日本 人 入国 規制。 【特集】日本政府、入国規制の緩和は3段階で実施する方向か 足元では入国拒否を 111 カ国に拡大

手ぬるい日本の入国規制 新型肺炎、各国は「中国全土」

日本 人 入国 規制

2月28日よりトリニダード・トバゴ、マーシャル、バーレーンが増えました• 3月1日よりクック諸島、バヌアツ、仏領ポリネシア、インドが増えました• 3月2日よりキルギスが増えました• 3月3日よりジブラルタル、トルクメニスタン、ネパールが増えました• 3月5日よりガーナが増え、クウェートウェートが減りました• 3月6日よりシリア、マレーシアが増えました• 3月7日より韓国、ブータン、レバノンが増えました• 3月8・9日変更なし• 3月10日より中国が増えました• 3月11日よりクウェートが増えました• 3月12日変更なし• 3月13日よりエルサルバドル、オマーン、スリランカ、スロバキア、ニウエ、フィリピンが増えました• 3月14日よりアゼルバイジャン、アルゼンチン、アンティグア・バーブーダ、ウクライナ、グアテマラ、コソボ、スーダン、赤道ギニア、チェコ、デンマーク、ブータン、ペルー、ポーランド、モルドバが増え、キルギス、レバノンが減りました• 3月15日よりアラブ首長国連邦、エクアドル、エストニア、北マケドニア、キプロス、コロンビア、ノルウェー、バングラデシュ、ミクロネシア、モルドバ、ヨルダン、ラトビア、リトアニアが増え、フィリピンが減りました• 3月16日変更なし• 3月17日よりウズベキスタン、エジプト、カザフスタン、カタール、カナダ、ケニア、ジブチ、ジョージア、セルビア、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、ベリーズ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ホンジュラス、南スーダン、モロッコ、リビア、レバノン、ロシアが増え、アラブ首長国連邦が減りました• 3月18~21日の間に75ヶ国から149ヶ国へ増えました• 3月22~23日の間にガンビア、キューバ、シエラレオネ、シンガポール、ハイチ、パプアニューギニア、ブルキナファソ、ブルンジ、ベルギー、ポルトガル、ミャンマー、モザンビーク、ルーマニアが増えました• 3月24~26日の間に158ヶ国から176ヶ国へ増えました• 3月27~31日の間に176ヶ国から180ヶ国へ増えました• 4月1日~4月4日は180ヶ国のままです• 4月5~7日の間に180ヶ国から181ヶ国へ増えました• 4月12日変更なし• 4月13. 14日の間に181ヶ国から182ヶ国へ増えました• 4月15~19日の間に182ヶ国から183ヶ国へ増えました• 4月20~25日の間に183ヶ国から184ヶ国へ増えました• 5月8~13日現在は184ヶ国のまま• 5月14~21日の間に184ヶ国から183ヶ国へ減りました• 5月22~28日の間に183ヶ国から182ヶ国へ減りました• 5月29日~6月8日は182ヶ国のまま• 6月9日~11日の間に182ヶ国から181ヶ国へ減りました• 6月12日~15日は181ヶ国のまま• 6月16日に181ヶ国から178ヶ国へ減りました• 6月17日~21日は178ヶ国のまま• 6月22日に178ヶ国から177ヶ国へ減りました• 6月22~25日は177ヶ国のまま• 2月28日ラトビア、タジキスタン、ジョージア、パレスチナ、ベトナム、ラオス、コロンビア、パラグアイ、スーダンが増えました• 3月1日ネパール、チリ、イスラエル、ベナン、バーレーンが増えました• 3月2日ロシア・サハリン州、カナダ・アルバータ州及びサスカチュワン州、ウガンダ、アゼルバイジャン、ナイジェリア、香港が増え、キルギスがなくなりました• 