低気圧 痛み止め。 低気圧で頭痛がつらい…悪天候の前日に知っておくべき対処法 | 女性の美学

好きな女性が雨の日に低気圧の関係で体調不良や頭が痛くなる低気圧頭痛です。

低気圧 痛み止め

台風による頭痛は低気圧が原因? 台風の時に頭痛が酷くなるのは、低気圧が原因です。 低気圧によって、血圧や頭蓋骨内の圧力が影響を受けるんですね。 それによって脳内の血管が収縮、拡張したり、血液の循環量が落ちてしまって脳内の血液がうまく循環しないといったことを引き起こします。 それがあのイヤーな頭痛に繋がるんですね。 つまり頭痛を緩和させるためには、脳内の血管の働きを安定させればいいということになります。 いくつか効果的な方法をご紹介しますね。 注意していただきたいのは、これらすべてが誰に対しても効果的というわけではありません! 無理のない範囲で これ大事ですよ! 試してみて、あなた自身にあった解消法を探してみてください。 そしてあまりにも辛い時は、我慢せずにお医者さんにかかることも検討してくださいね。 患部を冷やしてみる 台風の時の頭痛は、低気圧によって血管が拡張してその周りにある神経を刺激していることが多いです。 痛みが出ている患部を冷やして血管の拡張を抑えることで、周囲の神経への刺激も軽減させることが出来ます。 薄暗い静かな部屋で安静にする 強い光や大きな音などの刺激がストレスに繋がり、血管の拡張を引き起こしてしまっている場合も。 偏頭痛が起きている間にチカチカするものを見たりすると、悪化するという人も多いです。 薄暗い静かな部屋でストレスを遮断して、血管の拡張を落ち着かせてみましょう。 テレビやスマホの画面を見ることも、控えてみてくださいね。 コーヒーなどのカフェイン飲料を飲む カフェインには血管を収縮してくれる効果があります。 コーヒーや紅茶、お茶などのカフェインを含んだ飲み物を飲むのも、低気圧による頭痛を緩和させることが出来ます。 少し濃い目に作って飲んでみてくださいね。 ツボ押しをする 抜群に効果が高いわけではないんですが・・・。 頭痛にきくツボを押す手もあります。 こめかみの凹んでいるところを、両手でぐりぐりと押しましょう。 また手の親指と人差し指の付け根部分、ちょうど水かきの部分ですね。 この部分を交互に強く揉んだり押したりしてみましょう。 横になってリラックスする 身体を横にすると、脳内で拡張した血管が元に戻ろうとしてくれます。 薄暗い静かな部屋で少し横になる事が出来れば、さらに効果的ですよね。 スポンサーリンク 生活習慣を改める これは即効性のある解消法ではないですが、根本的な見直しです。 やはりストレスのある生活は血管の拡張に繋がります。 睡眠をしっかり取り、一日三食しっかりと食べる、適度に身体を動かすなど生活習慣を改めるのはぜひおすすめですよ。 姿勢を良くする こちらも即効性というよりは、根本的な見直しです。 血管の周囲には無数の筋線維が走っています。 というよりも、筋線維の中に血管と神経が通っていると言った方がいいかもしれません。 姿勢が悪いと、不自然な体勢が続くことで、筋肉が固くなり筋線維も固くなっていきます。 すると筋線維の中を走っている血管が圧迫されて、余計な負荷がかかってしまいますよね。 圧迫されることで血液の流れが悪くなり、頭痛も起こりやすくなってしまいます。 良い姿勢を心がけること、筋肉や筋線維への負荷が弱くなりもとのとおり柔らかい状態に戻ってくれます。 すると血管が圧迫されることもなく、正常な血流へと戻りますよね。 デスクワークをしている時、椅子に正しい姿勢で座ってますか? 猫背になって歩いていませんか? 一度姿勢をチェックしてみましょう! 台風の時の頭痛に痛み止めの薬は効果的? 痛みが酷すぎて日常生活に支障を来たしてしまうような時は、薬を飲むのがやはり一番です。 一番いいのは、医者に処方してもらった偏頭痛用の薬ですが、手元にない場合もありますよね。 そういう時は市販のお薬を使うしかありません。 ただ、薬の合う合わないは個人の体質や症状によっても大きく左右されてきます。 痛み止めではなくて酔い止めの薬が効くということを言う人もいます。 私にはこれが効いたから、あなたの頭痛もおさまるはずということはないですよね。 なのでこの薬がいいよ!とは言えないのですが、飲むタイミングについて1つだけ。 それは症状が出る前に飲むという事。 もちろん予防としてむやみに頼りすぎると、慢性化してよくありません! でも低気圧になると必ず頭痛が酷くなるという人の場合、気圧が変われば頭痛が来るって分かってますよね。 なので低気圧になったなと感じたら、具体的に症状が出始める前に飲むんです。 気圧が変化する時に感じる予兆には、「耳が詰まった感じがする 飛行機の離着陸を思い出してください 」「頭がボーっとする」「眠気やめまいがする」「こめかみが締め付けられる」などがあります。 プラス、台風の場合は天気予報などでも大体の目安がつけられますよね。 なので天気予報とご自身の身体のサインに注意して、「あ、そろそろ来るな」というところで薬を飲んでしまいましょう。 実際に頭痛が酷くなってから飲むよりも効果的ですよ。

