ダンまち lv9。 ダンまち続編3期が決定!放送日情報と内容がどこからどこまでか予想【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか】|漫画最新刊の発売日と続き速報

「キタあああああああああ!」【ダンジョン出会い】 大森藤ノ 158 【ダンまち】

ダンまち lv9

祖父に育てられた• 両親は亡くなっている。 詳細不明• 英雄譚が好き(祖父が書いたものが多い?)• 祖父はほぼ神ゼウス確定• 祖父は亡くなったことになっている• ヘルメスにベルの様子を見てくるよう依頼する 先に結論から言うとベルの正体はアルゴノゥトの生まれ変わりだと個人的には考えています。 なので生まれ変わりという体で話を進めていきますので予めご了承下さい。 ダンまちでは人、モンスター、神も命を落とせば「輪廻転生」する世界観になっています。 例えば、ベルが初めて冒険した「ミノタウロス」も後に漆黒の雄牛「アステリオス」として生まれ変わり再びベルの前に現れます。 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より そして「ミノタウロス」は好敵手としてアルゴノゥトの話でも登場します。 当時のアルゴノゥトは「雷の精霊」の加護を受けていましたが、強さはミノタウロスのほうが上で勝てる見込みはありませんでした。 最終的にはアリアドネの介入により撃破しますが、この時のセリフや行動はベルたちの時代にリンクする部分が多いです。 以下、アルゴノゥト英雄譚のセリフより 「そこにいるか、我が敵よ」 「私と決着を望むか、強き敵よ!」 「ならば私とお前はこれより『好敵手』!ともに戦い合う宿命の相手だ!」 「さぁ、冒険をしよう!この譲れない想いのために!」 「『僕達』は今日、初めて『冒険』をする!」 アルゴノゥトの問いに雄叫びで答えるミノタウロス。 二人の戦いは過熱しアルゴノゥトは失明し力付きかけますが、 アリアドネ ・・・・・が精霊の化身「雷霆の剣」を使って戦いの間に入ってきます。 アリアドネに助けられた形になってしまったアルゴノゥトは、ミノタウロスに一対一の勝負が出来ないことを謝り、ある約束をしました。 「・・・すまない、ミノタウロス。 やはり私は私らしい。 こんな『喜劇』にしかならかった」 「ここでお前を討つ!私一人ではなく、姫と二人で!本当に申し訳なく思う。 だから」 「また会おう、我が敵よ!」 「生まれ変わり、次にまた巡り合った時、今度は一対一で!私達の決着を」 「約束だ、『好敵手』よ!」 上のやり取りをベル達の時代で見ると以下のようになります。 一度目はアイズに救われ、二度目はアイズの救いを拒否し自分より格上のミノタウロスを一対一で撃破するため冒険する、そのミノタウロスが生まれ変わり「アステリオス」として再びベルに好敵手として再戦を申し込む。 一連の流れアルゴノゥトの時とほぼ一緒だと思いませんか?ちなみに古代のミノタウロスと現代のアステリオスは好敵手との戦いのときに笑みを見せています。 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~」より MEMO「アステリオスについて」• ポテンシャルはレベル7(ギルド認定)• ベルとの再戦は圧勝(一勝一敗)• ベルとの再戦の為だけに深層で一人鍛錬している• アイズやベートなどのレベル6たちも苦戦している• 穢れた精霊を圧倒する強さ(この時点でオッタルと同等かそれ以上の強さ) 【ダンまち】ベルとアルゴノゥトの二つ名 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より 雪のような白髪に赤い瞳から「兎」のイメージを持たれることが多く「兎」のようにすばしっこいことからレベル4にランクアップした時に 白兎の脚 ラビット・フットという二つ名が与えられました。 もともとベルは敏捷に特化した部分もあるので速いのは当たり前ですが、そのスピードはロキ・ファミリアの団員達が「アイズのよう」と例えるほどで、ポテンシャルは既にレベル4上位と判断されています。 「敏捷とアルゴノゥトに何の関係があるのか?」と思うかも知れませんが、ちゃんと共通している部分があります。 アルゴノゥトは歴代最弱の英雄として語られてきました。 そんな彼が最も特化していたのが「敏捷」です。 アルゴノゥト本人曰く 「裏山の野良兎」という異名があると明かしています。 戦闘に置いては素人同然でほとんど妹のフィーナに助けて貰っていました。 