リベット 英語。 【通販モノタロウ】

【ジーンズの基礎知識】ポケットの金属リベットの意味とは

リベット 英語

リベット・スクイザーと呼ばれる機器を使用してのリベッティング(鋲打ち)の作業。 作動には圧縮空気を使用しており、打撃を加えず1人でリベッティングすることができる。 航空機用のリベットはソリッド・シャンク・リベットとブラインド・リベットの2種類が使用されているが、航空機の設計用の要求に応じる為、形状・材質・サイズで区別され、パーツナンバー(部品番号)とリベットのヘッド・マークで識別できる。 規格はソリッド・シャンク・リベットの場合、MS(Military Standard:米軍規格) が代表的であり。 その後には形状・材質・サイズの番号又は記号が記載される。 頭部の形状は2種類がある。 20426(リベット頭部が皿型、皿の角度は100度 )• 20470(リベット頭部が丸型) 材質はアルミ合金の場合、強度が低い順から高い順に上から下に並べると5種類がある。 A(1100のアルミ合金)• B(5056のアルミ合金)• AD(2117のアルミ合金)• D(2017のアルミ合金)• DD(2024のアルミ合金) その他の材質として4種類がある。 M()• CまたはF(耐食鋼)• Pまたは-(炭素鋼)• 実際のパーツナンバーを表示すると。 また、熱処理したリベットを低温保存する(アイスボックス等に入れる)ことにより、硬化の進行を遅らせて軟らかい状態を長く保つことができるので、リベッティング(鋲打ち)の可能時間の延長を図ることができる。 備考 [ ] 1960年代に製造されたバスの例。 車体に多数ある黒い点に見えるものがリベットで、全体にわたって多数打ち込まれている• 初期のでは板をリベット接合していたが、被弾時に衝撃でリベットが飛び散って乗員や随伴を殺傷する危険が生じたため、溶接接合に移行している。 戦艦を始めとする戦闘艦は、戦車に比べて長くリベット止めが使われた。 それは、溶接だと隣接する鋼板まで被害が及ぶのに対し、リベット止めだとリベットの破断により、隣接する鋼板への被害が抑えられると考えられていたためである。 初期の・なども丸頭のリベットを使用していた。 皿頭(沈頭鋲)はリベットの頭部と接合部材面が同一に仕上がるので、航空機の外板など平滑度を要求される箇所に使用される。 接合する対象は必ずしも金属とは限らず、帆布などの厚手の布や、の接合にも用いられる。 例としてはのポケットやなどである。 衣料用の場合、装飾目的でリベットを打つ場合もある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 沈頭鋲と呼ばれている物である。 主に化成皮膜処理と陽極処理と重クロム酸封孔処理の3つがあり、さらに処理の種類により細分化される。 溶体化処理と呼ばれる。 時効硬化と呼ばれる。 出典 [ ]• 特許庁 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 大西久治『よくわかる 板金・製カン作業法』図書出版 理工学社、1987年、• 『航空機の基本技術』 日本航空技術協会 第6版第1刷 2010年 関連項目 [ ]•

