トラファルガー d ワーテル ロー。 #4 #4

トラファルガー・ローとは?強さと悪魔の実の能力|本名の謎やコラソンとの過去について

トラファルガー d ワーテル ロー

ワンピースに登場し、仲間まではいかないが同盟として戦力となっているのが、 トラファルガーローだ。 悪魔の外科医として恐れられている。 そんなトラファルガーローだが、「 オペオペの実」という能力を身に付けており、特殊な攻撃をすることで有名なのはご存じだろうか? スポンサーリンク 最近になり本名や生い立ちなどもわかってきており、どんな人物なのか知ることができつつある。 では、この人物はワンピースの物語にどんな影響を与えてきているのだろうか? 1:Dの因子を持つ男 ワンピースでは変わった名前を持っている人が非常に多い。 ルフィもサンジもゾロもエースもナミも特に変わってはいないが、白や黒ひげなどは典型的なものだろう。 そうしたユーモアが隠されているというのも、この物語を楽しむ上で欠かすことのできない要素だ。 そして名前には意外な事実が隠されていたりするので、それもまた面白い。 最近登場した、このトラファルガー・ローは本名が別に存在していた。 それが「 トラファルガー・D・ワーテル・ロー」というのだ。 Dは隠し名、ワーテルは忌み名という扱いになっている。 コードネームという訳ではないが、なにか秘密がかくされていそうだ。 しかし、現在のところまだ明らかにはなっていない。 スポンサーリンク 実はこの名前は実在した「 ワーテルローの戦い」から取ったと言われている。 ナポレオン最後の戦いで、これに敗れたことによってナポレオンの百日天下が終わり、革命戦争以来四世紀半に渡っていた戦乱は終った。 また ラフテルとも関係があったのではないかと騒がれているのだ。 「ワーテル」は戦争、「ラフテル」は平和を意味していることから、対極な雰囲気が伝ってくる。 本名からもこうしたことを感じ取ることができるからこそ、やはりワーテルやラフテルという名前にしたことには何か意味があるのだろう。 Dの名を持つ者だということが分かり、ますます謎が深まってきたロー。 ただし、Dの名を持つことが判明した以上、物語で触れてくる可能性は十分にありそうだ。 2:コラソンから影響を受けている ワンピースでは食事シーンというのも多く存在している。 一種の楽しみのひとつとして読者も認識しており、作者と読者とのやりとりにおいても「 もっとこういったほのぼのシーンを増やして」というお願いがあったりするようだ。 トラファルガーローも当然食べるシーンはあるのだが、 パンがキライということが判明した。 これはコラソンに影響を受けているのではないか?と推測されている。 実はコラソンは多くの人がピザを食べている中で、ひとりだけご飯を食べているのだ。 パン系があまり好きではないことが伺える。 トラファルガーローは、新世界に入ってから急速に接近してきた比較的新しい人物。 普段はあまりお見かけはしないが、重要な場面になると一緒に行動することが多いので、ファンも多い。 3:ローの父親は「あの」人物 トラファルガーローに見られる都市伝説で、多くの読者が関心を示しているのが「 父親がミホークではないか?」というもの。 顔つきが似ていることから、この説が浮上しているのだ。 さらに、ミホークは腕の部分に「ドフラミンゴ」と同じような形をしたミサンガをつけている。 ミサンガには様々な意味が隠されているが、その一つに「 友情・信頼の証」というものがある。 もし、トラファルガーローとドフラミンゴに関係があるなら、トラファルガーローとミホークも何かしらの関係があるのではないだろうか? 4:ローとチョッパーで病院を開業 トラファルガーローは、有能な医者である。 同じく医者であるチョッパーとは、物語が進んでいるのに絡みなどはほとんど見られない。 絡みが見られないのは、作者が想像を読者に委ねているのか、今後のお楽しみにとってあるのかは分からない。 今後は同じ医者同士で力を合わせて、世界最大の病院を開くのではないかと考察されているのだ。 どうして、そんな病院を開きたいのかといえば「 悪魔の実の謎を解明する」ため。 謎の多い悪魔の実に関して、有能な医者である2人が興味を示していないとは考えにくい。 ただし、これを実現するには、トラファルガーローが麦わらの一味になる必要がある。 しかし、トラファルガーローはすでに自分の海賊団を持っているため、簡単にそれらを捨てて麦わらの一味になるとは考えにくい。 間接的にか、それとも直接的に関与するかは不明だが、チョッパーとは繋がるのだろう。 トラファルガーローが、今後ワンピースの物語にどう絡んでくるのか、一つの大きな楽しみでもある。 ローの活躍から目は離せない!.

