お湯 を 飲む 効果。 梅湯はいつ飲む?風邪に効果的って本当?効能と作り方!

お湯を飲むことの健康効果

お湯 を 飲む 効果

【目次】【医師監修】「白湯」を飲むことで体に起こる嬉しい効果とは?正しい白湯の作り方や飲み方、飽きずに飲むためのアレンジ法 白湯が持つ体に良い効果 白湯は何も入っていないお湯を指します。 まずはじめに、白湯を飲むことで期待される効果をご紹介します。 基礎代謝が上がる 白湯を口から摂ることで、食道や胃、腸などの内臓が温められます。 そうすると、全身を巡る血の流れが良くなって基礎代謝が上がると言われています。 基礎代謝が上がると脂肪燃焼の効果が上がり、痩せやすくなるだけでなく、基礎体温も上がることで免疫力が高まります。 デトックス効果がある 白湯を飲んで体の内側から温められることで、内臓の働きが活発になり、利尿作用や腸の蠕動運動が促され、便秘解消のようなデトックス効果が期待できます。 汗や尿、便などの老廃物を排出するにも水分は重要な役割を果たしているため、白湯を摂ることで、いつもより多めに水分を摂取することも体にとっては良いことなのです。 白湯を適切なタイミングで適量摂ることで、利尿作用によって老廃物をどんどん排出することができれば、美肌やむくみ解消にも嬉しい効果があるでしょう。 そのため、夏の気温が暑い時期に冷たい飲み物ばかりを飲んでいると、胃腸の調子が悪くなってしまうことがあります。 冬でも、寒いからといってホットコーヒーばかり飲んでいると、カフェインが体を冷やす作用を持っているためにあまり好ましくありません。 そこで体に負担の少ない白湯を摂ることで、内臓の機能を回復し、消化不良や胃もたれを防ぐことに繋がります。 冷え症が改善 体の末端まで温めるには、内側から体を温めて血液を末端までよく流す必要があります。 そのため、冷え性で悩んでいる方は服をたくさん着込むだけでなく、白湯を飲む習慣をつけることで冷え性が緩和されるかもしれません。 そこで、効果的に「白湯」を摂ってもらうためのに作り方や方法をご紹介します。 やかんで作る 自宅にあるやかんに水道水を入れて、火にかけてお湯を沸かしましょう。 お湯が沸騰してきたら、やかんの蓋を少しずらして、吹きこぼれないよう弱火にしてから10分ほど沸かし続けてください。 その後、火を止めてからマグカップに注ぎ、約50度になるまで自然に冷ましましょう。 このとき、早く冷ましたいからといってお水を足したりするのはNGです。 フーフーと冷まさなくとも飲めるくらいの温度が目安です。 レンジで作る 「やかんでお湯を沸かしている時間なんてない……」という人もご安心ください。 そんな時は電子レンジで白湯を作っても大丈夫です。 マグカップに適量の水を入れて、電子レンジで500Wなら1分30秒から3分ほど加熱すれば、白湯ができあがります。 これなら朝の忙しい時に飲みたい人でも手軽に作ることができますね。 白湯の飲み方 50~60度程度の白湯にする お湯を飲むからといって、熱すぎるものもダメですし、逆に冷ましてぬる過ぎても効果が得にくいです。 熱すぎず、ぬる過ぎず、人肌より温かく飲めるくらいのものを用意するようにしましょう。 少しずつ時間をかけて飲む 白湯を一気に飲んでしまうと、胃液が薄まり、食べ物の消化吸収が阻害されてしまう恐れがあります。 できればゆっくりと、時間をかけて飲まれることをおすすめします。 1日に800mlまで 体に良い効果があるからといって、飲み過ぎは良くありません。 1回に摂取する量は200ml、1日で多くとも800mlを目安に飲みましょう。 白湯は胃や腸の汚れを押し流してくれる効果が高く、たくさん飲み過ぎてしまうと、本来必要だった栄養素まで流してしまうこともあります。 白湯を摂るベストタイミング おすすめは「朝」 白湯を飲むのに最もおすすめなタイミングは朝、目覚めた後です。 寝ている時にも私たちの体からは水分がどんどん出ていっており、起床後は水分が減っている状態です。 また、寝ている間に、私たちの体は基礎体温を下げています。 したがって、これから始まる1日の活動に向けて基礎体温を上げる意味でも、朝に飲む白湯は良い効果があると言えるでしょう。 