3月3日ブータン、パナマ、カナダのいくつかの州、ベネズエラ、キプロス、クロアチア、 トルコ、ヨルダン、ケニア、チュニジアが増え、仏領ポリネシア、ジブラルタル、トルクメニスタンがなくなりました• 3月5日アルメニア、ウズベキスタン、エクアドル、カナダ全体、カメルーン、キューバ、クウェート、ザンビア、ジブラルタル、セネガル、トルメキシタン、仏領ポリネシア 、ベラルーシ、南アフリカ、モナコ、ロシア全体が増え、パナマ、オマーンが減りました• 3月6日ウクライナ、ガイアナ、コスタリカ、赤道ギニア、セントクリストファー・ネービスが増えました• 3月7日エチオピア、コートジボワール、ジンバブエ、トーゴ、ブルネイ、ブルンジ、マリが増え、カナダ。 チュニジアが減りました• 3月8日変更なし• 3月9日マカオが増え、カザフスタンが減りました• 3月10日 ブルガリアが増え、シエラレオネ、仏領ポリネシアが減りました• 3月11日アルバニアが増え、クウェートが減りました• 3月12日アイルランド、アルゼンチン、北マケドニア、コンゴ民主共和国、スロバキア、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、モルドバ、モルドバが増え、ウガンダが減りました• 3月13日イラン、ギニア、コソボ、ニジェール、ニジェールが増え、 モルドバ が減りました• 3月14日アラブ首長国連邦、エストニア、キルギス、• サントメ・プリンシペ、シエラレオネ、チュニジア、ニュージーランド、ノルウェー、ベリーズ、ボリビア、ホンジュラス、ミクロネシア(ポンペイ州)が増え、 イスラエル、コソボ、スロバキアが減りました• 3月15日ウルグアイ、豪州、ポルトガル、ヨルダンが増え、北マケドニア、キプロス、コロンビアが減りました• 3月16日シンガポールが増えました• 3月17日ガーナ、スロバキア、スロバキア、パナマ、米国・グアム、ポーランド、マラウイが増えました、アルゼンチン、ウズベキスタン、エストニア、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、マラウイ、ラトビア、リトアニアが減りました• 3月18~21日の間に85ヶ国から79ヶ国になりました• 3月22~23日の間にソロモン諸島、米国(全体)、ベトナム(全体)、ルワンダが増え、ガンビア、トルクメニスタン、ブルンジ、ミクロネシア(ポンペイ州 が減りました• 3月24~26日の間に97ヶ国から66ヶ国に減りました• 3月27~31日の間に66ヶ国から60ヶ国に減りました• 4月1~4日の間に60ヶ国から64ヶ国に増えました• 4月5~7日の間に64ヶ国から67ヶ国に増えました• 4月12日の間に67ヶ国から69ヶ国に増えました• 4月13. 14日の間に69ヶ国から67ヶ国に減りました• 4月15~19日の間に67ヶ国から65ヶ国に減りました• 4月20~25日の間は65ヶ国のまま• 4月26~5月1日の間に65ヶ国から64ヶ国に減りました• 5月1~8日の間は64ヶ国のまま• 5月9~13日の間に64ヶ国から67ヶ国に増えました• 5月14~21日の間に67ヶ国から73ヶ国に増えました• 5月22~28日の間は73ヶ国のまま• 5月29日~6月2日に73ヶ国から76ヶ国に増えました• 6月3日~8日の間に76ヶ国から77ヶ国に増えました• 6月9日~11日の間に77ヶ国から78ヶ国に増えました• 6月12日~15日は78ヶ国のまま• 6月16日に78ヶ国から81ヶ国に増えました• 6月17日~19日に81ヶ国から84ヶ国に増えました• 6月20日~23日は84ヶ国のまま• 6月24~25日に84ヶ国から85ヶ国に増えました.