次の

トラファルガーローに隠された4つの秘密

トラファルガー d ワーテル ロー

どんな状況でも冷静な判断を下す 常に行動の一手先まで思考を巡らせており、想定外の事態が起きても、 冷静な態度・言葉で仲間たちをたしなめ、正しい方向へ導きます。 一味の頼りになる存在であり、ルフィからも絶大な信頼を得ています。 クールゆえに冷酷さも時に感じますが、ただ単に冷酷という訳ではなく、 ルフィの無謀な行動も受け入れる覚悟を持ち合わせています。 さらに危険が迫る時には、 自ら囮となって仲間の盾を買って出ることも。 目的遂行のためには自分の身を危険にさらすこともできる、頼り甲斐のある船長と言えるでしょう。 意外と天然でいじられキャラ いつもはクールな振る舞いが中心のローですが、時に 天然な発言をしてツッコミを受けることも。 その発言はどこかロビンの発言に通ずるところがあり、 仲間たちを困惑させます。 また天然な発言でツッコミをうけるだけでなく、時には麦わらの一味のイタズラにも思える行動の標的となることも。 パンクハザード編で チョッパーを頭に乗せられたシーンは、ローの面白さを見事に表しています。 残忍に見えて良心を持っている 不気味な表情を浮かべたり狂気じみたエピソードを持つことから、残忍なイメージを持たれるロー。 しかしルフィと同盟を結んで以降、 無益な殺生・略奪などをしていません。 目的とする海賊以外には被害をもたらすことはなく、ルフィからも直々に いいやつとお墨付きを貰っています。 残忍に見えてルフィに近い良心を持っている点は、ローの魅力の1つです。 トラファルガー・ローと関わりの深い人物 コラソン(ドンキホーテ・ロシナンテ) 珀鉛病で余命3年だった ローを救った命の恩人。 ドフラミンゴの実の弟であり、 海軍本部のセンゴクの部下という素性を隠して、ドンキホーテファミリーに潜入。 そこで出会った少年時代のローに同情し、 ローの命を救うべく各地の病院を奔走。 最終的には オペオペの実を手に入れてローの命を救いますが、ドフラミンゴの手にかかり死亡。 その後ローはコラソンの意思を継ぎ、ドフラミンゴの暴走を止めるため活動しており、死後もローに大きな影響を与えています。 ドンキホーテ・ドフラミンゴ 珀鉛病で余命残り3年のローを、 ファミリーに引き入れた張本人。 狂気に染まったローを自身の右腕にすべく、幹部たちと共にローを指導します。 しかし、ヴェルゴを通じてロシナンテが海軍のスパイであることを知り、 ロシナンテを射殺。 ローの恩人を殺害したことで、ローはドフラミンゴを討つために自分の半生を捧げるようになります。 モンキー・D・ルフィ カイドウを討つべく、 対等な海賊同盟を結んだ相手。 頂上戦争ではルフィの命を救いましたが、同盟を結んでからはルフィの作戦を無視した行動に手を焼くことも多々。 しかし、シーザー誘拐やドンキホーテファミリーとの戦いを通じて、 次第にルフィを信用するように。 ワノ国の討ち入り作戦時点では、ルフィの行動を予測して作戦を立てるまでにルフィを理解します。 トラファルガー・ローの強さ・能力 オペオペの実の能力者 超人系悪魔の実「オペオペの実」の能力者であり、 ROOMと呼ばれる手術室に見立てた サークル内にいるものを、自由自在に操ることができます。 手術をモチーフにした切断や縫合はもちろんのこと、2つの対象物の位置を入れ替えることも可能であり、 瞬間移動にも近い高速移動もできるのが特徴。 