それでも、その逃げるという行為はちゃんと計算された行動で常に状況判断をして行われていました。 「頭はすこぶる回る男」 ベルも最初は逃げ回っていました。 これがすべての要因ではないでしょうけど、敏捷についてはかなりの成長速度を見せています。 アルゴノゥトとベルの性格は違いますが、ミノタウロスや敏捷の件といい辿ってる道はほぼ一緒なのは間違いありません。 【ダンまち】英雄の船に乗る冒険者たち 出典:「Wikipediaアルゴー船」より ダンまちのアルゴノゥトの名前の意味は「英雄の船」として語られています。 これは今更ですが、ギリシャ神話の「アルゴー船」を指しています。 アルゴー船の乗組員には神話で活躍した多くの英雄たちが乗り込んだたと伝えられており、アルゴノゥトの物語でもこれは一致しています。 彼に感化された力ある英雄たちが続々とアルゴノゥトに続き力を振るいます。 そしてベルのときも同じ現象が起こります。 最初にベルに感化されたのはロキ・ファミリアの団長「フィン・ディムナ」です。 それが表面化したのは穢れた精霊たちとの戦い。 このときオラリオではアイズの精霊の血や神の悪巧みで色々なことが起きていました。 その騒動は多くのファミリアを巻き込み「全ファミリア vs 穢れた精霊&神」の戦いに発展します。 MEMO フィン、アイズ、精霊については長くなるので省きます。 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より 戦況はあまり芳しくなく徐々に最悪のシナリオに向かい多くの団員たちが傷付き倒れ絶望しました。 しかし、そんな彼等彼女等を率いて状況を引っくり返したのがベル・クラネルです。 ベルは「 英雄願望 アルゴノゥト」をチャージし「ゴォン、ゴォォン」と大鐘楼を鳴らして皆の前に現れ「自分を守るよう」に言います。 不条理に逆らい勝利に導く鐘の音は傷だらけの冒険者達を奮い立たせ最後の戦いに挑むため、ベルの盾になり囮になり防衛戦を築きながらベルと共に進みます。 大鐘楼の音は各地に散った英雄候補たちにも聞こえ倒れた者に再起を促しました。 フィンはその姿を見て、 「この勝利の鐘の音に続けぇぇぇぇぇ!!」と叫び冒険者たちは決戦に挑み精霊を撃破します。 他にも18階層のイレギュラー、階層主漆黒のゴライアスのときも似たようなことはありましたよね? 状況はかなり違うけど 英雄に憧れるベルは英雄アルゴノゥトのように船の船頭のよう役割をいつの間にかしていました。 そしてこれを見たオッタルはベルの英雄としての資質を認めフレイヤが何故あそこまでベルに拘るのかにも納得します。 【ダンまち】大精霊の正体はゼウス? 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より アルゴノゥトに精霊の力を貸したのゼウスだと個人的には考えています。 本題に行く前に少しだけゼウスについて、 ダンまち原作の1巻から15巻(最新刊)でもベルの両親のことはもちろんゼウスに関しても殆ど情報が出ていません。 現状分かっているゼウスのことは以下の内容。 アルゴノゥトのことを天界から見ていて知っていた• 英雄譚を書いてベルに見せていた• ベルの前から姿を消した• ベルに何かを期待していた• 今でもヘルメスと繋がりがある• 神威を消して姿を変えることが出来る• ヘスティアとは天界での馴染み• アイズのことを知っている ベルを表現するとき「雷」という言葉がよく使われます。 偶然にも神話のゼウスも雷を操る神として有名です。 ベルが魔導書を呼んだ時アイズのことを思い浮かべ「雷のように速い」と表現し、それからというものベルの技を表す時は「炎雷」や「雷」というワードが多くなります。 これに関しては詠唱も含めその人の「憧憬」が深く関わるので、特別なにかがあるとは思えませんが、アルゴノゥト同様「雷」というのは少し気になります。 対アポロン・ファミリアのウォーゲームのときもカサンドラは「雷が昇る」とやたら雷押しです。 そしてアルゴノゥトが受けた精霊の加護は「雷の大精霊」で精霊の名は「ジュピター」。 とりあえず少年二人に雷が共通しているのは一旦置いといて、ここで注目したいのは「ジュピター」です。 MEMO「ジュピターとは」 ジュピター ユピテル は古代ローマの最高神で、ギリシャ神話のゼウスと同一視されている神。 ゼウス同様「雷」を武器にし世界の秩序と正義を維持してきた。 