次の

【頭痛の治し方4】ガマンからも、痛みどめの乱用からも卒業!専門医に聞いた、正しい頭痛の治し方

低気圧 痛み止め

・カフェイン ・マグネシウム 台風の頭痛は 偏頭痛の症状とよく似ています。 気圧の変化により、 血管が広がり頭痛を引き起こします。 偏頭痛も同じく血管が広がり同様の症状を起こします。 なので、台風の低気圧頭痛と偏頭痛の対処はほぼ同じと考えてOKなんです。 カフェインは広がった血管を収縮させる働きがあります。 しかし摂り過ぎは逆効果なので注意が必要です。 マグネシウムには神経の働きを安定させる働きがあります。 本来は痛み止めのマグネシウムは、胃への副作用の改善の為に使われます。 結果的にそれがマグネシウムを取り入れる事になり、効果があるのですね。 これらの2つ成分が台風の頭痛や偏頭痛に効くんですね。 では、具体的に台風の頭痛に効く、上記の成分が含まれた市販の薬をあげてみます。 スポンサーリンク 台風の頭痛でロキソニンは効くの? では先ほどの、台風の頭痛の薬のランキングに、 ロキソニンが入っていなかった件について説明しますね。 そもそも、台風の頭痛でロキソニンは効くのかどうか? 結論からいうと、台風の頭痛ではロキソニンは効かないのです! 意外な展開!と思ったのではないでしょうか? 実はロキソニンの成分は、低気圧頭痛や偏頭痛の原因である血管の拡張に対して、血管を収縮させる効果が無いのです。 なのでロキソニンは、低気圧頭痛や偏頭痛の改善には効果的では無いのですね。 いやいや、私はいつもどんな頭痛でもロキソニンが聞くんですよ! そう思ったあなた、多分それは低気圧頭痛や偏頭痛では無いかもしれませんよ。 頭痛にもいくつかタイプがあります。 タイプが違うと薬や改善策も異なってきます。 詳しくはこちらの過去記事にまとめていますので、チェックしてみて下さいね。 いや、私は頭痛にはロキソニンと決めているんだ! という人や、ロキソニン以外の頭痛薬が合わないのであれば、次の方法もあります。 なのでこの、ロキソニンSプラスにコーヒーなどのカフェインを取り入れるというのも良いかもしれません。 何れにせよ、台風の低気圧頭痛や偏頭痛と市販薬で注意してほしいことがあります。 それは、いつもと違う激しい頭痛や違和感があったり、痛みが続くようであれば、すぐに病院に行くことです。 低気圧頭痛や偏頭痛かと思っていたら、脳梗塞など大変な病気だったという事も考えられますので注意しましょう。 台風の頭痛の対処は? 以上、台風の頭痛の薬での対処についてまとめてみました。 ここで台風の頭痛の薬以外での対処についても紹介します。 先程も説明したとおり、台風の低気圧頭痛は偏頭痛と同じメカニズムで発症します。 なので対処方法としては偏頭痛と同じと考えればOKです。 基本的な対処としては、血管の拡張を抑えて、脳への刺激を少なくする事です。 代表的な対処としては次のようなものがあります。

