社労士 テキスト おすすめ。 【合格】社会保険労務士(社労士)試験のおすすめ参考書・テキスト(独学勉強法/対策)

社労士の独学におすすめのテキスト

社労士 テキスト おすすめ

ここでは、社労士試験に合格するための基本テキストのおすすめランキングをご紹介します。 第1位:• 長所:独学派に特にお勧め!比較的表現は平易で読みやすい部類。 短所:分厚い。 終わりまで読破するのは初学者にとってはかなりの苦行。 また、情報量も相当なため、いったいどれが重要で、どれがさほどではないのかの優先順位を付けるのに迷う。 第2位:• 長所:定評あるLECのテキスト。 教室講義で使用されているテキストには及ばないがそれでもかなりの情報量。 視覚的にはもっともスッキリしていることと過去問情報が豊富。 短所:分厚い。 終わりまで読破するのは初学者にとってはかなりの苦行。 また、情報量も相当なため、いったいどれが重要で、どれがさほどではないのかの優先順位を付けるのに迷う。 第3位:• 長所:定評あるTACのテキスト。 TACからはほかに「ハイレベルテキスト」も出ているが、合格にはこの1冊で十分。 短所:分厚い。 終わりまで読破するのは初学者にとってはかなりの苦行。 また、情報量も相当なため、いったいどれが重要で、どれがさほどではないのかの優先順位を付けるのに迷う。 第4位:• 長所:元LECの人気講師だった山川先生によるテキスト。 CD講義が付いていて学習を進めやすい点も魅力。 短所:全部で3分冊。 すべてそろえるとちょっと割高。 第5位:• 長所:試験にでるとこ&試験に出たら差がつきそうなところに絞ってテキスト化。 初めから満点を狙わない学習スタイルで効率的に勉強が進められる。 過去問もついているので、初めはこの1冊で十分。 一読したら過去問集を購入。 短所:「基本テキスト」と一応分類するが情報量としては入門書に近い。 本当にこれで大丈夫?と心配になるほど。 社労士試験のおすすめテキスト・参考書についてのその他のページを見る• 【基本テキスト編】おすすめ参考書ランキング•

