成し移転。 中央より西側を高知県高知師範学校、東側を高知中学校が使用する。 9月 - 高知尋常中学校、 高知県尋常中学校と改称。 尋常科・高等科を廃止し、修業年限を5か年とし、1年毎の進級とする。 - 校章()と制帽着用を制定。 (明治20年) - 女子部を設置。 (明治23年) - 女子部の第1回卒業式を挙行。 この時の卒業者数は10名。 (明治26年) - 女子部が分離し、として独立。 (明治32年)• - 高知県師範学校がに移転。 移転後の校舎はすべて高知県尋常中学校に移管される。 4月1日 - 高知県中学校と改称。 - 中学校(高知県第二中学校)の新設に伴い、 高知県第一中学校と改称。 (明治33年)4月 - 安芸分校を設置。 (明治34年) - 高知県立第一中学校と改称。 (明治36年)4月1日 - 安芸分校が分離し、として独立。 (明治45年)4月1日 - 高知県立第二中学校を統合。 (11年)4月1日 - 中学校()の新設により、 高知県立高知城東中学校と改称。 (6年) - 新校舎(現校舎)が完成。 (昭和15年)4月1日 - 高知県立夜間中学校を併設。 入学資格を(翌年から国民学校初等科)修了程度、修業年限を5か年とする。 (昭和20年)4月1日 - 高知県立夜間中学校が高知県立建依 中学校に改称。 入学資格を修了程度、修業年限を4か年に変更。 (昭和22年)4月1日 - (六・三制の実施)。 旧制中学校の募集を停止。 旧制中学校3・4年修了者はそのまま旧制中学校4・5年となる。 を併設(以下・併設中学校)し、旧制中学校1・2年修了者を新制中学2・3年生として併設中学校に収容。 併設中学校は新制ではあったが、あくまで暫定的なものであったため新たな生徒募集は行われず、在校生が旧制中学から収容された2・3年生だけであった。 (昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制)に実施により旧制中学校が廃止され、新制高等学校 高知県立高知新制高等学校(男子校)が発足。 旧制中学校の卒業生(希望者)を新制高校3年、旧制中学校4年修了者を新制高校2年として編入。 併設中学校卒業生を新制高校1年として収容。 併設中学校は新制高校に継承され、在校生が3年生だけとなる。 旧制高知県立建依中学校を統合し、定時制課程とする。 (昭和24年)3月31日 - 最後の卒業生を送り出し、併設中学校を廃止。 新制高等学校(男女共学)• 1949年(昭和24年)• - に基づく高知県内公立高校再編により、 高知県立追手前高等学校と改称し、となる。 12月 - 新校章(現校章)を制定。 (昭和25年) - 高知県立高知追手前高等学校(現校名)と改称。 (昭和26年) - 定時制上八川分校を設置。 (昭和28年) - 校歌を制定。 (昭和33年)• 3月31日 - 家庭科館が完成。 - 町村合併に伴い、上八川分校を吾北分校と改称。 (昭和34年) - 体育厚生館(現・南体育館)が完成。 (昭和47年)• 4月1日 - 定時制課程が統合・分離の上、として独立。 ただし新校舎完成までの間、校舎の共用を継続。 - プールと家庭科館を解体。 (昭和48年)3月31日 - 2号館(新館)が完成。 (昭和49年) - 新プールが完成。 (昭和50年)4月1日 - 高知県立高知北高等学校の新校舎が完成したため、校舎の共用を解消。 (昭和52年) - 新体育館(北体育館)が完成。 (昭和53年) - 創立100周年記念式典を挙行。 (昭和59年) - を解体。 (昭和61年) - 多目的ホールが完成。 (平成元年) - 失業対策事業休憩室が完成。 (平成5年) - を改修。 (平成6年)4月1日 - 人文・語学コースと自然科学コースを設置し、コース制を開始。 (平成8年)4月1日 - この時の入学生から全クラスコース制となる。 (平成12年)4月1日 - 総合科学コースを設置。 (平成13年)4月1日 - を導入。 学校行事 [ ] 本校 2001年(平成13年)4月1日よりを採用している。 前期(4月〜9月)• 4月 - 入学式、始業式、オリエンテーション(1年)、生徒総会• 5月 - PTA総会• 6月 - 前期中間試験、ホームマッチ、実力テスト、岡山大学研修(2年)• 7月 - 特別課外補習• 8月 - オープンキャンパスツアー (2年)、課題テスト• 9月 - 文化祭・文化講演、体育祭、前期末試験、遠足 後期(10月〜3月)• 10月 - 始業式、中学生対象学校説明会、実力テスト• 11月 - 県内大学訪問(1年)、小論文コンテスト(1年)、創立記念日(11月19日)• 12月 - 後期中間試験、校内英語ディベート大会• 1月 - 課題テスト、1年生研修旅行• 2月 - 実力テスト、人権の主張学年発表会、生徒総会• 3月 - 卒業式、学年末試験、春季特別授業、修了式 吾北分校 部活動 [ ] 本校 運動部• 部 旧制城東中学校時代の((昭和21年))では、投手を擁し高知県初の甲子園出場を果たした。 