広島 コロナ ホテル。 旅館業営業者及び住宅宿泊事業者の皆様ヘ ~旅館等の宿泊施設における新型コロナウイルス感染症への対応について~

ホテルで患者受け入れ開始 広島県、軽症者ら向け130室分

広島 コロナ ホテル

広島県が、新型コロナウイルス感染者のうち軽症や無症状の人を広島市内のホテル1棟で受け入れる計画を断念したことが11日、分かった。 事前説明が不十分として地元住民の反発を招き、稼働できないまま、13日で1カ月の借り上げ契約期間を終える。 県は今後、賃料3960万円を払う。 県は4月11日、三次市でクラスター(感染者集団)の発生を確認した。 限りある病院のベッドを重症者へ優先的に割り当てるため、軽症や無症状の感染者の療養先として活用できる宿泊施設の確保を急いだ。 この結果、事前調査で協力の意思を示した広島市内のホテル1棟を選び、大半の200室を3960万円で1カ月借り上げる契約を14日に結んだ。 館内の区分けなどをし、18日までに受け入れを始めると決めた。 「急を要する案件」として契約前に地元の町内会幹部の理解を得た一方、近くの住民向けの説明会は16日に初めて開催。 18日にも再び開いたが、合意を得られなかったという。 出席した住民男性は「唐突に感染者を受け入れると言われ、驚いた。 県の丁寧な姿勢が欠けていた」と憤った。 県は21日、県内の別のホテルの130室を軽症者用に確保して受け入れを始めた。 一方で広島市内のホテルは住民の理解を得るめどが立たず、今月13日の契約期間満了が迫ったため、受け入れ断念を決めたとしている。 賃料の半分は国の臨時交付金を充てるという。 県健康福祉局の田中剛局長は「感染者を受け入れる病床不足による医療崩壊を防ぐため、『空振り』覚悟でホテル選定を急いだ。 結果的に受け入れは実現しなかったが、危機管理として必要な経費だった」と説明する。 広島市内のホテルの広報担当者は「県が施設名を公表しておらず、コメントできない」としている。 県によると、受け入れ中の県内のホテルには今月10日時点で10人が滞在している。 500室の確保を目標に、他の宿泊施設と交渉を続けているという。 中国新聞社.

次の

コロナウイルス感染症について

広島 コロナ ホテル

旅館等の宿泊施設における新型コロナウイルス感染症への対応について,厚生労働省及び観光庁から次のとおり留意事項の通知がありました。 旅館業営業者及び住宅宿泊事業者の皆様には,この留意事項を実施いただくようお願いします。 また,保健所による感染経路の状況把握等に対応するために,宿泊者名簿への正確な記載を励行して,備え付けていただくよう,改めてお願いします。 広島県の新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口は です。 ),フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,モルディブ,オーストラリア,ニュージーランド,カナダ,米国,アンティグア・バーブーダ,ウルグアイ,エクアドル,コロンビア,セントクリストファー・ネービス,チリ,ドミニカ国,ドミニカ共和国,パナマ,バハマ,バルバドス,ブラジル,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ,アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,アルバニア,アルメニア,アンドラ,イタリア,英国,ウクライナ,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,北マケドニア,キプロス,ギリシャ,クロアチア,コソボ,サンマリノ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,チェコ,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,バチカン,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベラルーシ,ベルギー,ポーランド,ボスニア・ヘルツェゴビナ,ポルトガル,マルタ,モナコ,モルドバ,モンテネグロ,ラトビア,リトアニア,リヒテンシュタイン,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,アラブ首長国連邦,イスラエル,イラン,オマーン,カタール,クウェート,サウジアラビア,トルコ,バーレーン,エジプト,カーボベルデ,ガボン,ギニアビサウ,コートジボワール,コンゴ民主共和国,サントメ・プリンシペ,ジブチ,赤道ギニア,モーリシャス,モロッコ (ただし,住宅宿泊事業法の届出住宅については,旅館業法第5条のような宿泊をさせる義務は規定されていません。 同室者がいれば他室への移動と待機を依頼すること。 また,飛沫の飛散を防止するため,感染が疑われる宿泊者及び同室していた者には,マスク着用を求めること。 感染が疑われる宿泊者に接触する場合は,マスク及び使い捨て手袋を着用し,感染が疑われる宿泊者から離れた場合は,手洗い及びうがいを確実に行うこと。 使用後のマスク及び手袋はビニール袋で密閉し,焼却する等適正な方法で廃棄すること。 また,シーツ等のリネン類の洗濯に当たっては,医療リネンに準じて扱い,「病院、診療所等の業務委託について」(平成5年2月15 日付け指第14 号厚生省健康政策局指導課長通知)を参考に実施すること。 3 感染が疑われる宿泊者に接触対応した場合等の従業員の対策 従業員から,本人又は家族に新型コロナウイルスへの感染が疑われる症状の申し出があった場合や,感染が疑われる宿泊者に接触した可能性があり発熱など体調に異変が生じた旨の申し出があった場合,使用者は,保健所(帰国者・接触者相談窓口)に連絡させ,その指示に従わせること。 参考情報.

