電力会社比較。 電力会社・電気料金の正しい選び方。電気料金の比較方法

電力会社おすすめ比較ランキング|電力自由化でどこが良いのか迷っている方へ!

電力会社比較

新日本石油開発(新日石子会社) 売:2,035億 経:1,138億 従:623 電力、ガス、石油業界の特徴 業界を取り巻く外部環境と 各業界の社風を私が知る範囲で簡単に説明します。 電力 不景気の中にあって安定的な収益基盤を持つため財務上は優良企業扱いを受ける企業が多いのがこの業界です。 省エネが進み日本国内の需要は徐々に減る傾向にあるとはいえ、石油のように大幅に減る見込みはなく、また、東京電力や関西電力等、資金繰りに余裕のある会社はクリーン開発メカニズム(CDM)や米国のスマートグリッドに参加することで次世代の収益源を模索しています。 東京電力の目下最大の関心事は柏崎原子力発電所の運営再開でした。 また、近年、電力市場の自由化が話題になりましたが、エネルギー産業は装置産業であり大規模であればあるほど価格の設定が容易であり、新規参入が難しく新規参入組(商社、ガス会社、石油会社など)のシェアは3%程度に留まっています。 東京電力のOBに聞いたところ、会社としてはあまり脅威には感じてはいないそうです。 一言で言うと穏やかな人が多いと思います。 うまく説明できませんが金融、特に証券などに行く人ガツガツしたイメージとは真逆です。 売り上げるにあたり、各社、地域ごとの棲み分けを行っているため競合がいないのが特徴です。 強いて挙げればガス会社が競合と言えますが、オール電化によって優位に立ちつつあります。 東京電力では柏崎発電所の不調のためオール電化営業を控えめにしているらしいのですが、関西電力と大阪ガスはかなり激しい競争関係にあるとか。 ガス 電力と同じく不景気の中にあって安定的な収益基盤を持つため 財務上は優良企業扱いを受ける企業が多いのがこの業界です。 電力と較べると市場規模が小さいのも特徴です。 扱う天然ガスはCO2排出量が少ないため販売量が増えており、代替燃料への転換に時間がかかる以上、5年から10年スパンで考えても増えそうです。 逆に家庭用の販売量はオール電化のため減少傾向にあります。 そのため、会社の危機感という意味では電力会社より強いと思います。 (私が話しを聞いた東京ガス、大阪ガスのみですが)会社が新規事業として推進している主なものにコージェネレーション(すでに販売中)と家庭向け燃料電池(2010年あたりから販売)があります。 OBに会った感触では電力業界と同じく穏やかな人が多いように思いました。 (そこまで深く関わったわけではないので・・・情報不足ですいません。 ) 石油 世界全体の石油需要は中国、インドを中心に2020年くらいまでは増えるらしい…のですが 日本での需要減退は明らかです。 なので、各社とも輸出と次世代エネルギーの開発(及び液化石油ガスLPGの精製販売)に力を入れています。 が、この分野は競争が激しく、まだ開発途上で収益の一角となりえていない事業が多いです。 大きくは民族系(新日石、出光、コスモ、ジャパンエナジー)と外資系(エクソンモービル、シェル)に分類されています。 民族系は政府の国策として行われた事業を母体としており一昔前までは旧通産省の影響を強く受けていました。 現在では石油の精製販売より収益性の高い油田、天然ガス田開発に力を入れています。 外資系では、もともと石油業界は人数が少ないのですがさらに人数が少ない傾向にあります。 また、民族系より原油の調達の点では有利な立場にいますが油田の開発等は行っていません。 ちなみに各社が力を注いでいるのは・・・。 各社の注力分野 新日石:家庭用燃料電池、代替エネ発電所経営、太陽電池、バイオマス燃料 出光:新素材の開発(有機EL発光ダイオード)石油化学素材の高付加価値化 コスモ:石油化学から派生した農業用肥料 シェル:太陽電池、LPG燃料 エクソン:石油化学製品から派生した特殊製品事業、とその海外輸出 最近話題になったのは、新日石と新日鉱(ジャパンエネジー)の合併です。 シェアにして35%弱占めることになりました。 独禁法の関係で新日石が他の会社を吸収する可能性はこの先少ないのですが、業界再編はさらに進むでしょう。 穏やかな人が多いのは石油も同じですが、業務上、社内外の人と交渉する機会は多く、 話しを聞く限りでは交渉には長けているとの印象を受けました。 (理系の人でたまに喋っていて???な人がいますが。 ) 海外勤務の機会があり、海外のビジネスパーソンとコミュニケーションを取る機会は部署によっては(原油調達や開発部門)少なくないと思います。 また、外資系と民族系で若干社風が異なります。 外資系のほうが給与に占めるボーナスの割合が大きい、つまり成果給の割合が大きいようです。 また、日本のシェルは半外資企業ですが、エクソンモービルの場合、完全に子会社なのでいわゆる世間一般でイメージする外資系企業に近いです。 出光の社風は特殊だと思うので(もともと家族経営であり、上場したのも2006年、しかも上場後も経営陣が株式の半数を占めています)社員の方に聞いてみてください。 (私はOBに会っていないのでコメントは控えます。 ) 開発 あまり詳しくないので知る範囲で話します。 海外のメジャーと言われる巨大石油会社が開発から販売まで一貫した操業体制を取っているのに対して日本の石油会社は精製販売中心で原油の大部分を国外の石油会社から調達しています。 (例えば新日石の場合でも自給率は15%程度) その中にあって最大手が国際石油開発(INPEX)であり、準メジャー級と言われています。 上の表を見ても分かるように日本で最も利益率の高い会社の一つでもあります。 用地を取得し施設を建設してエネルギーを供給していくわけですが、投資に数千億円から時には兆を超えるコストがかかりながら、しかも操業をはじめるのに非常に時間がかかり5年10年先のエネルギー需要を予測して投資判断を下さなければならないため、非常にハイリスクハイリターンなビジネスと言えます。 ですので、集まる人材は電力やガス業界はもちろん他の石油会社と較べても相当優秀だと思います。 ちなみにINPEXの場合は、経済産業省が30%の株を保有し総合商社もいくらか出資している政府系の会社です。 エネルギー業界の仕事内容とは 電力 仕事イメージ図/青は技術系部署、赤は事務系部署、紫は両方の人材が働く部署です。 東京電力のOB3人に会って聞いた情報をもとに話します。 おそらく他の電力会社でもキャリアパスは似ていると思います。 大体初めはエリアの支社に配属されそこでビジネスを理解しつつ料金グループのマネージメントや新規契約、営業等を行います。 下積みの期間は約5年以上は必要と言っていました。 その後文系なら燃料部(天然ガス、石油等の調達)用地取得(発電所設置のため)、環境(地域住民の方への対応等)などに行くかもしくは、本社でのコーポレート部門での仕事(経理、総務、経営企画、人事、広報等)に携わることになります。 私が興味関心を持っていた、クリーン開発メカニズムやスマートグリッド参加、海外の発電所への投資等の海外プロジェクトは国際部が行っています。 