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より ダンまちに登場する妖精関連は未だ謎も多いので確信はありませんが、、、、 アルゴノゥトに加護を授けたジュピターの性格はゼウスとほぼ一緒で声も同じでした。 そもそもアルゴノゥトが精霊を探していた理由は「アリアドネ」を救うためで、王都に伝わる「精霊の祠の噂」が発端。 王都でも精霊の祠の真意を確かめようと何度も兵が派遣されましたが、一向に見つからず王都では信憑性の低い「ただの伝説」として扱われてきました。 精霊の祠の発祥の起源は「旅人が空から落ちてくる光を見つけて行った先に祠があった」という何とも安直な話で、その当時は魔物の支配が一時的に弱まったことから精霊が降臨したのではないかと囁かれていたそうです。 そんな真意が定かではない話を一気に進めたのが「クロッゾ」でした。 精霊の血を引くクロッゾの体は「他の精霊」に反応しアルゴノゥトたちは難なくと精霊の祠を見つけ契約を結びます。 雷の精霊の特徴をまとめると、• 声と性格はゼウスと同じ。 クロッゾたちも声を「爺」と表現する• 筋肉モリモリでガタイがいい「爺」が見える• 美人が好き• 神と一緒で聞き慣れない言葉を使う• 本来精霊は自我が薄く無口• 大神に類する「大精霊」• 「雷霆の剣」として姿を変え「神の恩恵」を授かったような力が手に入る ジュピターの特徴を見るとゼウスそのものです。 ゼウスが天界からアルゴノゥトたちを見ていたことを考えると「神の娯楽」「気まぐれ」だとしても自分の力をアルゴノゥトに貸したことは十分ありえます。 ジュピターは「類する」という表現を使いますが「類する」とは「似ている」「肩を並べる」「相当する」という意味なので本人じゃない可能性も当然ありますが、 古代の精霊は神の意思を受け英雄に協力していた存在。 「神の分身」「神そのもの」とも言われているのでジュピターの特徴からみても「ゼウス」でほぼ間違いないかなと思います。 ゼウスがベルと一緒にいた理由が分からない 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より なぜゼウスは自分の正体を隠してまでベルと一緒に居たのでしょう?ベルの両親が亡くなったとしても自分の存在を隠す意味が分かりません。 タケミカヅチ・ファミリアのように孤児として預かればいいだけのことなのに、わざわざ「祖父」としてベルの側にいた理由は何だったのでしょうか? MEMO 精霊と神は子供を産めない。 フレイヤとシルの親子関係的なのは特別な何かがあると個人的には思っている。 そしてゼウスはヘルメスにこんなことを言い残しています。 「意気地はある。 根気もある。 だが、素質が圧倒的にない」 「およそ大成する器ではない」 両親を失って身寄りがないから引き取ったしてもこんな考えにはならないし、ベルの前から姿を消す必要もありません。 ちゃんとした目的があっての発言と行動だと思います。 まず「素質」「器」から浮かぶキーワードは「英雄」です。 ゼウス・ヘラ・ファミリアは「三代冒険者依頼」のクエストに失敗し全滅。 その後、ロキ、フレイヤ・ファミリアによって都市から追い出されました。 人類にとって三代冒険者依頼は悲願です。 仮にその悲願をベルに託し英雄として育ててきたとしても、この世代には沢山の英雄候補がいます。 例えば「オッタル」「フィン」を含めたロキ、フレイヤ・ファミリアの幹部たちがそれに当てはまります。 ヘルメスもこれを理解した上でベルを「ゼウスの置き土産」と表現し「最後の英雄」として担ぎ上げてます。 ぶっちゃけアルゴノゥトの生まれ変わりだとしてもベルに拘る必要はありません。 それでもゼウスはベルに「何かを」期待していた?• ベルはゼウス・ファミリアが残した最後の英雄• 英雄候補が一同に揃いながら何も起こらない筈がない• 遠い未来か近い未来か時代が動こうとしている ダンまちが出た当初は「ベルの両親がゼウス・ファミリアにいて」とか考えていましたが、それならもっと子供がいてもおかしくないし本当に謎だらけです。 さいごに ダンまちのあとがきって結構ネタバレするんですけど、ベルとゼウスに関しては本当にネタバレする気配がしませんw 両親の存在も気になるし、ベルのことを「ゼウス・ファミリアが残した」というファミリア単位で表現していたのも気になります。 何にせよベルに関しては当分分からないくさいですね。 代わりにアイズの件は「精霊編」が始まるので徐々に判明してきそうです。 作者曰く、この辺は本編で明かすそうなので今後も楽しみです! まとめ.

