アンリ マティス ダンス。 『輝く色彩!』アンリ・マチスの代表作をご紹介します!

アンリ・マティス特集

アンリ マティス ダンス

展覧会のポスターは怒った大衆によって疲れ果てた、そして批評家はそれを安全にすることを急いで、マティスが「彼の才能のために用途を見いださなかった、そして誤った美的教義と理論は彼を惑わした」と宣言した。 しかし、この絵の意味を理解した本物の愛好家がいました — その将来の守護者を含み、後にStein家の一員と共にMatisseが認められた前衛的な指導者から成功した芸術家に変わるのを助けました。 私たちはロシアの商人セルゲイイワノビッチシュチュキンについて話しています。 Schukinはアーティストの重要な作品を非常に多く購入したため、1990年代までMatisseの回顧展の主催者は、その根本的な劣等性を認識することを余儀なくされました。 「ダンスII」という絵は、シュチュキンの注文のためにマティスによって描かれました。 原則として、ダンスの動機の具体化は、マティスにおいて、彼の作品の中で絶えず繰り返されているトピックへの別の魅力ではなく、得られた経験の表現です。 「シュシュキンのために「ダンス」のバージョンを演奏しなければならなかったとき、私は日曜日の午後にムーラン・ド・ラサルに行き、数時間連続してダンサーを見ました。 「仕事の過程で、同じ陽気なメロディーを歌います。 そして、全体の構成はダンスの統一的なリズムに従属しているように見えました。 」 もちろん、リズムはアーティストの筆をコントロールします。 「この構成では、」マティスは続けます、「最初と主な要素はリズム、2番目は濃い青の広い空間、3番目は丘の緑でした。 ローカルカラーの大きな平面のリズムが作曲を盛り上げます。 絵は文字通り聞こえます。 関連記事:• 正方形のナプキンの上に花の花瓶... 「ダイニングテーブル」という絵は、アンリ・マティスの初期の創造性を表しています。 彼は、ほとんどの若いアーティス... マティスと彼の友人アルバート・マルケ、アンドレ・ドレイン、モーリス・ド・ヴランク、そしてジョルジュ・ルノーは1... 「音楽」と一緒に装飾的なアンサンブルを構成する「ダンス」は、モスクワの彼の大邸宅の階段を飾るためにS.... マティスがこの絵を描いたとき、彼は34歳で、彼は点描の明らかな影響を受けていたので、ポール・シニャックはそれに... この彫刻に取り組んでいる間、マティスは偶然に工作物を破壊しました、そして、その破片は彼のキャリアの中で最も物議... 絵は印象派の作品に似ています... 絵画はマティスのワークショップを描いています:スタジオの絵画、彫刻、料理中にランダムに点在しています。 壁と床は... 芸術家の伝記作家、ローレンス・ゴーイング氏は、「裸の女性の身体がマティスの不断の陰謀になった時代がある」と述べ... マティスは帆と水の中に見える反射の下でボートを描いた。 最初は、誰もここに描かれているものを理解できませんでした... 繰り返しますが、静物画は新印象派のSignacの精神で書かれています。 雑多なテーブルクロスで覆われたテーブルの... 創作日:1905年アンリ・マティスは短命の最も著名なメンバーでしたが、20世紀の芸術運動... この静物は完全に異なっています... 設立日:1914年モロッコへの彼の訪問中に、マティスは地元の人々が、いくつかの中毒性の薬を消費した後、金魚の静... 作者自身はこの絵「水浴び」を彼の経歴において最も重要なものの一つと考え、キュビズムへの興味を反映して細部を修正... この絵は1940年秋、マティスがパリを離れてドイツ人によって占領されたニースで描かれました。 彼女は作家の単純化... 絵画「マダムマティス」は1907年に芸術家によって描かれました。 ここで彼は彼の妻... 「赤ん坊とナシのマドンナ」... 70年代後半から80年代前半にかけて、ギュスターヴ・カイボットは街並みを描いた一連のキャンバスを演奏し、その中... この作品は、もちろん、カラヴァッジョ後期の最大の作品です。 同時に、それは最も憂慮すべきように見えます。 イメージ... フランスの印象派の創設者、クロード・モネ、彼の友人と同僚は、その名字が一文字だけ異なっていた、エドゥアール・マ... アレクサンドラStruyskayaの肖像画は、間違いなくすべてのロシアの肖像画の中で理想的に美しい女性の最も素... 驚くべき変貌は時々芸術家と共に起こります:初期の作品は成熟したものと遅いものとで根本的に異なります:スタイル、... 彫刻「バビロニアの娼婦」... 今日の若者の何人が、そのエピストリーのジャンルが何であるかを知っていますか?そして彼らが知っていれば、彼らはし... 美術館に属する。 「人生の美しさと喜び。 この喜びの移転は、絵画、私のキャンバスの断片、私の自己の本質です。 アート、友情、太陽、川... この絵は1577年の火事の間にひどく傷つけられたドゥカーレ宮殿の大ホールの壁を飾るためのものです。 Paolo... 絵画ロウェナモリル... 1798年に、新しいタイプの彫刻、すなわちリソグラフィが発明されました。 1830年代に登場したカラーリソグラフ... もちろん、Hogarthは風刺シーンに限定されていませんでした。 エビを持つ少女は、フランスハルスの登場人物の近... 子供を持つ母親の非常にエレガントで洗練されたグループの肖像画。 その女性はとても美しく、なだらかで落ち着いた顔、... プッサンは才能と豊かなドラフトマンでした。 彼が作った約450点の絵が私たちに降りてきました。 もちろん、いったん... アメリカのフォトリスト、Will... 人間の痕跡がない風景、彼の時代のムンク「暴風雨と猛攻撃」もあります。 これはそのうちの一つです。 もちろん、これは... パオロヴェロネーゼ「火星と海王星」による絵画。 絵の大きさは250... イタリアで描かれた絵。 Vittore... ダンスII — アンリマティス.

