逆seo 会社。 Twitter(ツイッター)の逆SEO

逆SEOの方法と被害に遭わない対策は?本当に順位が下がる?

逆seo 会社

インターネットのSEOもしくは逆SEO対策を謳っている会社が数多くありますが、先日こんなことがありました。 私の会社名を検索すると、これまでなかったマイナスイメージのサジェストが現れるようになりました。 それと時を同じくしてとあるSEO会社(名前は伏せておきます)から、検索画面のスクリーンショットとともに「このマイナスイメージのサジェストを消すことができます」という内容の郵送物が届きました。 そこで詳しい方に質問です。 ・とあるSEO会社とは、会社名+マッチポンプで、同様の被害に遭われた方のtweetなどが出てくるような会社です。 小さい会社がやっているのは聞いたことはありますが、検索して出てくるような所ってどこだろう。 インターネットのSEOもしくは逆SEO対策を謳っている会社が数多くありますが、先日こんなことがありました。 虫めがねは最近人気ですね。 そのうち、自ら悪いワードを付けて、それを消すという某渋谷のSEO的マッチポンプ。。。 おっと、誰か来たようだ。... SEO業者はすでに商売の方向性を転換していると思いますが、マッチポンプもいまだにあるようです。 (ただ、マッチポンプな所のリンク精査サービスの利用はどうかな?って思う。 質問者が 「マイナスイメージであって明らかな誹謗中傷ではないので、Googleへの削除依頼は難しい」 言っているように、酷い誹謗中傷でないと、情報開示なども難しくなります。 こういう悪質なことやっているSEO会社があるから「SEO」が「胡散臭い」と思われるんですよね。。 どの会社でしょうね。。 その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。 現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。 2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。 2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。 2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。 2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。

次の

逆SEOの方法・やり方

逆seo 会社

の方法は、価値の高いサイトやWEBページを多く作成し、それらを検索結果の上位に次々と送り込むのが基本です。 良質なポジティブサイトによって、個人名や会社名で検索したときに表示されるネガティブなサイトの順位を下落させます。 やり方 逆SEOには様々なやり方があります。 個別のケースごとに最適な手法を慎重に考えたうえで行う必要があります。 ただ、いかなる事案においても、何らかの新しいWEBページやWEBコンテンツをつくらなければ、対策を成功させるのは困難です。 新規のWEBページ/コンテンツを作成し、それらを検索の上位表示させる必要があります。 中身が重要 逆SEO対策のためのWEBページ作成にあたって重要なカギを握るのが、その中身です。 グーグル(Google)などの検索エンジンから高く評価されるような「質の高いオリジナル・コンテンツ」が不可欠になります。 その1:WEBコンテンツ 逆SEO対策の最初のステップとして欠かせないのが、新しいWEBサイト・WEBページの作成です。 既存のサイトだけでは、誹謗中傷サイトの検索順位を大きく下げることは困難です。 逆SEOのためのサイトや新規ページの制作・構築には、独特の技術やノウハウが必要となります。 通常のWEBサイトをつくっても、中傷サイトを押し下げる効果はあまり期待できません。 当社(WEB広報)のような逆SEOの専門会社に制作・運用をお任せいただくのがベストです。 中身の質 逆SEO用のサイトやページには、優れたコンテンツが必要になります。 中身のないページやブログではSEO効果は発揮できません。 Googleなどの検索エンジンは、検索順位を決めるにあたって、コンテンツの「質」を何よりも重視しており、中身が貧弱だと、検索結果を変えられません。 文章 コンテンツの中でも特に重要なのが文章です。 中身が充実していて、かつ独自性の高い文章を配置しなければなりません。 高品質の文章で構成されたサイトなら、長期にわたって順位が安定しやすいです。 コピペはペナルティ対象 既存のサイトからコピー(コピペ)したり、中身がない低品質のコンテンツを使用したりすると、逆SEO対策そのものがスパム行為と見なされて、ペナルティの対象となり得ます。 その結果、誹謗中傷サイトの評価が相対的に高くなり、順位がかえって上昇してしまう恐れもあります。 ブログやSNSも中身が重要 通常のWEBサイトに限らず、ブログやSNSを展開してSEO対策を行う場合でも、コンテンツの質が重要です。 FacebookやTwitter(ツイッター)も、投稿する文章のクオリティによって、逆SEOの効果が大きく変わります。 どうようなコンテンツが検索エンジンに評価されやすいかは、当社のような専門会社が熟知しています。 その2:分散 逆SEOと被リンク 逆SEO対策を行う際には、良質な外部リンク(被リンク)を確保する必要があります。 ポジティブなサイトに対して、質の高いリンクを貼ることで、ポジティブサイトの順位が上がります。 それによって、結果的に誹謗中傷サイトの順位を押し下げることができます。 良質なリンクの条件 「良質なリンク」とは、以下の条件を備えたものです。 (1)リンク元のコンテンツの質が高く、かつリンク先のコンテンツの内容と関連性がある (2)リンク元のサイトが検索エンジンから高い評価を得ている (3)IPアドレスがCクラス以上で分散されている 見られて恥ずかしくないリンク 逆SEO対策用の被リンクを設置する際の大前提として、リンクの上に表示される文字(アンカーテキスト)が、対策ワードと一致してなくてはなりません。 つまり、会社名で対策を行いたいのなら、リンクは社名にかぶせる形で貼る必要があります。 注意しなければならないのは、質の悪いサイトにリンクを貼ると、それ自体が風評被害の元になる恐れがあるということです。 逆SEO対策の一環としてリンクを貼る際には、どのようなサイトにリンクを貼るのかをしっかりと見極める必要があります。 WEB広報では、品質の高いメディアサイトを多数保有しており、そこから逆SEOに最適なリンクを配置します。 その4:サイトの更新 「ドメイン」が中傷対策のカギ 法人様のインターネット上の誹謗中傷対策は、マルチドメインの運用が成功のカギを握ります。 複数の有力なドメインを上手に活用できれば、自社で検索結果の順位をコントロールしやすくなります。 とはいえ、乱暴なやり方で多数のドメインを使ったSEO(マルチドメインSEO)を行うと、Googleなどの検索エンジンからスパム行為と認定され、ペナルティが課される可能性があります。 当社のように、Googleの最新のアルゴリズムを熟知した専門会社にご依頼いただくことをおすすめします。 ドメイン1個は時代遅れ? 企業が常にレピュテーションリスクにさらされているネット時代において、ホームページ(公式サイト)のドメインが1個しかないという状況は是非とも避けたいところです。 ドメインが1個しかないと、誹謗中傷されたときに、そのサイトの上位表示を簡単に許してしまうことになります。 単独ドメインに多数のページは非効率 また、通常のSEOの観点からも、1個のドメインに数十ページ以上にわたるコンテンツを集約させるのは非効率です。 複数ドメインに分散させることで、SEO効果を高めることができます。 ドメイン分散型SEOについては、業界トップの技術を誇るWEB広報にお任せ下さい。 「有益な情報を伝える」という発想 逆SEOの目的は、ネガティブサイトの検索順位を下げることです。 ただ、実際に対策を行うにあたっては、「有益な情報の発信」という視点が必要になります。 消費者やクライアントに様々な角度から情報を伝えるのです。 役に立つ情報や知識を共有することで、結果として検索対策で有利な立場に立つことができます。 よりスピーディーにネガティブサイトの順位が下がり、企業のレピュテーション(評判)の早期改善につながります。 すなわち、逆SEOは検索エンジン対策であると同時に、企業の広報活動の手法一つということです。 悪評やネガティブな口コミのもみ消しを図るのでなく、ネガティブ情報とも正面から向き合いつつ、企業としての姿勢や活動内容を明かにしていくという発想を持つことが、成功への近道です。 WEB広報だからできる独自の対策.

