半蔵門 線 運行。 半蔵門線 遅延に関するリアルタイム情報|ナウティス

東京メトロ半蔵門線

半蔵門 線 運行

東京メトロ半蔵門線(渋谷〜押上) 東京メトロ半蔵門線 東京メトロ半蔵門線は都市高速鉄道計画11号線における銀座線の混雑を緩和する目的として、1978年8月に渋谷駅と青山一丁目駅との間が開業し、渋谷駅では既に開業していた東急新玉川線(当時:現在の田園都市線渋谷〜二子玉川間)と全列車乗り入れ、当時は半蔵門線車両の8000系が登場していなかった関係から、当初は全列車東急車両で運転されていた。 その後1981年に半蔵門線の8000系が登場して以降、半蔵門や三越前、水天宮前までと順次開業し、2003年3月19日に押上駅までの開業と同時に東武伊勢崎線と相互乗り入れを開始し、東急〜メトロ〜東武といった3社相互乗り入れが開始されている。 運行内容 半蔵門線は渋谷駅で東急田園都市線、押上駅で東武スカイツリーラインや伊勢崎線・日光線へと相互乗り入れをそれぞれ行っている。 このうち渋谷駅では全列車田園都市線へ乗り入れて中央林間方面へ直通している為に、田園都市線や半蔵門線自体は完全に一体化されて運転されている。 運行車両はメトロの車両が8000系と08系それぞれ10両編成で運用されているものの、線内には車庫が存在していないことから、田園都市線の鷺沼駅に隣接している車両基地を東急から譲り受けて配置されている。 また東武への乗り入れは2003年の乗り入れ開始時には日中には一時間に3本程度と少なめであったが、東武線内からの都心への需要が増えた関係で2006年には日中時間帯において、1時間に6本へと大幅に増発されており、2019年現在では久喜駅までが4本、南栗橋駅までが2本の内容となっている。 半蔵門線における種別表示について 半蔵門線内は東急田園都市線や東武スカイツリーラインへ直通する列車を含めて、全列車各駅停車であるが、種別の表示については田園都市線内およびスカイツリーライン内の種別で案内されており、前者については押上駅、後者については渋谷駅からそれぞれ案内されている。 運行車両 東京メトロ車両 8000系 開業時に東急車両を借り受けていた半蔵門線用の車両として、当時の営団地下鉄にて1981年に登場した車両。 千代田線用の6000系や有楽町線用の7000系を基本として設計され、初の軽量ボルスタレス台車が本格的に使用されているほか、運転台は田園都市線向けに営団初のT型ワンハンドルマスコンを採用したことが大きな特長である。 当初は6両編成で登場したが、段階的に8両および10両へと増強され、1994年までに全19編成とも10両編成化されている。 今後は2021年度から2022年度にかけて後述のへ置き換えられる予定。 08系 水天宮前駅から押上駅への延伸、および東武線への乗り入れに伴う輸送力増強に備え、2003年に登場した営団地下鉄時代における最後の新系列車両。 東西線用の05N系車両を基本に設計された車両で10両編成6本の60両が製造され、8000系車両と共通運用でメトロ車両の運用を受け持っている。 他社線からの車両 2020系 新世代における東急の標準型車両の5000系の後継ぎならびに8500系の置き換え用として、2018年に登場した田園都市線の新型通勤車両。 東急電鉄創業100年を迎えることを機に、沿線の街や駅と調和する車両とすることを目的とし、JR東日本のE235系車両を基本に設計されている。 兄弟形式として大井町線の6020系および目黒線に登場予定の3020系も2020系車両の一員として製造される。 東急5000系 新世代における東急の標準型車両として2002年に登場した通勤型車両。 JR東日本のE231系を基本に設計されており、コストダウンや省エネルギー化を図り、また環境の優しさにも対応した車両として開発された。 田園都市線用として10両編成が登場し4ドア車を基本に後年にはラッシュ時の混雑対策として6ドア車も製造されている。 10両編成18本が在籍しているものの、一部の編成に連結されていた6ドア車については、東急全体にて予定されているホームドアの設置によって、既に4ドア車へ置き換えらている。 東急8500系 8000系のマイナーチェンジ車両として1975年に登場した車両。 半蔵門線への乗り入れ仕様車として製造され、なおかつ東急の通勤車両における集大成を担ったことが評価され、1976年に鉄道友の会から「ローレル賞」を受賞している。 一時は東横線でも活躍していたが、田園都市線の増発によって1990年までにすべて田園都市線および新玉川線に集約し代表的な車両になっている。 2015年現在は10両編成にて24本が在籍し、中央林間駅から半蔵門線を経由して東武線への乗り入れ運用も受け持っているが、ごく一部の編成では東武線用の保安装置が装備されていないことから東武線へは乗り入れずに、半蔵門線の押上駅まで運用されている。 