西川 まさき ボート レース。 【衝撃】ヤングダービーにも出走した西川昌希が電撃引退!?

西川昌希競艇選手(ボートレーサー)が逮捕!競艇で八百長確定!ボートレース順位操作容疑!見返りに現金、元選手ら逮捕!

西川 まさき ボート レース

競艇で不正に順位を落とした見返りに舟券購入者から現金300万円を受け取ったとして、名古屋地検特捜部は8日、元競艇選手の無職西川昌希容疑者(29)=東京都練馬区=をモーターボート競走法違反(競走の公正を害する行為、収賄)の疑いで、西川容疑者の親族で塗装会社員の増川遵容疑者(53)=津市=を同法違反(同、贈賄)の疑いで逮捕し、発表した。 2人の認否は明らかにしていない。 西川容疑者は三重県出身。 日本モーターボート競走会によると、2009年5月にデビューし、19年9月までの約10年間で通算出走2112回、通算優勝は12回を数えた。 競艇の最上位のA1級に所属する人気選手だったが、昨年9月に引退していた。 地検の発表によると、不正が行われたとされるのは、昨年7月2日に琵琶湖モーターボート競走場(大津市)であったレース。 2人はレース前にスマートフォンを使って順位を打ち合わせ、当日、西川容疑者は2番人気の第7レースで4着に、1番人気の第10レースで2着に入った。 増川容疑者は、二つのレースで1着から3着まで順位通りにあてる「3連勝単式舟券」をレース直前に大量に購入。 多額の利益を得て、レース後、計300万円を西川容疑者に渡したという疑いがある。 二つのレースのオッズ(賭けの倍率)は50・3倍と57・3倍だった。 レース開催中は身体検査があり….

次の

八百長レースで総額数億円【西川昌希】元競艇選手の驚きの手口!!

西川 まさき ボート レース

2003年以降の刑法犯、条例違反のみ。 4242 古野智丈 佐賀 2003年8月、中学時代からの遊び仲間と共謀して、その中の1人の元交際相手の短大生 19 を乱暴した。 なお、この事件は当時18歳で、5ヶ月前の第92期卒業記念競走の優勝者が起こした事件だったことから、新聞紙上で大きく取り上げられ、競艇界に衝撃を与えた。 3269 柴田明宏 栃木 2005年5月、宇都宮市内の道路で停車していた乗用車に追突しそのまま逃走した。 ひき逃げ。 道路交通法違反。 3640 小野肇也 群馬 2006年6月、携帯電話の出会い系サイトで知り合った16歳の少女と、相手が未成年者だとわかっていながら、群馬県富士見村内のホテルで猥褻な行為をした。 群馬県迷惑防止条例違反。 なお、小野は2009年にもモバゲーで知り合った少女と群馬県吉岡町内のホテルで性行為を行い、群馬県警高崎署に同容疑で逮捕された。 4392 石田剛大 群馬 2008年5月、群馬県みどり市内の飲食店の駐車場で、酒に酔い自分の車の周囲に駐車してあった車のドアに蹴りを入れ破損させた。 器物損壊。 4552 杉山勝匡 佐賀 2011年2月、佐賀県唐津市の路上で、歩行していた男女を運転中の乗用車で跳ねた。 自動車運転過失傷害。 4386 森下祐丞 兵庫 2011年5月、神戸市須磨区の路上で、私服女性警察官の胸を擦れ違いざまに触り、近くにいた男性警察官に取り押さえられて兵庫県迷惑防止条例違反で逮捕・起訴された。 なお、2008年に逮捕された石田剛大とこの森下は同じ98期で、ともに卒業記念競走に優出していて、石田 3着 森下 5着 の成績だった。 したがって、98期は卒業記念競走優出者のうち2人が逮捕されるという不名誉な事態となった。 事件発生月については、多少の誤りがあるかも知れません。 要確認。

次の

【競艇】ボートレーサー、八百長で逮捕

西川 まさき ボート レース

今回は昨年初V達成から一気に5Vとブレークした次代の三重支部を担うと期待されている西川昌希(24)だ。 昨年のこの時期、あの井口佳典に三重支部で期待する若手を挙げてもらったところ、真っ先に名が出たのがこの西川だ。 当時はまだA1に昇格したばかりで、優勝経験もなかったが、4月に桐生で初Vすると一気に年間5V。 SGクラシックの出場権もつかみ取り、井口の見立て通り、いや、もしかすれば、それ以上の活躍をアピールした。 西川自身もデビュー前から井口の背中だけを追い続けてきた。 「一緒に走る時は毎回レースやペラを見てもらってます」と偉大な先輩に憧憬のまなざしを送り続ける。 昨年ブレークしたのも単に追いかけるだけではなく、実際に井口の薫陶を受けてきたからこそだろう。 しかし「少しは彼に近づけたか?」の問いには「自分が上のレベルで戦うようになってから、むしろ逆に遠くなった気がする。 井口さんの場合、正直(エンジンが)出てないことの方が多い。 一緒に見える時もあるかもしれないが、それは乗り方で一緒に見せている。 それくらいターンのレベルが違う。 足合わせで隣にいるとよく分かります。 レースに向かう姿勢や集中力も違うし、ホンマに学ぶことばかり」と差を痛感している。 現状の課題は「すぐに熱くなるところ。 気持ちのコントロール」と言う一方で長所に挙げたのが「勝負にこだわるところ。 全部勝ちに行くレースをしている」とメンタル面をアピール。 このあたりも井口のそれに似ている。 「勉強もあるが、負けるつもりはない。 一般戦なら7点取れるようになったので、記念を走って7点取れるようになりたい」と目標は高い。 ちなみに今年のクラシックとヤングダービーはともに尼崎開催。 昨年11月に優出した実績(4着)もあり「結構いいイメージ持ってますしオヤジが神戸出身なんで…」と第2の故郷に錦を飾りたいと今から意気込んでいる。 2009年5月の津でデビューの104期生。 初勝利は同7月の戸田。 初優勝は14年4月の桐生。 同期には松田大志郎、中田竜太、竹井奈美ら。 血液型=B。

次の