メス 対象者の 心臓を生きたまま抜き取り、四角形の小さなROOMに閉じ込める技。 抜き取られた者の胸には穴が開きますが、抜き取られた心臓が潰れない限り、支障なく生きることが可能。 しかし 心臓の受けたダメージは本体が直接感じ取ってしまうため、抜き取られた心臓自体が人質のような形で交渉材料となることがあります。 シャンブルズ ROOM内部にある、 2つの対象物の場所を入れ替える技。 人も対象とすることができ、ROOM内での擬似的な瞬間移動が可能となっています。 不老手術 対象者とした者を不老不死にでき、オペオペの実が究極の悪魔の実と呼ばれる所以となった技です。 しかし永遠の命を手に入れる代わりに、 能力を使用した者が死亡するというデメリットがあります。 ドフラミンゴはこの能力に目をつけて、不老不死になるべく長らくオペオペの実を狙っていたのでした。 その他の技 ・タクト ・カウンターショック ・ラジオナイフ ・ガンマナイフ ・スキャン etc… 武装色・見聞色の覇気を使用できる 武装色と見聞色の覇気を使用可能。 武装色の覇気に関しては、2年の修行期間を経てさらに磨きがかかり、 鋼鉄の体を持つヴェルゴを一刀両断できるまでに成長しています。 トラファルガー・ローの過去 白い町フレバンスに生まれる ローは26年前、珀鉛の一大生産地である 白い町「フレバンス」の医者の家庭に生まれます。 妹が1人おり、父母の家族4人で幸せに暮らしていました。 しかし珀鉛の有毒性が明るみに出たことで、フレバンスの近隣諸国は伝染病ではないかと思い込み、 フレバンスを隔離することに。 さらにフレバンス出身者への迫害も始まり、戦争が勃発してしまいます。 戦争に乗じて白い町に住む人々は殺され、 ローも家族を失ってしまうのでした。 16年前にドンキホーテファミリーへ 10歳で家族を失ったローは、 死体の山をかき分けてフレバンスを脱出。 その後、全身に爆弾をくくりつけて ドンキホーテファミリーのもとを来訪。 ドフラミンゴに才能を認められ一味に加入することに。 しかし幹部たちに歓迎を受ける一方で、言葉を離さないコラソンからは手厳しい歓迎を受けるロー。 ある時コラソンを刺してしまいますが、 コラソンはなぜかそれを秘密にして過ごすことになります。 コラソンと病気を治す旅へ ローが一味に加入して2年が経った頃、ベビー5とバッファローに「 トラファルガー・D・ワーテル・ロー」という本当の名前を明かすことに。 それを偶然聞いていたコラソンは、ローをドフラミンゴの近くに置いてはいけないと思い、ファミリーを一時的に離れ、 ローを強制的に連れて旅に出るのでした。 旅先でコラソンは ローの珀鉛病を治すため、各地の病院を訪問。 ローの体を見た医者たちは治療を拒絶しますが、コラソンは決してローの治療を諦めず、 約半年間共に旅を続けます。 オペオペの実を強奪に向かう ファミリーを離れて半年が経った頃、 スワロー島でオペオペの実の取引が行われることを、ドフラミンゴから聞いたローとコラソン。 ローの体に限界が近づく中、2人は強奪へと向かいます。 取引当日には、コラソンが命がけでオペオペの実を強奪し、 ローが実を食すことに成功。 しかしコラソンがヴェルゴやドフラミンゴに見つかってしまいます。 しかしコラソンが命がけでローの存在を秘匿し、その隙に ローはスワロー島から1人逃げ出すのでした。 