東武50050系 東武線から半蔵門線、田園都市線に乗り入れている30000系車両に代わって2007年に登場した東武鉄道の50000系「A-Train」シリーズ車。 2006年から2009年にかけて18編成180両が製造導入され、30000系と共通運用で東武車両の運用を受け持っている。 東武30000系 東武線から半蔵門線および田園都市線への乗り入れ専用車両として1996年に登場した車両。 10000系車両を基本に設計された車両で、半蔵門線や田園都市線向けに東武初のT型ワンハンドルマスコンを採用。 2003年の半蔵門線押上延伸とともに乗り入れを開始したものの、中間車に運転台が存在していることから田園都市線の混雑対応が厳しくなり、大多数が50050系へ置き換えられた2015年現在は第6編成と第9編成の2編成20両が50050系と共通で運用されている。 この2編成以外は直通運用を解かれたうえで地上専用車となり、さらに東武東上線へ転属している。 現在の車両運用 半蔵門線における車両運用は、番号ごとに運用される車両が決まっている。 内容的には01〜49番までが東急車両(記号:K)。 50番以降は奇数が東京メトロ車両(記号:S)、偶数が東武車両(記号:T)が基本的に割り当てられている。 また東急車両には東武線への乗り入れの可否によっても番号が割り当てられているのが特徴であり、東武線へ乗り入れる運用の番号は01〜29番までであり、30番以降は東武線へは乗り入れない。 また車両においても東急車両には東武線への乗り入れ可否に分けられている関係で、運用番号でも分かり易くなっている。 東武線への乗り入れには8500系(一部を除く。 )と5000系が、非乗り入れには8500系の一部と2000系および8590系が充当されている。 また乗り入れ可否を見分ける為に東武に乗り入れない車両には正面の貫通ドアの窓に 「K」マークが貼られている。 日中時間帯における運行内容 半蔵門線内における、2019年10月1日改正の日中時間帯の運行パターン内容は以下の通り。 前述のように半蔵門線内はすべて各駅停車となっており、さらに一部、押上駅経由のの東武スカイツリーライン直通列車は東武スカイツリーライン内すべて急行となっている。 10両編成19本が製造される予定で、現在運用中の8000系車両を2022年度までに置き換える予定。 その他• 一方、押上方においても当初は水天宮前(計画時は 蛎殻町 かきがらちょう )までの計画であったが、東武における混雑緩和(北千住駅における混雑緩和)や輸送力増強を目的に、1993年の水天宮前〜押上間の着工と同時に、東武へ乗り入れる計画に変更されている。• 前述のように開業時から半蔵門線内は検修施設がなかった為に、乗り入れ路線である東急田園都市線の鷺沼駅に隣接して車庫を設けた。 このような状態は、日比谷線における東武スカイツリーラインの竹ノ塚駅や大阪市営地下鉄堺筋線における阪急京都線の正雀駅でも該当している。• 8000系車両の一部の編成は、1987年から1988年の一時期に東西線で運用されていたことがある。 これは当時、東西線の増発において、新車の05系の投入予定が間に合わなかった為であり、この時は東西線の車両と同様に2ハンドルであったが、その後の半蔵門線への転属復帰によって、ワンハンドルへ変更されている。• 当路線内で連絡他線との接続がない駅は、 半蔵門駅だけである。 かつて2018年3月16日までは水天宮前も該当していたが、2018年3月17日に日比谷線と都営浅草線の人形町駅との接続駅へ昇格している。• 渋谷駅はかつてメトロの管轄であったが、東急東横線と乗り入れをおこなう副都心線の開業を控え、2007年12月2日に東急へ移管されている。 この為に半蔵門線と副都心線との間は改札なしで乗り換えられ、なおかつ2013年3月16日の東横線と副都心線の相互乗り入れ開始時からは、半蔵門線および田園都市線と東横線との間も改札なしで乗り換えられるようになっている。• 水天宮前駅は、日比谷線および都営浅草線の人形町駅とほぼ近いものであるものの、乗り換え駅には指定されていなかったが、東京メトロおよび東京都交通局がこのほど、2018年3月17日より乗り換え駅に指定されることが発表され、正式に人形町駅との乗り換え駅へ指定された。 同時に日比谷線と直接乗り換えができるようになったことから、唯一全ての東京の地下鉄路線と直接乗り換えが可能な路線となっている。 (中央林間駅まで直通)• 表参道 (おもてさんどう) Z-02• (同一ホームで乗り換え)• 青山一丁目 (あおやまいっちょうめ) Z-03• 神保町 (じんぼうちょう) Z-07• 水天宮前 (すいてんぐうまえ) Z-10• 押上 (おしあげ) Z-14• (東武伊勢崎線久喜駅および東武日光線南栗橋駅まで直通)• 渋谷駅は 東急電鉄にて管理。 (2018年2月15日:東京メトロ報道発表)• (2018年2月15日:東京都交通局報道発表).

