木村花 もう人間なんかやりたくない。 木村花さんを死へ追い込んだ壮絶“ネットリンチ”連鎖の闇|日刊ゲンダイDIGITAL

【『テラスハウス』木村花さん死去】海外でも「リアリティ番組」出演者30名以上が自殺|ニフティニュース

木村花 もう人間なんかやりたくない

2020年5月23日、女子プロレスラーでテラスハウスにも出演中の木村花さん(22)が、死去するという衝撃的なニュースが入ってきました。 この衝撃的な死には、心よりご冥福をお祈りしたいと思います。 SNSによる誹謗中傷により自殺したとの見方が強いようです。 この訃報を受け、各スポーツ紙の一面やワイドショーやネットやTwitter上は木村花さんの訃報について 大きな話題となっています。 SNS上では、木村花さんがInstagramに投稿した飼い猫について「無事?」「大丈夫?」 「飼い猫はどうなる?」と心配する声があがっています。 木村花さんの死去!誹謗中傷により自殺!? 関連記事; 2020年5月23日に、女子プロレスラーで『テラスハウス』に出演中の木村 花さんの亡くなったことが明らかとなりました。 死因は自殺とみられています。 SNS上で、誹謗中傷を受けており、それが原因なのではと見られています。 木村 花さんは亡くなる直前に、Twitter上で自殺をほのめかすような投稿をのこし、リストカットの画像を投稿していました。 (現在は削除中) さらに、Instagramに飼い猫と一緒に、以下のようなコメントを投稿し、その後、音信不通となり、亡くなっていたことが判明しました。 もう人間なんかやりたくない」「愛されたかった人生でした」「ばいばい。 」「愛してる。 楽しく長生きしてね。 ごめんね」「さようなら」 スポンサードリンク 木村花の死因は硫化水素で自殺? 木村さんが所属する団体「」のエグゼクティブ・プロデューサーのロッシー小川氏(63)によると、23日未明、木村さんと連絡がつかないことを不審に思った母親で元プロレスラーの響子さん(43)が江東区内の自宅を訪ねたところ、倒れている木村さんを発見。 搬送先の病院で同日朝に死亡が確認された。 死因や動機は不明だが、自殺を図ったとみられる。 近所の人の話では「朝4時ごろ、消防車が数台駆けつけ救急車に搬送される人がいた。 原因は硫化水素の発生とのことだった」という。 警視庁城東署も取材に「江東区で硫化水素が発生し、死者が出たという事案の取り扱いはあった」と認めた。 ただ、詳細は「遺族の意向で控える」とした。 木村 花さんは自殺とみられていますが、原因は『硫化水素』だといわれています。 TwitterやInstagramでの投稿が午前2時頃。 その後、近所の人の話では、午前3時半頃に消防車と救急車のサイレンの音が聞こえたそうです。 「ハシゴを使って消防隊員2人が3階のベランダから入り、窓を開けたタイミングで少し異臭が漂いました。 中からは『ピピピー』という警報音が鳴っていた。 外階段から救急隊員10人くらいがマンションへ入り、隊員らの会話から『硫化水素』という言葉が聞こえました。 間もなくして、救急隊員がぐったりしている女性を背後から脚ごと1人で抱きかかえて、3階の部屋から救急車へ運んでいった。 車中では、心臓マッサージをしているのが見えて、その様子を見ながらお母さんらしき人40代くらいの女性が手を合わせて、拝みながら泣き崩れていました。 プロレスの関係者っぽい黒髪の女性は、救急車の外から窓に向かって、『起きろ、花! 戻ってきて!』と必死に声を掛けていた」 木村花の飼い猫は大丈夫?無事を心配する声 この訃報を受け、スポーツ紙や各TV番組ワイドショーやネット上では、木村 花さんの死が話題となっています。 そしてSNS上では、最後にInstagramに木村 花さんと一緒に映っていた飼い猫についての無事を心配する声があがっています。 木村 花さんが所属するプロレス事務所『スターダム』によりますと、 亡くなる直前、残される愛猫の小さな命を気にかけ、木村 花さん自身が自宅近くにある『スターダム』の事務所前まで かごに入れて運び、事務所のドア外にそっと置いてあったよ うです。 その直後に、木村 花さんは病院に搬送されたそうです。 この愛猫は、引き取ったばかりの保護猫でした。 先週、生前進行のあったガールズバンド『SILENT SIREN』のメンバー、ひなんちゅから引き取ったばかりの保護猫だったのです。 この愛猫の名前は「からあげくん」と名付けていたそうです。 理由は「丸くて茶色くて、からあげみたい」と出会った瞬間に決めたようです。 現在は、愛猫はスターダムの寮で保護されています。 今後、誰が引き取るかは、まだ決まっていないそうですが、木村 花さんの最後の形見となった猫ちゃん、 強く生きてほしいですね。 そして、最後の最後まで、小さな猫の命を大切にしていた木村 花さんは、繊細で心優しい方だったことが 伺えます。 最後にどのような気持ちで愛猫を事務所のドアの外に置いたのかと思うと、 悲しすぎますね。

