トイレ 壁紙 カビ。 壁紙のカビ取り方法と予防方法|RESTA DIY教室

トイレの壁にカビが生えた…その原因とは

トイレ 壁紙 カビ

この記事でわかること• トイレにカビが生えやすい理由• 便器・壁・床・タンクに生えたカビの掃除方法• カビの再発を防ぐカビ対策 目次 1.トイレにカビが生えやすい理由 実はカビ菌は空気中のどこにでも浮遊しており、条件が揃った場合に根付いて繁殖し、目に見えて「カビが生えた」状態になります。 カビ菌の繁殖条件は、湿度が80パーセント以上で、温度が25~30度の状態といわれています。 湿度と温度の両方の条件が揃うと、カビ菌がもっとも元気に活動する環境となってしまうのです。 密室で常に水たまりがあるトイレは、湿気がこもり気温も上がりやすいため、この条件になりやすい空間です。 また、手洗いした際の水しぶきや、用を足したときの尿のしぶきなども、湿気や汚れの元になります。 トイレはまさにカビ菌の繁殖にとっては絶好の環境というわけです。 2.場所別! トイレのカビをきれいにする方法 トイレの中でももっともカビが生えやすい場所は便器ですが、そのほかの場所も気は抜けません。 便器にカビが生えてしまうと、そこからカビ菌が浮遊し、あっという間に壁や床などにも繁殖してしまいす。 また、普段は見えないタンクの中も要注意です。 タンクは常に水が張っているため、実はカビが生えやすい場所なのです。 タンク内の水は便器を循環し、手洗いに使う場合もあるので、タンク内にカビが蔓延していると悪臭や健康被害の可能性もでてきます。 場所別に、生えてしまったカビを除去する方法をご説明します。 2-1.便器のカビ 掃除に使う洗剤は、市販のカビ取り剤ももちろん有効ですが、 乳幼児や敏感肌の方がいる家庭でも安心して使える「重曹」と「クエン酸」がおすすめ。 掃除の仕方は以下の通りです。 粉のままの重曹を便器内にまんべんなくふりかける• 重曹とクエン酸が混ざると発生する泡は炭酸ガスで、重曹やクエン酸を単体で使用するよりも、カビを洗浄する力がアップすると言われています。 また、発生した泡を時間を置いてカビと馴染ませることで、こびりついていたカビが柔らかくなり、ブラシで軽くこするだけでも簡単に落とせるようになります。 それでも 落ちない頑固なカビは、寝る前に重曹を多めに振りかけておいてクエン酸水を念入りにスプレーし、一晩放置してから、朝掃除してみましょう。 重曹とクエン酸ががカビの根本にまでしっかり浸透するので、蓄積したカビ汚れもするする落ちるはずですよ。 2-2.壁のカビ トイレの壁は便器やタンクとは違って水に触れていないので、一見カビが生えづらそうですよね。 しかし手洗いの際の水はねや用を足した際の尿しぶきによって湿りやすく、特に湿気の多い時期にカビが生えることが多い場所です。 壁のカビの除去で注意すべき点は、使用する洗剤です。 市販の塩素系のカビ取り剤は、クロスや木材の壁に使うと変色させてしまう可能性があるため、使用は避けた方がいいでしょう。 乳酸系のカビ取り剤か、消毒用エタノールが掃除に適していますが、 一番のおすすめはやはり、安全でさまざまな場所の掃除に使える重曹水(水100mlに重曹小さじ1杯を混ぜたもの)&クエン酸水です。 掃除の方法は以下の通りです。 重曹水を壁にまんべんなくスプレーする• 時間を置かずに水で濡らし固く絞った雑巾で拭き取る• クエン酸水を壁一面にスプレーする• 乾いた雑巾で壁を乾拭きする• 換気をしてしっかり乾燥させる カビを落とすのに効果的な重曹とクエン酸ですが、除菌や消臭の効果もあり、一度掃除すればカビが生えにくくなります。 ただし、スプレーしたあとは長い時間置いてしまうと壁の資材が湿って劣化の原因になるので注意してください。 なお、トイレの壁の素材によっては重曹でも変色してしまう可能性もあります。 重曹を使う場合は、トイレの隅の方で変色しないかどうか試してから、掃除をしましょう。 変色してしまいそうな場合は、クエン酸のみを使用するか消毒用エタノールなどを使用するようにしてください。 2-3.床のカビ 床も壁と同じように、水滴や尿のしぶきがかかりやすい場所です。 