部(男)• 部 校内に弓道場はなく、高知県立武道館分館「弘徳館」にて主に活動している。 部(硬式・軟式)• 部 文化部• 部 吾北分校 体育部• 部(男)• バドミントン部• バスケットボール部(女)• 卓球部 文化部• 清流太鼓部• 英語部• 科学部 著名な出身者 [ ]• - 第27代• - 主税局長、次官• - 、、• - ・• - 、• - 元衆議院議員• - 元• - 実業家、社長• - 経済学者• - 物理学者• - 思想家• - 美学者、名誉教授• - 名誉教授• - 名誉教授• - 教授• - 名誉教授• - 学長• - 詩人• - ジャーナリスト・ソ連研究家• - 編集委員• - 漫画家• - 漫画家• - 漫画家• - ・• - 元監督、総監督• - 元サッカー選手(セレッソ大阪など)• - 元、9代• - 九段• - 作曲家、音楽プロデューサー• - 憲法学者、京都市長• - アナウンサー モデルとなった作品 [ ] の『』のモデルになった。 ただし、モデルとなったのは建物の外見のみで、制服や敷地内の地形などは実際と異なっている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「」平成24年度版 こうちハイスクールガイド 27ページ• 「」高知追手前高校・時計台日誌 2011年(平成23年)10月4日「中学生への学校説明会(市外)」• 「」高知追手前高校・時計台日誌 2011年(平成23年)12月22日「12月全校集会」• 「」高知県立高知追手前高等学校 平成25年度学校案内• 「」高知県立高知追手前高等学校 公式サイト「学校案内-教育課程表」• 「」高知県立高知追手前高等学校 公式サイト「学校案内-教育課程表」• 読みは「た けより」。 「」Wikipedia「海がきこえる」7. ロケーション-7. 1 高知 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

仲間たちと冬を照らす、追手門学院大のキャンドルナイト

キャンパス スクエア 追手 門

概要 [ ] 歴史 (11年)に開校した「高知中学校」を前身とする。 (25年)に創立135周年を迎える。 2018年(平成30年)には創立140周年記念式典が開かれた。 高知県内ではに次いで歴史が長い。 校訓 「質実剛健」「文武両道」 校章 を開始した(昭和24年)12月に制定。 旧制中学校時代のの校章にちなみ、シンボルツリーのの葉を6枚並べ、中央に「高」の字を置いている。 制作は当時の在学生(高校3年)の金沢弥三平による。 校歌 作詞は中島佐輔、作曲は平井康三郎による。 歌詞は4番まであり、各番とも校名の「追手前」で終わる。 イメージキャラクター 「追手前OO(おお)くん」(校名にちなむ)・「ギンコちゃん」(スクールツリーの銀杏にちなむ) 旧制中学校卒業生のによってデザインされた。 進路 進学を希望する生徒が大半であり 、補習授業や小テストが年間を通じて実施されている。 校内では、「大学受験のための学習は集団で努力するものだ」という考え方から、全校および学年を「 チーム追手前」と呼称することがある。 学校紹介ビデオにおいても、この言葉について触れられている。 大学進学講座 主に土曜日の午前に、全生徒対象の補習授業が実施されている。 1限60分(3年生は80分)で3限設定されており、15分間の休憩時間が設けられている。 施設 が予想されているため、(平成23年)から大規模な工事が行われている。 同年10月には南体育館の取り壊し工事が、(平成24年)2月には新館の耐震工事が完了した。 今後は、本館および本館増築部の耐震工事、南体育館の改築工事などが行われる。 校舎および文化施設• 本館と新館に分かれており、ほぼ全ての教室に冷暖房が完備されている。 新館は選択科目の教室が複数あり、放課後や休日に学習する場としても利用されている。 本館横の多目的ホール(芸術ホール)は、校内行事のみでなく演劇祭や総合文化祭、唱歌コンクールなど高知県の文化行事の会場としても使用されることがある。 