滑り台 diy。 ダンボールを使った室内用すべり台の作り方。1時間で完成。

ダンボールを使った室内用すべり台の作り方。1時間で完成。

滑り台 diy

ウッドデッキがあれば、そこは子どもの遊び場になるでしょう。 幼い子どもが公園に行かなくても、ウッドデッキで公園のように楽しむことができたら最高です。 親も安心ですし、子どもも安全に遊べます。 そこでこちらでは、ウッドデッキに「滑り台」を作る方法について、ご紹介します。 ウッドデッキに滑り台などを設置すれば子どもの遊び場になる ウッドデッキに滑り台などの遊具を設置すれば、子どもが自由に安全に遊べる場所が1つ増えます。 具体的にウッドデッキに遊具を設置するメリットは2つあります。 ・公園の代わりに手軽に体を動かして遊べる ウッドデッキに簡単な滑り台やブランコなどを設置するだけで、そこが公園の代わりになります。 子どもは自宅の中から一歩外に踏み出しただけで、体を動かして遊具で遊べるのです。 ・親の目が届く安全な場所で遊べる ウッドデッキは庭に設置されているため、リビングの窓などから行き来できます。 つまり、ウッドデッキで子どもが遊ぶということは、親の目が行き届く家の敷地内で遊んでいることになるので、子どもにとっては安全な環境下で遊べるのです。 ウッドデッキに木製の「滑り台」を作る方法を詳しく解説 それでは実際に、ウッドデッキに木製の滑り台を作る方法について、こちらで詳しくご説明します。 DIYが得意な人も、初心者だけどやってみたいという人も、ご覧ください。 ・滑り台に使う「木材」をホームセンターやネット通販で購入 木製の滑り台を作るのであれば、まずは木材を選ぶ必要があります。 ウッドデッキに設置する滑り台なので、ウッドデッキ材を使うのがお勧めです。 耐久性が高くて長持ちする木材であれば「ハードウッド」がいいでしょう。 また滑る面には、薄い板の「コンパネ」などを使います。 これらの木材は、ホームセンターやネット通販などで、簡単に購入できます。 自分の手で確かめて購入したいのであれば、ホームセンターに出向いて実際に木材を触ってみましょう。 その時に、好きな長さにカットをしてもらう事も可能です。 ・「滑る部分」を作ればウッドデッキに設置する滑り台はほぼ完成 ウッドデッキに滑り台を設置するのであれば、ウッドデッキ自体に滑る部分を取り付けるのが最も簡単な方法です。 滑り台を支える部分などを作る必要もなく、滑る部分だけを作れば完成となるため、初心者さんでも取り組みやすいDIYです。 具体的な作成方法は以下の通りです。 コンパネ、ウッドデッキ材、塗料、ビスなどを用意する• ウッドデッキの高さに合わせた長方形の板の両側に手すりの板をビスで固定する(ビスは滑る部分に出ないように注意)• 滑り台の裏に強度を出すための添え木などを打ち込む• コンパネに色を塗って、ワックスを塗る• コンパネをはめ込む• 滑り台をウッドデッキに取り付けたら完成です。 このように、比較的簡単に滑り台を作ることができますので、DIYしてみたいという方は是非トライしてみましょう。 ウッドデッキで子どもを遊ばせるときは「ささくれ」「落下」などに注意! ウッドデッキが子どもの遊び場になるというのは、とても素敵なことです。 しかし、ウッドデッキにも注意しなければならないことがありますので、子どもがウッドデッキで遊ぶ時に、注意すべき点について、詳しくご説明します。 ・ウッドデッキの木材から「ささくれ」が出てケガをする可能性がある 天然の木材で作られたウッドデッキというのは、とても硬くて鋭い「ささくれ」が飛び出していることがあります。 定期的にウッドデッキをチェックして、「ささくれ」があればすぐにサンドペーパーで削ってください。 「ささくれ」により、子どもが怪我をしてしまう可能性があるので、注意しましょう。 ・ウッドデッキの段差から落下してケガをする可能性がある ウッドデッキとはいえ、それなりの高さがあるものです。 もし子どもがウッドデッキから地面に落下したら、大けがをする可能性があります。 特に、ウッドデッキに滑り台をつけた時は注意が必要です。 滑り台に気をとられてしまい、そのまま落下してしまうケースもあります。 ウッドデッキで子どもを遊ばせるときには、親がしっかりと見守ってあげましょう。 ウッドデッキに滑り台があれば子どもが楽しめる空間が1つ増える ウッドデッキに滑り台を作る方法が、意外と簡単だったことに驚いた人も多いでしょう。 ウッドデッキに滑り台などの遊具を設置すれば公園代わりにもなり、子どもの楽しい遊び場が1つ増えます。 親が見守りやすい環境で子どもが楽しく遊べるのが、ウッドデッキの魅力です。 滑り台をウッドデッキに付けるだけで子どもの笑顔が増えるのは嬉しいことですね。 LINEにてお気軽にご相談下さい。 お手軽カンタンに利用可能なので、ぜひ一度お試しください。