特に、便器と床の境目の部分にカビが生えやすいので、この部分は日ごろからこまめな掃除を心がけてください。 床の素材はご家庭によってさまざまかと思いますが、木材など洗剤によって変色しやすい素材なら、壁と同じ掃除方法を試してください。 タイルやクッションフロアなど水に強い素材の場合は、塩素系の洗剤などの強めの洗剤を使用したり、付けた洗剤をある程度の時間放置しても問題ありません。 水に強い素材の床で、壁と同じ方法で掃除しても取れないカビがある場合は、次のように掃除してみてください。 重曹ペーストをトイレの床のカビ部分に厚く塗布する• 重曹ペーストの上からクエン酸水をまんべんなくスプレーする• その上から食品用ラップで覆い密着させるようにパックする• 2-4.タンクのカビ トイレのタンク内は普段見えないので、便器や床、壁に比べるとつい掃除を怠りがちですが、常に水で満たされているため前述した通りカビが生えやすい場所です。 しばらくタンク内を見ていない方は、まずはタンクの蓋を開けてみてください。 開いたタンク内にカビが生えていたらカビ取り開始です。 なお、自分では簡単に開けられないタイプのトイレタンクの掃除は、無理をせずにプロに依頼しましょう。 掃除に使用する洗剤ですが、 トイレタンク内は塩素系などの強い洗浄剤を使ってしまうと、きれいにはなりますがパイプを腐食させる原因となります。 腐食を防ぐためには、中性洗剤や無水エタノールなどの低刺激の洗剤が適していますが、やはりここでも重曹&クエン酸が使えます。 掃除の仕方は以下の通りです。 タンクの底にカビが発生している場合は水を流してタンク内を空にする• 重曹水をタンク内にまんべんなくスプレーし、その上からクエン酸水もスプレーする• 10分ほど放置しカビと馴染ませる• ブラシやスポンジでカビをこすり落とす• もし、この方法で取り切れないカビがある場合は、前項の床のカビ掃除の重曹ペーストを使った方法を試してみてください。 3.カビの再発を防ぐ対策 上記でカビの除去方法をについて説明しましたが、普段の掃除に比べて面倒ですし、できればカビを発生させないようにしたいところですよね。 そこでカビを予防する方法についていくつか紹介します。 簡単にできるものばかりなので、実践してカビ知らずのトイレを目指しましょう! 3-1.常に換気をする カビが好む環境の1つに、高い湿度がありましたよね。 換気扇を常に回したり在宅時は窓をできるだけ開けておいたりするなどして、トイレ内の湿度をできるだけ下げるようにしましょう。 換気扇のつけっぱなしは電気代が気になる人も多いと思います。 しかし、使用環境にもよりますが一日中回していても一か月の電気代は数十~数百円程度です。 カビが生えてしまった場合の手間や道具代を考えれば、費用対効果は高いのではないかと思います。 3-2.便器・タンク内には重曹を カビ取りでも大活躍した重曹ですが、もちろんカビ予防の効果もあります。 トイレ使用後に便器に重曹スプレーを吹き付けておくと、重曹のアルカリの力でカビに繁殖する隙を与えません。 また、タンク内に重曹を入れておくのもおすすめ。 月に1回くらいの頻度で、寝る前などしばらく使用しない時間帯に重曹1カップをタンク内に入れておきます。 そうすることによって重曹がタンク内に行きわたり、次にトイレを流すタイミングでしっかりと洗浄されます。 カビが生える前のタンクなら、これでタンク内の清潔が十分保てるはずです。 3-3.こまめなちょっと掃除 トイレをきれいに使う大前提として、こまめな掃除が挙げられます。 少しでも汚したらその部分だけでもふき取ってもらう、ブラシでこすり落としてもらうなどして家族全員に協力を仰ぎましょう。 4.どうしても取れないカビがある! そんなときは いろいろ頑張ったけど、どうしてもカビが取れない、カビの範囲が広すぎて手に負えない……という方は、に依頼してカビを根こそぎ取ってもらいましょう。 素人では取れないカビは、根の深いところまで繁殖しているため通常の洗剤や道具ではいくら頑張っても取れないこともあります。 しかし、プロの腕にかかればそんなカビもきれいに除去してくれるはずですよ!.