次の

【ダンまち】最強キャラはいるのに強さランキングがない理由

ダンまち lv9

【ダンまち】オッタルの過去!レベル8と9の存在と最強を越えようとする最強 2019年12月21日 2020年5月14日 ダンまちに登場するフレイヤファミリア団長オッタルの過去は決して明るいものではありませんでした。 今でこそ頂点や猛者などと言われていますが世界最強の派閥ゼウスファミリア、ヘラファミリアにはオッタル以上の冒険者がゴロゴロいました。 最強と呼ばれるオッタルが追いかけた最強の存在は未だにオッタルを武人として強くさせています。 もしまだゼウスファミリアとヘラファミリアがあれば今のオッタルでも敵わないほどです。 今回はそんなオッタルの過去についてです。 以下、原作最新刊ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかファミリアクロニクルepisodeフレイヤの一部ネタバレになるので注意して下さい。 まとめ 目次• 【ダンまち】オッタルとフレイヤの出会い 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オッタルは幼い頃に捨てられ一番古い記憶は寂れた路地裏の夜でした。 カビ臭く凍てつく寒さ。 そして空腹を通り越した飢えは徐々にオッタルの体を氷のように冷たくしていきます。 当時のオッタルは自分の名前すら分からずどうしてここに居るのかも理解出来ませんでした。 思考も痛みも無くどんどん衰弱していく体は、いつ命を失ってもおかしくありませんでした。 そんなときに出会ったのがフレイヤファミリアの主神「女神フレイヤ」でした。 フレイヤ「貴方、独り?」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 幼かったにも関わらずオッタルはフレイヤの美しさに見惚れます。 フレイヤは手を差し伸べ目の前の幼子に「名前」を聞きますが自分の名前や存在、どうして此処に居るのかも分からないオッタルは答えることが出来ませんでした。 何も返ってこない幼児を見てフレイヤは無邪気な少女のような笑顔で幼子に言います。 フレイヤ「じゃあ、私が貴方に名前をあげる。 貴方は『オッタル』よ」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 以来、オッタルにとってフレイヤが全てとなります。 オッタルがフレイヤの恩恵を授かったのは拾われた数年後で自我がはっきりと確立した頃。 その間フレイヤが直々に面倒を見て育てました。 そして、オッタルがレベル2になるまで掛けた期間は二年。 ただ正確には恩恵を授かってから戦闘に身を置いたので実質一年でランクアップしてます。 フレイヤファミリアのホーム「戦いの野(フォールクヴァング)」ではフレイヤの寵愛を受けるためフレイヤの力になるため団員同士で戦いしのぎを削る派閥内競争があります。 オッタルはあの頃の「洗礼」をもっとも苛烈と記憶しています。 少し意味合いは変わりますがティオナとティオネが居たカーリーファミリアも同じ事をしていて、あそこは同レベル同士の団員を命を掛けて戦わせてランクアップをする手法を取っています。 カーリーファミリアはこれを「儀式」と呼びます。 この頃のオッタルには食べ物も住む家も着る服もあり生きてく上で必要なものは全て揃っていました。 フレイヤから温もりや感情をもらったオッタルにとって彼女が全て。 これは今も昔も変わりません。 感情が芽生えたとは言え口下手なオッタルにフレイヤを喜ばせることは出来ませんでした。 返せるものが一つもないオッタルはひたすら「強さ」に拘ります。 なによりフレイヤがオッタルに輝くことを望んでいるので「強さ」を追求するしかありませんでした。 オッタルの強さの理由はシンプルで全て「フレイヤ」の為。 この「全て」という言葉を何回も使ってますが、フレイヤファミリアに関しては本当にこれが全てです。 オッタルだけじゃなく他の団員達も一緒です。 「戦いの野(フォールクヴァング)」で行われる試練もそうですが「全て」フレイヤの為でもありそれが自分の為でもあります。 そして結果的にファミリアの強さにも繋がっています。 「全てはフレイヤの為」 【ダンまち】ミアの教えとオッタルとの関係 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 豊穣の女主人の店主「ミア・グラント」はフレイヤファミリアの元団長。 ファミリアの食事もミアが作っていてボロボロになった団員達はミアの料理で英気を養っていました。 ミアとフレイヤの関係は他の団員とは違い少し特殊で、基本的にミアはフレイヤを敬っていません。 そのため他の団員から狙われますがその度に拳一つで全員返り討ちにしてきました。 ミアがフレイヤファミリアに入った理由はスカウトでしたがフレイヤに「借り」があったので嫌々ながらも席を置く羽目になります。 その「借り」が何なのかは原作ではまだ明らかになっていませんが、ミアの性格からしてそれがよっぽどなのは確かです。 フレイヤファミリアを抜けた今でも席だけは残している。 当時から豪快でその強さはオッタルも認めるほどの「強さ」でした。 そして当たり前のようにあっさりと団長の座に着きます。 