ハートの海賊団を結成する スワロー島を抜け出して隣の町へ向かったローは、 ベポ・ペンギン・シャチの3人と出会います。 ゾウへ帰りたいベポは必死に航海術を学び、後にこの4人でハートの海賊団を結成します。 トラファルガー・ローの来歴と懸賞金の推移 トラファルガー・ローの懸賞金の推移 シャボンディ諸島編 2億ベリー シャボンディ諸島にて、最悪の世代かつ11人の超新星の1人として登場。 登場と同時に懸賞金が判明。 マリンフォード編 4億4,000万ベリー 2年の修行期間の間に、ロッキーポート事件の首謀者なり、100人の海賊の心臓を海軍に献上。 悪名を世界に轟かせる。 ドレスローザ編 5億ベリー ルフィと共に王下七武海の1人ドフラミンゴを倒し、ドレスローザを救う。 海軍大将イッショウの追跡も回避している。 偉大なる航路前半 シャボンディ諸島編 新世界へと向かうため、 シャボンディ諸島を訪れていたローたち。 そしてローを含め、最悪の世代の名を冠する11人の超新星が、その時偶然シャボンディ諸島に集結。 ローは人身売買オークションに観客として参加しており、ルフィたちと遭遇します。 ルフィが天竜人を殴ったので、 ローは一時的にルフィキッドと共闘し、オークション会場を脱出するのでした。 マリンフォード編 頂上戦争の電伝虫の映像発信が途絶えたことで、マリンフォード近海へ直接向かったロー。 戦いには参加しませんでしたが、 負傷したルフィを預かり潜水艇で逃走。 大将の攻撃を掻い潜りつつ、船の中で ルフィジンベエの治療を行い命を救いました。 その後は女ヶ島までルフィを送り届け、すぐさま立ち去ります。 2年の修行期間には、 ロッキーポート事件の首謀者として名乗りを挙げたり、海軍に海賊100名の心臓を届けて王下七武海入り。 懸賞金も4億4000万ベリーに達していました。 偉大なる航路後半 パンクハザード編 SAD製造装置を破壊するという目的のもと、その目的を隠してシーザーと協力関係を結び、パンクハザードに滞在。 研究所を訪れた海軍を追い払い、スモーカーの心臓を奪い取ります。 その場に偶然いた麦わらの一味の人格を入れ替えますが、その後 ルフィと打倒カイドウの同盟を結び、人格をもとに戻すことに。 各所に分かれて作戦を開始します。 ローは研究所内でヴェルゴに遭遇。 敗北し一時投獄されますが、すぐにルフィらと共に脱出に成功。 その後SAD製造装置のある部屋に向かい、 ヴェルゴと戦闘に。 そしてスモーカーの力を借り、 ヴェルゴもろともSAD製造装置を両断するのでした。 ドレスローザ編 シーザーの身柄と引き換えに、 ドフラミンゴの七武海脱退を実現させたロー。 身柄引き渡しのため、グリーンビットへ向かいます。 しかし七武海脱退は誤報であり、元天竜人であるドフラミンゴが仕掛けた罠でした。 グリーンビットでは、 ロー・ドフラミンゴ・海軍の三すくみが発生し、ローはシーザーを逃し敗北することに。 一時王宮に拘束されますが、ルフィとヴァイオレットにより救出。 その後 ドフラミンゴ・トレーボルを相手にして戦い、トレーボルに致命傷を与えるも、ドフラミンゴに片腕を切断されてしまいます。 大きく負傷したローは、ルフィに戦いを任せて戦線から離脱するのでした。 ゾウ編 ドフラミンゴを倒したことで、懸賞金が5億に上昇。 ルフィらとともにゾウへと向かい、 ハートの海賊団船員とも再会を果たします。 