次の

社労士試験合格者のほとんどが実践している勉強方法

社労士 テキスト おすすめ

【この記事を読むと分かること】 ・社労士本試験対策のおすすめ問題集が分かります。 ・選択式や特定の課題に特化したお勧め教材が分かります。 ・使いにくい社労士試験教材が分かります。 社労士の試験勉強を始める方にとって、一番の悩みがテキストと問題集選び。 どのような基準で選べば?おすすめテキスト、問題集の基準は?このコラムでは社労士試験に関する33冊のテキストと問題集を一挙徹底比較する。 2部作第2弾。 【目次】 この記事は2部作の第2弾記事であるため、まだお読みでない方はを先に読まれることをお勧めする。 本試験対策のおすすめ問題集ランキング 試験科目の学習終了タイミングで取り組みたいのが、 本試験対策の問題集だ。 ここでは一問一答式とは異なり、本試験さながらの択一式、選択式を選ぶ。 これによって正解肢を見抜く力を付けよう。 選択基準は次の3点だ。 数秒の無駄が長期間で多大なロスに。 正答肢においても学習を深めたいため。 ここで選ぶ本試験対策の問題集では、あなたがすでに選んだ「テキスト&一問一答式問題集」とは別の出版社でも問題ない。 別の出版社で選択する方が違う表現の解説を読むことが出来るメリットもあるので内容を吟味して選ぼう。 第1位 社労士過去&予想問題集 ユーキャン(U-CAN)1028ページ 3564円 本試験形式の選択式、択一式に加え2回分の模擬試験も付いている。 左ページ問題、右ページ解説という基本形式を守りつつ、 正答肢にも丁寧な解説が付いているお勧めの本試験対策問題集。 第2位 社労士の問題集 TAC社会保険労務士講座(TAC出版)872ページ 3456円 左ページ問題、右ページ解説、正答肢にも解説が付く良書。 第3位 ごうかく社労士基本問題集 労務経理ゼミナール(中央経済社)1024ページ 2246円 こちらも左ページ問題、右ページ解説、正答肢にも解説が付く。 第4位 解けばわかる!社労士問題集 資格の大原(大原出版)872ページ 3456円 一般的な本試験対策問題集。 モノクロなので多少見にくい。 選択式に特化した本試験対策問題集 各書大差ないので、気に入ったものを選択しよう。 社労士合格のツボ選択対策 TAC社会保険労務士講座(TAC出版)732ページ 3024円 出る順社労士選択式マスター LEC(LEC)893ページ 2916円 解いて覚える社労士選択式 資格の大原(大原出版)1380ページ 4536円 社労士教材 要点整理タイプ 次に要点整理タイプの書籍を紹介しよう。 要点整理と確認問題がセットになっているタイプ、要点だけ、または問題だけなど様々なタイプがある。 あなたの 苦手な学習分野を補完する位置づけで選択してほしい。 第1位 暗記がサクサクすすむ社労士試験keyTopic20 椛島克彦(中央経済社)236ページ 2,376円 試験勉強を一通り終えた人向けにお勧めの1冊。 固定のテキストと問題集を繰り返すことが社労士試験対策の基本だが、思考が固定化し応用が利かなく可能性も。 そのような状態に陥った際に、本書があれば異なる視点からのアプローチで頭の中を整理することができる。 時代のトレンドに合わせた 時事トピックスもうれしい。 第2位 比較認識法で社労士マスター択一対策編 岡武史(TAC出版)2冊1016ページ 4752円 本試験で引っかかりやすい落とし穴を中心に、著者独自の「 比較認識法」でつづる異色の一問一答式問題集。 本書で択一式の正答率をアップさせよう。 全教科の学習を終えた後にチャレンジしてみたい一冊。 第3位 社労士年金ズバッと解法 古川 飛祐(秀和システム)320ページ 2,484円 社労士試験の鬼門と言われる国民年金法、厚生年金法を総まとめしつつ、深堀するためのテキスト。 なぜこの2科目が難しいかというと、法改正後にも旧法適用者を保護する必要があるため、救済措置が継続するからだ。 いわばツギハギだらけの法律であると言える。 本試験3カ月前程度から取り組み、苦手分野の克服に使ってもらいたい。 第4位以下 持ち運びに便利なものや横断まとめなど様々なタイプがあるので、お好みで選択を。 ケータイ社労士 近江直樹(三省堂)601ページ 3456円 左側要点整理、右側確認テスト。 移動中に使えるコンパクトサイズ。 どこでもチェック社労士 小林孝雄(中央経済社)2冊460ページ 4320円 要点整理と過去問、予想問題。 移動中に使えるコンパクトサイズ 社労士出るとこマスター ヨコイ・マネジメントパートナーズ(中央経済社)376ページ 2700円 要点整理と問題集。 社労士全科目横断総まとめ TAC社会保険労務士講座(TAC出版)428ページ 2160円 全科目横断とあるが、科目横断手法での比較検討は少ない。 社労士テキスト&問題集 富田朗(日本経済新聞出版社)1088ページ 3780円 要点整理タイプの中では比較的ボリュームのあるタイプ。 使いにくくておすすめできない問題集 最後に使いにくいことが理由でおすすめできない問題集をご紹介。 出る順社労士本試験過去問題集(10年) LEC(LEC)2冊1898ページ 3,240円 問題の次のページに解説があるという、最も使いにくいタイプ。 本試験形式の五択、選択式問題集。 社労士の年度別過去問題集5年分 TAC社会保険労務士講座(TAC出版)782ページ 3240円 過去の本試験そのまま。 問題と解説が別冊になっており、扱いにくい。 詳解社労士過去問題集(7年) コンデックス情報研究所(成美堂出版)391ページ 1944円 本試験過去問題集。 問題と解説が別冊。 しかも解説が薄い。 記事第2弾まとめ 以上、当サイトで実際に使用した感想を踏まえて、全33冊をご紹介した。 このほかにも市販されている教材は存在するため、自分の目で見て確認し、長い付き合いとなる教材を選択してもらいたい。 社労士試験は実務に直結するため、教材は試験合格後も実用書として重宝する。 あなたの社労士実務を強力サポートしてくれる良書との出会いを願う。