国際部は人気らしく留学等、特別なバックグラウンドを持っていないと難しいそうです。 エネルギー業界の仕事の魅力とは エネルギー供給を支える仕事、とはよく言いますがその通りで、電池が存在感を増す今後、電力の重要性はますます大きくなっていくでしょう。 例えば、今後日本にスマートグリッドが導入されるならば、その担い手は東京電力や関西電力といった電力会社であり、次世代の環境インフラを生み出している実感を持ちつつ仕事を出来ます。 ただし、その仕事に従事している社員の方は一部ですが。 ちなみに2007年度東京電力入社の355名(男272名女83名)の配属先は 事務系:営業96 技術系:営業40通信10工務(水力、変電、送電)26配電31系統運用6火力22原子力59土木建築17です。 営業とは支社に配属されて電力契約や法人営業に携わることを指します。 海外勤務者の合計は2007年で約65名です。 入社してすぐ上記の業務に携わることは難しそうですね。 エネルギー業界の職場について 離職率が低く残業が比較的少ないのも魅力と感じるかは人それぞれだと思いますが、大きな特徴です。 会ったOBは会社に対しては満足しているようで、職場での摩擦も少ないと推測されます。 OBに聞いた話によると、支社においては若干の差はありますが定時に帰るケースが多いようです。 それに較べ、本社では休日出勤も考えられる程度の忙しさとのことです。 私が思うに、確かに入社して数年あるいは10年程度の業務は人によっては面白くないと感じるかもしれません。 しかし、自らが課長、部長クラスとなり東京電力あるいは関西電力ほど大きな会社の一部を企画立案していくことはまさにその電力会社が担当するエリアの暮らしを支え、改良していく事だと思います。 また、それが次世代環境技術を導入することによってなされるので尚更でしょう。 ガス 仕事イメージ図(東ガスを例に)赤は事務系、青が技術系、紫が両方の人材がいる部署です。 (東京ガス説明会パンフレットと社員のお話より作成) 仕事 事務系採用の場合、多くが最初の数年はリビング営業かエネルギー営業に従事します。 まあ、いわばリテールと法人ですね。 パンフレットによるとリビング営業とは「既設市場における機器およびリフォーム売り込み営業」「機器販売ルート拡大を目指す新規流通開拓営業」とあります。 エネルギー営業は (1)都市エネルギー 地域冷暖房技術の提案 (2)産業エネルギー 工業用分野での開発営業 (3)エネルギーソリューション エネルギーサービス事業の提案 (4)エネルギーエンジニアリング コージェネレーションシステムの提案、設置 とあります。 (注) コージェネレーションシステム(都市ガスを用いて必要な場で電気を作り同時に発生する排熱を冷房、暖房、給油、蒸気などに有効利用することでエネルギーの利用効率を上げるシステム) また、海外事業では、オーストリアのブルート、ゴーンにてガス田開発のプロジェクトを進めています。 以下、2009年9月10日付けの記事です。 [パース 10日 ロイター] 米石油メジャーのシェブロン<CVX. N>は10日、西オーストラリア州沖合のゴーゴン液化天然ガス(LNG)開発事業をめぐって、LNGの供給や権益の売却について、大阪ガス<9532. T>や東京ガス<9531. T>などと契約を締結した、と明らかにした。 発表によると、シェブロンは、大阪ガスに対し25年間、年137万5000トンのLNGを供給。 東京ガスには110万トンを供給する。 韓国のGSカルテックスは最大20年間、50万トンの供給を受ける。 シェブロンはまた、同事業の権益1.25%を大阪ガスに売却、1%を東京ガスに売却する。 シェブロンの権益は47.75%に低下する。 シェブロンは、LNG販売契約や権益売却の金額は公表しなかった。 同事業に対する最終的な投資額は今月中旬までに決定される見通し。 石油 仕事イメージ図(一応、シェルをモデルにしました。 シェルに開発部門はありません。 )赤が事務系部署、青が技術系部署です。 紫は両方の人材が働く、との意味です。 キャリアパスですが、新日石を例にとると07年の総合職85名のうち、研究開発26工務技術17製油技術16計装電気4販売15人事総務4経理財務3となっています。 研究開発に力を入れ営業にそれほど人を配置していないのがみてとれますね。 理系の場合、まず初めに製油所か各社が独自に持つ研究所に配属され研究に従事するケースが多いようです。 人数が少ないため技術系採用でも販売営業等に回されるケースもあります。 研究内容の詳細はわかりませんが大きくは石油製品の品質維持改良に関するものと石油以外の事業に関するものに分けられます。 後者は太陽電池やバイオエタノールなど今注目を浴びている代替エネルギーに関するものが多いようです。 文系の場合は、多くは支社(支店)に配属されリテール営業から始めることになります。 営業といっても売り込みに行くわけでなく、SSを束ねている特約店に顔を出して支社とのそのパイプ役となるのが仕事です。 具体的には石油製品の卸しと価格交渉やそのエリアの特約店(もとい個人経営の会社ですね)の経営改善策をそこの社長と考え実行します。 例えばSSに置く商品のラインナップを変える、セルフSSの出店企画を考える、本社の新商品、新システム(例えばハイオクガソリンなど)の導入を検討する、などです。 最初の10~15年は上記の営業はじめ異動を繰り返していくつかの部署を経験します。 「営業」と書きましたが、リテール以外についても、他の顧客に対するアプローチは売り込むというより顧客側の事情に応じて卸す量を調整したり、不足した場合商社などに頼む手続きを他の部署と折衝したりと事務的なものが多いです。 例えば、原油調達部では開発会社と交渉して購入量を決め契約を更新すること、当然、本社の別の部門が把握、提供している需給関係の情報を睨みつつ行います。 魅力 石油事業は開発から販売までの一連の流れを行う装置産業ですが、どの部署でも先の部署から後の部署につなげていく一種の調整力が求められます。 組織の人員が少ないことも相まって若いうちからマネージメント能力を発揮でき、かつ扱う金額も高額に及びます。 産業と人の暮らしを根本で支えている、まさしくその通りなのですが、この業界においては想像以上に個人プレーである局面は少ないです。 他部署や顧客との協力関係が緊密であって成立する仕事ばかりです。 また、開発、調達、配船、国際販売などの部門では海外企業の人と接する機会は多くグローバルに活躍できます!海外赴任を希望する人は各社が持つ海外拠点への異動を希望することで可能です。 (ない会社もあるので注意!) また、私が面接で言っていたことですが、各社とも総合エネルギー企業への転換を図っており、これから次世代エネルギーを開発し広めていくという大きな楽しみ、もといチャレンジがあります。 (研究開発を推進していることと製品として世の中に送り出せるかはまた別なのでご自身で見極めてください。 )例えば、シェルの場合、去年今年に採用した人材を太陽電池事業に配置してその分野での育成を図っています。 