次の

トイレの壁紙DIY|おすすめクロスで簡単セルフリフォームする方法

トイレ 壁紙 カビ

酢と重曹、酸素系漂白剤で黒カビを落とす とってもお勧めの方法です! お酢の高い殺菌力でカビ菌を殺してしまいます。 そして強力な洗浄作用のある重層でこすって除去しまう方法です。 酢の代わりに消毒用アルコールを利用してもOKです。 これ、すごく効果がありますから試してみてください! 【用意するもの】 ・お酢または消毒用アルコール ・スプレーボトル ・酸素系漂白剤 ・重曹 ・雑巾 (・メラニンスポンジ) 手順1 お酢を水で2倍程度に薄めてお酢スプレーを作り、黒カビに向かって噴霧します。 3~5分おいて雑巾で拭きとっていきます。 これだけでもビックリするほどカビが取れますよ! お酢で取れなかったところは、メラニンスポンジでこすりとってみましょう。 壁紙を傷めないように気をつけて! 手順2 重曹1、酸素系漂白剤1を適量の水で溶いて、重層ペーストを作ります。 壁に塗りつけるので、垂れてこない固さにしてください。 必ず酸素系漂白剤をつかうこと! 塩素系は混ぜるな危険!!! できたペーストを黒カビに塗りつけ、ラップやキッチンペーパーをかぶせて2~3時間寝かせたら、雑巾などで拭き取ります。 ペーストが残らないように綺麗に拭きとりましょう。 残るとそれがカビを呼ぶ原因になってしまいますから。 手順3 もう一度お酢をつけた雑巾で拭き上げたら、よく乾燥させて完了です。 これらを購入するときには、効能・効果を確認して購入し、用量・用法を守って使用します。 専用の製剤だけあって、かなり強力ですよ。 アルコールの殺菌効果でカビは死滅します。 ですが、その残骸を分解除去することはできないので、黒ずみが取れないことがあります。 市販のカビ取り剤はNG! お風呂のカビ取りなどをする塩素系の『カビキラー』等の商品名で売られているものはNGです。 商品の注意書きでも壁紙への使用を禁じています。 壁紙クロスはとてもデリケートな代物ですから、強力なカビとり剤はやばいんです・・・ 黒カビ清掃の注意点 黒カビの繁殖力はほんとに強いです。 だから黒カビを見つけたその部分だけをキレイにするだけでは不十分です。 黒カビのある範囲の2倍から3倍のエリアに胞子が広がっていると考えてください。 もしも黒カビが20cm四方なら、それを中心に50cm四方程度のエリアは、カビ菌をキレイにとりのぞく必要があります。 また壁紙クロスはデリケートです。 拭く際に水分を含ませすぎたり、長時間濡れたままにしておくと壁紙クロスが浮いたり、強くこすりすぎて色落ちしたりします。 壁紙クロスのつなぎ目をこすったりするとそこから捲れてきますので、注意してください。 スポンサーリンク 黒カビの原因と健康への影響 壁紙クロスに黒カビが出ていると見た目にキレイではないのはもちろんですが、カビですからその部屋にいることで何か健康にも悪そうな感じがします。 そこで、まずは黒カビのでる原因と健康への影響を見ていきましょう。 黒カビの主な原因 1. 室内と外気の温度差による結露。 冬によく起きます。 空気の滞留による部屋の湿度調整が良くない(天井角など 高湿度) 3. 水道管・排水管などからの漏水や雨漏り・洗濯機・風呂水のあふれ等による漏水で壁に水分が吸収される。 これらを改善・修繕することで黒カビの発生を抑えることができます。 黒カビを放置してしまうとどうなる? 壁の一部に発生した黒カビを放置しておくと、数週間~2、3ヶ月で部屋中にカビの胞子が広がります。 そうなると、部屋のあちこちにカビが生えてくる危険があります。 油断してカビを放置すると、表面の壁紙クロスだけだったカビが、強い繁殖力で徐々にボードや断熱材の内部まで進行していきます。 最終的にはボードや断熱材までもすべて交換する事になってしまい、高額の修繕費が必要になることもあります。 黒カビの健康への影響は? アレルギーや肺炎の危険性 カビの菌や胞子を吸い込むことでアレルギー反応を起こしたり、肺炎や喘息を発症する可能性があります。 黒色真菌症の危険性 黒カビを触った時に、傷口などからエキソフィアラというカビが体内に入ると、かゆみなどの炎症を起こし、潰瘍状になる危険性があります。 黒カビを見つけたら直ぐに取り除こう 壁全体に黒カビが発生してしまっては、取り除く範囲がとても広くなってしまいます。 そうなると全体をキレイにしようと考えただけで気持ちが負けそうになりそうですね。 黒カビを綺麗に落とそうと思うなら 「 黒カビを見つけたら広がらないうちにきちんと対処する。 」 ことです。 カビの繁殖力は驚異的です。 一日延ばしにすればするほど、すべてを取り除くことが大変になってしまいます。 黒カビを発生させないために せっかく黒カビをキレイにしたら、次は黒カビを発生させないようにしましょう。 その対策は 1. 湿度管理をする カビ菌は高温多湿な環境が大好きです。 除湿器を使って部屋の湿度を下げたり、サーキュレーターや扇風機で室内の隅々まで空気循環を良くすることで、カビの発生しにくい室内環境を作ります。 市販の防カビ剤をつかう 室内用の様々なタイプの防カビ剤が販売されています。 用途に合わせて正しく使うことでカビの発生を防ぎます。 家具などの配置を工夫し換気する 湿気のこもりやすいタンスやベッドと壁に湿気を逃すような空気の通り道を少し作って、換気することで、カビを発生させにくくします。 換気扇による換気も効果的です。 壁紙を普段からキレイにする カビの好物はほこりなどの汚れです。 壁紙クロスについたカビの栄養源をとりのぞくことでカビの発生を抑えることができます。 予防してもカビが生えるとき いくらキレイにしても繰り返し黒カビが発生するときは、壁そのものがカビ菌に置かされている可能性があります。 その場合は、専門の業者に診断・作業をお願いしたほうが良いでしょう。