次の

手作り木製滑り台が完成したよ <DIY・自作スベリ台・作り方>

滑り台 diy

持ち運び・分割可能な 木製滑り台の自作記事です。 何を隠そう、先日の義父の法事で久しぶりに、よちよち歩きできるようになっていたWKNちゃんに会ったのです。 「WKNちゃん、ジージだよ、おいで」 って呼んだら、こちらへ歩いてきたので、抱こうと思って手を出すと、「じゃまだ、どけ」と言わんばかりに、いたいけなジージをモミジみたいな小さなお手てで振り払うのでございます。 「あああ、うう、う・・・」(ジージ涙するの図) もう、こうなったら貢物をして気を引くしかないでしょう。 腰がイテーくなるから頑張りたくはないのですが、孫のためならやりましょう、ええ、やりますとも! では、孫と遊ぶための滑り台、設計方針を検討し次のように設定します。 <設計方針>• 手持ちの工具を使って自作できるように、木工、木ねじ接合法とする。 孫からジージまで遊べるように、耐荷重を考慮して製作する。 転倒防止に強いL型形状とする(登って行った方向から横に滑るタイプ)。 自立型とする(基礎、支柱不要)。 可搬型とする(容易に2分割でき、各々大人1人で持てる重量、運べる形状)。 きちんと設計図を描くとくたびれるから、現物合わせで製作する(できなりで、次の手順の寸法を決める)。 と、まあこのぐらい決めておけば、設計図はいらないでしょう。 こういう呼び方は、外材でインチが単位と思っていました。 なーんだ、結局素人にはメジャーを持っていって計ってみなけりゃ分からないということか。 コンパネ材と側板の接合を写真のようにすると、お尻の入る幅が41cmになりますが、41cmでもジージのお尻が入ります。 また、強度的にもこちらの方が強いですね(木ねじをコンパネの厚みの部分に打つような組み方よりも、写真のように側板に打つ組み方の方が強い)。 初日は、久々の木工工作なので、工具の準備と肩慣らしで終了。 やぐらブロック では、一番面倒なやぐらブロックの製作に取り組みます。 何が面倒かって? 今回作るやぐらは、 四角形形状をしています。 横から見ても四角形、上から見ても四角形です。 4辺を形成する部材の寸法を正確に揃えて切り出さなければなりません。 また、それを組む時には、部材が縦、横、高さ方向ともに直角になるように組まなければなりません。 ちょっと気を抜くと長方形や正方形ではなく、ひし形になってしまうのです。 極端な話、木ねじを1本留めるごとに 差し金で直角をチェックしながら作業を進めるわけです。 さらには、現物合わせで作りますから、部材を切るたびに紙やすりで滑らかに削って、四つ角の面取りを行います。 材料を書いておきますね。 やぐらを作る上での寸法的な制約は、次の3点のみ。 ・柱間の寸法は、滑り板ブロックの幅 約45cmを内側に収める寸法とする。 ・滑り板の傾斜を決める高さ、つまりやぐら 踊場の高さは635mmとし、柱端の高さ 約920mmを手すりの高さとする。 <やぐら下から> 木組みが分かりやすいように、地面側から見るとこうなっているという写真も貼っておきます。 さあ、明日は階段と手すりをつけますよ。 