生徒・教職員間での通称は「芸ホ(げいほ)」。 本館北のレオスクエアは、一階に食堂、売店、校史資料室等があり、二階に体育館、三階に卓球場がある。 「レオ」とは、卒業生である第27代・が「ライオン宰相」と呼ばれたことによる。 校舎屋上には時計台があり、スクールシンボルとなっている。 体育施設• 25mプール、グラウンド、テニスコート(2面)、北体育館(武道場(・))、南体育館 同窓会 「高知追手前高等学校校友会」と称している。 に支部を置いている。 旧制中学校時代の卒業生も含み、同窓生は「校友」と呼ばれている。 分校 [ ] 吾北分校(ごほく)• 所在地 - 高知県上八川甲2075番地1( )• 設置課程・学科 - 全日制課程 普通科(定員40名) - 2年次より普通型と生活環境型に分かれる。 吾北分校は身元引受人がいれば、県外からも志願できる。 設置課程・学科 [ ] 全日制課程• 人文コース• 2年への進級時に下記のコースを選択する。 人文・語学コース: の教科・科目を中心とした学習を行う。 自然科学コース: 理数系の教科・科目を中心とした学習を行う。 沿革 [ ] 前史• (明治7年) - 西弘小路の高知県庁内に学舎を設置し、その中に中学校に準ずる「変則中学」を設置。 (明治9年) - 附属変則中学と改称。 修業年限を2か年半とし、これを5級に分け、6か月毎に進級するものとする。 (明治10年)8月 - 帯屋町(現: 所在地)に新築移転。 旧制中学校・新制高等学校(男子校)時代• (明治11年) - 変則中学が廃止され、 高知中学校として独立。 この日を創立記念日に制定。 尋常科と高等科を設置し、各科の修業年限を4か年とし、6か月毎に進級するものとする。 (明治14年) - 第1回卒業式を挙行。 この時の卒業者数は4名。 (明治17年)• - 帯屋町から西弘小路に移転。 - 安芸・赤岡・佐川・中村の4中学校を分校とする。 (明治18年) - 上記の4分校を廃止し、本校に統合。 (明治19年)• 7月 - 高知県高知師範学校と共用の新校舎が追手筋35番地(現在地)に完成し移転。 中央より西側を高知県高知師範学校、東側を高知中学校が使用する。 9月 - 高知尋常中学校、 高知県尋常中学校と改称。 尋常科・高等科を廃止し、修業年限を5か年とし、1年毎の進級とする。 - 校章()と制帽着用を制定。 (明治20年) - 女子部を設置。 (明治23年) - 女子部の第1回卒業式を挙行。 この時の卒業者数は10名。 (明治26年) - 女子部が分離し、として独立。 (明治32年)• - 高知県師範学校がに移転。 移転後の校舎はすべて高知県尋常中学校に移管される。 4月1日 - 高知県中学校と改称。 - 中学校(高知県第二中学校)の新設に伴い、 高知県第一中学校と改称。 (明治33年)4月 - 安芸分校を設置。 (明治34年) - 高知県立第一中学校と改称。 (明治36年)4月1日 - 安芸分校が分離し、として独立。 (明治45年)4月1日 - 高知県立第二中学校を統合。 (11年)4月1日 - 中学校()の新設により、 高知県立高知城東中学校と改称。 (6年) - 新校舎(現校舎)が完成。 (昭和15年)4月1日 - 高知県立夜間中学校を併設。 入学資格を(翌年から国民学校初等科)修了程度、修業年限を5か年とする。 (昭和20年)4月1日 - 高知県立夜間中学校が高知県立建依 中学校に改称。 入学資格を修了程度、修業年限を4か年に変更。 (昭和22年)4月1日 - (六・三制の実施)。 旧制中学校の募集を停止。 旧制中学校3・4年修了者はそのまま旧制中学校4・5年となる。 を併設(以下・併設中学校)し、旧制中学校1・2年修了者を新制中学2・3年生として併設中学校に収容。 併設中学校は新制ではあったが、あくまで暫定的なものであったため新たな生徒募集は行われず、在校生が旧制中学から収容された2・3年生だけであった。 (昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制)に実施により旧制中学校が廃止され、新制高等学校 高知県立高知新制高等学校(男子校)が発足。 旧制中学校の卒業生(希望者)を新制高校3年、旧制中学校4年修了者を新制高校2年として編入。 併設中学校卒業生を新制高校1年として収容。 併設中学校は新制高校に継承され、在校生が3年生だけとなる。 旧制高知県立建依中学校を統合し、定時制課程とする。 (昭和24年)3月31日 - 最後の卒業生を送り出し、併設中学校を廃止。 