ルフィたちがサンジを助けにWCIへ向かう一方で、 ローはいち早くワノ国に向かい、カイドウを討伐する準備を整えることに。 ゾロ・ロビン・ウソップ・フランキーと共にワノ国へ向かいます。 トラファルガー・ローの名言・名シーン3選 「あの人の本懐を遂げる為、今日まで生きてきたんだよ!! 」 命の恩人コラソンを殺めたドフラミンゴと、 ドレスローザでついに対峙したロー。 ドフラミンゴの暴走を止めるために奔走した コラソンの意思を継ぎ、ローは 自分がドフラミンゴを止めると宣言します。 16年間に及ぶドンキホーテファミリーとローの関係。 その因果を断ち切りドレスローザを救うという 、ローの覚悟が表れた屈指の名言です。 「ゴチャゴチャ言ってねェで黙っておれに従え…取るべきイスは…必ず奪う!! 」 他の最悪の世代とは打って変わり、 あえて新世界入りを遅らせることを決意したロー。 ハートの海賊団の船員たちはローの決定に疑問の声をあげます。 しかし、慌てなくともワンピースは逃げないと言い、黒ひげが暴れている新世界に今入る必要はないと判断。 そして自身に満ち溢れた表情で、 船員たちに「黙って俺に従え」と頼り甲斐のある一言を伝えるのです。 ローの冷静さ・船長としての器の大きさが垣間見えたシーンです。 「弱ェ奴は 死に方も選べねェ」 パンクハザードの研究所入り口にて、 スモーカーやたしぎの率いるG5支部の海軍と対峙。 ローはたった1人で海軍を相手にし、軍艦を転覆させるなど七武海としての力を見せつけます。 さらにスモーカー中将の心臓を奪い取り、たしぎを一撃で切断。 圧倒的な実力を見せつけて、この言葉をたしぎに向けて放つのです。 残酷な発言でありながらも、数多の海賊ひしめく実力主義の世界を生き残ってきたローが言うからこそ、非常に重みのある発言でした。 ローにまつわる謎と考察 1:忌み名「ワーテル」について ローの過去回想にて、忌み名として「 ワーテル」が入っていることが判明。 Dを隠していたのは分かりますが、なぜあえて忌み名「ワーテル」をつけたのでしょうか。 結論から申すと、 ビッグマムを倒すのはローだということを、ワーテルは示唆しているのではないかと思います。 ビッグマムを倒すことを暗喩? 「 トラファルガー・D・ワーテル・ロー」という名前は、ヨーロッパの歴史的な戦い2つを冠していると考えられます。 1つは トラファルガーの戦い、2つ目は ワーテルローの戦いです。 2つの戦いに共通するのは、 ナポレオンが敗れているということ。 そしてワンピースにおけるナポレオンとは、 ビッグマムの魂を分けられたホーミーズを指していると思われます。 歴史的事象に紐付けて、 ビッグマムを倒すのはローであることを示唆しているのではないでしょうか。 あえてこのように呼ぶようになった理由が、ワノ国編で明らかになるのではないでしょうか。 日本をモチーフにしたワノ国を想起させることから、ワノ国と何か関係があったのではと思います。 またローの愛刀も「 鬼哭」という漢字で名付けられており、ワノ国でローの新たな秘密が1つ明らかになるかもしれません。 トラファルガー・ローのプロフィール 年齢 26歳 誕生日 10月6日 星座 天秤座 身長 191cm 血液型 F型 出身 北の海 フレバンス 好物 おにぎり、焼き魚 CV 神谷浩史.

次の

【ワンピース】ローの仲間一覧!ハートの海賊団メンバーまとめ!

