窺う 意味。 伺う(ウカガウ)とは

「伺う」と「窺う」の違いとは?分かりやすく解釈

窺う 意味

伺うの意味• 「聞く」「たずねる」「問う」をへりくだっていうことば• 「訪れる」「訪問する」をへりくだっていうことば 「 へりくだって」ということなので、 謙譲語になります。 例えば 「後で聞く」という内容を相手に伝えたいとします。 この時に丁寧語であれば 「後で聞きます」となります。 これを謙譲語、自分がへりくだることによって相手を立てたい場合は 「後で伺います」となります。 また尊敬語になると 「後でお聞きします」ですね。 種類 言い方 通常 後で聞く 丁寧語 後で聞きます 謙譲語 後で 伺います 尊敬語 後でお聞きします これの語源は、目上の人の様子をうかがいみるという意味があり、その行動自体が相手を敬っているということで「伺う」となったそうです。 伺うの使い方 ここでは、伺うの使い方と例文をみてみましょう。 「聞く」「たずねる」「問う」の意味で使う場合 「覗」• のぞく。 のぞき見る。 うかがう。 こうして見てみると「 伺」だけが訪問するという意味を含んでいます。 だから「訪問する」の謙譲語が「 伺う」というのは納得です。 ただ、「 伺う」も「 窺う」も元々の語源が同じということで、「 伺」の字の意味にも「機会をうかがい待つ」の意味があったり、「ようすをさぐる」の意味があったりするわけです。 それがいつしか使い分けるようになって、謙譲語の場合は「 伺」、こっそりの意味がある場合には「 窺」の字を使用するようになったのです。 そしてタイトルにもあった「ようすを うかがう」の場合は、こっそりの意味がありますので「 窺う」になります。 ただ、現在では「 窺」は常用漢字ではなくなりましたので、法令、公文書、新聞、雑誌などでは使えません。 そのためひらがなで書くというのが今では慣例となっています。 まとめ 今回は「 うかがう」についてまとめました。

次の

伺う・窺う・覗うの意味と違い 様子をうかがうはどれを使う?

窺う 意味

「伺う」「窺う」「覗う」この3つは同訓異義語ですね。 すべて「うかがう」と読む、同じ訓読みを持つ異なる漢字です(異字同訓ともいいます)。 「〇時にうかがいます。 」「お話をうかがって…」など、ビジネスシーンや日常会話でもよく登場する言葉ですが、あれ?どの漢字を使えばいいんだ?と疑問に思う瞬間も多くあるのではないでしょうか。 この機会に、「伺う」「窺う」「覗う」の使い分けをしっかり覚えておけば、そんな悩みをひとつ克服することができます。 1、 「聞く 尋ねる 」の謙譲語 2、 「行く 訪問する 」の謙譲語 謙譲語というのは敬語の種類のひとつで、自分の立場を一段下げることで相手への敬意を表現する方法です。 1番の「聞く 尋ねる 」という意味合いで「伺う」を使うときには、例えば次のようになります。 謙譲語(自分がへりくだることによって相手を立てる)の場合は「内容を伺う」となります。 尊敬語(相手を上げることで立てる)の場合は「内容をお聞きになる」です。 謙譲語は自分がすること、尊敬語は相手がすることについて表現する方法なので、「 私が 内容を伺う」、「 あなたが 内容をお聞きになる」という違いがあります。 「聞く」という単語を敬語表現にするときに、「誰が」という部分の違いで言い方が変化するということですね。 迷ったら、「誰が?」と考えてみると、尊敬語と謙譲語の使い分けがわかりやすくなります。 「聞く」=「 私が 伺う」、「 あなたが お聞きになる」です。 さて、「伺う」のもう一つの場合を見てみましょう。 2番の「行く 訪問する 」という意味合いで「伺う」を使うときには次のようになります。 「14時に伺います」と「14時に参ります」はどちらも同じ意味の謙譲表現です。 「伺う」も間違った使い方をされやすい敬語のひとつです。 よくある誤用は次のようなパターン。 どちらも「相手がすること 動作主=相手 」なので、謙譲語ではなく尊敬語を使うのが正しい言い方です。 ややこしいことを考えたくない場合は、とにかく【「伺う」は自分がすること 動作主=自分 だけに使う】と覚えておけばまず間違いありません。 どちらも「そっと様子を見る」という意味をもっていて、「様子をうかがう」「顔色をうかがう」というようなときに使います。 どちらの漢字をあてはめても間違いではありません。 より詳しく使い分けたい場合には、 「のぞいて様子を見る」という意味のときには「覗う」を使うといいでしょう。 「覗う」は他の読み方では「覗く のぞく 」となるので、覗き見るというニュアンスを含んでいる言葉です。 例文にすると「上司の顔色を【窺う】」「窓から部屋の中の様子を【覗う】」という具合に使い分けると、より適切ですね。 いかがだったでしょうか。 整理してまとめると、次のようになります。

次の

「覗う」と「窺う」と「伺う」の違い!「ようすをうかがう」はどっちが正解?