次の

木村花死去で飼い猫は大丈夫?今後どうなる?猫の無事を心配する声!

木村花 もう人間なんかやりたくない

米動画配信大手ネットフリックスや、フジテレビが放送する恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中だった女子プロレスラーの木村花(きむら・はな)さんが23日未明、亡くなったことが分かった。 22歳。 神奈川県出身。 死因は不明で、自殺とみられる。 木村さんは番組での行動を巡り、ネット上で激しい誹謗(ひぼう)中傷を受けていた。 木村さんが所属する団体「スターダム」のエグゼクティブ・プロデューサーのロッシー小川氏(63)によると、23日未明、木村さんと連絡がつかないことを不審に思った母親で元プロレスラーの響子さん(43)が江東区内の自宅を訪ねたところ、倒れている木村さんを発見。 搬送先の病院で同日朝に死亡が確認された。 死因や動機は不明だが、自殺を図ったとみられる。 近所の人の話では「朝4時ごろ、消防車が数台駆けつけ救急車に搬送される人がいた。 原因は硫化水素の発生とのことだった」という。 警視庁城東署も取材に「江東区で硫化水素が発生し、死者が出たという事案の取り扱いはあった」と認めた。 ただ、詳細は「遺族の意向で控える」とした。 小川氏は「最後に会ったのは3月末。 思い詰めている様子はなかった」と語った。 同番組は共同生活する男女6人の人間関係に密着するもの。 同日の番組では、大切な試合用のコスチュームを間違って洗濯し、縮ませた男性出演者に木村さんが激怒。 その男性がかぶっていた帽子をはね飛ばすなどした。 直後から非難の声が相次ぎ、中には「ヒステリックゴリラ」などエスカレートした内容も。 その後、自身のSNSでは「もう人間なんかやりたくない」などと書き込んでいた。 自殺を図ったとみられる23日未明には「おまえが早くいなくなればみんな幸せなのにな。 まじで早く消えてくれよ」という中傷に「いいね!」を返した。 さらにリストカットされた手首の写真とともに「毎日100件近くの率直な意見。 傷ついたのは否定できなかったから」「愛されたかった人生でした」などとSNSに投稿。 続けて「ばいばい。 」と、死をほのめかすような言葉を書き込んでいた。 木村さんは悪役レスラーということもあり突っ張った言動を取ることもあったが、関係者によると「内面は自己評価の極めて低いタイプで、自分のマイナス点ばかりに目を向ける。 感受性が強くすぐに泣いてしまう」という性格。 関係者は「中傷に正面から向き合ってしまい、押しつぶされてしまったのでは」と無念そうに語った。 インドネシア人の父と、日本人である母響子さんの間に生まれる。 プロレスラーとして16年3月に才木玲佳戦でデビュー。

次の

テラスハウス、コスチューム事件の小林快の現在の職場は?木村花さんが自殺?

