湘南 サニー サイド マリーナ。 マリンキャスト/マリーナとクルーザーの世界

マリーナ詳細

湘南 サニー サイド マリーナ

マリンキャスト/マリーナとクルーザーの世界  小樽港マリーナ 日本で最初の第三セクターのマリーナ。 東京夢の島マリーナ 都心から15分の絶好のロケーション。 このフロアには、キッチンやバーベキューセットがあって、オーナーさんが自由に使うことのできるんですよ。 当初はスタッフも3人だけで、船も3、4隻くらいしかなかったんです。 その後、2001年に隣接する「芦名マリーナ」を買収して、「湘南サニーサイドマリーナ」として新たに開業しました。 今は160隻程の船を管理しているんですよ。 車が便利なだけじゃなくって、船も海に出入りしやすいんですよ。 このマリーナは航路がわかりやすいので、初心者の方でも安心ですね。 みんなで釣った魚を持ち寄って、料理して食べるんです。 ターンテーブルの上にボートが乗せられて回転が始まったところです。 ボートが浮いて、オーナーさんは海へ。 このクレーンは75トンもあって、大型の船を移動させるのに使うんだよ。 日本では最大級なんだ。 だからこんな大きなクレーンでも、遠くから見ながら楽に動かすことができるんだ。 大きなラジコンみたいですね! 笑 こんなに大きいのに動きがとってもスムーズですね。 75トンもあるなんて思えないです。 これは四輪駆動で、ひとつひとつのタイヤが独立して動くんだよ。 だから、その場の回転や、斜めの移動なんかも出来るんだよ。 このクレーンで船を上げて船底の清掃をやるために、他のマリーナのお客様もいらっしゃるんだよ。 それを綺麗に取り除いて、毒素入りの塗料を塗りなおすんだ。 そうすると貝が付きにくくなるんだよ。 船のお手入れも大変なんですね。 ハルがケブラーという防弾チョッキに使われる素材で出来ているから、とても頑丈なんだ。 陸上でいうと90キロ近くかな。 強制循環いけすとか、真水が出るホースもついてるし、快適に、存分に遊べて、その後の片付けやお土産のことまで考えてるでしょ。 この大きさ 26feet でここまでの船ってなかなかないよ。 この支柱すごく太いでしょ?これはね、T-TOPを支える支柱で、アルミで出来ているんだけど、とてもしっかりしていて安定性に長けているんだよね。 今乗ってるのは26フィートなんだけど、もうひとつ22フィートのものがこのマリーナにあるんだ。 そっちはコンパクトで穏やかな走りをするんだよ。 この26フィートの方は海の上を荒波を切って爆走するその重量感のある感じはたまらないよね。 真剣ですっ!!! ハーバーマスターの島田さん 左奥 とスタッフの皆さん。 お客様への「思いやり」満載です!! 75トンの巨大クレーンの大きさは圧巻でした。 小さなリモコンひとつで巨大クレーンを自由自在に操るなんてすごいです! 湘南サニーサイドマリーナさんは現在約160隻の船を管理されているそうです。 全て船に負担のかからない陸置きの保管なんですよ。 スタッフの皆さんは気さくな方が多く、マリーナのことや船のことをとても楽しそうに話して下さいました。 俯瞰で撮った湘南サニーサイドマリーナさん。 ハーバースタッフの皆様をはじめ、マリーナの皆様はとても親切に取材に協力してくださいました。 このアットホームな雰囲気でがとても素敵だなぁと思いました。 もっと特徴的なことを強調されるかと思ったけれど、こんな当たり前のことを自然に話されたことが何だかちょっと嬉しかった・・・。 marine-interview:マリン関連の方々のインタビューコーナーです。 marina-database:全国のマリーナ一覧です。 cruiser-database:クルーザーメーカー、販売店などの一覧です。