次の

フィリピンが新型コロナウイルスで入国禁止に。解除はいつ?入国はいつから?

日本 人 入国 規制

日本政府はすでに明らかになっている 以外の国と地域に対しても、入国規制緩和に向けた協議を進めている。 感染抑制が同じレベルでできている国同士での再開となる見込みだが、互いの出入国の条件を決める中で、日本政府は相手国に対してPCR検査の陰性結果を求める方針だという。 往来再開を少しずつ始めている世界、そして日本の動きをお伝えする。 茂木外相が、段階的入国規制緩和を明らかに 日本政府は、入国規制緩和に向けた協議を各国と始めている。 茂木外務大臣は5日の記者会見において、1日にベトナム、4日にニュージーランド、5日に豪州の各国外相と電話協議したことを認めた上で、世界全体で見ても感染症がかなり収まっているこれら3カ国に加え、すでに40カ国以上とも協議を進めていることを明らかにした。 今後の段階的緩和については、相手国の感染収束状況を見ながら、ビジネス目的の往来から緩和していく方針としている。 渡航希望者へのPCR検査も認める方針 政府では適切な感染症対策についての検討も進めている。 日本へ入国を希望する人に対して、相手国でPCR検査の陰性証明書と、日本入国後2週間の行動計画を日本大使館に提出することを求め、審査が通れば、査証(ビザ)を発給。 日本到着時も空港でPCR検査を受け陰性であれば、現在、海外からの入国者に対して求めている14日間の行動制限を免除するという緩和策を検討している。 日本から相手国への出国も、相手国が日本の入国基準と同等の手続きになる可能性が高いため、産業医らの診断で無症状の渡航希望者へのPCR検査も認める方針。 合意すれば夏にも緩和する。 入国拒否、キューバなど加わえ129カ国へ また、政府は渡航する日本人に向け発している「感染症危険情報」において、キューバなど18カ国を、渡航中止勧告のレベル3に引き上げた。 これにより、これらの国は政府が水際対策として実施している、入国拒否の対象国に加わることとなるが、これらの地域はさほど往来が多くないため、適切なタイミングで措置を執るとしている。 新たに対象となるのは下記の18カ国。 日本が入国拒否の対象は129の国と地域に広がることになる。 (中南米)ガイアナ、キューバ、グアテマラ、グレナダ、コスタリカ、ジャマイカ、セントビンセント及びグレナディーン諸島、ニカラグア、ハイチ (欧州・中央アジア)ジョージア (中東・アフリカ)アルジェリア、イラク、エスワティニ、カメルーン、セネガル、中央アフリカ、モーリタニア、レバノン 航空会社向けガイドラインを国際民間航空機関(ICAO)が発表 国連(UN)の国際民間航空機関(ICAO)は、航空会社が運営する際の指標となるガイドライン「The CART Take-off guidance 」を発表した。 同ガイドラインは、空港、搭乗機、搭乗員、貨物の4つのカテゴリー別に、アフターコロナにどう対応していくべきかが記されている。 これらのガイドラインは指標であって航空各社に従う義務はないが、新型コロナウイルスの世界的な感染によって、空の旅も様変わりすることは必須だ。 搭乗手続きは、できるだけオンライン、セルフサービスでやることを求められるようになり、空港では出発前に検温と健康証明書の提示を求めるよう、このガイドラインでは指示している。 その他、機内でのマスク着用、新聞や雑誌の持ち込み禁止、免税品の販売制限。 また、トイレ前に並ぶことも避けるべきとしている。 座席を一席ごとに空けるという措置は、経営を脅かすとしてICAOでは推奨していない。 ICAOは、新型コロナウイルス(COVID-19)によるパンデミックの影響で、全世界での旅客の利用は今年度末までに最大71%の座席数と最大15億人の乗客が減ると推定している。 関西空港、国際線再開の動き 新型コロナウイルスの感染拡大で国際線旅客便が激減した関西国際空港では、海外との航空便再開の動きが出ている。 6月6日は、アムステルダム、ハノイ、ソウル、ホーチミン、台北、香港、ドバイを結ぶ7便の国際便の離発着があり、6月7日はジャカルタ、ホーチミン、アムステルダム、台北を結ぶ4便の離発着が予定されている。 ただし国家間の移動制限を受け、旅客数は低調な状態が続く見込みで、関西国際空港内の店舗も閉まっているところが多い。 経済交流の正常化を加速させるために、5月には湖北省武漢に進出している日系企業の関係者らにビザを発給し、27日には のために武漢に戻ったが、日系企業が多い他都市でも6月から本格的に発給数を増やしていくという。 さらに、中国政府は3月以来、新型コロナウイルスの水際対策として続けてきた外国航空会社に対する、 という規制を緩和することを発表した。 この緩和は、アメリカが中国政府に対しアメリカの航空会社が中国へのフライトを再開できるよう許可されない場合、6月16日より中国からアメリカへの旅客便を禁止するとの強硬な要求の数時間後に発表された。 香港:入境者への強制検疫措置、延長へ 香港政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う入境者への強制検疫措置を実施しているが、その期間を延長すると発表した。 中国本土、マカオ、台湾に対する検疫は1カ月延長して7月7日まで、外国に対する検疫は3カ月延長して9月18日までとした。 イタリア:6月3日より観光客の受け入れ再開 イタリアは6月3日、渡航者に対する入国制限を一部緩和し、EU加盟国とイギリスからの観光客受け入れを開始した。 コロッセオやピサの斜塔などの世界的な観光名所や、世界屈指の観光地ベネチアもすでに再開している。 しかし一方で、新型コロナウイルス感染症の「ホットスポット」となったイタリアに観光客が戻るのかと疑問を投げかける声もある。 イタリアと他国とを結ぶ国際線は未だ再開されておらず、国境を開いた3日も国際空港に人影はまばらだったという。 そのため政府は安全性を他国に訴え、復興に向けて立て直しを急いでいる。 ポルトガル:検疫なしで外国人受け入れ再開 ポルトガルでは現在、マデイラ諸島を除くポルトガル全土に外国人が到着する際の検疫を行なっていない。 7月1日からはマデイラ島とポルトサント島も同様の措置をとる。 ポルトガル政府は同国の観光業にとって重要な市場であるイギリスに対し、両国間の入国規制を緩和する「エアブリッジ」に合意するよう交渉を進めている。 現在イギリスは、ポルトガルからの帰国者に対し、14日間の自己隔離を求めている。 カナダ:ニュージーランドの週休3日案をカナダでも検証 ニュージーランドのアーダーン首相は先日、週休3日制を導入することで国内の観光市場を再び活性化させることができると したが、カナダ人にもこの考えが受け入れられているという。 カナダではほとんどの州で有給休暇が2週間となっており、欧米22カ国の中で下から2番目に少ない(ちなみに最下位のアメリカには有給休暇制度がない)。 エコノミストのグリカ・イワノワ氏は、「多くのカナダ人は他国の基準に気づいていないだけ」と指摘しており、今回のアーダーン首相の発言はカナダ人に気づきを与えたようだ。 やまとごころでは、重点20市場における入国規制の状況を一覧にまとめています。 詳細はダウンロードしてご覧ください。