つまり、私達の世代がそのような事業を担っています。 であるので、各社、人材開発には力を入れています。 留学のチャンスがある企業も多いし、希望すれば様々な部署を経験できます。 会社ごとの違い(昭和シェル、コスモ石油、東京電力あたりは必須) 東京電力 電力販売量で世界的にも上位、国内販売量は3割に及びます。 発電所の割合が水力20%石油13%ガス36%石炭5%原子力24%となっています。 (2006年) 最近の悩みは柏崎原発の停止。 コストのかさむ火力発電所などで代用していたため収益を圧迫していました。 同発電所の復旧ととも会社的には今後原子力発電所の割合をさらに増やしていくつもりです。 控えめにしていたオール電化営業が活発になり東京ガスとの競争も激しくなっていくことでしょう。 海外でCDMや電力事業参入などを商社と組んで行っています。 今後、海外での省エネ技術の導入を通じて排出権を獲得する型のサービスを増やしていくと思います。 インフラ企業の代表として就活生からは圧倒的な人気を誇ります。 関西電力 東京電力に次ぐ規模で同じく電力販売量では世界的に上位にはいります。 発電所の割合が水力22%石油21%ガス21%石炭11%原子力25%となっています。 (2006年)また、東京電力に較べると電力供給量に余裕があるためオール電化営業を活発に行っているだけでなく、自らLNG供給基地を持ち家庭用にガスを供給するなど大阪ガスと激しい競争を行っています。 今後予測される流れが太陽電池VS燃料電池 の競争です。 共に発電効率が高くエコなエネルギー源として期待されていますが、前者はオール電化システムとセットで販売されるためその普及は電力使用量の増加につながります。 一方で燃料電池は都市ガスやLPGを燃料に使うため燃料電池を通じてガス使用量が増えるわけです。 自家発電の買い取り制度(上記の2つの電池の普及を促す制度です)も早くて2009年からはじまると言われており、この分野では政府による補助制度も要チェックでしょう。 東京ガス 日本最大のガス会社です。 電力VSガスみたいな話しを何度かしていますが実は東ガスの最大の大口顧客は発電量の36%をLNG火力発電所で賄っている東電だったりします。 東電と違い、完全に地域独占しているわけでなく中小のガス会社と棲み分けています。 天然ガスの燃料効率のよさと排出量の少なさから大口需要家向けの販売量は今後も増えるでしょう。 今後、会社としてはガス田開発によってLNGを自社供給し主力の都市ガス販売事業を強化していきます。 子会社のエネットが電力事業展開し、また燃料電池の販売に力を入れていますが当分は本業が安泰であると思います。 東電と同じく就活生からは人気・・・だと思います。 新日本石油 石油業界は1ページ目の表のように新日石が飛び抜けていて後はドングリの背比べ・・・のようなものです。 今回の経営統合でその傾向がさらに顕著になりました。 その原因のひとつが新日石の場合、開発に力を入れており原油の調達自給率は15%にも及びます。 開発系の仕事がしたい方にとってはチャンスがあります。 海外に6つの拠点を持ち石油製品の販売を行っており今後、この割合を増やすと社員の方は仰っていました。 コスモ石油とも提携していますが、この提携の意味は、「互いの製油所に近い販売拠点に互いの石油製品を卸している」です。 この提携でより広範囲をカバーできます。 近年、流通マージン、販売マージンが減少しているため利益が出にくくスケールメリットを生むこのような策を取らざるを得ないのです。 提携は経営統合のきっかけにつながります。 現に、新日石は当初、新日鉱ホールディングスでなくコスモ石油との経営統合を意図していました。 また、この企業の特徴は総合エネルギー企業への変貌を推進していることです。 太陽電池や燃料電池など複数の分野での研究開発は他の石油競合他社に先んじています。 昭和シェル石油 英蘭シェルが約35%、サウジアラムコが約15%出資している半外資企業です。 原油の調達では有利な立場にいます。 ジャパンエナジーと精製では提携しています。 精製、販売の技術でかなりシェル本体の技術を流用、いや活用できるのも強みでしょうか。 その結果、バイオガソリンやハイオクガソリンを他社に先駆けて販売しています。 元売り会社の中では輸出にはあまり熱心ではありません。 世界各地に日本のシェルのような会社が存在しそれらの会社との市場の食い合いの問題が生じるからです。 親会社のシェルグループと同様、新エネルギーの開発に昔から力を入れており、先進性を感じました。 女性の活用や留学等の教育制度の充実も、さすがと思います。 太陽電池とLPG燃料の開発販売に社内を挙げて取り組んでいます。 (2009年9月に1000億円投資して太陽電池パネルの工場を買い取りが決定しました。 ) 他の元売りに較べ社員の数が少なく、不採算地域の拠点を統廃合し販売拠点を絞る手法から、効率経営を言われています。 何人かの社員からお話を聞きましたが、外資系とはいえ社風や組織構成は日本的だと感じました。 シェル本体から継承しているのはあくまで石油関連の技術と経営手法であって人材は日本のものであると。 役員はシェル本体から派遣されていますが。 コスモ石油 開発から精製販売までを手がける民族系の石油元売り会社です。 一時は新日石との統合の噂がありましたが韓国のヒュンダイオイルとの提携やアブダビのIPIC(政府系石油会社)からの資本供出により、これを回避しました。 シェルとの比較で言うと、シェルが石油事業を核としながら事業モデルを新エネルギーに転換しようとする戦略であるのに対し、コスモの場合はあくまで石油を売っていこうという構えです。 つまり、市場の拡大が見込まれる地域にターゲットを絞りその地域での輸出を強化しています。 人の暮らしを支えていると誇りを感じて働ける人。 電力ガスと石油では少し様子が違い、前者ではその地域内でのみ転勤がありますが、後者では全国での転勤となります。 また、後者では輸出を強化しているため海外に行けるチャンスは多いと思います。 海外就業を考えている人、海外のビジネスマンと交渉してみたいと思う人には向いていると言えます。 また、意外とこの業界で働く方とOB訪問をできる機会は少ないです。 ぜひキャリアセンターなどで探していただきたいのですが、ほとんといなくて、OBOG訪問ができなくて困るケースがあります。 そのときに、オススメなのが「 」というサービスです。 毎年7万人以上が活用するサービスで、たくさんの学生と接点をもつことができます。 ここで出会った就活生が増えれば増えるほど、エネルギー業界出身者と出会う可能性が高くなるので、まずはこういうイベントで人脈を創ることをオススメします。 向いていない人 入社して数年でビジネススキルを身につけたい人。 転職を考えている人には向いていません。 入社後少なくとも数年間は営業に配属されますが、電力、ガスでの営業は、競合と競い高いクオリティを出して顧客から信用されるべく上司から追い立てられるわけでもなく、自らチームの一員として創造性を発揮して新しい商品開発に携わるわけでもないからです。 そもそも電力ガス業界では転職する人は少ないと思います。 個人プレーでは決してないので協調性の薄い人、成果を出すにあたり個人の力を重視したい人には向いていません。