次の

【ジーンズの基礎知識】ポケットの金属リベットの意味とは

リベット 英語

2015年11月 明細書英訳(機械分野)-「かしめる」の訳語(1) 機械分野では、耳慣れない言葉に戸惑うこともあるかと思います。 今回は、 「かしめ」、 「かしめる」という語を取り上げます。 「かしめる」とは、機械工学・電気工学分野では、圧力を加えることでもたらされる塑性変形を利用して、2つの部材を強固に密着ないし接合することですが、適用対象などによって、英語表現も異なります。 この語をインターネットの各種技術用語辞典で検索すると、最初に出てくる英語は " caulk", " caulking" のようです。 もう少し調べると、" crimp" や " swage" もでてくるかもしれません。 しかし、これらの英語は実際、どのような状況におけるどのような操作に対して使用されるのでしょうか?皆さんが英訳しようとしている明細書の文言に該当するのはどれでしょうか? これについて今月と再来月の2回に分けて考察してみます。 1.接合する2つの部材のほかに第3の部材を利用し、この第3の部材に対して加圧操作を行なうもの。 つまり、接合部にはめ込まれた金具や爪を工具で叩いたり締めたりすることで接合部を固く固定します。 身の回りでは次の2つを良く見かけます。 riveting: The permanent joining of two or more machine parts or structural members, usually plates, by means of rivets. 2.接合する2つの部材あるいは1つの部材における対面する端部(つまり継ぎ目)に対して第3の材料(合成樹脂などのペースト状のもの)を詰め込んで気密を得るもの。 これは日本語ではコーキング(英語では caulk, caulking)といい、継ぎ目から液や気体が漏れないようにする目的で行われます。 前出のMcGraw-Hill Dictionary of Science and Technical Terms Fifth Edition ではこのように記載されています。

次の

リベット・鋲の選定・通販

リベット 英語

リベット・スクイザーと呼ばれる機器を使用してのリベッティング(鋲打ち)の作業。 作動には圧縮空気を使用しており、打撃を加えず1人でリベッティングすることができる。 航空機用のリベットはソリッド・シャンク・リベットとブラインド・リベットの2種類が使用されているが、航空機の設計用の要求に応じる為、形状・材質・サイズで区別され、パーツナンバー(部品番号)とリベットのヘッド・マークで識別できる。 規格はソリッド・シャンク・リベットの場合、MS(Military Standard:米軍規格) が代表的であり。 その後には形状・材質・サイズの番号又は記号が記載される。 頭部の形状は2種類がある。 20426(リベット頭部が皿型、皿の角度は100度 )• 20470(リベット頭部が丸型) 材質はアルミ合金の場合、強度が低い順から高い順に上から下に並べると5種類がある。 A(1100のアルミ合金)• B(5056のアルミ合金)• AD(2117のアルミ合金)• D(2017のアルミ合金)• DD(2024のアルミ合金) その他の材質として4種類がある。 M()• CまたはF(耐食鋼)• Pまたは-(炭素鋼)• 実際のパーツナンバーを表示すると。 また、熱処理したリベットを低温保存する(アイスボックス等に入れる)ことにより、硬化の進行を遅らせて軟らかい状態を長く保つことができるので、リベッティング(鋲打ち)の可能時間の延長を図ることができる。 備考 [ ] 1960年代に製造されたバスの例。 車体に多数ある黒い点に見えるものがリベットで、全体にわたって多数打ち込まれている• 初期のでは板をリベット接合していたが、被弾時に衝撃でリベットが飛び散って乗員や随伴を殺傷する危険が生じたため、溶接接合に移行している。 戦艦を始めとする戦闘艦は、戦車に比べて長くリベット止めが使われた。 それは、溶接だと隣接する鋼板まで被害が及ぶのに対し、リベット止めだとリベットの破断により、隣接する鋼板への被害が抑えられると考えられていたためである。 初期の・なども丸頭のリベットを使用していた。 皿頭(沈頭鋲)はリベットの頭部と接合部材面が同一に仕上がるので、航空機の外板など平滑度を要求される箇所に使用される。 接合する対象は必ずしも金属とは限らず、帆布などの厚手の布や、の接合にも用いられる。 例としてはのポケットやなどである。 衣料用の場合、装飾目的でリベットを打つ場合もある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 沈頭鋲と呼ばれている物である。 主に化成皮膜処理と陽極処理と重クロム酸封孔処理の3つがあり、さらに処理の種類により細分化される。 溶体化処理と呼ばれる。 時効硬化と呼ばれる。 出典 [ ]• 特許庁 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 大西久治『よくわかる 板金・製カン作業法』図書出版 理工学社、1987年、• 『航空機の基本技術』 日本航空技術協会 第6版第1刷 2010年 関連項目 [ ]•

次の