次の

その体調不良は低気圧が原因かも!低気圧で体調を崩してしまう理由

低気圧 痛み止め

片頭痛発生のメカニズム、なぜ低気圧で頭痛が生じるのか? まず頭痛の種類は、慢性的に頭痛を繰り返す「一次性頭痛」と、脳や頭の病気に関連して出現する「二次性頭痛」に大別されます。 片頭痛は「一次性頭痛」に分類されます。 片頭痛には以下のような特徴があります。 どちらか一方のこめかみから頭部にかけてズキズキとした痛みがある(ズキズキしないこともある)• 片方の頭痛から始まり、次第に両方に痛みが広がることが多い• 1カ月のうちに頭痛発作が繰り返し起こる• 動くことで痛みが強くなる• 片頭痛の要因はストレスや緊張、疲労、睡眠不足(もしくは睡眠過多)などですが、「天気の変化」もそのひとつです。 特に梅雨の時期やゲリラ豪雨、台風の上陸など急激な気圧の変化が頭痛の原因となるケースが多く、最近では天気や気圧の影響を受ける痛みのことを「天気痛」や「気象痛」と呼び、注目が集まっています。 では、なぜ低気圧で片頭痛が生じるのでしょうか? 天気と片頭痛の関係性を説明するものに「神経の興奮と脳血管の拡張説」があります。 気圧の変化を感じると、なんらかの仕組みで脳の血管が拡張し(中略)刺激されて、(中略)痛み物質が放出されます。 (中略)さらに血管が拡張します。 (中略)このような仕組みによって、(中略)脈打つような強い痛みが生じると考えられるのです。 ・佐藤純「天気痛 つらい痛み・不安の原因と治療方法」(光文社新書,2017. 38.より引用。 これまでの研究で、気圧の変化で脳血管の拡張と神経の興奮が起こり、片頭痛が生じることは分かっていましたが、脳が気圧の変化を感じ取る仕組みまでは分かっていませんでした。 この研究が進めば、近い将来、天気痛に対する新たな治療法が確立するかもしれません。 片頭痛にうまく対処する方法は? ここからは、低気圧による片頭痛にどのように対処すればよいのか、現在行われている治療法や対処法を具体的に見ていきましょう。 繰り返す頭痛は専門医に相談する 繰り返す頭痛発作や、それにともなうめまいや吐き気などで生活に支障をきたすのであれば、自分でどうにかしようと思わず専門医に相談しましょう。 「脳神経内科」「頭痛外来」のある医療機関で適切な診断や治療を受けることで、片頭痛による苦痛や生活への影響を軽くすることができます。 片頭痛の治療法 片頭痛治療の目的は、頭痛発作の頻度を減らし、症状を軽くして生活の質を高めることです。 治療の中心は薬物療法です。 軽~中等度の痛みにはアセトアミノフェンやアスピリンなどの消炎鎮痛剤が、中~重度の痛みや消炎鎮痛剤が効かないケースには、片頭痛に特化したトリプタン製剤が使用されます。 トリプタン製剤は拡張した脳の血管を収縮させ、血管周囲の炎症を抑えるなど片頭痛の原因そのものに作用する薬です。 薬物以外の対処法 片頭痛を悪化させるものに、運動・入浴・マッサージ・飲酒などがあります。 これらは片頭痛の原因である脳血管の拡張・三叉神経の興奮を促すことになるため、頭痛があるとき(もしくは起こりそうなとき)は控えるようにしましょう。 また、臭いや光、音が、痛みを悪化させることもあるため、痛みを感じたら薄暗く静かな場所で安静に過ごしましょう。 こめかみや頭部を冷やすのも効果的です。 痛くなる前に対処する方法は? 天気痛が原因となり、場合によっては仕事に遅れたり、約束をキャンセルしたりすることも珍しくありません。 からだの不調だけでなく、対人関係に影響を及ぼすのも天気痛の怖いところです。 ここからは、気圧の変化に事前に備えることで片頭痛を予防する方法をご紹介します。 自律神経を整える生活習慣 先述した佐藤医師は、著書の中で 「天気痛の根本治療には、自律神経の働きを整えることが重要」と述べています。 まず、食事は3食しっかりとることが基本です。 1日のスタートとなる朝食には、休息モード(副交感神経)から活動モード(交感神経)に切り替える役割があるため、必ずとるようにしましょう。 次に運動です。 まずはウォーキングから始めてみましょう。 慣れてきたら歩く距離を延ばす、軽めのジョギングにステップアップするなど、無理のない範囲で毎日続けることがポイントです。 適度な運動は、質の良い睡眠にもつながります。 睡眠は、自律神経やホルモン分泌と深い関わりがあります。 睡眠不足や睡眠過多、夜遅くまでスマホやパソコンを使う生活で体調を崩すのは、体内時計が乱れ自律神経やホルモンバランスに支障をきたすからです。 「毎日決まった時間に起きて寝る」という規則正しいリズムを保つとともに、就寝1時間前にはスマホを見ないようにして、質の良い睡眠を得る工夫をしましょう。 また、片頭痛の予防には「痛みの状況を客観的に知ること」「天気の変化を予測して痛みに備えること」が非常に重要です。 頭痛ダイアリーをつける 頭痛外来を受診すると、痛みの状況を把握するために「頭痛ダイアリー」の記入をすすめられることがあります。 毎日の天気、痛みの具合、服用した薬などを記入するもので、適切な治療を行うための大切な情報となります。 「頭痛ダイアリー」は、日本頭痛学会のホームページからダウンロードできます。 痛みのパターンを知りたい方や、これから頭痛外来を受診しようと考えている方は活用してみるとよいでしょう。 頭痛予測アプリの活用 天気予報をチェックする方は多いと思いますが、「頭痛予報」というものがあるのをご存知でしょうか? たとえば、『頭痛ーる』という頭痛予測アプリでは、天気や気圧予報のデータに基づいて頭痛が起こりやすいタイミングを予測・確認することができます。 また、アプリ上で頭痛発生や服薬の記録を残すことができるため、頭痛ダイアリーとしても使用できます。

次の