トラファルガー d ワーテル ロー

~チェック~ ・これはローの逆行小説です。 ・誤字脱字たくさんあると思います。 ・キャラクターの口調キャラは崩れてると思います。 ・その他にもおかしいところたくさんあると思います。 ・ローは覇気は3種類全部使えます。 ・オペオペの実の能力者です。 」 シャンクス「わかった。 最近はずっとシャボンディにいたから久しぶりの戦闘だな。 そうだ!櫓お前も戦ってみろよ!相手の船を沈めない程度にならなんでもしていい。 お前の実力が気になるんだ。 さすがにまぁ、1人じゃ無理だろうから後何人か、」 ロー「いや、1人でいい。 相手の実力も大したこと無さそうだし、自分の力を試してみたい。 」 モブ2「いやいや、いくら相手が弱そうでも無理だよ、1人でなんて。 なんせ数が多すぎる。 なぁ、お頭?」 シャンクス「よしっ!わかったお前に任せよう。 」 ベックマン「おい、本気かシャンクス?確かにレイリーさんの弟子で強いかもしれないが、まだ初めてだ。 本当に大丈夫なのか?」 シャンクス「まぁ、大丈夫だろ。 それになんかあったら俺とベックマン、お前がいたら楽勝だ!」 ロー「話はまとまったか?体がウズウズしてるんだ。 早くしてくれ。 」 シャンクス「あぁ、いいぞロー。 あと、1つ言っておくが、確かにあの人数をチマチマやってたらきりがないぞ。 」 ロー「…あぁ、わかった。 」 そんなこったで俺は、ベックマンや沢山のクルーたちに心配されながら1人で敵船へと飛び乗った。 敵船長「ははっ!こいつこの人数の中に1人で飛びこんできやがった。 いくら赤髪のクルーでも1人じゃ無理…!」 俺は確かに戦いたかったが、さすがにこの人数しかも手応えのありそうなやつはちょっとしかいないのである程度数を絞ろうと思い早速お得意の覇王色の覇気を軽くやった。 そう、軽くやっただけなのに半数以上が気を失って倒れている。 俺はつい最近手に入れてまだ1度も使っていなかった鬼哭 まさかシャボンディにあるとは思わなかったが… を手に入れた瞬間からずっと使いたいと思っていたので今回海に出て最初の敵は前回からの相棒、鬼哭と能力を使って倒す事にした。 久しぶりの こっちのは世界では初 鬼哭を使った能力の発動だ。 だか、能力だけで終わらせるのは勿体ない。 なんせ能力を使うとあんまり殺り応えがないのだ。 気持ち悪ぃ、どうなってるんだ!」 なんかモブがぶつぶつ言っていたがそんなこと知ったこっちゃない。 おれはおれのやりたいことをやる。 ロー「タクト!」 そう言っておれは半分になった海賊たちの体を芸術的にくっつけていった。 因みに芸術的にしたのは、ゴチャゴチャした形よりも芸術的なほうが良いだろというおれの密かな遊び心だ。 おかげで世界中で俺にしかできないであろう人体アートが完成した。 うん、やっぱ俺、人体アートの才能がある。 実に芸術的だ。 満足、、。 ロー「おい、残りの半分!お前らなにボーとしてんだよ。 逃げないで良いのか? ニヤリ 」 俺はあえてあいてをよ揺さぶってやった。 理由は簡単。 そっちの方が面白いからだ。 敵モブ「な、な、なにいってる!俺達が逃げるわけないだろ。 お前ら、相手はたった1人だ、さっさっと殺すぞ!!」 敵「「オォーーーーーーーーーー!!」」 うん、さすが馬鹿の集団だ。 簡単にのってきやがった。 こっちは武装色なしでかなり力抜いてやってんだぞ、3分はないだろ。 良くここまでこれたな、、」 敵モブ「…。 」 ベックマン「おいシャンクス。 コイツ想像以上にすごいぞ。 なんなんだ、、、」 シャンクス「あぁ、おれも同じこと思ってたところだ。 