次の

【賃貸住人必見!】壁紙クロスの黒カビを5分で掃除する方法

トイレ 壁紙 カビ

スポンサーリンク トイレ掃除 壁紙はどうするのがベスト? トイレの床や便器は専用の掃除用品があったり、洗剤で拭いたりと掃除方法の 選択肢はたくさんあります。 ですが、壁の掃除はどうしたらよいのでしょうか。 壁紙の表面は繊維質になっているため、汚れの粒子が壁紙の隙間に入り込みやすく、 雑巾で拭いてもなかなか汚れの原因は取れません。 壁紙の汚れを落とすには、 壁紙の繊維に入り込んだ汚れの粒子を取り除く必要があります。 トイレの壁紙の掃除は、尿が飛び跳ねる範囲、つまりは床から高さ1mほどのところまで 掃除をしなくてはいけません。 便器の両脇、便器の後ろと3方向を掃除するのは大変ですが、飛び散った尿を 掃除しないとアンモニア臭やカビ・黄ばみの原因となってしまいます。 壁紙の掃除方法としては、普段は中性の住居用洗剤を布や台所用のスポンジにつけて硬く絞って 軽く拭くだけで充分です。 布やスポンジは必ず硬く絞って水分ができるだけ残らないようにしましょう。 水分が残って換気ができていないとカビの原因になります。 また、こすりすぎは壁紙が傷む原因になりますので、注意しましょう。 汚れが気になってきたら、汚れの種類に合った掃除方法を選んで掃除しなければなりません。 トイレの壁のカビが取れない時の掃除方法 トイレは尿が跳ねたり、湿気がこもったりとカビの発生しやすい環境です。 ここではトイレの壁紙に生えてしまったカビの掃除方法について ご紹介します。 ・市販の洗剤を使う場合 お風呂の場合にはカビキラーなどの塩素系漂白剤を使用することが 多いですよね。 トイレの壁がタイルなら、カビキラーでもいいのですが、壁紙にカビキラーを 使用すると色が落ちてしまったり、漂白の跡が残ってしまうこともあり、 壁紙の傷む原因になってしまいます。 トイレの壁紙に生えてしまったカビには 乳酸系のカビ取り剤を使用するのがベストです。 乳酸系のカビ取り剤は漂白作用がないので壁紙の色落ちの心配はほぼありません。 塩素系漂白剤は強い刺激臭がしますが、乳酸系の場合にはそれほど強い臭いはありません。 乳酸系のカビ取りスプレーを壁のカビ部分に吹き付け、布やスポンジで軽くこすって カビを落とします。 強くこすりすぎると壁紙が傷んでしまうので気を付けましょう。 ・重曹と酢で掃除する場合 洗剤を使うのは壁紙が傷みそうで心配だという方には、 重曹と酢を使った方法をおすすめします。 カビ取り剤で頭痛や吐き気がしてしまう方や小さいお子様がいる方も、重曹と酢なら安心して 掃除できますよね。 用意するものは重曹、酢、掃除用の布またはスポンジ、古い歯ブラシです。 メラミン製のスポンジを使用すると汚れが落ちやすいのでお勧めです。 まず、酢をぬるま湯で2~3倍に薄めてスプレーボトルに入れます。 カビ部分に吹き付けて布またはスポンジでカビをふき取ります。 この時、強くこすらないようにしましょう。 そのあと重曹に水少量を加えてペースト状にしてカビ部分に塗り付けて歯ブラシなどですりこみ 2時間ほど放置します。 時間を置いたら濡らした布できれいに重曹をふき取ります。 この時、拭き残しがないように気を付けましょう。 洗剤と重曹を同時に使用すると有毒なガスが発生する場合がありますので 同時に使用しないようにしましょう。 スポンサーリンク トイレの壁の黄ばみが取れない時の掃除方法 ・黄ばみ汚れの落とし方 トイレの壁紙の黄ばみが取れないときはどうしたらよいのでしょうか。 壁紙の黄ばみの原因は飛び散った 尿や手垢などのタンパク質汚れです。 