ある日オッタルは自分より遥か高みにいるミアに「どうすれば、お前を越えられる?」と訪ねます。 ミア「考えな。 アタシは強くなるなんてどうでもいいと思っちゃいるが、それでもいつだって、何に対してだって、考えるようにしてる。 頭の足りないドワーフなりにね。 考えないヤツは生きていけないよ。 どんな時も、どんな場所でも。 『化物』どもがひしめき合う今のオラリオなら尚更ね。 」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ この頃のミアはフレイヤからオッタルを見守るように言われていましたが特別何かを施したりはしてませんでした。 この時の解答もオッタルにとっては単純明快で自分が望んでいた解答ではありませんでした。 しかし、そんなミアの教えはオッタルの心に深く根付くことになります。 ミアは自分で考えてそれでも納得出来なかったら聞きに来い、じゃないと身に付かないということを身を持って経験していると話すと続けて、 ミア「ま、はっきりしていることは・・・食べないヤツは強くなることも、成長することもできないってことかね」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 以来、オッタルはフレイヤが目を丸くするほど食べるようになり今の体付きを得ます。 ミアがファミリアを抜けるという話をフレイヤから聞いたオッタルは「行くな、まだお前を倒していない」と言いますが ミアは「アタシに執着してどうする」と返します。 ミア「アンタがアタシを追いかけるように、これからアンタを追いかける連中がわんさか湧いてくるだろうさ」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 二人の関係は不思議で母と子でもなければ戦友とも呼べる仲ではありませんでした。 あえて言うとすれば子供のワガママを聞く年長者に近いのかもしれません。 【ダンまち】オッタルと世界最強のファミリア 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 今でこそフレイヤファミリアとロキファミリアが「オラリオ最強」と言われていますが、以前までは「世界最強」のファミリアが存在していました。 それが「ゼウスファミリア」と「ヘラファミリア」です。 しかし、隻眼の竜に敗れ弱った両ファミリアはフレイヤとロキの企てによって都市を追い出されます。 オッタルが初めて彼等に負けたのレベル3の頃で相手はゼウスファミリアの末端の団員。 その次にヘラファミリアの幹部で両方一瞬でヤラれました。 以降、敗北が続き勝つ事は一度もありませんでした。 遥か昔、オラリオに身を置く前にフレイヤはヘラと抗争し敗北し、その時に多くの眷属を失いました。 その時の恨みからフレイヤいつかヘラを王座から引きずり下ろそうと考えていた。 以来、オッタル含め他の眷属たちもフレイヤへの侮辱なども含めフレイヤを王座に変えようと躍起になっていた。 また当時の抗争にフレイヤは「たった一人で戦う怪物の力を見余った私のせい」とも話しているので相当力の差があったのかもしれません。 それでも高みを目指すオッタルは折れず立ち向かいますが、世界最強の壁は厚くその度にオッタルは強さを求め続けました。 返り討ちにする度にオッタルを見逃すゼウスファミリアのレベル8の男とヘラファミリアのレベル9の女。 両ファミリアは決して止めを刺さず「強くあれ」と言わんばかりにオッタルをその先へと駆り立てました。 オッタルがレベル5以降にランクアップする時には必ずゼウス・ヘラファミリアが関わっています。 レベル6の時は15年前、レベル7の時は7年前。 その後、隻眼の竜によりゼウスファミリアとヘラファミリアは壊滅。 彼等彼女等は次の「英雄の器」達に常に発破を掛け続けてきました。 「俺達を越えてみせろ、英雄の雛ども」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 少し余談。 ここに来てゼウスファミリアとヘラファミリアの事が少しだけ明かされました。 両ファミリアにはレベル8から9が居ることが確定しましたが、初めてオッタルが負けた相手は「末端」という事から恐らくレベル4~レベル6がゴロゴロしているのかもしれません。 一瞬で勝負が着いてるから結構なレベル差はある気がします。 ま、単純に上がレベル8・レベル9とかなら当然っちゃ当然な気もしますけど、もしかたらレベル10も居るのかもしれません。 ただそれ以上に気になったのは隻眼の竜の強さです。 これだけの冒険者でも敵わなかった相手にベル達はどうやって攻略するんでしょうね?精霊の力とか春姫のレベルブーストとか色々想像は出来るけど、個人的に春姫がキーマンな気もしなくないです。 (ヘスティアファミリアが倒すかはわかりませんが) 彼女の登場時からやたらとサラマンダーっぽい絵も描かれてるので何かしら精霊と関係あるのかなって勝手に想像してます。 ダンメモでも火の力を使ってるし何か関係があるのか・・・・ないのか・・・・ 【ダンまち】オッタルを越えようとする者 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア オッタルは鍛錬として一人でダンジョンに遠征する事があります。 