階段ブロック 努力の甲斐あって、やぐらの部分がしっかりできたので、後の作業がずいぶん楽になりました。 木組みがしっかりせずフニャフニャしていると、おっかなびっくり作業することになって疲れてしまいます。 そういう意味では楽になったのですが、今日の作業は、階段と手摺り作り。 斜めの部材を切ったり、組んだりすることになりますので、直角物を扱う感覚とはまた異なり、ノーミソが汗をかきます(そこがボケ防止になって、おもしろいんですけどね)。 やぐら現物を前にして、今日の作業のポイントとなるイメージ設計を固めます。 手摺りは、柱のてっぺんにL字形状に2箇所付けると決まっているので、これはよし。 一般建築物での 踏み板間の高さは、略16cm~25cmぐらいの間の寸法になっています。 やぐら踊り場までの高さは63. 5cmですから、4段階段とすれば16cm、5段とすれば12. 5cmとなります。 ところで、ここで作る滑り台は、気に入ってくれれば3,4歳まで遊べる滑り台ですから、(今日現在のWKNちゃんには、ちょっと高いかもしれないが)16cmを採用し、世間によくある階段高さに、早い時期から馴染んでもらうことにしましょう。 階段の角度について、緩やかなスロープの方が良いと思い、45度ぐらいの勾配を想像してみたのですが、現物を前にしてみると45度は却下。 人間の本能として、進行方向の高い所につかまりながら、 梯子を登るような格好をして上がるんじゃなかろうか?よって、階段の側板底面はやぐらの柱から35cm離れた位置に置くこととしました。 つまり、接地補強部材2本の柱からの出っ張りは35cmということになります。 だから、滑り板の端のツバを、上からスーッとやぐらの柱に 沿わせて下してくれば、やぐらと滑り板は具合よく結合するし、滑り板を 上に持ち上げれば両者を分離できるわけです。 <所要日数> 約4日間 <必要道具> メジャー、差し金、のこぎり、ドライバー、キリ(下穴用) <木ねじ寸法> 30 38 50 70mm の4種 <耐荷重性> 90kgのオヂサンが乗って滑っても全く問題なし <費用> 木材費用、約4k円 塗装費別途(1. 5k円ぐらいかな) 木ねじは手持ち品使用 <感想> あきっぽいオヂサンがよく最後まで頑張ったと思う。 自分自身に感心。 オヂサン、あんたはエライ!! やっちまったぜ せっかく、褒めたばっかりだったのにねえ。 完成の余韻を楽しみながら幸せな気分で滑ってみたら、 アレッ? 何か変だぞ?お尻が踊り場から滑り板に移動する瞬間、微妙に やぐらの向こう側が浮く感触を感じました。 ・・・??・・・ あは~ん、そうかぁ! 自分で設計した滑り台なのですぐに原因が分かりました。 滑り板はやぐらの端に寄りかかっています。 また、滑り板とやぐらは緊結構造ではありません。 オヂサンの体重がやぐらの投影底面から出て外側から掛かるようになり、ツバと柱の接触により回転モーメントが吸収されるようになるまでの微小領域で、やぐらを倒そうとする力が生じるのですね。 分かれば簡単。 いくつかの対応策が浮かびますが、一番工作が簡単な アウトリガー(踏ん張り足)方式を採用します。