レイリーさんのところにいたからもしかしたら覇気ちょっと使えるんじゃって思ってたけど、、あいつ覇王色使ったぞ。 やばいもん拾っちまった。 しかもなんだよあの身のこなし。 全く無駄がない。 しかもあの人数を3分で木っ端微塵だ。 」 ヤソップ「ていうか、あのなっがい刀、使わなかったな。 てっきり剣士なのかと主ってた。 」 ベックマン「いや、そこもたしかに気になったが1番はあいつの能力だろ。 あれ、もしかしてオペオペじゃないか?」 シャンクス「あぁ、多分な。 」 シャンクス「うわっ!お前いつの間に戻ってきたんだよ」 ロー「今だ。 」 シャンクス「…そうか。 それにしてもすごいなロー!覇気は全員使える上に精度もすげぇ。 おまけに能力者か。 あれはオペオペか、、?」 ロー「あぁ、そうだ。 良くわかったな。 」 シャンクス「いやぁ、気に入った!お前最高だな。 」 ロー「そうか。 そりゃあ、良かった。 今回は人体アートも上手く出来たしな!」 ヤソップ「…人体アートって、、?もしかしてバラバラにされた人体のことか?」 ロー「あぁ、あれは傑作だ。 やっぱ久しぶりだから熱が入った。 芸術的だろ? ドヤァ 」 ヤソップ「あ、あぁ、そうだな」 なんかいろいろ想像以上だ [newpage] シャンクス「ロー、こっちで一緒に飯食おうぜ。 」 ロー「うん、わかった。 因みにパンは嫌いだ、絶対に食わねぇ。 」 シャンクス「パン嫌いって、主食じゃねぇか。 じゃあ、好きなもんは?」 ロー「米。 」 シャンクス「これまた主食かよ、変わってんなぁ。 まぁ、いいけど。 」 ベックマン「そんなことよりお前は能力を使わない時は体術なのか?」 ロー「うーん、気分だな。 ストレスがたまってたりスカッとしたいときは体術だし、程よくゆっくりで良いときは剣術だな。 拳銃は使えるがあまり好きじゃないから遠方攻撃のときしか使わないな。 」 シャンクス「へぇー、お前なんでもできるんだな。 何でそんな力を身につけた?」 ロー「……生きるため だな。 」 そう、俺がこんなに力を身につけたのは生きるためだ。 だから前回ドンキホーテファミリーに入った。 何もかもを壊したくて。 その欲望を満たさないと生きていけなかったからだ。 そのために必死だった。 苦しかった。 もがいてた。 いつの間にかフレバンスにいた自分は消えて、違う自分に変わっていた。 今思えばあのとき俺の心は 泣いてたのかもしれない。 でも、俺は後悔してない。 いろいろ傷つく事もあったけれどその分強くなった。 孤独なときもあったけれどそこでたくさんの愛を知った。 そしていろいろな奇跡があって 今の自分がいる。 シャンクス「…生きるため か、そっか。 なんか余計なこと聞いちまったな、すまない。 」 ロー「いや、こっちこそ暗くしちまったな。 すまない。 ちょっと風に当たってくる」 俺は人といるとき自分の存在価値について考えることがある。 本当に自分は必要なのか。 居ない方が良いんじゃないか。 俺はいろんな人の、俺にとって大切な人の命がなくなるところを見てきた。 正直自分でも疫病神だと思う。 あいつらは… [newpage] 今回は最後かなりしんみりしちゃいました。 なんか気がついたらこうなってて、、 回想のところはあくまでもわたしの読み取り方なので、賛否両論あると思いますが批判はあまり頂きたくないです。 豆腐メンタルなので。 今回もぜひぜひコメントお願いします。 コメントってスゴく力になるんです。 しばらくpixivを触れなくて久しぶりに開いたときに書いてくださったコメントみてスゴく嬉しかったです。 ということで読んでくださりありがとうございました。 コメントぜひぜひお願いします。 バイバイ👋.

次の