前回は49階層の階層主を仕留めきれずに終わりました。 そして今回のオッタルの目的は37階層の階層主「ウダイオス」が落とすドロップアイテム「ウダイオスの黒剣」。 以前、アイズが単独でウダイオスを討伐した際に剣を装備していたと報告されていました。 オラリオの長い歴史の中でもそれは未確認でギルドでも剣について公式発表しその条件も公開しました。 レアドロップの発生条件 ・1対1の戦闘 ・少人数の戦闘 アイズの時はリヴェリアが同伴しましたが戦闘には直接関与していない。 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア 目的地に向かっているとオッタルの前に現れ勝負を挑んで来る者達がいました。 それはフレイヤファミリアの幹部のアレン、ヘグニ、ガリバー4兄弟の6人。 基本的にフレイヤファミリアの掟に幹部同士の地上以外での戦闘は禁止というルールがあります。 これは他の派閥に余計な刺激を与えない策としてフレイヤが設けました。 ただ今オッタルが居る場所はダンジョンであり地上でもなければ今回はベルに試練与えるためミノタウロスを鍛えてる訳でもないので、この件にフレイヤは一切関係していない事になります。 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか つまり幹部同士でも戦える事になります。 memo フレイヤの側に控える事が出来るのは世話係を覗いて一番寵愛を受けている者になります。 他の団員はもちろん幹部連中もその場所を狙って居るので掟が適用されない限り常にオッタルに戦いを仕掛けている模様。 ドロップアイテムが目的のオッタルは「後にしろ」と言いますが聞く耳を持たない幹部達。 急遽始まった戦いにオッタルはかつてミアに言われたことや戦闘の助言をしながら戦います。 軽々と吹き飛ぶアレンには「軽すぎる。 もっと飯を食え、アレン」当然アレンはまるで母親のような言い草に怒ります。 そしてガリバー兄弟には「低い視点に頼りすぎてる上も取れ」と助言すると「いま全世界のパルゥムを敵にしたからな」と返されついつい謝るオッタル。 ヘグニに関しては中二病的な意味の分からない言葉に「分かる言葉で話せ」の一言。 加熱する戦いでしたが遅れてやってきたフレイヤファミリアの幹部ヘディンが来たことで状況は変わります。 ヘディンは今すぐ戦いを辞めるようオッタル達に言いますが当然他の幹部は反発します。 「フレイヤ様のお達しだ」 一気に黙る一同。 これでオッタルは心置きなくウダイオスの討伐に向かい難なくとドロップアイテムを手に入れます。 オッタルとウダイオスの戦いが終わると他の幹部達が現れその目はまっすぐオッタルを見添えていました。 「お前はいつか俺が倒し、俺が越える」 それはオッタルが過去にミアやゼウス・ヘラファミリア越えようとした時と同じでした。 オッタルは笑いながら彼等に言います。 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 「俺に執着してどうする、阿呆どもめ」 歴史を繰り返すように過去にミアに言われたことを彼等に言うオッタル。 それから時間は過ぎ。 手に入れたドロップアイテムでオーダーメイドの武器を作ったオッタルはフレイヤに銘を付けてほしいと拝命を望みました。 「覇黒の剣(はこうのつるぎ)」と名付けたフレイヤは、 「貴方に立ちはだかった過去の闇をいつか制することを祈って、そう名付けるわ」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ その後もかつての最強達を追い越そうとオッタルは「強さ」を求めます。 【ダンまち】オッタルの魔法名と詠唱、スキルやその他ステイタス 最後にオッタルの魔法やステイタスについて少し書いてこうと思います。 ・レベル7 ・力:S999 ・耐久:S999 ・器用:S991 ・敏捷:S989 ・魔力:D566 【スキル1】戦猪招来(ヴァナ・アルガンチュール) 任意発動で発動後は獣化し全アビリティ超高補正。 発動毎に体力とマインドを大量消費する。 【スキル2】我戦我在(ストルトス・オッタル) 戦闘続行時に治力と精癒が一時発現し習得アビリティの全強化。 戦闘続行条件は体力に比例する。 【魔法】ヒルディス・ヴィーニ(効果については不明) 【詠唱】銀月の慈悲、黄金の原野。 この身は戦の猛猪を拝命せし。 駆け抜けよ、女神の神意を乗せて。 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ さいごに というわけでオッタルの過去ということで情報は少ないですがゼウス・ヘラファミリアとの関係も明かされました。 千年の歴史を持つファミリアなのでレベルが今の冒険者たちを違い過ぎますね。 古代のモンスターは強かったらしいので得られる経験値も違うし場数もかなり踏んできたんでしょうね。 フレイヤとヘラの抗争もたった一人の力を見余ったのが原因でもあるようなので相当化物揃いだったと思います。 気になることは沢山ありますが作者曰くいつかゼウス・ヘラファミリアの話を書きたいとの事だったので気長に待ちたいと思います。 まとめ.