次の

社労士に合格するためのおすすめテキストは?厳選6書をご紹介

社労士 テキスト おすすめ

【この記事を読むと分かること】 ・社労士本試験対策のおすすめ問題集が分かります。 ・選択式や特定の課題に特化したお勧め教材が分かります。 ・使いにくい社労士試験教材が分かります。 社労士の試験勉強を始める方にとって、一番の悩みがテキストと問題集選び。 どのような基準で選べば?おすすめテキスト、問題集の基準は?このコラムでは社労士試験に関する33冊のテキストと問題集を一挙徹底比較する。 2部作第2弾。 【目次】 この記事は2部作の第2弾記事であるため、まだお読みでない方はを先に読まれることをお勧めする。 本試験対策のおすすめ問題集ランキング 試験科目の学習終了タイミングで取り組みたいのが、 本試験対策の問題集だ。 ここでは一問一答式とは異なり、本試験さながらの択一式、選択式を選ぶ。 これによって正解肢を見抜く力を付けよう。 選択基準は次の3点だ。 数秒の無駄が長期間で多大なロスに。 正答肢においても学習を深めたいため。 ここで選ぶ本試験対策の問題集では、あなたがすでに選んだ「テキスト&一問一答式問題集」とは別の出版社でも問題ない。 別の出版社で選択する方が違う表現の解説を読むことが出来るメリットもあるので内容を吟味して選ぼう。 第1位 社労士過去&予想問題集 ユーキャン(U-CAN)1028ページ 3564円 本試験形式の選択式、択一式に加え2回分の模擬試験も付いている。 左ページ問題、右ページ解説という基本形式を守りつつ、 正答肢にも丁寧な解説が付いているお勧めの本試験対策問題集。 第2位 社労士の問題集 TAC社会保険労務士講座(TAC出版)872ページ 3456円 左ページ問題、右ページ解説、正答肢にも解説が付く良書。 第3位 ごうかく社労士基本問題集 労務経理ゼミナール(中央経済社)1024ページ 2246円 こちらも左ページ問題、右ページ解説、正答肢にも解説が付く。 第4位 解けばわかる!社労士問題集 資格の大原(大原出版)872ページ 3456円 一般的な本試験対策問題集。 モノクロなので多少見にくい。 選択式に特化した本試験対策問題集 各書大差ないので、気に入ったものを選択しよう。 社労士合格のツボ選択対策 TAC社会保険労務士講座(TAC出版)732ページ 3024円 出る順社労士選択式マスター LEC(LEC)893ページ 2916円 解いて覚える社労士選択式 資格の大原(大原出版)1380ページ 4536円 社労士教材 要点整理タイプ 次に要点整理タイプの書籍を紹介しよう。 要点整理と確認問題がセットになっているタイプ、要点だけ、または問題だけなど様々なタイプがある。 あなたの 苦手な学習分野を補完する位置づけで選択してほしい。 第1位 暗記がサクサクすすむ社労士試験keyTopic20 椛島克彦(中央経済社)236ページ 2,376円 試験勉強を一通り終えた人向けにお勧めの1冊。 固定のテキストと問題集を繰り返すことが社労士試験対策の基本だが、思考が固定化し応用が利かなく可能性も。 そのような状態に陥った際に、本書があれば異なる視点からのアプローチで頭の中を整理することができる。 時代のトレンドに合わせた 時事トピックスもうれしい。 第2位 比較認識法で社労士マスター択一対策編 岡武史(TAC出版)2冊1016ページ 4752円 本試験で引っかかりやすい落とし穴を中心に、著者独自の「 比較認識法」でつづる異色の一問一答式問題集。 本書で択一式の正答率をアップさせよう。 全教科の学習を終えた後にチャレンジしてみたい一冊。 第3位 社労士年金ズバッと解法 古川 飛祐(秀和システム)320ページ 2,484円 社労士試験の鬼門と言われる国民年金法、厚生年金法を総まとめしつつ、深堀するためのテキスト。 なぜこの2科目が難しいかというと、法改正後にも旧法適用者を保護する必要があるため、救済措置が継続するからだ。 いわばツギハギだらけの法律であると言える。 本試験3カ月前程度から取り組み、苦手分野の克服に使ってもらいたい。 第4位以下 持ち運びに便利なものや横断まとめなど様々なタイプがあるので、お好みで選択を。 ケータイ社労士 近江直樹(三省堂)601ページ 3456円 左側要点整理、右側確認テスト。 移動中に使えるコンパクトサイズ。 どこでもチェック社労士 小林孝雄(中央経済社)2冊460ページ 4320円 要点整理と過去問、予想問題。 移動中に使えるコンパクトサイズ 社労士出るとこマスター ヨコイ・マネジメントパートナーズ(中央経済社)376ページ 2700円 要点整理と問題集。 社労士全科目横断総まとめ TAC社会保険労務士講座(TAC出版)428ページ 2160円 全科目横断とあるが、科目横断手法での比較検討は少ない。 社労士テキスト&問題集 富田朗(日本経済新聞出版社)1088ページ 3780円 要点整理タイプの中では比較的ボリュームのあるタイプ。 使いにくくておすすめできない問題集 最後に使いにくいことが理由でおすすめできない問題集をご紹介。 出る順社労士本試験過去問題集(10年) LEC(LEC)2冊1898ページ 3,240円 問題の次のページに解説があるという、最も使いにくいタイプ。 本試験形式の五択、選択式問題集。 社労士の年度別過去問題集5年分 TAC社会保険労務士講座(TAC出版)782ページ 3240円 過去の本試験そのまま。 問題と解説が別冊になっており、扱いにくい。 詳解社労士過去問題集(7年) コンデックス情報研究所(成美堂出版)391ページ 1944円 本試験過去問題集。 問題と解説が別冊。 しかも解説が薄い。 記事第2弾まとめ 以上、当サイトで実際に使用した感想を踏まえて、全33冊をご紹介した。 このほかにも市販されている教材は存在するため、自分の目で見て確認し、長い付き合いとなる教材を選択してもらいたい。 社労士試験は実務に直結するため、教材は試験合格後も実用書として重宝する。 あなたの社労士実務を強力サポートしてくれる良書との出会いを願う。

次の