インド パキスタン 国境。 インド=パキスタン国境

「世界の火薬庫」インドとパキスタンの国境がいま最高にアツい|岡田 悠|note

インド パキスタン 国境

Locals Capture Suspected 'Spy' Pigeon From Pakistan Near Indian Border In Kathua ・スパイなの?国境で謎の鳩がまたも捕獲される この鳩は今月24日にインドとカシミールの間に広がる山岳地帯カシミールのマニャリの村で捕獲された。 そこはインドと対立するパキスタンの実効支配地域に近く、カシミールの帰属をめぐる紛争が絶えない地域として知られる。 その鳩はパキスタンからある女性のもとに飛んできたとみられるが、目立つ印がついた鳩には足環がありいくつかの数字が並んでいるという。 鳩を受け取った警察官のミシュラ氏はこう語る。 「この鳩がスパイ目的とは言い切れない。 地元の人が足環を見て捕まえたんです。 しかしそこに刻まれている数字を暗号化されたメッセージという人もいます」 確かには過去の戦争でも使われている。 ミシュラ氏はパキスタンのパンジャーブのあたりでは所有者が鳩に数字の入った標識を結び付けることを知っているが、インドに飛んできた鳩たちは識別番号に模した暗号を運んでいるかもしれないのだ。 ・ケージに入れられスパイ容疑で調査される鳩 地元メディアによると、インドの警察は鮮やかなピンクの印と脚に足環がある鳩を「スパイの疑いあり」として記録し、容疑者の安全を確保するためにケージまで用意しているという。 なお、警察は現在のところその鳩に異常はみられないとしながらも、特別部門が調査にあたっていると述べている。 「鳩がパキスタンのスパイとして捕獲される事例は定期的に起きています。 国境沿いのこのあたりは微妙な地域で、潜入行動もよくあります」 ある警官は鳩が国境を越えてメッセージを伝えるために使われていると主張し、疑いをもたれにくい鳥が伝書鳩のようにこっそり使われていると話す。 ・過去には首相への脅迫メモまで。 定期的な事案に こうした事例は初めてではなく、2010年にパキスタンとの国境沿いのパンジャーブ州でが警察に届けられている。 そのインクはパキスタン国内の電話番号と住所のスタンプだった。 さらに2016年も同州の警察が同様の鳩を発見。 その鳩にはインドの首相への脅迫を含むメモがついていたという。 その前年にも体にメッセージをつけられた鳩などが捕獲されており、スパイ容疑の鳩は定期的な事案になってるようだ。 なにしろ相手は鳥であり、問いただすこともできない。 結果、用途や意図は不明であっても警察が身柄を拘束、詳しい調査に回す流れができあがってるらしい。 ・それうちの鳩!パキスタンで鳩の飼い主が無罪を主張 じゃあ今回の鳩も謎のままかと思いきや、なんとパキスタンでその鳩の容疑を否定する人物が地元メディアに取り上げられている。 その情報によると、パキスタンのBagga-Shakargarh村に住むハビブラという名の男性が、その鳩は自分のもので足環の数字は自分の携帯電話の番号だと主張してるのだ。 ハビブラ氏は鳩を数十羽も所有する愛鳩家で、イード イスラム教の祝日。 直近では今年5月24日 の頃にインドの領土から4km付近にある彼の村で何羽かの鳩を飛ばしたという。 大切な鳩を案じているハビブラ氏は、インドの首相に鳩の返還を要請し、インド当局に対しても正式な協定や正当な尊重を求めるという。 彼は「平和と愛と寛容の象徴」である愛鳩の無罪を訴えている。 事実であれば鳩にとってもとんでもない濡れ衣だが、対立国のインドでその主張が受け入れられるかは謎だ。 なお、これに関する当局の対応はまだわかっていない。