次の

【ダンまち】オッタルの過去!レベル8と9の存在と最強を越えようとする最強

ダンまち lv9

8 98. 6 100. 2 106. 5 111. 2~111. スペック面の特徴と言えば、乙女マスターズのようにRTセット数を伸ばして出玉の塊を作っていく点。 RTだけではまとまった出玉を獲得するのは難しいので、 純ボーナスを上手く絡められるかが鍵になります。 公式サイト・PV動画 公式サイト: 天井恩恵 スロット「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)」には天井は搭載されていません。 天井狙い目 天井非搭載ということで、 天井狙いは不可能です。 ゾーン振り分け スロットダンまちでは、レア小役からのRT直撃に関わるゾーンが存在します。 画面下の石盤時計でRT直撃ゾーンの期待度を示唆しており、太陽が右側にあったり石盤時計が光っていればチャンス! ボーナス後24Gまでの間は、特に期待度の高いゾーンの1つとなっています。 ゲーム数 期待度 1~24G 期待度大 25~49G かなり期待できる 50~74G やや期待できる 75~99G ほぼ期待できず 100~124G 期待度大 125~175G かなり期待できる 175~224G 期待できず 225~249G やや期待できる 250~274G かなり期待できる 275~299G やや期待できる 300~349G 期待できず 350~374G ほぼ期待できず 375~424G やや期待できる 425~449G ほぼ期待できず 450~499G 期待できず 500~524G ほぼ期待できず 525~549G やや期待できる 550~574G ほぼ期待できず 575~624G 期待できず 625~649G ほぼ期待できず 650~674G やや期待できる 675~699G ほぼ期待できず 700~774G 期待できず 775~799G ほぼ期待できず 800~824G やや期待できる 825~849G ほぼ期待できず 850~899G 期待できず 900~924G ほぼ期待できず 925~949G やや期待できる 950~974G ほぼ期待できず 975~999G 期待できず やめどき ダンまちのやめどきは、ボーナス・RT終了後の前兆がないことと、有利区間に滞在していないことを確認してからということで問題ないでしょう。 朝一リセット挙動 スロットダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの朝一リセット時には、特にこれといった恩恵は用意されていないようです。 打ち方 ・通常時は中&右リールを適当打ちしても小役の取りこぼしはなし。 ・ファミリアボーナス(同色BIG)中には技術介入要素あり。 通常時の打ち方 1. 左リール上段付近に BAR狙い。 角チェリー停止時は、中&右リールは適当打ちで消化。 上段スイカ停止時は、中&右リールには 白7を目安にしてスイカを狙う。 下段BAR停止時は、中&右リールは適当打ち。 ボーナス中の打ち方 【ファミリアボーナス中】 1. 「今です!」というセリフが発生したら中リールを適当打ちし、左リール上段or中段に BARを狙った後に右リールを適当打ち。 カットイン発生時は全リールに白7を狙う。 それ以外の場合は全リール適当打ちで消化。 【ディヴァインジャッジ中】 1. 基本的には全リール適当打ちで消化しても問題なく、逆押しナビが出現したらナビに従って消化する。 ディヴァインジャッジダブルは設定「1<2<6<5」、ディヴァインジャッジは設定「1<5<2<6」の順に出現率がアップし、特に設定6はディヴァインジャッジ出現率が大きく優遇されていますね。 ボーナス確率の詳細解析は「」を参照。 特定ボーナス 設定 強ベル 弱チャンス目 1 16. 設定示唆演出 スイカ揃い時のボイス セリフ 示唆内容 奇妙な~ 奇数設定示唆 偶然~ 偶然設定示唆 神ヘスティアを~ 高設定示唆 LV. 4以上~ 設定5以上確定 LV. 6は~ 設定6確定 スイカ揃い時には役モノをタッチすることで、連続演出中でなければ設定を示唆するセリフが発生します。 セリフに「奇」という言葉が入っていれば奇数設定示唆、「偶」という言葉が入っていれば偶数設定示唆、「神」が入っていれば高設定示唆となります。 さらに高設定確定パターンも盛り込まれており、「Lv. 4」という言葉が入っていれば 設定5以上、「Lv. 6」という言葉が入っていれば 設定6確定! セリフは吹き出しでも確認できるので、聞き逃してしまう心配はないでしょう。 