次の

[B! COVID

広島 コロナ ホテル

アパホテルや東横イン、スーパーホテルなどの大手ホテルチェーンは、厚生労働省や各自治体からの要請に応じて新型コロナウイルスの無症状者及び軽症者や海外から帰国しPCR検査を受けた者が結果が判明するまでの間待機するための施設として受け入れが開始されることを明らかにした。 東横インは、海外からの帰国者及び軽症感染者の宿泊療養のための施設として、一部ホテルで受け入れを開始した。 対象となるホテルは、東京駅新大橋前、西船橋原木インター、成田空港本館、中部国際空港1、北九州空港の5施設。 対象となったホテルでは、通常の宿泊客と軽症者が一緒になることはなく、通常の宿泊客は宿泊することはできない。 同社によると、対象となるホテルは、各行政機関が手配された専門家の管理下において医療体制を整え、近隣の皆様の安全を脅かすことのないよう運用されるという。 アパホテルも、日本最大級の2,311室を誇るアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉(神奈川県)で 4 月 20 日から新型コロナウイルス無症状者及び軽症者の受け入れを開始することを明らかにしている。 一棟借り上げ方式となるため、すでに宿泊予約済みの利用客らは他のアパホテルの振替の手続きを行い、軽症者・無症状者のみを受け入れる。 受入期間は、2020 年 4 月 20 日 月 から 8 月末日までの予定で、一般客の利用は、4 月 18 日のチェックアウト分までとなる。 また、アパホテル〈さいたま新都心駅北〉についても 4 月 13 日以降準備が整い次第、軽症者・無症状者の受け入れを開始する。 スーパーホテルは、4 月 14 日から 440 室の大阪・西区のスーパーホテル大阪天然温泉にて、大阪府で初めてとなる軽症者・無症状者の受け入れを開始する。 宿泊療養や自宅療養の対象となるのは、 高齢者、基礎疾患がある者、免疫抑制状態である者、妊娠している者を除く無症状および軽症者。 重症化のリスクが高い高齢者や持病がある者と同居していることで家庭内感染の恐れがある軽症者は、受入れ可能な入院病床数の状況を踏まえて入院、または宿泊施設での療養(宿泊療養)となる。 自宅やホテルの療養は、退院基準と同様に、症状の軽快が確認されてから 24 時間後に PCR 検査を実施し陰性であることが確認され、再度 24 時間後に再度 PCR 検査を実施、2回連続で陰性が確認されたときに終了する。 新型コロナウイルス軽症者の受け入れホテル一覧(Airstair調べ) 都道府県や宿泊施設による発表分のみ。 非公表分等は含まず。

次の