新制高等学校(男女共学)• 1949年(昭和24年)• - に基づく高知県内公立高校再編により、 高知県立追手前高等学校と改称し、となる。 12月 - 新校章(現校章)を制定。 (昭和25年) - 高知県立高知追手前高等学校(現校名)と改称。 (昭和26年) - 定時制上八川分校を設置。 (昭和28年) - 校歌を制定。 (昭和33年)• 3月31日 - 家庭科館が完成。 - 町村合併に伴い、上八川分校を吾北分校と改称。 (昭和34年) - 体育厚生館(現・南体育館)が完成。 (昭和47年)• 4月1日 - 定時制課程が統合・分離の上、として独立。 ただし新校舎完成までの間、校舎の共用を継続。 - プールと家庭科館を解体。 (昭和48年)3月31日 - 2号館(新館)が完成。 (昭和49年) - 新プールが完成。 (昭和50年)4月1日 - 高知県立高知北高等学校の新校舎が完成したため、校舎の共用を解消。 (昭和52年) - 新体育館(北体育館)が完成。 (昭和53年) - 創立100周年記念式典を挙行。 (昭和59年) - を解体。 (昭和61年) - 多目的ホールが完成。 (平成元年) - 失業対策事業休憩室が完成。 (平成5年) - を改修。 (平成6年)4月1日 - 人文・語学コースと自然科学コースを設置し、コース制を開始。 (平成8年)4月1日 - この時の入学生から全クラスコース制となる。 (平成12年)4月1日 - 総合科学コースを設置。 (平成13年)4月1日 - を導入。 学校行事 [ ] 本校 2001年(平成13年)4月1日よりを採用している。 前期(4月〜9月)• 4月 - 入学式、始業式、オリエンテーション(1年)、生徒総会• 5月 - PTA総会• 6月 - 前期中間試験、ホームマッチ、実力テスト、岡山大学研修(2年)• 7月 - 特別課外補習• 8月 - オープンキャンパスツアー (2年)、課題テスト• 9月 - 文化祭・文化講演、体育祭、前期末試験、遠足 後期(10月〜3月)• 10月 - 始業式、中学生対象学校説明会、実力テスト• 11月 - 県内大学訪問(1年)、小論文コンテスト(1年)、創立記念日(11月19日)• 12月 - 後期中間試験、校内英語ディベート大会• 1月 - 課題テスト、1年生研修旅行• 2月 - 実力テスト、人権の主張学年発表会、生徒総会• 3月 - 卒業式、学年末試験、春季特別授業、修了式 吾北分校 部活動 [ ] 本校 運動部• 部 旧制城東中学校時代の((昭和21年))では、投手を擁し高知県初の甲子園出場を果たした。 部(男)• 部 校内に弓道場はなく、高知県立武道館分館「弘徳館」にて主に活動している。 部(硬式・軟式)• 部 文化部• 部 吾北分校 体育部• 部(男)• バドミントン部• バスケットボール部(女)• 卓球部 文化部• 清流太鼓部• 英語部• 科学部 著名な出身者 [ ]• - 第27代• - 主税局長、次官• - 、、• - ・• - 、• - 元衆議院議員• - 元• - 実業家、社長• - 経済学者• - 物理学者• - 思想家• - 美学者、名誉教授• - 名誉教授• - 名誉教授• - 教授• - 名誉教授• - 学長• - 詩人• - ジャーナリスト・ソ連研究家• - 編集委員• - 漫画家• - 漫画家• - 漫画家• - ・• - 元監督、総監督• - 元サッカー選手(セレッソ大阪など)• - 元、9代• - 九段• - 作曲家、音楽プロデューサー• - 憲法学者、京都市長• - アナウンサー モデルとなった作品 [ ] の『』のモデルになった。 ただし、モデルとなったのは建物の外見のみで、制服や敷地内の地形などは実際と異なっている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「」平成24年度版 こうちハイスクールガイド 27ページ• 「」高知追手前高校・時計台日誌 2011年(平成23年)10月4日「中学生への学校説明会(市外)」• 「」高知追手前高校・時計台日誌 2011年(平成23年)12月22日「12月全校集会」• 「」高知県立高知追手前高等学校 平成25年度学校案内• 「」高知県立高知追手前高等学校 公式サイト「学校案内-教育課程表」• 「」高知県立高知追手前高等学校 公式サイト「学校案内-教育課程表」• 読みは「た けより」。 「」Wikipedia「海がきこえる」7. ロケーション-7. 1 高知 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の