次の

アンリ・マティスの作品で自分だけのオリジナルアートTシャツが作れます【TMIX×ART第5弾】

アンリ マティス ダンス

一見自然な描写のようですが、マチスはすでに印象派の影響と、フォーヴィズムへと続く強い色彩と単純化に向かいつつある頃の作品です。 しかしサロン審査員を納得させるために、画力を見せる必要があったので、マチスはテーブルの果実、ガラスの表現などあえて写実的な表現を残して描いています。 サントロペの海岸や、松の木などいくつかのモチーフをデッサンしたものを、紙の上で再構成して描かれました。 1902年以降マチスは新印象主義の画家ポール・シニャックの強い影響を受け、彼のもとでこの作品を描きました。 シニャックは線を否定していましたが、皮肉にもこの作品でマチス自身には線は重要で、自分には点描は合わないと自覚します。 しかしシニャックはこの作品を気に入り購入しています。 ドランらと共に展示されていたこの作品の、鮮烈な色彩と大胆なタッチを見た批評家ルイス・ボークセルズが放った言葉からそう呼ばれるようになりました。 それまでの印象派的な色彩分割から一歩進んだ記念碑的な作品でもあります。 対象の色と全く関係なく、輪郭を示す線も使わず、現実の模倣を捨てて感覚による色彩のみで表現することで絵画の自律性をしめしています。 マイケル・スタインによって購入されています。 1905年の夏にコリウールに滞在したときに描かれたもので、「帽子の女」と共に同年秋のサロン・ドートンヌに出品されました。 窓枠、壁、海とヨットにいたるまで固有の色とは無関係に配色され、ここでも色彩は赤と緑の対比が強く印象付けられています。 その双方の様々なトーンが対立しあったり引き合ったりと純粋な視覚的面白さが特徴といえます。 この絵でも布の装飾性や平面性を利用して独特の色彩構成と雰囲気を画面に与えています。 この構図からはセザンヌの影響が見て取れます。 しかしこの頃は画面全体が平面性を求めつつも、布のひだや長椅子に覆われた布が、依然遠近法的で三次元的奥行きを暗示しており、まだ途中の段階であることが分かります。 まず目を引くのが鼻筋に入った緑です。 形は単純化され大胆な色の配色が印象的ですね。 緑色の線で顔の中心を分けら左側が暖かな色調、右側が暗い影を感じる色調で描かれていますが、その表情は反対に左側が冷たくきつい表情、右側が穏やかな表情に見えます。 夫人をモデルに人間の多様な内面を表現しているのかも知れません。 しかしピカソはこれに衝撃を受け、かの『アヴィニヨンの娘たち』を制作したと言われており、マチスにとっても記念碑的な作品です。 この作品は、後に描かれる代表作「ダンス」の原点とも言われ、それをうかがわせる人物群が中央奥に描かれています。 実はこの作品は、もとは緑の部屋でした。 しかしシチューキンから青にするよう言われて描き直され「青のハーモニー」としてサロン・ドートンヌに出品されましたが、これに不満だったマチスが再度赤で塗り直して「赤いハーモニー」となったといわれていますが諸説あるようです。 シチューキンはあまりの大胆さから一度は受け取りを拒否しますが、結局はモスクワの18世紀風の邸宅に飾られました。 このころマチスは複数の裸体を平面的に処理して大画面を構成するということを考え続けており「生きる喜び」などにも関連した作品です。 数多くの習作を経て完成しました。 わずか4色で大胆に配色され、青とオレンジの補色を使って強い印象を与えています。 人物は太い輪郭線でしなやかに表現され、動きは軽やかでまるで空中を飛んでいるようです。 以来金魚はマチスにとって心の平安を象徴するモチーフとなり、しばしば作品に登場するようになります。 そのため画商からは「金魚の巨匠」と呼ばれていました。 この絵では、金魚の鮮やかな赤色と水槽を取り囲む葉の緑が好対照となって、より強い印象を与えています。 また背景の装飾的に描かれた花やテーブルのピンクと葉や柵の薄い緑、水色などが対照となっています。 補色についてはも合わせてご覧ください。 画面は3つのパートに分割していますが、背景の黒が全体を絞め、また3部分すべてにある丸形によって画面がバラバラにならずにリズムと統一感を与えています。 ピンクや黄色などの暖かく明るい色と背景の黒のコントラストが、北アフリカの強い日差しを物語っているようにも思えます。 画面左下が一見すると単純化されすぎて分かりづらいですが、祈りを捧げるモロッコ人たちです。 左上の部分には建物やメロンの木が描かれ、北アフリカのカスパへの入り口を示しており、右部分は装飾的な表現で具体的に何が描かれているかは定かではありません。 「オダリスク」とはハーレムの女性のことです。 絨毯や壁紙などイスラム芸術の影響から、装飾的でオリエンタリズムの影響を強く受けていたことがうかがえます。 背景は壁紙によって色面分割され、屏風の反復する幾何学的な模様が装飾的かつ平面的であるのに対して、女性の誘うようなポーズと体だけ陰影による肉付けが用いられ官能的な作品となっています。 赤、緑、青、黄の四色がほぼ均等に用いられ、黒と肌色が補助的に用いられています。 赤と緑は定番の補色ですが、青には黄色で対をなしています。 色相環ではオレンジが補色になりますが、感覚的にはオレンジだと少し暗く感じられるのでマチスは青に黄色を対称としてよく用います(ゴッホやフェルメールなども得意とした組み合わせです)。 この完成作にいたるまでの、下絵の進展の様子が数枚の写真として残されており、その間マチスが様々な構図を試し、工夫していたことがうかがえます。 マチスはこの作品を描くために9か月に及ぶ試行錯誤を繰り返しました。 マチスは「これしかない!…と人に言われたくて私は何年も仕事をしてきた」と打ち明けているように、顔や張り出した肩、刺繡の大きさなどを幾度も変え、単純化と洗練さを目指してこの作品に行き着いたのです。 ここでいう王とは誰の子とかは定かではありませんが、研究者の間ではダヴィデかソロモンといわれています。 中央にギター、左右に緑と白に黒の人物らしき形が見えるほか、すべて装飾的な模様で、まさに楽し気な音楽が聞こえてきそうな色彩のリズムに溢れた作品です。 この他のマチスに関するお勧め記事.