次の

インドとパキスタンの国境が点線になっている理由

インド パキスタン 国境

いうまでもなく世界1、2位の人口大国だが、両国はこれまでしばしば小競り合いを演じてきた。 1962年には局地的とはいえ、国境紛争に端を発した戦争状態に突入した経緯もある。 カシミール地方やヒマラヤ東部などではいまだに未画定の国境を抱えている。 貿易摩擦や中国製通信機器へのスパイウェア搭載疑惑などもあり、友好・平和がなかなか長続きしない印象がある。 今年6~8月には「国民総幸福」のキャッチフレーズで知られる小王国ブータンと中国との係争地ドクラム高原(中国名ドンラン)を巡り、中国・インド両軍が2カ月半にわたって百数十メートルの距離でにらみ合うという緊迫の事態となった。 このように、外交・政治から経済までさまざまな対立要因を抱える両国だが、いずれも決定的な衝突には至っていない。 なぜか。 お互いに本気ではケンカできない事情があるからだ。 実は限りなくゼロ インドと中国はしばしば「ライバル」として取り上げられるが、経済発展では中国がはるかに先を行き、国内総生産(GDP)ではインドの約5倍の規模だ。 工業力の差も大きく、近年は産業資材や生活用品、玩具、繊維製品に至るまで大量の中国製品がインドに流入し、インドの貿易赤字が問題化している。 インド政府が発動するセーフガードやアンチダンピング措置は、その大半が中国を対象としていることはよく知られている。 中国はインドとチベット地方の国境線を認めていないばかりか、チベット文化圏に属するインド側アルナチャル・プラデシュ州の一部についてしばしば領有権を主張してきた。 中国側は認めていないが、2013-14年には中国軍がラダック地方の国境線を超えてインド側に侵犯する騒ぎも起きた。 インド軍が中国との国境地帯に10万人近い兵力を張り付けているのも中国の脅威があるからに他ならない。 何よりも、インドにとって中国は、過去3回にわたって戦火を交えた隣国パキスタンを全面支援しているやや不愉快な相手だ。 習近平国家主席肝いりの中国・パキスタン経済回廊(CPEC)は、中国がパキスタンの道路や鉄道、発電所などのインフラに総額500億ドル以上の投資しようというもので、一部はすでに動き始めている。 このCPEC最大のプロジェクトといえるパキスタン南西部のグワダル港開発では、すでに大規模なコンテナターミナルが稼働しているが、インド側は中国が将来これを海軍基地としても利用するのではないか、と警戒している。

次の

【陸路で入国】インド〜パキスタン国境越えのルートと移動手段

インド パキスタン 国境

Locals Capture Suspected 'Spy' Pigeon From Pakistan Near Indian Border In Kathua ・スパイなの?国境で謎の鳩がまたも捕獲される この鳩は今月24日にインドとカシミールの間に広がる山岳地帯カシミールのマニャリの村で捕獲された。 そこはインドと対立するパキスタンの実効支配地域に近く、カシミールの帰属をめぐる紛争が絶えない地域として知られる。 その鳩はパキスタンからある女性のもとに飛んできたとみられるが、目立つ印がついた鳩には足環がありいくつかの数字が並んでいるという。 鳩を受け取った警察官のミシュラ氏はこう語る。 「この鳩がスパイ目的とは言い切れない。 地元の人が足環を見て捕まえたんです。 しかしそこに刻まれている数字を暗号化されたメッセージという人もいます」 確かには過去の戦争でも使われている。 ミシュラ氏はパキスタンのパンジャーブのあたりでは所有者が鳩に数字の入った標識を結び付けることを知っているが、インドに飛んできた鳩たちは識別番号に模した暗号を運んでいるかもしれないのだ。 ・ケージに入れられスパイ容疑で調査される鳩 地元メディアによると、インドの警察は鮮やかなピンクの印と脚に足環がある鳩を「スパイの疑いあり」として記録し、容疑者の安全を確保するためにケージまで用意しているという。 なお、警察は現在のところその鳩に異常はみられないとしながらも、特別部門が調査にあたっていると述べている。 「鳩がパキスタンのスパイとして捕獲される事例は定期的に起きています。 国境沿いのこのあたりは微妙な地域で、潜入行動もよくあります」 ある警官は鳩が国境を越えてメッセージを伝えるために使われていると主張し、疑いをもたれにくい鳥が伝書鳩のようにこっそり使われていると話す。 ・過去には首相への脅迫メモまで。 定期的な事案に こうした事例は初めてではなく、2010年にパキスタンとの国境沿いのパンジャーブ州でが警察に届けられている。 そのインクはパキスタン国内の電話番号と住所のスタンプだった。 さらに2016年も同州の警察が同様の鳩を発見。 その鳩にはインドの首相への脅迫を含むメモがついていたという。 その前年にも体にメッセージをつけられた鳩などが捕獲されており、スパイ容疑の鳩は定期的な事案になってるようだ。 なにしろ相手は鳥であり、問いただすこともできない。 結果、用途や意図は不明であっても警察が身柄を拘束、詳しい調査に回す流れができあがってるらしい。 ・それうちの鳩!パキスタンで鳩の飼い主が無罪を主張 じゃあ今回の鳩も謎のままかと思いきや、なんとパキスタンでその鳩の容疑を否定する人物が地元メディアに取り上げられている。 その情報によると、パキスタンのBagga-Shakargarh村に住むハビブラという名の男性が、その鳩は自分のもので足環の数字は自分の携帯電話の番号だと主張してるのだ。 ハビブラ氏は鳩を数十羽も所有する愛鳩家で、イード イスラム教の祝日。 直近では今年5月24日 の頃にインドの領土から4km付近にある彼の村で何羽かの鳩を飛ばしたという。 大切な鳩を案じているハビブラ氏は、インドの首相に鳩の返還を要請し、インド当局に対しても正式な協定や正当な尊重を求めるという。 彼は「平和と愛と寛容の象徴」である愛鳩の無罪を訴えている。 事実であれば鳩にとってもとんでもない濡れ衣だが、対立国のインドでその主張が受け入れられるかは謎だ。 なお、これに関する当局の対応はまだわかっていない。

次の