次の

電力自由化で選べる、電力会社一覧|電力比較 エネチェンジ

電力会社比較

電力・ガス・エネルギー業界について 電力・ガス・エネルギー業界の概要 公益事業としての電気・ガス産業 日本は資源に乏しく、国内で消費するエネルギーのほとんどを自国で賄うことが難しいため、海外からエネルギー資源を大量輸入しています。 そのエネルギーを自由な市場経済にゆだねてしまうと、エネルギーの供給が不安定になりかねません、そのため、 日本政府は電力・ガスなどのエネルギー産業を公益事業として規制をかける一方で、保護をして安定的な供給を支援しています。 そもそも公益事業とは、私たちの日常生活に不可欠なサービスを提供し、社会の利益のために行う事業です。 この公益事業は、「ユニバーサルサービス」が求められる代わりに、地域独占が認められていました。 ユニバーサルサービスとは、社会全体で誰もが平等に受益できるサービスのことで、例えば赤字を出している離島の電力会社は電力の供給を停止することなく、全国平等にサービスを提供する義務があります。 電力・ガス・エネルギー業界の構造 電力自由化と業界再編 2016年4月に始まった「電力小売全面自由化」は業界内に市場競争を生み、業界再編の動きが高まっています。 そもそも電力の自由化は1995年から段階的に実施されています。 大型工場向けの特別高圧電力、中小規模工場向けの高圧電力の自由化後、一般家庭向けの低圧電力が2016年4月に自由化され、「全面自由化」が実現しました。 これにより、東京ガスやKDDIなどが電力販売に参入しました。 経済産業省のホームページによると、令和元年10月15日時点で小売電気事業者は600社を超えています。 参考: その結果、電気の小売の競争は激しくなり、電力業界に再編の動きが見えています。 既存の電力会社は発電所を保有しているため安定的な電力供給が可能ですが、消費者との結びつきが弱く販売・小売面で新規参入の電力会社に劣る一面もあります。 そのため、各社、 消費者と結びつきがある会社との提携や異業種・ベンチャーへの出資や買収を行い、販売力の向上を図る動きが活発化しています。 例えば、東京電力はソフトバンクグループのSBエナジーと提携し「」の提供を開始しています。 引用: 電力・ガス・エネルギー業界の歴史 戦後GHQの命令により9電力が誕生 現在の電気業界の体制は、戦後に構築された9つの電力会社の体制まで遡ります。 戦後、発電・送電・配電のうち発電と送電会社が全国規模の会社であったため、 GHQは米国で主流の「地域別発送配電一貫」の民営会社の設立を求めました。 これに対し、日本政府は反対をしましたが、最終的に松永安左エ門が提案した9ブロック分割民営化が採用され、1951年に各社が設立されました。 明治時代からはじまった電力事業の創業から、現在に至るまでの変遷は以下の通りです。 時期 段階 内容 明治 創業期 1886年の東京電灯創立に続き、各地に電灯会社が誕生。 大正 確立・発展期 日清・日露戦争を経て経済が急速に発展。 電気も全国に普及。 工業化で需要は飛躍的に増加。 事業者数も急増。 適当競争期 第一次世界大戦後の電力需要停滞の中、大規模経営による事業能率向上の要請の下、合弁・吸収等カルテル化が進展。 5大電力(東京電灯、東邦電力、大同電力、日本電力、宇治川電気)が支配的地位を確立。 昭和14年 1939 〜 国家統制期 電気事業を国家管理化に置くことによって広域的な効率的運用を行い、低廉な電気料金を実現すべく、電力国家統制体制が完成。 配電事業の統制強化と整理統合(9配電会社)。 昭和26年 1951 〜 9電力体制 発送配電一貫の私企業による自主的責任体制を確立し、9社体制が発足。 平成28年 2016 〜 発送電分離 小売り全面自由化。 発送電小売が分社化されはじめ、送電以外は市場競争下に。 引用: 電力・ガス・エネルギー業界の課題 エネルギー自給率は最低クラス。 安定供給が重要課題 ミクロ的な課題として、日本のエネルギー自給率の低さが挙げられます。 エネルギーのほとんどを海外からの輸入に頼っている状況が続いています。 引用: そのため、 日本はエネルギーの安定供給が至上命題であり、輸入に依存しないエネルギーの導入が求められています。 2度の石油危機からエネルギー源の多様化が図られ、石油に代わり石炭や天然ガス、原子力などの開発が進みました。 その結果石油の依存度は下がりましたが、依然として日本の電力は価格変動が激しい化石燃料の輸入に頼っています。 顕在化する地球温暖化 マクロ的な課題として、地球温暖化の問題が挙げられます。 環境に優しい持続可能な電力・ガス事業を目指す上でこの問題は無視できません。 大気中の二酸化炭素などの温室効果ガスが増加すると、大気に吸収される熱が増加し、地球の平均気温が上昇します。 地球温暖化が急速に進んでいる原因として、 化石燃料の大量消費が挙げられます。 そのため、二酸化炭素の排出を抑える取り組みが世界的に急速に進んでおり、化石燃料に代わる再生可能エネルギーなどの活用が推し進められています。 引用: 電力・ガス・エネルギー業界の将来性・動向 脱炭素社会への対応が急務 先述の通り、化石燃料の大量消費による地球温暖化が地球規模の課題となっています。 30年後には、原子力発電は全て停止され、火力発電もほとんど稼働しないと言われています。 その代わりに、 効率的なエネルギーや再生可能エネルギーの利用、省エネ、エネルギー消費を抑えるライフスタイル改革により、電力需給のギャップを埋める動きが高まっています。 引用: スポンサーリンク エネルギー業界に転職するには おすすめ転職サービス 電力をはじめとしたエネルギー業界への転職に興味はあるけど、「何をしたらいいのか分からない」「エネルギー業界の詳しい転職事情が知りたい」とお考えではないですか? そんな方のために、 エネルギー業界への転職や情報収集に役立つおすすめ転職サービスをまとめました。 興味がある方は、ぜひご覧下さい。 転職体験記 また、実際に北海道電力に転職をした人にインタビューした内容も記事にまとめました。 「なぜ北海道電力へ転職したのか」「どのように転職を実現させたのか」など気になる方はこちらもご覧下さい。 