次の

ダンス寿司-びじゅチューン!モデル(元ネタ)作品解説・放送内容・動画

アンリ マティス ダンス

アンリ・マティスは、1869年フランス北部のル・カトー・カンブレジの商店の子としてに生まれる。 子供時代のマティスは絵にあまり興味がなく、将来は法律関係の仕事に就きたいと考えていたようだ。 しかし、体があまり丈夫ではなく、特に胃腸が弱かったことで一年間の療養生活を経験した。 その時に母親が気晴らしのために買い与えた油絵道具一式が彼の人生を大きく変えたのである。 風景や、静物を描くうちに次第に絵の魅力に取りつかれ、やがて画家になることを決心する。 1891年、絵画の勉強をするためにパリに旅立つのだが、父親は苦々しい思いで息子を見て「パリで飢え死にすることになるぞ」と言ったという。 その後のパリでの生活は父親が予見した通り貧窮にあえぐ生活が続いた。 そうした彼を支えたのは 学生時代に知り合って結婚した妻アメリーだった。 明るい性格のアメリーは服飾店で働き生活費を稼ぎだしマティスはポスト印象派の作品研究に没頭することが出来たのである。 1905年、パリの美術展で「もっとも醜い絵」と酷評する批評家もいたが、荒々しく「野獣的」との表現が多くの人の興味をひき、マティスの名は広まった。 マティスの自由で開放的な作風が、先進的なアメリカ人やヨーロッパ人に受け入れられて、その独特な色彩感覚と平面的な構図が楽しくて明るい斬新な作品として多くの人の評判を得ることとなったのである。 画像をクリックして下さい。 赤の調和・赤い部屋 1908年 会話 1908年 エトルリアの壺のある室内 1940年 大きな横たわる裸婦 1935年 黄色いドレスとチェックのドレスの女性 1941年 模様地のなかの装飾的人体 1925年 夢 1940年 金魚 1912年.

次の