次の

運行情報:半蔵門線

半蔵門 線 運行

複数の会社線で乗り入れを行う場合、全ての会社で統一された種別のみでの乗り入れを多くの会社は行いました。 良い例が、東武伊勢崎線とメトロ(当時の帝都高速度交通営団)日比谷線と、東急東横線です。 3社とも普通電車(各停)が乗り入れると協定しました。 なので、日吉や元住吉から、中目黒、北千住を経由して、越谷、北春日部、東武動物公園まで、各停で走っています。 しかし、地上私鉄側の沿線住民からは、優等列車での乗り入れを要求されました。 特に東武伊勢崎線沿線の住民からの東武への要望は、かなりの数だったそうです(内容的には、優等列車を日比谷線に乗り入れさせて欲しいというもの)。 しかし、協定変更をするには再び3社協議による協定変更が必要不可欠なので、長らく懸案事項になっていました。 そうした中に発生した半蔵門線の押上延長計画と東武乗り入れ計画でした。 再び行われた3社協定は、半蔵門線経由で行われました。 東武は優等列車乗り入れについて妥協をかなりしています。 過去の種別では、快速以上は座席指定列車で座席指定券が必要でした。 急行以上は、更にそれぞれ急行料金、特急料金が必要な列車でした。 通勤電車が使用される優等列車は、準急しかありませんでした。 最初に快速列車の座席指定は無くなりましたので、半蔵門線を挟んで、両側の種別をできる限り統一できないかと言うことになり、東武は、座席指定料金、急行料金が必要だった「りょうもう」、「ゆのさと」を急行用車両のままでの特急に格上げ、「きりふり」「しもつけ」の廃止で急行列車は一般列車使用の列車に格下げしました。 その上で、準急と急行が乗り入れると決めたのです。 種別変更をどうするかについては、メトロ乗り入れ駅にて、最終的な路線の種別に変更する、となっているので、南栗橋発、急行中央林間行きが東急線内普通列車なら、押上で種別が変わりますし、中央林間発の普通久喜行きが東武線内急行なら、渋谷で種別が急行に変わります。 この逆も東武とメトロでは存在します。 東武東上線とメトロ副都心線は、東武は普通列車が乗り入れる協定ですが、副都心線には各停以外に急行と通勤急行があります(過去には、有楽町線に準急もありました)。 そこで、川越市発渋谷行き普通電車は、和光市から先が急行なら、和光市で種別が急行に変わりますし、渋谷発急行の森林公園行きなら、和光市から先東上線内には協定で普通列車しかないので、和光市で種別が普通に変わります。 西武とはもっと複雑で、西武線内は急行、準急、快速、各停が乗り入れすので、副都心線の電車は、西武線内の種別とメトロでの種別を、小竹向原で変更します。 有楽町線の場合は、西武から来たときは小竹向原で種別を普通に変更、西武に行く電車は、新木場で西武線内の種別を表示してメトロ内を走行します。 協定でどの様に協定しているかで決まっているので、その日だけのこととか言う話しではありません。 田都線での運行携帯は数回しか乗車していないので詳しくありませんが、押上を出た東武線は次の曳舟でほぼ「区間準急・普通」と接続します。 車内・構内アナウンスも、別の鉄道では聴けないくらい細かい物です。 例えば「この電車は、急行 南栗橋行きです。 次は曳舟、曳舟に止まります。 曳舟を出ますと、次は北千住に止まります。 途中の東向島・鐘ヶ淵・堀切・牛田には止まりません。 次の曳舟で、北千住まで各駅に止まります区間準急 久喜行きと接続致します。 」…これが停車駅毎にアナウンスされます。 また、接続電車の有無や、最近では先行到着アナウンスも一部でされています。 自動放送も同様ですし、駅の案内板にも表示されます。 誤乗は昔から東武線内ではよくあって、その対策を今日まで続けてきています。 中には聞き取りにくい車掌さんも居ますが、他の鉄道会社のビジネス・観光特急以上のアナウンスを通勤車両で行っているのです。 」とアナウンスがあります。 これに、後続電車が何分発なのか…が加わります。 たぶん、ずう~っとアナウンスを聴いている感じのする電車になってます…東武って。

次の

【半蔵門線】最新遅延情報(東京メトロ)