電力・ガス・エネルギー業界のランキング 業界内の会社のランキング 順位 会社名 売上高 1位 6兆3385億円 2位 4兆4251億円 3位 3兆3077億円 4位 3兆351億円 5位 2兆7704億円 6位 2兆2443億円 7位 2兆172億円 8位 1兆9623億円 9位 1兆3770億円 10位 1兆3719億円 11位 8974億円 12位 7522億円 13位 7373億円 14位 6229億円 15位 5416億円 16位 4612億円 17位 2446億円 18位 2055億円 19位 2035億円 20位 1432億円 21位 1226億円 22位 1212億円 23位 899億円 24位 877億円 25位 818億円 26位 513億円 27位 359億円 28位 308億円 29位 283億円 30位 172億円 31位 127億円 32位 121億円 33位 110億円 34位 30億円 順位 会社名 平均年収 1位 971万円 2位 963万円 3位 813万円 4位 791万円 5位 771万円 6位 770万円 7位 763万円 8位 763万円 9位 コスモエネルギーホールディングス 760万円 10位 760万円 11位 756万円 12位 742万円 13位 734万円 14位 679万円 15位 667万円 16位 東京ガス 642万円 17位 610万円 18位 592万円 19位 585万円 20位 580万円 21位 579万円 22位 572万円 23位 572万円 24位 565万円 25位 564万円 26位 544万円 27位 525万円 28位 499万円 29位 383万円 順位 業界名 合計売上高 1位 119兆4995億円 2位 115兆1314億円 3位 61兆7608億円 4位 56兆212億円 5位 53兆3059億円 6位 40兆4391億円 7位 39兆7851億円 8位 35兆9034億円 9位 34兆6450億円 10位 34兆3644億 11位 34兆357億円 12位 32兆6523億円 13位 31兆1554億円 14位 29兆6015億円 15位 26兆3098億円 16位 23兆2969億円 17位 15兆5041億円 18位 13兆1047億円 19位 10兆1745億円 20位 9兆3888億円 21位 8兆7113億円 22位 8兆3524億円 23位 8兆1892億円 24位 6兆8705億円 25位 6兆4214億円 26位 6兆457億円 27位 4兆388億円 28位 3兆9352億円 29位 3兆4602億円 30位 3兆3384億円 31位 3兆1641億円 32位 2兆7912億円 33位 2兆4206億円 34位 2兆82億円 35位 1兆8292億円 36位 1兆1937億円 37位 9930億円 38位 9597億円 39位 8043億円 40位 7544億円 41位 7043億円 42位 5248億円 43位 4591億円 44位 4088億円 45位 3264億円 46位 2715億円 47位 1235億円 48位 123億円 順位 業界名 平均年収 1位 1,354万円 2位 1,330万円 3位 1,003万円 4位 871万円 5位 787万円 6位 783万円 7位 719万円 8位 696万円 9位 691万円 10位 687万円 11位 666万円 12位 662万円 13位 654万円 14位 650万円 15位 649万円 16位 639万円 17位 632万円 18位 630万円 19位 627万円 20位 626万円 21位 624万円 22位 621万円 23位 617万円 24位 614万円 25位 614万円 26位 611万円 27位 602万円 28位 595万円 29位 584万円 30位 579万円 31位 574万円 32位 569万円 33位 560万円 34位 550万円 35位 548万円 36位 543万円 37位 538万円 38位 531万円 39位 527万円 40位 524万円 41位 513万円 42位 511万円 43位 499万円 44位 488万円 45位 480万円 46位 452万円 47位 423万円 48位 414万円 リクナビNEXT 日本最大級の求人データベース リクナビNEXTの特徴は、その求人データベースの豊富さです。 転職エージェントも行っているリクルートキャリアの営業力で、全国の求人を取り揃えています。 主要都市の超大手企業から、地方の優良中小企業まで、日本一のカバー範囲を揃えています。 地方求人の網羅性、圧倒的No1 リクナビNEXTは全国47都道府県の求人をカバーしており、地方企業の求人数もトップクラスの水準です。 北海道 1,433件 東北 2,006件 北信越 1,880件 東海 6,516件 関西 7,609件 中国・四国 3,133件 九州 3,204件 様々な求人特集が盛りだくさん リクナビNEXTでは、 地域や年齢、経験などの様々な特集が常に組まれています。 自分では探せない色々な求人情報を知ることで、視野が広がります。 あなたにあったオファーが届く リクナビNEXTに登録する全国の企業から、 非公開求人を含む求人オファーが届きます。 この機能を使えば、 あまり時間はないけど、興味の求人があれば面談を受けてみる。 という受け身の転職活動が可能です。 特に 20代、30代をターゲットにしており、数々の成長企業の求人など、 第二新卒を含む若手のキャリアップにつながる求人を数多く揃えています。 大手企業から、優良ベンチャーまで キャリトレには、 楽天やサイバーエージェント、LINE、DeNAなどのメガベンチャーと言われる企業から、 Amazon、富士通、電通やpwc、SoftbankやIBMなどの大企業もキャリトレに求人を出しています。 いいねするだけ。 忙しくても大丈夫 キャリトレの最大の特徴は、 いいねをするだけで、企業から面談確約のオファーが届くこと。 エージェントに会ったりしなくても市場価値を知ることが出来るので、 転職活動は忙しくてできないけど、どんな会社が自分に興味を持ってくれるか知りたい、という人に非常におすすめです。 効率的に転職活動が行なえます。 超有名企業のハイクラス向け求人が満載 ビズリーチの所有する公開求人だけでも12万件以上。 その中でも注目すべきは、質の高いハイクラス人材向けの求人。 経営幹部やプロフェッショナル人材向けの高年収求人を豊富に揃えています。 1000万円以上の求人が3分の1以上 ビズリーチによると、掲載案件の 3分の1以上は年収1,000万円以上。 無料で登録することで求人が確認できるため、まずは登録してみましょう。 00億円 5兆2581. 00億円 5兆2206. 00億円 4兆9192. 00億円 4兆8539. 00億円 5兆473. 00億円 5兆2555. 00億円 5兆2831. 00億円 5兆4794. 00億円 5兆8876. 00億円 5兆163. 00億円 5兆3686. 00億円 5兆3495. 00億円 5兆9763. 00億円 6兆6315. 00億円 6兆8025. 00億円 6兆700. 00億円 5兆3578. 00億円 5兆8510. 00億円 6兆3385. 00億円 出光興産 -円 -円 2兆3747. 00億円 2兆4348. 00億円 2兆4507. 00億円 2兆7637. 00億円 3兆3275. 00億円 3兆3948. 00億円 3兆8643. 00億円 3兆7985. 00億円 3兆1124. 00億円 3兆6594. 00億円 4兆3104. 