冨田 実 アイ クリニック 銀座。 【悲報】元品川近視クリニック副院長、冨田実「眼科専門医」の「冨田実アイクリニック」のグーグルレビューが残念なことに!【後編】

冨田実アイクリニック銀座 眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)

冨田 実 アイ クリニック 銀座

安心の5つの特徴• 一貫した診療体制「主治医制」を採用 自らの執刀経験が10万症例を超える院長は世界の学会から日本の白内障、屈折矯正手術の第一人者と認められています。 その院長が自ら患者様のカウンセリング、手術、術後のフォローアップを勤めます。 他のクリニックにはない絶対的な安心を当院は提供いたします。 当院では内容充実の再手術保障制度を採用します。 生涯保障などの長い保障期間は必要なのだろうか?責任を持って治療を行い、責任を持ってケアを行う。 これ以上に安心できるものは無いと考える冨田実アイクリニック銀座では、他の医療機関と保障期間の長さを競い合うことはいたしません。 冨田実アイクリニック銀座では、再手術保障制度を設けることで、責任を持ってケアを行います。 手術によって視力が回復しても、その後の生活環境は人それぞれ違います。 もちろん、手術後の経過にも個人差があります。 だから、レーシック後にもし再手術が必要となった場合は、ご保障期間内であれば無料でお受けいたします。 また、片目につき1回のみ無料とさせていただきます。 最新のレーザーを採用 日本でも最も用いられている最新レーザー機器のFemto LDV、シュインドアマリスの最新(2014年6月発売)、最上位機種が日本初で当院に導入されます。 これらの最新機器の開発にはアドバイザーとして当院院長が係っています。 すべてを知っている当院院長だからこそレーザーの能力を最大限に発揮できます。 冨田実アイクリニック銀座は、2014年6月16日に銀座のメイン通りにOPENしました。 眼科一般診療からレーザー白内障、老眼治療、円錐角膜、レーシック、フェイキックなど最先端の治療に対応できる最新設備を導入して、幅広い眼科治療に対応しています。 2015年1月には、厚生労働省から先進医療の認定施設として認可されましたので、先進医療の対象となる多焦点レンズを用いた白内障手術のご相談も承っております。 特に、レーザー白内障手術やクロスリンキングによる円錐角膜治療は、国内でも限られた施設にしか導入されていないため、関東近県だけではなく全国から多くの患者様にご来院いただいております。 また、地下鉄日比谷線および都営浅草線の東銀座駅から徒歩1分、銀座駅から徒歩3分、地下鉄有楽町線の銀座一丁目からも徒歩5分と、複数の路線が利用できますので、築地、月島、八丁堀、京橋、新富町、新川、日本橋、佃、湊、茅場町など近隣にお住まい、お勤めの方にとって交通アクセスにも優れています。 また、東京駅、新橋からは都営バスも運行しています。 都営バスをご利用の方は、「銀座4丁目」が便利です。