次の

動画の逆SEO

逆seo 会社

個人名は月額3万円~、着手金なし 逆SEOサービスの料金は、案件の難易度によって大きく異なります。 当社(WEB広報)ではその都度、見積もりさせていただいております。 一つの目安としては、個人名での対策の場合は、 月3万円(税込)~。 法人名や店舗名での対策の場合は、 月5万円(税込)~です。 初期費用(着手金)はございません。 見積りはもちろん無料です。 料金はどうやって決まる? の料金は、案件の難易度によって決まります。 つまり、対象となる誹謗中傷サイトの検索順位を引き下げるのが、どれだけ難しいのか、ということです。 難易度が高いと、必要となる作業量やリソース(サーバーなど)が多くなるため、その分、費用も高くなります。 WEB広報なら「制作費」込み 逆SEO対策においては、SEOに特化した専用のWEBサイトやWEBページ、ブログ等の作成が必要になります。 サーバーやドメイン等の設置・運用もしなければなりません。 こうした対策が、どれだけの規模で必要になるかによって、料金(見積額)が変わります。 当社の逆SEOの料金には、サイト制作費、SNS・ブログのコンテンツ作成費、サーバーの構築費などが含まれています。 着手金なし 当社の逆SEOは、原則として初期費用や着手金がかかりません。 契約時には、初月の料金だけを頂いております。 最短で1か月 WEB広報の逆SEO対策は、最短1か月で終了します。 難易度が低いケースでは、対策を開始してから2、3週間ほどで誹謗中傷サイトが数ページ下落することもあります。 実際、多くの案件において1か月で誹謗中傷サイトの検索順位が下落し、対策が完了となっております。 ただし、難易度が高い案件は、完了までに数か月以上かかることもあります。 契約も原則「1か月単位」 当社では、逆SEOの契約は原則として1か月単位とさせていただいております。 「1年」など長期の契約を提案することはございません。 数か月以上にわたりお取引いただく場合でも、1か月ごとの更新が原則となります。 順位安定までの対策 1か月で誹謗中傷サイト(ネガティブサイト)の検索順位が下がっても、その後、再び上昇してくる恐れがある場合は、さらに1か月の契約継続を提案させていただくことがございます。 計2~3か月の逆SEO対策を行うことで、ネガティブサイトの検索順位を下位で安定させることができるケースも多いです。 早期完了に向けた取り組み 誹謗中傷サイトが強力なパワーを持っていたり、頻繁に更新されたりしているような場合は、対策の完了までに数か月以上かかることがあります。 また、誹謗中傷のページ数が多いケースも、解決までに数か月以上を要することもあります。 こうした場合においても、当社はできる限り短い期間での解決を図り、お客様の費用負担を少なくするように全力で取り組みます。 削除サポートも 誹謗中傷サイトの削除依頼をサポートするITサービスは、原則として逆SEOとは別料金となります。 ただ、逆SEOの契約期間中は割安料金にて削除サポートを行っております。

次の