00億円 4兆3747. 00億円 5兆350. 00億円 4兆6298. 00億円 3兆5703. 00億円 3兆1904. 00億円 3兆7307. 00億円 4兆4252. 00億円 関西電力 2兆5884. 00億円 2兆6480. 00億円 2兆6516. 00億円 2兆6152. 00億円 2兆5402. 00億円 2兆6135. 00億円 2兆5791. 00億円 2兆5964. 00億円 2兆6894. 00億円 2兆7896. 00億円 2兆6066. 00億円 2兆7698. 00億円 2兆8115. 00億円 2兆8591. 00億円 3兆3275. 00億円 3兆4061. 00億円 3兆2460. 00億円 3兆114. 00億円 3兆1337. 00億円 3兆3077. 00億円 東京瓦斯 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 1兆5871. 00億円 1兆7774. 00億円 1兆9624. 00億円 コスモエネルギーホールディングス 1兆5847. 00億円 1兆8459. 00億円 1兆8139. 00億円 1兆9028. 00億円 1兆9163. 00億円 2兆1546. 00億円 2兆6707. 00億円 3兆628. 00億円 3兆5231. 00億円 3兆4283. 00億円 2兆6122. 00億円 2兆7716. 00億円 3兆1098. 00億円 3兆1667. 00億円 3兆5378. 00億円 3兆359. 00億円 2兆2444. 00億円 2兆2923. 00億円 2兆5232. 00億円 2兆7704. 00億円 主要企業の平均年収の推移 会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 東京電力ホールディングス -万円 -万円 770万円 734万円 745万円 760万円 770万円 775万円 778万円 760万円 758万円 762万円 654万円 620万円 685万円 709万円 733万円 822万円 802万円 806万円 出光興産 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 899万円 846万円 917万円 840万円 831万円 812万円 959万円 944万円 859万円 856万円 797万円 854万円 955万円 971万円 関西電力 -万円 -万円 -万円 748万円 771万円 787万円 795万円 801万円 809万円 810万円 808万円 807万円 806万円 783万円 587万円 588万円 605万円 682万円 758万円 792万円 東京瓦斯 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 コスモエネルギーホールディングス -万円 -万円 -万円 867万円 868万円 868万円 914万円 931万円 899万円 850万円 802万円 731万円 762万円 743万円 681万円 733万円 739万円 769万円 761万円 892万円 東京電力ホールディングス 会社名 東京電力ホールディングス 本社所在地 会社URL 代表者 小早川 智明 資本金 1,400,975百万円 従業員 41086人 売上高 6兆3385億 日本最大の電力会社 東京電力は関東地方と山梨県、静岡県伊豆地方を供給区域とする日本最大の電力会社です。 福島第一原発事故の処理・賠償に22兆円かかると言われており、政府による公的資金が導入され、公的な管理がされています。 一方で、電力システム改革に先陣を切って取り組んでおり、持株会社の元に(ホールディングス制度)送配電会社を分社化するなど、他社に先駆けた存在です。 出光興産 会社名 出光興産 本社所在地 会社URL 代表者 木藤 俊一 資本金 168,351百万円 従業員 9476人 売上高 4兆4251億 日本のエネルギー供給を支える 出光興産は、石油精製や基礎化学品の販売、風力や太陽光などn再生可能エネルギーを電源とする売電事業を行っています。 100年以上に渡り、日本中に安全で安定的にエネルギーを供給してきました。 コスモエネルギーホールディングス 会社名 コスモエネルギーホールディングス 本社所在地 会社URL 代表者 桐山 浩 資本金 40,000百万円 従業員 6788人 売上高 2兆7704億 未来のエネルギーを創造 コスモエネルギーホールディングスは、原油の開発や石油製品の精製、再生可能エネルギー事業などを手掛けています。 関西電力 会社名 関西電力 本社所在地 会社URL 代表者 岩根 茂樹 資本金 489,320百万円 従業員 32597人 売上高 3兆3077億 東京電力に次ぐ電力会社 関西電力は、規模の面では東京電力に次いで国内2位を誇っています。 しかし、電力の販売量では中部電力に抜かれています。 その原因は、原子力への依存度が高いにも関わらず、原子力発電の再開が遅れたためです。 東京ガス(東京瓦斯) 会社名 東京ガス(東京瓦斯) 本社所在地 会社URL 代表者 内田 高史 資本金 141,844百万円 従業員 16708人 売上高 1兆9623億 日本最大の都市ガス会社 東京ガスは日本最大の都市ガス会社で、東京を中心に関東圏の都市部にもガスを供給しています。 近年は燃料転換によって産業用の需要を伸ばし、東京電力などに供給しています。 また、東北電力との合弁会社を設立し、関東圏の大口に電気を供給しています。 スポンサーリンク おすすめの転職エージェント一覧 リクルートエージェント 迷ったらコレ!32万件の求人数を誇る転職エージェントの決定版 リクルートエージェントは、人材業界のトップを独走しているリクルートが運営する国内最大級の総合転職エージェントです。 その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。 保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。 特に 求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。 求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。 転職エージェント選びで迷っている方は、 総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。 オススメ度 特徴 総合 転職支援実績No. 圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。 求人の量・質 非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。 サポート リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。 