次の

冨田実アイクリニック銀座 レーシックセンター

冨田 実 アイ クリニック 銀座

安心の5つの特徴• 一貫した診療体制「主治医制」を採用 自らの執刀経験が10万症例を超える院長は世界の学会から日本の白内障、屈折矯正手術の第一人者と認められています。 その院長が自ら患者様のカウンセリング、手術、術後のフォローアップを勤めます。 他のクリニックにはない絶対的な安心を当院は提供いたします。 当院では内容充実の再手術保障制度を採用します。 生涯保障などの長い保障期間は必要なのだろうか?責任を持って治療を行い、責任を持ってケアを行う。 これ以上に安心できるものは無いと考える冨田実アイクリニック銀座では、他の医療機関と保障期間の長さを競い合うことはいたしません。 冨田実アイクリニック銀座では、再手術保障制度を設けることで、責任を持ってケアを行います。 手術によって視力が回復しても、その後の生活環境は人それぞれ違います。 もちろん、手術後の経過にも個人差があります。 だから、レーシック後にもし再手術が必要となった場合は、ご保障期間内であれば無料でお受けいたします。 また、片目につき1回のみ無料とさせていただきます。 最新のレーザーを採用 日本でも最も用いられている最新レーザー機器のFemto LDV、シュインドアマリスの最新(2014年6月発売)、最上位機種が日本初で当院に導入されます。 これらの最新機器の開発にはアドバイザーとして当院院長が係っています。 すべてを知っている当院院長だからこそレーザーの能力を最大限に発揮できます。 冨田実アイクリニック銀座は、2014年6月16日に銀座のメイン通りにOPENしました。 眼科一般診療からレーザー白内障、老眼治療、円錐角膜、レーシック、フェイキックなど最先端の治療に対応できる最新設備を導入して、幅広い眼科治療に対応しています。 2015年1月には、厚生労働省から先進医療の認定施設として認可されましたので、先進医療の対象となる多焦点レンズを用いた白内障手術のご相談も承っております。 特に、レーザー白内障手術やクロスリンキングによる円錐角膜治療は、国内でも限られた施設にしか導入されていないため、関東近県だけではなく全国から多くの患者様にご来院いただいております。 また、地下鉄日比谷線および都営浅草線の東銀座駅から徒歩1分、銀座駅から徒歩3分、地下鉄有楽町線の銀座一丁目からも徒歩5分と、複数の路線が利用できますので、築地、月島、八丁堀、京橋、新富町、新川、日本橋、佃、湊、茅場町など近隣にお住まい、お勤めの方にとって交通アクセスにも優れています。 また、東京駅、新橋からは都営バスも運行しています。 都営バスをご利用の方は、「銀座4丁目」が便利です。

次の

緑内障なら冨田実アイクリニック銀座

冨田 実 アイ クリニック 銀座

安心の5つの特徴• 一貫した診療体制「主治医制」を採用 自らの執刀経験が10万症例を超える院長は世界の学会から日本の白内障、屈折矯正手術の第一人者と認められています。 その院長が自ら患者様のカウンセリング、手術、術後のフォローアップを勤めます。 他のクリニックにはない絶対的な安心を当院は提供いたします。 当院では内容充実の再手術保障制度を採用します。 生涯保障などの長い保障期間は必要なのだろうか?責任を持って治療を行い、責任を持ってケアを行う。 これ以上に安心できるものは無いと考える冨田実アイクリニック銀座では、他の医療機関と保障期間の長さを競い合うことはいたしません。 冨田実アイクリニック銀座では、再手術保障制度を設けることで、責任を持ってケアを行います。 手術によって視力が回復しても、その後の生活環境は人それぞれ違います。 もちろん、手術後の経過にも個人差があります。 だから、レーシック後にもし再手術が必要となった場合は、ご保障期間内であれば無料でお受けいたします。 また、片目につき1回のみ無料とさせていただきます。 最新のレーザーを採用 日本でも最も用いられている最新レーザー機器のFemto LDV、シュインドアマリスの最新(2014年6月発売)、最上位機種が日本初で当院に導入されます。 これらの最新機器の開発にはアドバイザーとして当院院長が係っています。 すべてを知っている当院院長だからこそレーザーの能力を最大限に発揮できます。 冨田実アイクリニック銀座は、2014年6月16日に銀座のメイン通りにOPENしました。 眼科一般診療からレーザー白内障、老眼治療、円錐角膜、レーシック、フェイキックなど最先端の治療に対応できる最新設備を導入して、幅広い眼科治療に対応しています。 2015年1月には、厚生労働省から先進医療の認定施設として認可されましたので、先進医療の対象となる多焦点レンズを用いた白内障手術のご相談も承っております。 特に、レーザー白内障手術やクロスリンキングによる円錐角膜治療は、国内でも限られた施設にしか導入されていないため、関東近県だけではなく全国から多くの患者様にご来院いただいております。 また、地下鉄日比谷線および都営浅草線の東銀座駅から徒歩1分、銀座駅から徒歩3分、地下鉄有楽町線の銀座一丁目からも徒歩5分と、複数の路線が利用できますので、築地、月島、八丁堀、京橋、新富町、新川、日本橋、佃、湊、茅場町など近隣にお住まい、お勤めの方にとって交通アクセスにも優れています。 また、東京駅、新橋からは都営バスも運行しています。 都営バスをご利用の方は、「銀座4丁目」が便利です。

次の