できればコップ1杯程度の白湯を10~20分かけてゆっくりと飲むことをおすすめします。 食事の30分前と食事中 食事の消化吸収を促進するという意味から、食事を摂る30分前に白湯を飲むことで、ご飯が食べやすくなります。 内臓が温まると脳の満腹中枢も刺激されるため、食べすぎを防いでくれる効果も期待できます。 また、食事中に白湯を摂ると胃腸の消化機能を促し、食べた物の栄養素を吸収しやすくしてくれます。 ただし、飲み過ぎは逆に食べ物の消化不良を起こす可能性もあるため、少量を少しずつ摂ることをおすすめします。 就寝前 就寝前のリラックスタイムに白湯を飲むことも、リラックスして眠りにつくのに効果があります。 ただ、あまりたくさん飲んでしまうと夜中にトイレへ行きたくなる可能性が高くなるため、多くてもコップ1杯程度にとどめておくと良いでしょう。 食後はあまりよくない 食後30分間は白湯を飲むのにはあまり適したタイミングとは言えません。 食事で摂取したものを胃や腸が消化吸収しているタイミングなので、ここで白湯を飲んでしまうと逆に栄養の吸収を阻害してしまう要因にもなります。 なかなか食べ物が消化できないと胃が多くのエネルギーを消費してしまい、体の疲れに繋がってしまうことがあるのです。 食後の白湯は少なくとも30分~1時間程度は避けた方が無難でしょう。 美味しく白湯を飲むためのアレンジ法 健康や美容、ダイエットに効果が期待できる白湯ですが、「毎日お湯を飲むのは飽きるし、苦痛」という方もいらっしゃると思います。 そこで最後に、白湯を美味しく飲むためのアレンジ法をご紹介します。 生姜 寒い時期に体を芯から温めるのであれば、生姜を入れた白湯がおすすめです。 生姜にも体を温める効果があるため、さらに体のぽかぽかを感じることができるでしょう。 白湯を作るタイミングでスライスしたものを2~3枚入れて一緒に沸かしてもいいですし、パウダーなら大さじ1杯、生姜のチューブなら小さじ1杯程度を1杯の白湯に入れるようにしてください。 レモンを絞って数滴入れてもいいですし、市販のレモン汁を小さじ半分~1杯程度入れても問題ありません。 疲労回復に効果のあるクエン酸も含まれているため、日々の健康管理のために良いでしょう。 はちみつにはむくみ予防の効果もありますので、「ちょっとむくみが気になる……」なんて日には、はちみつとレモンを入れてむくみ撃退効果&疲労回復を狙った白湯にしても良いかもしれません。 1杯の白湯に対して、ティースプーン1杯のはちみつを加え、よく混ぜて飲みましょう。 ミント特有のスッキリした香りは、ストレスを和らげてくれる効果があります。 「今日は仕事でちょっと疲れちゃったな」なんて時に夜のリラックスタイムで飲むのも良いですね。 マグカップにミントの葉を2~3枚入れておき、沸かした白湯を注ぐだけで簡単に作ることができます。 白湯が冷めるとオリーブオイルが膜を張ってしまうため、できるだけ温かいうちに小さじ1杯程度のオイルを入れて飲むようにしてください。 塩には排泄を促す効果があり、便秘や体の中の老廃物を排出する効果が期待できます。 ただし、塩分の摂り過ぎは避けたいので、少しずつ味を調整しながら入れるようにしましょう。 おわりに 白湯は家にあるもので簡単に健康を維持できる効果があるため、気になった方はぜひ始めてみることをおすすめします。 体を内側から温めて、健康でいられると良いですね。 監修:みなと元町内科クリニック院長 笠木 伸平(かさぎ しんぺい) 大学卒業後、内科医師、膠原病リウマチ専門医として病院勤務。 米国国立衛生研究所の特別研究員、神戸大学医学部付属病院検査部 副部長の経験を経て、現在は で院長を務める。 「未病」(=健康でもない、病気でもない半健康状態)の患者さんに対して、最新の西洋医学、東洋医学、栄養学、心理学を組み合わせた診断とケア、カウンセリング等を提供。 患者さんと一緒にその方にあった生活習慣の改善方法を考えていくことを大切にしており、最終的に、未病の段階で自分のケアができ、薬に頼らなくても済む人を増やしていくことに取り組んでいる。