ファミリアチャンス中のキャラ カテゴリ キャラ 示唆内容 1 ベル 奇数設定示唆 リリ ヴェルフ エイナ 2 アイズ 偶数設定示唆 ベート ティオナ ティオネ 3 ロキ 高設定示唆 デメテル ミアハ ヘファイストス 4 ヘスティア 設定2以上確定 5 フレイヤ 設定2否定 6 ガネーシャ 設定5以上確定 7 ゼウス 設定6確定 キャラカテゴリ別の示唆内容 設定 カテゴリ1 カテゴリ2 カテゴリ3 1 39. 重要なのは紫背景のキャラとレインボー背景のゼウスで、ゼウスが出現すればその時点で 設定6確定! 紫背景のキャラは特定設定確定パターンとなっており、ヘスティアであれば 設定2以上確定、フレイヤは 設定2否定、ガネーシャは 設定5以上確定パターンです。 その他の終了画面では設定を示唆しておらず、毎回サンプルが取れるような要素ではないことを踏まえると、補助的な設定判別要素として抑えておけば問題なさそうです。 通常時 スロット「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」は、 ボーナスorCZを経由してのRT突入、そして押し順当て正解からのRT直撃もあり。 押し順当ては3択となっており、押し順当てに失敗してもCZ「ファミリアチャンス」移行に期待できます。 設定別のRT初当たり確率を見る限り、おそらくCZ突入率にも設定差はないと思いますが、3択押し順当てチャレンジの「ヘスティアチャレンジ」発生率も気になるところですね。 ・「旧市街」は高確示唆ステージ。 ・「バベル中央広場」は超高確示唆ステージ。 直撃ゾーン ・画面下の時計で直撃ゾーン期待度を示唆しており、時計が進むほど直撃チャンス期待度アップ。 ファミリアホーム ・「ファミリアホーム」は超高確状態と直撃ゾーンが重複した場合に移行するCZ。 ・ファミリアホーム滞在時はベル以上の小役成立時にRT抽選が行われる。 ヘスティアチャレンジ ・3択押し順当てチャレンジに成功すればRT突入。 ・消化中に白7が揃えばRT確定。 ・消化中のカットイン発生時は成功or失敗で恩恵が変化。 ステージMAXで次回のカットイン発生時にもってけラッシュ確定 ファミリアチャンス ・最大56枚獲得可能のボーナス。 ・マルチプレイ中にファミリアチャンスを引けば特化ボーナス突入のチャンス。 ヘブンズストライク(デウスデア) ・マルチプレイ中にBAR揃いボーナスを引くことで突入することのある上乗せ特化ボーナス。 ・消化中は毎ゲーム魔石獲得抽選が行われる。 ・上位版のヘブンズストライクデウスデアは、クリティカルゲーム中にBAR揃いボーナスを引き当てることで突入することあり。 ・ヘブンズストライクデウスデアは上乗せ性能が大幅にアップ! 神威開放 ・ファルナ中にBAR揃いボーナスを引くことで突入することのある上乗せ特化ボーナス。 ・消化中は毎ゲームポーション獲得抽選が行われ、平均ストック数は8個。 RT スロット「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」には「ソロプレイ」、「マルチプレイ」といった2つのRTが存在し、マルチプレイがまとまった出玉を獲得する鍵となるRTです。 ・レア小役成立時やボーナス成立時にマルチプレイ昇格抽選が行われる。 ・消化中の白7揃いはマルチプレイ昇格確定。 エピソード ・エピソードは30G継続し、全7話のエピソードを収録。 ダンジョン ・ダンジョンは平均60G継続し、スタミナが尽きると次セットへの継続ジャッジへ移行する。 ・ポーションを持っていればスタミナが尽きた際に全回復。 ・ボーナス成立時にはスタミナが全回復。 ・継続ジャッジでは魔石を所持しているほど継続期待度アップ。 ・白7揃い確率は画面左上のオーブによって変動し、「青<黄<緑<赤」の順で白7揃いに期待できるほか、オーブが炎を纏えば白7揃い確率が大幅アップ。 デスパレードゾーン ・30G継続する自力継続パート。 ・滞在中は成立役に応じてエピソード復帰抽選が行われるほか、押し順当てチャレンジ正解でデスパレード継続。 チェインブレイク ・レア小役成立を契機に突入することがある白7揃いの高確率ゾーン。 クリティカルゲーム ・魔石ポイント獲得特化ゾーン。 ・まだまだというカットインが発生すれば魔石獲得&継続確定。 ファルナ ・STタイプの上乗せ特化ゾーンで、8G間に白7が揃えばポーション獲得&ゲーム数を再セット。 ・ポーション獲得抽選は全役で行われる。 ・ファルナのポーション平均ストック個数は約7個。 フリーズ 発生タイミング 1. RT非突入のファミリアボーナスorファミリアチャンス後の1G目にファミリアボーナス成立 2. リールロックのステップ5到達 3.

次の