節子 千と千尋。 【7つの都市伝説】ファンは見ないで!千と千尋の神隠しのネタバレ集

『千と千尋の神隠し』のモデルになった場所へ行きたい!

節子 千と千尋

大けがを負ったハクを助けるため、千尋はカオナシと共に 銭婆のいる「沼の底」へ向かいます。 そこへは、「行き」しか存在しないといわれる電車で、向かうことになるのですが、とても 不気味な電車です。 というのも、身体が真っ黒で透けている 影のような人間たちが乗り込んでくるからです。 そんな中、最初についた 「沼原」の駅で、ホームからこの電車をじっと見ているひとりの少女が描かれています。 その子も、電車の者たちと同じく体が黒いため、顔こそ分かりませんが、おかっぱ頭でスカートをはいた 12・3歳くらいの女の子です。 実はそれが、 「火垂るの墓」に出てくる「節子」なのではと、噂になっているので、「千と千尋の神隠し」を深掘りする一つとして検証してみました。 しかも、海の中を走っているように作られているのは、 伊勢湾台風で常滑線が浸水した時、実際に同じように見えたからです。 幻想的とも取れる電車の風景は、 宮崎駿監督が目にした光景に由来しているということです。 まとめ ここまで、あの世だとか節子の霊だとか噂になったのには、もとは、 「清太と節子の幽霊を登場させる」という高畑勲監督の言葉 があったからのようです。 そして、その言葉があったにも関わらず、火垂るの墓においてそれらしいシーンがなかった事で、他の作品に出てくるのではという憶測がとんだのです。 そこで出てきたのが、千と千尋における顔の分からない少女で、しかも駅のホームで電車もあの世行きとなれば、あれが節子だとなった訳です。 でも実は地上波で放送していないのですが、 本編のラストシーンではこの 2人が霊となって登場していたのです。 それを知らない世代が、宮崎駿監督と高畑監督との関係も考えて、千と千尋に出ていてもおかしくないという想定からたどり着いた噂だったようです。 しかも、千と千尋は回収しきれていない話の伏線がたくさんあるらしいですから、イマジネーションも膨らんでしまうというわけです。 こちらの記事も一緒にどうぞ!.

次の

【隠された謎】千と千尋の神隠し徹底考察!プヨプヨ料理の正体とは?【千と千尋の神隠】

節子 千と千尋

興行収入300億円越えという驚異的なヒットとなったのが 「千と千尋の神隠し」である。 宮崎駿監督作品の中でもダントツの成績であり、この記録を超えるものは現在でも存在をしていない。 そんな大ヒット映画の千と千尋の神隠しだが、都市伝説もいくつか存在している。 今回は、そんな都市伝説の中でも信憑性が高いと言われている「物語りは全て死後の世界だった」を確認していきたい。 物語りは全て死後の世界だった 都市伝説として言われるようになったシーンは、冒頭に起こる。 ここでは、千尋の父が運転し、母と千尋が乗車しているシーンがある。 そして、引越し先になる場所へと車で走っているのだが、途中で道に迷ってしまうのである。 実は、この時に車は事故に遭遇しており、 三途の川を渡り死後の世界に行ったのではないか?というのが、都市伝説として話題になっている。 実際に、川を渡るシーンなどもあるが、それらが冒頭に出てきているということが、この都市伝説におけるキーワードとなっている。 トンネルの向こうには不思議な光景が広がっていることに驚いた千尋は様々な不思議なことに立ち向かっていく。 そして、八百万の神々とも接点を持つことになる。 現実的な世界では有り得ることのない世界が目の前には広がっていることから、千尋は驚きを隠せないでいる。 ただ、いつしかその世界に慣れていく。 ハクという人物は、不思議なキレイな川を渡ることができない。 実は、 ハクはもう現実世界には帰ることができない存在だからだ。 ハクの最後の言葉を思い出して欲しい。 そこには、意味深なことが多く入っていることが理解できるはずだ。 続きます・・・ スポンサーリンク 死後の世界では電車が通っている。 そこには、 「火垂るの墓」に登場する、節子がいると話題になっている。 同じジブリ作品である「火垂るの墓」では、節子は死亡している。 千と千尋の神隠しの世界では、駅のホームでじっとこちらを見ていることが言われている。 これは、死後の世界で兄が来るのを待っているのではないか?と言われているのである。 節子が出てきているということで、 死後の世界であることは実証されたのだ。 こうしたことが重なった関係で、 「死後の世界の話」という都市伝説が誕生したという訳だ。 千と千尋の神隠しには様々な都市伝説があるが、「死後の世界の話」が一番知られている。

次の

「千と千尋の神隠し」にまつわる噂の真相を調べてみた!?

節子 千と千尋

興行収入300億円越えという驚異的なヒットとなったのが 「千と千尋の神隠し」である。 宮崎駿監督作品の中でもダントツの成績であり、この記録を超えるものは現在でも存在をしていない。 そんな大ヒット映画の千と千尋の神隠しだが、都市伝説もいくつか存在している。 今回は、そんな都市伝説の中でも信憑性が高いと言われている「物語りは全て死後の世界だった」を確認していきたい。 物語りは全て死後の世界だった 都市伝説として言われるようになったシーンは、冒頭に起こる。 ここでは、千尋の父が運転し、母と千尋が乗車しているシーンがある。 そして、引越し先になる場所へと車で走っているのだが、途中で道に迷ってしまうのである。 実は、この時に車は事故に遭遇しており、 三途の川を渡り死後の世界に行ったのではないか?というのが、都市伝説として話題になっている。 実際に、川を渡るシーンなどもあるが、それらが冒頭に出てきているということが、この都市伝説におけるキーワードとなっている。 トンネルの向こうには不思議な光景が広がっていることに驚いた千尋は様々な不思議なことに立ち向かっていく。 そして、八百万の神々とも接点を持つことになる。 現実的な世界では有り得ることのない世界が目の前には広がっていることから、千尋は驚きを隠せないでいる。 ただ、いつしかその世界に慣れていく。 ハクという人物は、不思議なキレイな川を渡ることができない。 実は、 ハクはもう現実世界には帰ることができない存在だからだ。 ハクの最後の言葉を思い出して欲しい。 そこには、意味深なことが多く入っていることが理解できるはずだ。 続きます・・・ スポンサーリンク 死後の世界では電車が通っている。 そこには、 「火垂るの墓」に登場する、節子がいると話題になっている。 同じジブリ作品である「火垂るの墓」では、節子は死亡している。 千と千尋の神隠しの世界では、駅のホームでじっとこちらを見ていることが言われている。 これは、死後の世界で兄が来るのを待っているのではないか?と言われているのである。 節子が出てきているということで、 死後の世界であることは実証されたのだ。 こうしたことが重なった関係で、 「死後の世界の話」という都市伝説が誕生したという訳だ。 千と千尋の神隠しには様々な都市伝説があるが、「死後の世界の話」が一番知られている。

次の