黄ばみ汚れは、スーパーやホームセンターなどで販売されている セスキ炭酸ソーダという粉末を水に溶かしたもので落とすことができます。 それに加えて眼鏡拭き用の布があるとよりきれいになります。 まず、セスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を水500mlに溶かして スプレーボトルに入れます。 これを汚れ部分に吹き付けて眼鏡拭き用の布で拭くと汚れが落ちていきます。 セスキ炭酸ソーダを使ったアルカリ電解水は既製品でも販売されています。 トイレだけではなく他の場所の手垢よごれにも非常に有効ですので ぜひ使ってみてください。 ・汚れが付きにくくなる便利アイテム トイレの壁紙に汚れが付きにくくなるための便利アイテムがありますので ご紹介します。 トイレの壁紙の上から張り付ける 汚れ防止シートという透明のシートがあります。 壁紙と違って貼るのが簡単ですので、誰でもすぐに張ることができます。 通販やホームセンターで販売されており、トイレの壁紙を汚れやカビから守ることができます。 汚れが気になったら張り替えをすればいいので非常に便利アイテムです。 エアコンの掃除はなかなか大変で面倒なため、後回しにしがちです。 手の届くところにあればよいのですが、高い位置にあるのでフィルターすら掃除するのもはばかられますよね。 それでも、夏場はエアコンがないと乗り切れないですし、冬場もエアコンなしでは寒すぎる・・・ カビ臭くなる前に「なんとか簡単に自分でエアコンを掃除できないかな~」そう考えているお母さんも多いかもしれません。 エアコンを掃除しないと、カビや虫が住みついてしまう可能性もあります。 手間がかかると思いがちなエアコンの掃除ですが、自分で簡単にやるためにおすすめの掃除方法や工夫、道具についてご紹介いたします。 白い目地のタイル張りは明るさと清潔感をかもし出してくれます。 ところが白いはずの目地が黒ずんていたり、ぽつぽつ黒い点の模様になっていたりしませんか? 目地の黒い汚れはのほとんどがカビです。 軽く水洗いして落ちなかったらカビと判断しましょう。 カビは「菌糸」と「胞子」の状態で生存しています。 「菌糸」は中に根を生やし中から栄養分を吸う役目、「胞子」は仲間を増やす役目をしています。 カビをタンポポに見立てると、タンポポの綿毛が「胞子」、茎から根が「菌糸」というイメージです。 この「胞子」の部分をいくら除去しても「菌糸」の部分が除去されないと、またそのうちカビが生えてきてしまいます。 お風呂場のタイルの目地はモルタルや樹脂素材で出来ている為、「菌糸」がどんどん中に根を張っていくことが出来る上、お風呂場の湿度、温度ともにカビにとって生きていく上での環境が良く、目地に付着したシャンプーなどはカビの餌になっています。 目地の奥に生えたカビはどうやって除去したらいいのでしょう。 毎日のお風呂洗いや乾燥では除去しきれない奥のカビ、お掃除しちゃいましょう! お風呂掃除なんて毎日やっているのに、汚れるってどいうことなのかしら? と忙しい主婦にはお風呂掃除の謎はつきません。 日々の疲れをゆっくりほぐすバスタイムは一日の終わりの至福の時間。 湯舟に使って、ふと天井を見上げると天井がくすんで見えたり、ぽつぽつ色のついた何かが・・・。 下を向いて頭を洗っている時などに排水溝は目に入り 気になってマメに掃除をしてみたりしますが、そういえば天井は? 入浴中は湯気で目隠しになっているし 気にして見上げない限り天井の汚れにはなかなか気づきません。 ふと見上げて気づいた黒いポツポツ。 それは「カビ」です。 なぜ天井にカビが? と思うかもしれません。 実は浴室の天井こそカビの温床なのです。

次の