次の

滑り台 DIY

滑り台 diy

持ち運び・分割可能な 木製滑り台の自作記事です。 何を隠そう、先日の義父の法事で久しぶりに、よちよち歩きできるようになっていたWKNちゃんに会ったのです。 「WKNちゃん、ジージだよ、おいで」 って呼んだら、こちらへ歩いてきたので、抱こうと思って手を出すと、「じゃまだ、どけ」と言わんばかりに、いたいけなジージをモミジみたいな小さなお手てで振り払うのでございます。 「あああ、うう、う・・・」(ジージ涙するの図) もう、こうなったら貢物をして気を引くしかないでしょう。 腰がイテーくなるから頑張りたくはないのですが、孫のためならやりましょう、ええ、やりますとも! では、孫と遊ぶための滑り台、設計方針を検討し次のように設定します。 <設計方針>• 手持ちの工具を使って自作できるように、木工、木ねじ接合法とする。 孫からジージまで遊べるように、耐荷重を考慮して製作する。 転倒防止に強いL型形状とする(登って行った方向から横に滑るタイプ)。 自立型とする(基礎、支柱不要)。 可搬型とする(容易に2分割でき、各々大人1人で持てる重量、運べる形状)。 きちんと設計図を描くとくたびれるから、現物合わせで製作する(できなりで、次の手順の寸法を決める)。 と、まあこのぐらい決めておけば、設計図はいらないでしょう。 こういう呼び方は、外材でインチが単位と思っていました。 なーんだ、結局素人にはメジャーを持っていって計ってみなけりゃ分からないということか。 コンパネ材と側板の接合を写真のようにすると、お尻の入る幅が41cmになりますが、41cmでもジージのお尻が入ります。 また、強度的にもこちらの方が強いですね(木ねじをコンパネの厚みの部分に打つような組み方よりも、写真のように側板に打つ組み方の方が強い)。 初日は、久々の木工工作なので、工具の準備と肩慣らしで終了。 やぐらブロック では、一番面倒なやぐらブロックの製作に取り組みます。 何が面倒かって? 今回作るやぐらは、 四角形形状をしています。 横から見ても四角形、上から見ても四角形です。 4辺を形成する部材の寸法を正確に揃えて切り出さなければなりません。 また、それを組む時には、部材が縦、横、高さ方向ともに直角になるように組まなければなりません。 ちょっと気を抜くと長方形や正方形ではなく、ひし形になってしまうのです。 極端な話、木ねじを1本留めるごとに 差し金で直角をチェックしながら作業を進めるわけです。 さらには、現物合わせで作りますから、部材を切るたびに紙やすりで滑らかに削って、四つ角の面取りを行います。 材料を書いておきますね。 やぐらを作る上での寸法的な制約は、次の3点のみ。 ・柱間の寸法は、滑り板ブロックの幅 約45cmを内側に収める寸法とする。 ・滑り板の傾斜を決める高さ、つまりやぐら 踊場の高さは635mmとし、柱端の高さ 約920mmを手すりの高さとする。 <やぐら下から> 木組みが分かりやすいように、地面側から見るとこうなっているという写真も貼っておきます。 さあ、明日は階段と手すりをつけますよ。 階段ブロック 努力の甲斐あって、やぐらの部分がしっかりできたので、後の作業がずいぶん楽になりました。 木組みがしっかりせずフニャフニャしていると、おっかなびっくり作業することになって疲れてしまいます。 そういう意味では楽になったのですが、今日の作業は、階段と手摺り作り。 斜めの部材を切ったり、組んだりすることになりますので、直角物を扱う感覚とはまた異なり、ノーミソが汗をかきます(そこがボケ防止になって、おもしろいんですけどね)。 やぐら現物を前にして、今日の作業のポイントとなるイメージ設計を固めます。 手摺りは、柱のてっぺんにL字形状に2箇所付けると決まっているので、これはよし。 一般建築物での 踏み板間の高さは、略16cm~25cmぐらいの間の寸法になっています。 やぐら踊り場までの高さは63. 5cmですから、4段階段とすれば16cm、5段とすれば12. 5cmとなります。 ところで、ここで作る滑り台は、気に入ってくれれば3,4歳まで遊べる滑り台ですから、(今日現在のWKNちゃんには、ちょっと高いかもしれないが)16cmを採用し、世間によくある階段高さに、早い時期から馴染んでもらうことにしましょう。 階段の角度について、緩やかなスロープの方が良いと思い、45度ぐらいの勾配を想像してみたのですが、現物を前にしてみると45度は却下。 人間の本能として、進行方向の高い所につかまりながら、 梯子を登るような格好をして上がるんじゃなかろうか?よって、階段の側板底面はやぐらの柱から35cm離れた位置に置くこととしました。 つまり、接地補強部材2本の柱からの出っ張りは35cmということになります。 だから、滑り板の端のツバを、上からスーッとやぐらの柱に 沿わせて下してくれば、やぐらと滑り板は具合よく結合するし、滑り板を 上に持ち上げれば両者を分離できるわけです。 <所要日数> 約4日間 <必要道具> メジャー、差し金、のこぎり、ドライバー、キリ(下穴用) <木ねじ寸法> 30 38 50 70mm の4種 <耐荷重性> 90kgのオヂサンが乗って滑っても全く問題なし <費用> 木材費用、約4k円 塗装費別途(1. 5k円ぐらいかな) 木ねじは手持ち品使用 <感想> あきっぽいオヂサンがよく最後まで頑張ったと思う。 自分自身に感心。 オヂサン、あんたはエライ!! やっちまったぜ せっかく、褒めたばっかりだったのにねえ。 完成の余韻を楽しみながら幸せな気分で滑ってみたら、 アレッ? 何か変だぞ?お尻が踊り場から滑り板に移動する瞬間、微妙に やぐらの向こう側が浮く感触を感じました。 ・・・??・・・ あは~ん、そうかぁ! 自分で設計した滑り台なのですぐに原因が分かりました。 滑り板はやぐらの端に寄りかかっています。 また、滑り板とやぐらは緊結構造ではありません。 オヂサンの体重がやぐらの投影底面から出て外側から掛かるようになり、ツバと柱の接触により回転モーメントが吸収されるようになるまでの微小領域で、やぐらを倒そうとする力が生じるのですね。 分かれば簡単。 いくつかの対応策が浮かびますが、一番工作が簡単な アウトリガー(踏ん張り足)方式を採用します。

次の