次の

新型肺炎での日本の入国規制、「人権」か「公共の福祉」か 各国は「中国全土」

日本 人 入国 規制

1日、環球時報は、日本の入国規制緩和リストに中国が含まれていない理由について分析する記事を掲載した。 写真はジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港。 2020年6月1日、中国共産党の機関紙・人民日報系のは、日本の入国規制緩和リストに中国が含まれていない理由について分析する記事を掲載した。 記事はまず、5月31日の読売新聞の報道を引用。 日本政府が外国人の入国制限の緩和を検討しており、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国を第1弾とする方向だと伝えた。 現在の入国規制は6月末まで続くため、規制緩和は夏以降になる見込みだという。 読売新聞によると、上記の4カ国はいずれも感染が落ち着きを見せており、企業関係者から往来再開を望む声が高まっているという。 このほか、ベトナムとオーストラリア、ニュージーランドは環太平洋経済連携協定(11)の参加国で、タイは日本企業が多く進出している。 規制緩和はまずビジネスマンなどが対象となり、出国前にPCR検査で陰性の証明書を取得し、日本に到着後、再度検査を受けて陰性であれば入国できる仕組みだという。 記事は、中韓両国の制限緩和は第2弾以降になる見通しだとし、「5月中旬の日本の報道では、経済活動再開のために日本は中国とのビジネス客に対して入国制限緩和を検討していた。 しかし、今回の緩和対象国にこの2カ国が含まれなかったことは、日本の世論から大きく注目されている」と伝えた。 中韓両国が第1弾に入らなかった理由について、記事は読売新聞の報道として「米中関係の緊張で、問題に関して米国による中国へ批判が高まっていることが関係している」と紹介。 「日本が日中間の往来制限を過度に早く緩和すると、米国の反発を招く可能性があるためで、日本は慎重な態度を取る必要がある」とした。 韓国については、外出制限緩和後にクラスターが発生していることが主な理由だとしている。 記事は、日本の世論からは「日中間の貿易往来は密接であり、中国が感染を抑え込んだことで日本国内のビジネスマンからは両国間の出入国制限を早く緩和してほしいとの声が出ている。 日本政府が米国の態度に配慮していることは残念で、経済再開には悪影響だ」との声が出る一方で、「日中や日韓の往来はベトナムやタイよりも多いため、早すぎる緩和は第2波の発生につながる」との見方もあると伝えた。 日本政府は、今後の新規感染の状況などを基に、緩和の時期や最初に制限を緩和する国を正式に決定する。

次の