半蔵門 線 運行

歴史 [ ]• (57年):(営団地下鉄)半蔵門線の駅として開業。 (元年):当駅 - 間開業に伴い、中間駅となる。 (平成16年):(営団地下鉄)民営化に伴い、当駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される。 (平成19年):「」の利用が可能となる。 (平成27年):を導入。 駅構造 [ ] 1面2線を有するである。 および階は地下2階、ホーム階が地下3階にそれぞれ位置し、・が設置されている。 改札口は3か所あり、うち1か所はエレベーター利用の際の専用改札となっている。 にまで延伸される以前はであったことから、側にが設置されている。 延伸後も朝および日中時間帯に方面からの列車の一部が当駅で折り返す。 また、夜間にも引き上げ線に留置される車両がある(回送入庫、翌朝の当駅始発の押上行きとなる)。 のりば [ ] 番線 路線 行先 1 半蔵門線 ・・方面 2 ・・・方面• 平日朝ラッシュ時、田園都市線からのの6ドア車両は、当駅までは座席を収納しての運行を行っていた。 ホーム(2019年2月17日) 発車メロディ [ ] 2018年9月13日に、従来のブザーに代わり発車メロディ(発車サイン音)が導入された。 の最寄り駅であることにちなみ、1番線ではのの「てんつつ」、2番線ではの「寿式三番叟」をアレンジしたものを使用している。 メロディはいずれもの制作で、編曲はが手掛けた。 の監修により、和楽器音源とシンセサイザー音をミックスしたメロディが制作されている。 利用状況 [ ] (平成30年)度の1日平均は 92,264人であり 、東京メトロ全130駅中46位。 近年の1日平均 乗降・推移は下表の通り。 年度別1日平均乗降・乗車人員 年度 1日平均 乗降人員 1日平均 乗車人員 出典 1990年(平成 02年) 33,619 1991年(平成 03年) 34,333 1992年(平成 04年) 34,392 1993年(平成 05年) 32,858 1994年(平成 06年) 32,608 1995年(平成 07年) 33,525 1996年(平成 08年) 34,375 1997年(平成 09年) 34,753 1998年(平成10年) 35,367 1999年(平成11年) 34,574 2000年(平成12年) 34,732 2001年(平成13年) 35,841 2002年(平成14年) 35,359 2003年(平成15年) 76,693 36,552 2004年(平成16年) 74,105 36,970 2005年(平成17年) 75,033 37,414 2006年(平成18年) 77,667 38,962 2007年(平成19年) 80,605 40,380 2008年(平成20年) 78,063 38,866 2009年(平成21年) 76,269 37,975 2010年(平成22年) 74,029 36,904 2011年(平成23年) 71,882 35,882 2012年(平成24年) 76,411 37,994 2013年(平成25年) 80,457 40,096 2014年(平成26年) 83,266 41,408 2015年(平成27年) 85,769 42,667 2016年(平成28年) 85,648 42,584 2017年(平成29年) 89,961 44,816 2018年(平成30年) 92,264 駅周辺 [ ] 「」、「」、「」、「」、および「」も参照• 内堀(半蔵濠、桜田濠)• - 門を利用(通行)できるのは関係者が皇居へ出入りする場合のみで、一般人は原則認められていない。 駐日大使館• 駐日大使館 - の大使館• 麹町出張所・麹町区民館• 千代田区立四番町図書館• いきいきプラザ一番町• 半蔵門駅前• 千代田一番町郵便局• ダイヤモンドホテル• 本社・センター• JFNC• 東京本社• 本社(半蔵門メディアセンター)• ONE FOUR TWO by TOJO(旧東條インペリアルパレス)• JCII一番町ビル• JCIIフォトサロン• 半蔵門• (・、)• (内堀通り)• バス路線 [ ] 半蔵門 [ ] の最寄りは、新宿通りにある 半蔵門となる。 以下のが乗り入れ、(都営)により運行されている。 :行、行(都営)• :行、行(都営) ジロール麹町入口(半蔵門駅) [ ] 4番出口付近に、千代田区地域福祉交通 (が運行)の ジロール麹町入口(半蔵門駅)停留所がある。 千代田区地域福祉交通 風ぐるま• 麹町ルート ・・地下鉄東口・方面 隣の駅 [ ] 東京地下鉄(東京メトロ) 半蔵門線 Z 04 - 半蔵門駅 Z 05 - Z 06 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• - 東京地下鉄• 日本語 プレスリリース , 営団地下鉄, 2004年1月27日 , の2006年7月8日時点におけるアーカイブ。 , 2020年3月25日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , PASMO協議会/パスモ, 2006年12月21日 , の2020年5月1日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月5日閲覧。 , 2020年3月20日閲覧。 - 東京地下鉄• 株式会社スイッチオフィシャルサイト. 株式会社スイッチ. 2019年7月21日閲覧。 - 東京メトロ• - 千代田区• - 関東交通広告協議会• 東京都統計年鑑.

次の