担当者 業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。 マイナビエージェント 大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える マイナビエージェントは 20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。 提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。 また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、 大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。 マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。 オススメ度 特徴 総合 若手の転職支援実績が豊富。 優良企業の求人を多く保有している。 求人の量・質 大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。 サポート キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。 担当者 密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。 ビズリーチ 国内最大級!キャリアアップといったらココ ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、高年収の求人を検索することが可能です。 その会員数は151万人を突破しており、 ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。 求人量・質など総合的に欠点がなく、 高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。 また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。 オススメ度 特徴 総合 ハイクラス向けの転職エージェントとして実績No. 1を誇る。 求人の量・質 公開求人数は12万件と総合転職エージェントと引けを取らないほどの量。 サポート 基本サービスには選考対策などのサポートが含まれていない。 担当者 業界に精通したヘッドハンターから専門的なアドバイスをもらうことも。 キャリトレ 話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須! CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。 運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。 12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。 また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。 転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。 2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。 20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。 オススメ度 特徴 総合 20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。 求人の量・質 12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。 サポート AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。 担当者 ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。 パソナキャリア 年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現 パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、 転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。 また、 利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。 はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。 オススメ度 特徴 総合 総合的に安定している。 特に年収アップに強みを持っている。 求人の量・質 求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。 サポート 丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。 担当者 企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。 doda 抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。 非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ 国内2番手の求人数を誇っています。 14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。 特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、 IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。 また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。 面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。 オススメ度 特徴 総合 求人量は国内2番手でトップクラス。 求人の量・質 公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。 サポート スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。 担当者 LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。

次の

電力会社おすすめ比較ランキング|電力自由化でどこが良いのか迷っている方へ!