木村花 もう人間なんかやりたくない

2020年5月23日、女子プロレスラーでテラスハウスにも出演中の木村花さん(22)が、死去するという衝撃的なニュースが入ってきました。 この衝撃的な死には、心よりご冥福をお祈りしたいと思います。 SNSによる誹謗中傷により自殺したとの見方が強いようです。 この訃報を受け、各スポーツ紙の一面やワイドショーやネットやTwitter上は木村花さんの訃報について 大きな話題となっています。 SNS上では、木村花さんがInstagramに投稿した飼い猫について「無事?」「大丈夫?」 「飼い猫はどうなる?」と心配する声があがっています。 木村花さんの死去!誹謗中傷により自殺!? 関連記事; 2020年5月23日に、女子プロレスラーで『テラスハウス』に出演中の木村 花さんの亡くなったことが明らかとなりました。 死因は自殺とみられています。 SNS上で、誹謗中傷を受けており、それが原因なのではと見られています。 木村 花さんは亡くなる直前に、Twitter上で自殺をほのめかすような投稿をのこし、リストカットの画像を投稿していました。 (現在は削除中) さらに、Instagramに飼い猫と一緒に、以下のようなコメントを投稿し、その後、音信不通となり、亡くなっていたことが判明しました。 もう人間なんかやりたくない」「愛されたかった人生でした」「ばいばい。 」「愛してる。 楽しく長生きしてね。 ごめんね」「さようなら」 スポンサードリンク 木村花の死因は硫化水素で自殺? 木村さんが所属する団体「」のエグゼクティブ・プロデューサーのロッシー小川氏(63)によると、23日未明、木村さんと連絡がつかないことを不審に思った母親で元プロレスラーの響子さん(43)が江東区内の自宅を訪ねたところ、倒れている木村さんを発見。 搬送先の病院で同日朝に死亡が確認された。 死因や動機は不明だが、自殺を図ったとみられる。 近所の人の話では「朝4時ごろ、消防車が数台駆けつけ救急車に搬送される人がいた。 原因は硫化水素の発生とのことだった」という。 警視庁城東署も取材に「江東区で硫化水素が発生し、死者が出たという事案の取り扱いはあった」と認めた。 ただ、詳細は「遺族の意向で控える」とした。 木村 花さんは自殺とみられていますが、原因は『硫化水素』だといわれています。 TwitterやInstagramでの投稿が午前2時頃。 その後、近所の人の話では、午前3時半頃に消防車と救急車のサイレンの音が聞こえたそうです。 「ハシゴを使って消防隊員2人が3階のベランダから入り、窓を開けたタイミングで少し異臭が漂いました。 中からは『ピピピー』という警報音が鳴っていた。 外階段から救急隊員10人くらいがマンションへ入り、隊員らの会話から『硫化水素』という言葉が聞こえました。 間もなくして、救急隊員がぐったりしている女性を背後から脚ごと1人で抱きかかえて、3階の部屋から救急車へ運んでいった。 車中では、心臓マッサージをしているのが見えて、その様子を見ながらお母さんらしき人40代くらいの女性が手を合わせて、拝みながら泣き崩れていました。 プロレスの関係者っぽい黒髪の女性は、救急車の外から窓に向かって、『起きろ、花! 戻ってきて!』と必死に声を掛けていた」 木村花の飼い猫は大丈夫?無事を心配する声 この訃報を受け、スポーツ紙や各TV番組ワイドショーやネット上では、木村 花さんの死が話題となっています。 そしてSNS上では、最後にInstagramに木村 花さんと一緒に映っていた飼い猫についての無事を心配する声があがっています。 木村 花さんが所属するプロレス事務所『スターダム』によりますと、 亡くなる直前、残される愛猫の小さな命を気にかけ、木村 花さん自身が自宅近くにある『スターダム』の事務所前まで かごに入れて運び、事務所のドア外にそっと置いてあったよ うです。 その直後に、木村 花さんは病院に搬送されたそうです。 この愛猫は、引き取ったばかりの保護猫でした。 先週、生前進行のあったガールズバンド『SILENT SIREN』のメンバー、ひなんちゅから引き取ったばかりの保護猫だったのです。 この愛猫の名前は「からあげくん」と名付けていたそうです。 理由は「丸くて茶色くて、からあげみたい」と出会った瞬間に決めたようです。 現在は、愛猫はスターダムの寮で保護されています。 今後、誰が引き取るかは、まだ決まっていないそうですが、木村 花さんの最後の形見となった猫ちゃん、 強く生きてほしいですね。 そして、最後の最後まで、小さな猫の命を大切にしていた木村 花さんは、繊細で心優しい方だったことが 伺えます。 最後にどのような気持ちで愛猫を事務所のドアの外に置いたのかと思うと、 悲しすぎますね。

次の