次の

白湯ダイエットの効果は? 3つの痩せる理由と正しい飲み方・作り方 [食事ダイエット] All About

お湯 を 飲む 効果

梅湯を飲むおすすめの時間はいつ? 梅湯はいつ飲んでも効果がありますが、 一番は朝に飲むのが良いでしょう。 酸っぱさが消化の働きを良くしてくれことで胃腸の調子がよくなる上に、温かい梅湯を飲むことで、寝ている間に冷えてしまった体を温める効果が期待できます。 また、 夜寝る前でも体を温める効果によって寝つきがよくなり、体力を効率的に回復することができます。 梅湯の効能とは? 風邪に効くの? 風邪の初期症状といえば、のどのイガイガですよね。 加湿器やマスクで予防していても、乾燥しがちな冬場はどうしても喉が痛くなってしまうことが多いのではないでしょうか。 梅湯は、このような風邪の初期症状に対して非常に効果的です。 梅湯の 効能の源は、その材料となる梅干しにあります。 ここでは、 梅の持つパワーをみていきます。 この抗菌効果は、主に クエン酸によるものです。 一方で、風邪はのどの粘膜にウイルスが感染することで始まります。 クエン酸はウイルスに対して抗菌作用を示すので、梅干しを食べることは風邪予防になります。 それだけでなく、なんと最近は梅干しに含まれている別の成分も風邪予防に役立つことが分かってきました! それは、 梅干しの持つ「エポキシリオニレシノール」という成分です。 この成分には、 ウイルスの増殖を阻害する働きがあります。 つまり梅干しには、抗菌効果があるのに加えて、もしウイルスが喉の細胞に感染してしまっても増殖が抑えられるというダブルの効果があるのです! しかも、このような梅干しの抗菌効果は多くの研究論文で報告されており、科学的な根拠が明らかになっています。 梅干し以外にもクエン酸が豊富に含まれる食べ物はありますが、梅干しが風邪に特に効果的なのは、科学的に証明された二つの効果によるものだったのですね。 しかし、そもそも人間には感染した病原菌やウイルスを排除する仕組みである免疫系が備わっています。 いくら梅干しに抗菌作用があるからといっても、常に空気と接している喉はウイルスの感染から防ぎきれるものではありません。 体に備わっている免疫力を維持することこそが大事になります! 梅干しには、先程お話ししたクエン酸の他にリンゴ酸や、カルシウムなどのミネラルやビタミンが非常に豊富に含まれています。 特に、クエン酸は体のエネルギー生成や疲労回復に重要な役割を果たします。 さらに、梅には免疫の活性化に直接作用する成分が含まれていることも分かってきています。 このように、 梅には免疫力をアップさせる効果が含まれているので、寒くて免疫力の落ちがちな冬にぴったりなんですね! 余談ですが、2018年のノーベル医学・生理学賞は、 免疫に関係する分子を発見した本庶佑さんでしたね。 梅湯の作り方 梅湯の作り方は、非常に簡単です。 カップにお湯を注ぎ、梅干しを入れてつぶすだけ! このとき、梅干しをコンロなどで少しだけ焼くひと手間を加えると、より効果がアップしますよ! まとめ いかがでしたか? 梅は体にいいだけでなく、風邪予防にも効果があって、まさにスーパーフードと呼ぶのにふさわしいですね! 季節の変わり目は風邪を引きやすいですから、免疫力をアップさせたいですよね。 子供によっては梅干しが好きな子もいますよね! うちの娘も最近食べたいと言い出して、買ってきたらすごく酸っぱい顔をしていましたが、病み付きになっています。 梅干しはスーパーなどで手軽に入るし、梅湯を作るのも非常に簡単なので、ぜひ試してみてください。 こちらもおすすめ pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

お湯を飲むだけ!「白湯」が健康に良いのは本当か

お湯 を 飲む 効果

健康や美容に効果のある白湯。 その白湯に梅干しを入れたものが「梅湯」です。 梅干しには様々な効果が期待でき、万能薬として民間療法でも重宝されてきました。 白湯を飲むことでも身体が温まりますので、相乗効果でより身体が温まります。 また、白湯にも整腸作用がある為、同時に摂ることで効果的にデトックスが出来るとされています。 その他にも以下のような効果が期待出来ます。 【お湯に入れるだけ!「梅湯」の作り方】 1. フライパンやトースターを使い、梅干しが黒くなるくらいまで焼く 2. コップに梅干しを入れ、白湯を注ぐ 3. 梅干しを潰しながら、ゆっくりと飲む 【ポイント】 ・梅干しはそのままでも良いですが、焼くことでムメフラールの効果が増しますので、出来れば焼くのがオススメです。 油はひかず、中まで温まるようじっくり焼いてください。 ・トースターを使用する場合は、アルミホイルは塩分に弱い為、直に梅干しを乗せない方が良いです。 ・梅干しの大きさによりますが、1~2個が目安です。 ・ショウガをさらに加えることで、冷えの改善効果が高まります。 ・梅干しの味が苦手だという方は、ハチミツを入れると飲みやすくなります。 和のスーパーフードとも言える梅干しを使った「梅湯」。 冷え性改善やデトックス効果・美肌効果など、女性に嬉しい効果が期待できますので、是非一度お試しください!.

次の