電力会社比較

電力の自由化が始まり、法人だけでなく、個人でも自由に電力会社を選べるようになりました。 以前から法人は自由に電力会社を選ぶことができたのですが、まだ大手電力会社 東京電力など を利用している企業がほとんどで私の会社もそのひとつでした。 正直なところ、 大手電力会社の料金プランは新電力会社と比較すると高いです。 私は以前からこのサイトを運営していたため、大手電力会社のままだと毎年無駄な費用を捻出して非常に損だということを認識していました。 そこで会社の会議で電力会社の切り替えを提案し、切り替えたところ 約12%ほど電気代を節約することに成功しました。 もし電力自由化をきっかけに電力会社の変更を検討してるならなるべき早く切り替えた方がお得です。 この記事では企業での電力会社切り替えの経験を元に、 もくじ• 電力会社切り替え3つメリット 今までと同じ電気の使い方で無条件で料金が安くなる 紹介される電力会社や料金プラン、事業内容によって異なりますが、大手電力会社 東京電力、関西電力など から乗り換えると 大体5~25%ほど電気代を削減することができます。 削減と言ってもこまめに電気を消すなどの節電をすることなく、 今までと同じ電気の使い方で電気代を節約できるのがポイントです。 特に大量の電気を利用する工場や施設の場合、節約できる金額はかなり顕著になります。 年間電気代 500万円 1,000万円 5,000万円 削減率5% -25万円 -50万円 -250万円 削減率10% -50万円 -100万円 -500万円 削減率15% -75万円 -150万円 -1,000万円 削減率20% -100万円 -200万円 -1,500万円 このように現在の電力使用量が多い、かつ削減率が高い電力会社に乗り換えることができれば、 会社の売上を伸ばすよりも 効率よく純利益を増やすことができます。 工事不要・初期費用もかからない 電力会社の切り替えは 基本的に工事不要、初期費用0円の場合がほとんどです。 現在、スマートメーターを利用されている場合、工事の必要はありません。 我が家のスマートメーター このようなデジタル式になっていて、検針員による測定が不要です。 アナログメーター アナログメーターの場合、電力会社の検針員が定期的に計測しに来ます。 引用元:東芝産業機器システム株式会社 電気メーターがアナログメーターの場合、スマートメーターへの切り替え工事が必要になりますが、 工事費用はかかりませんし、だいたい30分程度で終了します。 工事が必要だとしたらメーター周りがコンクリで固められている、蔦が絡まっているなど簡単に工事できない場合のみで例外パターンです。 なぜ無料なのかというと国として2020年までに全国でアナログメーターを廃止、スマートメーターへの切り替えを目標としています。 スマートメーターならインターネット経由で電力使用量を測ることができるため、検針員のコスト削減やIoTデータ分析の材料として活用することができます。 停電の心配はない 電力会社を切り替えると停電を心配するかと思いますが、その心配は無用です。 日本では送電網に関しては大手電力会社のものを流用していますし、電力会社の発電システムがストップしたとしてもセーフティネットとして大手電力会社の電力供給に自動的に切り替わるシステムになっています。 つまり、簡単に言うと、東京電力や関西電力といった 大手電力会社が停電になった場合のみ停電になるという仕組みになっています。 今まで同様、停電のリスクは全企業同じです。 電力会社切り替えのデメリット オフィス全体で電力会社が指定されていると切り替えられない 自社ビルや自社工場の場合、自由に電力会社を切り替えることができますが、 オフィスビル全体で高圧一括受電契約をしている場合、電力会社を切り替えることは難しいです。 高圧一括受電とはビルオーナーがビル一棟単位で電力会社を契約している契約なので、部屋ごとに好きな電力会社を切り替えることができません。 もし、オフィスをレンタルしている場合は、まず契約内容を確認してみることをおすすめします。 切り替えまで1~2ヶ月ほどかかる 法人向け電力会社の場合、切り替えにはおおよそ2ヶ月ほどかかります。 一般家庭向けの切り替えと異なり、• 見積書の送付• 申し込み• 必要工事の確認• 契約締結 といった工程を踏むため、どうしても時間がかかってしまいます。 おすすめの方法は見積もりを数社同時にする では、具体的な電力会社の探し方ですが、• 自力で電力会社を探す• 法人向け一括比較サイトを利用する この2つの方法があります。 おすすめは「 法人向け一括比較サイト」を利用することです。 各電力会社ごとに料金表は掲載されていますが、現在電力会社は全国に約500社以上あり、その中からあなたの会社に合ったプランを見つけるのはかなり時間や知識がかかる作業です。 自力で電力会社を探すのはかなり時間効率が悪く、間違った選択をする可能性が高いです。 比較サイトを利用すれば、現在の電気の利用状況を入力するだけで担当者がいくつかの電力会社を提案し、電気代の削減率・削減額をシミュレーションしてくれます。 比較サイトは紹介型のビジネスプランなので、切り替え手数料は契約する電力会社が支払うことになっています。 そのため、あなたの会社の 自己負担は0円です。 ただし、各比較サイトによって紹介可能な電力会社の種類や数は異なります。 そこで、おすすめしたいのは 複数の法人向け電力会社比較サイトに見積もり依頼をすることです。 例えば、1つの比較サイトに見積もり依頼をしたとしましょう。 今回は法人向け最大手のスイッチビズに見積もってもらいました。

次の