次の

湘南サニーサイドマリーナ|中古艇・新艇 マリン用品・パーツ 販売店検索

湘南 サニー サイド マリーナ

マリンキャスト/マリーナとクルーザーの世界  小樽港マリーナ 日本で最初の第三セクターのマリーナ。 東京夢の島マリーナ 都心から15分の絶好のロケーション。 このフロアには、キッチンやバーベキューセットがあって、オーナーさんが自由に使うことのできるんですよ。 当初はスタッフも3人だけで、船も3、4隻くらいしかなかったんです。 その後、2001年に隣接する「芦名マリーナ」を買収して、「湘南サニーサイドマリーナ」として新たに開業しました。 今は160隻程の船を管理しているんですよ。 車が便利なだけじゃなくって、船も海に出入りしやすいんですよ。 このマリーナは航路がわかりやすいので、初心者の方でも安心ですね。 みんなで釣った魚を持ち寄って、料理して食べるんです。 ターンテーブルの上にボートが乗せられて回転が始まったところです。 ボートが浮いて、オーナーさんは海へ。 このクレーンは75トンもあって、大型の船を移動させるのに使うんだよ。 日本では最大級なんだ。 だからこんな大きなクレーンでも、遠くから見ながら楽に動かすことができるんだ。 大きなラジコンみたいですね! 笑 こんなに大きいのに動きがとってもスムーズですね。 75トンもあるなんて思えないです。 これは四輪駆動で、ひとつひとつのタイヤが独立して動くんだよ。 だから、その場の回転や、斜めの移動なんかも出来るんだよ。 このクレーンで船を上げて船底の清掃をやるために、他のマリーナのお客様もいらっしゃるんだよ。 それを綺麗に取り除いて、毒素入りの塗料を塗りなおすんだ。 そうすると貝が付きにくくなるんだよ。 船のお手入れも大変なんですね。 ハルがケブラーという防弾チョッキに使われる素材で出来ているから、とても頑丈なんだ。 陸上でいうと90キロ近くかな。 強制循環いけすとか、真水が出るホースもついてるし、快適に、存分に遊べて、その後の片付けやお土産のことまで考えてるでしょ。 この大きさ 26feet でここまでの船ってなかなかないよ。 この支柱すごく太いでしょ?これはね、T-TOPを支える支柱で、アルミで出来ているんだけど、とてもしっかりしていて安定性に長けているんだよね。 今乗ってるのは26フィートなんだけど、もうひとつ22フィートのものがこのマリーナにあるんだ。 そっちはコンパクトで穏やかな走りをするんだよ。 この26フィートの方は海の上を荒波を切って爆走するその重量感のある感じはたまらないよね。 真剣ですっ!!! ハーバーマスターの島田さん 左奥 とスタッフの皆さん。 お客様への「思いやり」満載です!! 75トンの巨大クレーンの大きさは圧巻でした。 小さなリモコンひとつで巨大クレーンを自由自在に操るなんてすごいです! 湘南サニーサイドマリーナさんは現在約160隻の船を管理されているそうです。 全て船に負担のかからない陸置きの保管なんですよ。 スタッフの皆さんは気さくな方が多く、マリーナのことや船のことをとても楽しそうに話して下さいました。 俯瞰で撮った湘南サニーサイドマリーナさん。 ハーバースタッフの皆様をはじめ、マリーナの皆様はとても親切に取材に協力してくださいました。 このアットホームな雰囲気でがとても素敵だなぁと思いました。 もっと特徴的なことを強調されるかと思ったけれど、こんな当たり前のことを自然に話されたことが何だかちょっと嬉しかった・・・。 marine-interview:マリン関連の方々のインタビューコーナーです。 marina-database:全国のマリーナ一覧です。 cruiser-database:クルーザーメーカー、販売店などの一覧です。

次の

マリーナ詳細

湘南 サニー サイド マリーナ

マリンキャスト/マリーナとクルーザーの世界  小樽港マリーナ 日本で最初の第三セクターのマリーナ。 東京夢の島マリーナ 都心から15分の絶好のロケーション。 このフロアには、キッチンやバーベキューセットがあって、オーナーさんが自由に使うことのできるんですよ。 当初はスタッフも3人だけで、船も3、4隻くらいしかなかったんです。 その後、2001年に隣接する「芦名マリーナ」を買収して、「湘南サニーサイドマリーナ」として新たに開業しました。 今は160隻程の船を管理しているんですよ。 車が便利なだけじゃなくって、船も海に出入りしやすいんですよ。 このマリーナは航路がわかりやすいので、初心者の方でも安心ですね。 みんなで釣った魚を持ち寄って、料理して食べるんです。 ターンテーブルの上にボートが乗せられて回転が始まったところです。 ボートが浮いて、オーナーさんは海へ。 このクレーンは75トンもあって、大型の船を移動させるのに使うんだよ。 日本では最大級なんだ。 だからこんな大きなクレーンでも、遠くから見ながら楽に動かすことができるんだ。 大きなラジコンみたいですね! 笑 こんなに大きいのに動きがとってもスムーズですね。 75トンもあるなんて思えないです。 これは四輪駆動で、ひとつひとつのタイヤが独立して動くんだよ。 だから、その場の回転や、斜めの移動なんかも出来るんだよ。 このクレーンで船を上げて船底の清掃をやるために、他のマリーナのお客様もいらっしゃるんだよ。 それを綺麗に取り除いて、毒素入りの塗料を塗りなおすんだ。 そうすると貝が付きにくくなるんだよ。 船のお手入れも大変なんですね。 ハルがケブラーという防弾チョッキに使われる素材で出来ているから、とても頑丈なんだ。 陸上でいうと90キロ近くかな。 強制循環いけすとか、真水が出るホースもついてるし、快適に、存分に遊べて、その後の片付けやお土産のことまで考えてるでしょ。 この大きさ 26feet でここまでの船ってなかなかないよ。 この支柱すごく太いでしょ?これはね、T-TOPを支える支柱で、アルミで出来ているんだけど、とてもしっかりしていて安定性に長けているんだよね。 今乗ってるのは26フィートなんだけど、もうひとつ22フィートのものがこのマリーナにあるんだ。 そっちはコンパクトで穏やかな走りをするんだよ。 この26フィートの方は海の上を荒波を切って爆走するその重量感のある感じはたまらないよね。 真剣ですっ!!! ハーバーマスターの島田さん 左奥 とスタッフの皆さん。 お客様への「思いやり」満載です!! 75トンの巨大クレーンの大きさは圧巻でした。 小さなリモコンひとつで巨大クレーンを自由自在に操るなんてすごいです! 湘南サニーサイドマリーナさんは現在約160隻の船を管理されているそうです。 全て船に負担のかからない陸置きの保管なんですよ。 スタッフの皆さんは気さくな方が多く、マリーナのことや船のことをとても楽しそうに話して下さいました。 俯瞰で撮った湘南サニーサイドマリーナさん。 ハーバースタッフの皆様をはじめ、マリーナの皆様はとても親切に取材に協力してくださいました。 このアットホームな雰囲気でがとても素敵だなぁと思いました。 もっと特徴的なことを強調されるかと思ったけれど、こんな当たり前のことを自然に話されたことが何だかちょっと嬉しかった・・・。 marine-interview:マリン関連の方々のインタビューコーナーです。 marina-database:全国のマリーナ一覧です。 cruiser-database:クルーザーメーカー、販売店などの一覧です。

次の