窺う 意味

伺うと窺うと覗うの違い 伺うと窺う覗うの違いを分かりやすく言うと、 伺うとは目上の人に尋ねること、窺うと覗うは穴からのぞき見るように様子を見ようとすることを意味しているという違いです。 一つ目の「伺う」は「目上の人に聞く、質問する、目上の人のもとを訪れる」という意味を持つ謙譲語です。 「お噂はかねがね伺っております」では聞くの意味、「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」では質問するの意味、「今から伺います」では尋ねるの意味で、それぞれ伺うという言葉が用いられています。 二つ目の「窺う」と三つ目の「覗う」は「穴や隙間などから隠れて見る」ことを意味する言葉で、ニュアンス的な違いはありません。 どちらの字も常用漢字ではないので一般的にはひらがなで「うかがう」と表記されます。 大元の意味は「小さな穴を通じて、相手に見つからないように見る」という意味ですが、壁に耳を当てて隣の部屋の様子を知ろうとすることも「うかがう」と言われます。 壁に耳当てて隣の部屋の様子をうかがうことは、聞こえてきた音から部屋の状況全体を推測することです。 このように「うかがう」には「一部から全体を推測する」「表面的な物事からその奥にある物を推し量る」という意味の「うかがう」もあります。 例えば「熱心な練習からは意気込みのほどがうかがわれる」というような使われ方をします。 また「それとなく探りを入れる」という意味でも「うかがう」という言葉は使われることがあります。 例えば「顔色をうかがう」と言われれば、相手の反応を見ながら探り探り話をするというような状況を思い浮かべることが出来ます。 伺うの意味 伺うとは、 聞く、質問する、訪ねるなどを意味する謙譲語を意味しています。 謙譲語は文法的な役割の一つで、目上の人に対して使い、相手を尊重すると共に自分は謙遜するという意味合いを含む言葉です。 伺うは謙譲語の中で、相手の話を聞く、相手に質問をする、相手の場所を訪れるなどの意味を持つ言葉です。 例えば「お話を伺いたく存じます」では聞くという意味、「お伺いを立てる」では質問するという意味、「今からお伺いすることは出来ますでしょうか」では訪問するという意味で「伺う」という言葉が使われています。 伺うは、「聞く」や「尋ねる」や「訪ねる」の謙譲語です。 知らない人に道を尋ねる時に、「ちょっとお尋ねします」と言うことがありますが、謙譲語を使って表現すると「お伺いしたいのですが」などとなります。 ちなみに、聞くの対義語・反対語の言うには、謙譲語として「申す」がありますが、質問に答えることや、客人を迎えることには特別な謙譲語の表現はありません。 「ご返答する」や「お迎えする」などを使います。 時々、「お」「ご」を付けると全て尊敬語になると考えて、「ご返答いたします」や「お電話差し上げます」は自分を敬っているようでおかしいと思う人がいますが、それは間違った考え方です。 「お」や「ご」は丁寧さを表す接頭辞なので、謙譲語にもなります。 伺うの伺の字を使った別の言葉としては、貴人のそば仕えをすること、そこから転じて目上の人の機嫌をうかがうことを意味する「伺候」(読み方:しこう)、目上の人の機嫌を伺いながら何かを申し上げることを意味する「奉伺」(読み方:ほうし)などがあります。 窺うの意味 窺うとは、 のぞき穴から見るように、こっそりとさりげなく見ることを意味しています。 窺うは覗うと全く同じ意味で、さらにどちらも常用外の漢字なので普通はひらがなで「うかがう」と表記されます。 ただし国語辞書では窺うという表記の方が使われ、覗うを載せていないものもあります。 「うかがう」は小さな穴からこっそりと見ることを意味します。 窺うという言葉に使われている窺の部首は「穴」(読み方:あなかんむり)であることからイメージしてみて下さい。 小さい穴から見ることが出来る範囲は狭く、得ることが出来る情報はごく僅かなものです。 のぞき穴からこっそりと見る人は、僅かな情報から全体像を想像しなくてはいけません。 そのため「うかがう」という言葉は「一部から全体を推測する」という意味を持つようになりました。 例えば「様子をうかがう」とは、態度としては控えめに観察することですが、何をしているかと言えば、手がかりを集めて状況全体を想像、推測しているのです。 また「一部から全体を推測する」という意味が独立して、視覚以外の意味を持つようにもなりました。 例えば聞き耳を立てることなども「うかがう」と表現することが出来ます。 窺うの類語・類義語としては、物陰や小さな穴などから見ることや、高所から下を見ることを意味する「のぞく」などがあります。 のぞくは漢字で窺くと書くこともあります。 窺うの窺の字を使った別の言葉としては、視野狭窄なこと、無知なことをを意味する「管窺」(読み方:かんき)、物事の様子をうかがい知ることを意味する「窺知」などがあります。 繰り返しますが、窺という字は常用外漢字なので、仕様する際は注意するようにして下さい。 覗うの意味 覗うとは、 のぞき穴から見るように、こっそりとさりげなく見ることを意味しています。 覗うは窺うと全く同じ意味で、さらにどちらも常用外の漢字なので普通はひらがなで「うかがう」と表記されます。 ただし、国語辞書では「うかがう」を引くと、覗うを載せていないこともあります。 覗うの除の字は、むしろ「のぞく」という言葉を漢字で表記する時に使われます。 やや古い文章では、「覗き穴」や「覗き眼鏡」、「覗きからくり」などの言葉が使われたりしています。 「のぞく」も「うかがう」と同様に、小さな穴から見ることを意味します。 うかがうの場合にはこっそりと見るというニュアンスがありますが、「のぞく」は望遠鏡や双眼鏡を通して物を見ることに使われる傾向があります。 前述した「覗き眼鏡」は、江戸時代から明治初頭あたりまで親しまれた玩具です。 長崎での外国との貿易で凸レンズが輸入されたことをきっかけにして、レンズ越しに拡大された絵をのぞきこんで楽しむ玩具でした。 覗きからくりはそれを祭りの屋台などで楽しめるようにした、大型のもので昭和の40年頃まで一部では使われていたものです。 また「うかがう」にはないものとして、「のぞく」には「高所から下方を見る」という使う方があります。 「例えばテトラポットの上から海面をのぞく」などのように使われます。 伺うの例文.

次の