大谷 翔平 目標 達成 シート。 大谷翔平が高校1年生のときに作成「目標達成シート」に驚き

大谷翔平の目標達成シート(エクセル)例、ビジネスにも使えます!|red hot!

大谷 翔平 目標 達成 シート

目標達成シート「マンダラチャート」とは?• マンダラチャートの使い方• マンダラチャートの活用方法 大谷翔平を「怪物」にした目標達成シート「マンダラチャート」とは? 現在の大谷翔平選手の強さを実現した目標達成シート「 マンダラチャート」について説明する前に、まずは大谷翔平選手のプロフィールについて簡単に紹介します。 プロ野球史に名を残す選手「大谷翔平」とは? 大谷翔平選手=2019年5月10日、米ボルチモアでKeith Allison氏撮影/Wikipedia Creative Commons 非常に稀な 投手と野手の二刀流として活躍するプロ野球選手・大谷翔平選手。 1994年7月5日生まれ、193センチ。 岩手県奥州市出身で、県内の花巻東高校に進学し甲子園にも出場しました。 高校卒業後はドラフト1位指名で北海道日本ハムファイターズに入団。 入団翌年の2014年度には、プロ野球史上初めてとなる10勝・10本塁打を記録。 2018年には、メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに移籍し、移籍後は3試合連続で本塁打、2ケタ三振の両方を同一シーズンで達成しています(史上3人目)。 日本のプロ野球だけでなく、メジャーリーグでも「怪物」っぷりを発揮している大谷翔平選手。 日本だけでなく世界が注目する、まさに世界の球史に名を残すであろう野球選手です。 大谷翔平選手に「マンダラチャート」を教えた恩師・佐々木洋氏 大谷翔平選手がここまでの「怪物」となったのには、花巻東高校時代の監督・佐々木洋氏が大谷翔平選手に与えた「 目標達成シート」が非常に重要な役割を果たしたといわれています。 下図が、大谷翔平選手が高校1年の時に書いたマンダラチャートです。 マンダラチャートを利用するメリット 「 マンダラチャート」とも呼ばれる目標達成シートは、株式会社クローバ経営研究所・社長の松村寧雄氏が考案したフレームワークのこと。 マンダラチャートを利用することで、• 目標が明確になる• 目標を達成するために必要な項目がわかる• コミットしなければいけないことが可視化される などのメリットがあります。 マンダラチャートの書き方・使い方の3ステップ 次に、マンダラチャートの書き方について紹介します。 マンダラチャートは以下の3つのステップで作成します。 STEP2.真ん中から1マス離れた8マスに「成し遂げたいこと」を達成するために必要な「要素」を書く• STEP3.「8つの要素」を得るために必要な「8つの行動目標」を書く それぞれのステップごとの詳細を、大谷翔平選手の活用方法を例に順を追って解説します。 マンダラチャートは非常に構造が単純なフレームワークであるため、ぜひ本記事を機に覚えてくださいね。 先にマスを作っておくと、後々の目標記入などがやりやすくなるため、最初にやっておきましょう。 なお、テンプレートを利用することで、マスを作成する手間を省けます。 「自分の成し遂げたいこと」を書く• 真ん中に記入する目標は「定量的/定性的」どちらでもOK• チームでマンダラチャートを用いる場合は「全員が挑戦できる」「数値化しやすいもの」を目標にすると、今後の項目記入がしやすくなる STEP2.真ん中から1マス離れた8マスに「成し遂げたいこと」を達成するために必要な「要素」を書く シートの真ん中に「成し遂げたいこと」を記入したら、 周りのマスに「成し遂げたいこと」を達成するのに必要な要素を書いてきましょう。 マンダラチャートに記入するときは、左上のマスを始点に「 重要だと思う要素から時計回り」で書いていくことがポイントです。 大谷翔平選手の場合は「8球団からドラフト1位指名」を成し遂げるために、「体づくり、コントロール、キレ、スピード、変化球、運、人間性、メンタル」といった8要素を設定しています。 成し遂げたいことが達成されるためには、複数の要素が絡み合ってできていることがほとんどです。 その複雑な要素を洗い出し、いったん整理できることがマンダラチャートの利点だといえるでしょう。 もし8個以上思い浮かんでしまうのであれば、 優先順位をつけ取捨選択をします。 自分に足りていない要素を優先的に洗い出すことで、自分の弱みを最速で補うことができる点もマンダラチャートのメリットです。 仕事の目標などの場合は「心・技・体・生活」の要素を満たすことを心がける• 「自分」だけでなく「他者の視点」を含めて、8つの要素を洗い出す 例:「部署にどう貢献するか」「社会にどんな影響を残したいのか」「他の人にどんな振る舞いをするのか」 STEP3.「8つの要素」を得るための「8つの行動目標」を書く 中心に書いた目標を達成するために必要な「要素」を得るためには、同じように複数のことを「努力する」必要があります。 行動目標を設定する際は、 数字や期日などを意識すると目標としての精度が高くなるはずです。 8要素を身につけるための行動目標をそれぞれの要素に設定していくと、 合計64個の「ToDo」が明確になります。 以上で、マンダラチャートは完成です。 行動目標には、可能な限り数字や期日などを定める• 行動目標は「期日行動」「ルーティン行動」の2種類で設定する• 技術やスキルを身につけることを目標とする場合は、「ルーティン行動」を目標設定する このように、マンダラチャートでは中心の「成し遂げたいこと」に対して、64個の「ToDo」に分解することができます。 分解した64のTODOを続けることで、理論上では「成し遂げたいこと」への道が確立されるのです。 大谷翔平選手はマンダラチャートに自らが記した要素すべてを手に入れ、高卒ルーキーとして日本のみならずメジャーでも活躍できる存在となりました。 マンダラチャートを作成しただけで満足せず、達成するために必要なことを地道に行いましょう。 マンダラチャートを作成するときの3つのポイント いざマンダラチャートを作成しようとしても、思ったように作成が進まないこともあるでしょう。 次に、マンダラチャートを作成するときの3つのポイントを紹介します。 1.すべての項目を無理に埋めなくてもよい マンダラチャートを作成するときには、「マスが埋まらない……」ということも少なくありません。 何を埋めたらいいのかわからない場合には、 無理に埋めなくてもOK。 なんとしてでもすべてのマスを埋めようとして、無意味なことを付け足しては、目標達成への遠回りをすることになったり、ムダな努力をすることになったりしてしまいます。 現時点で自分が必要だと思う要素だけを記入し、 行動していく中でさらに必要だと思った内容を追記するようにしましょう。 2.仕事・プライベートなどテーマごとにマンダラチャートを変える 達成したい目標が複数ある場合は、 テーマごとにマンダラチャートを変えることがポイントです。 例えば、仕事での目標、プライベートでの目標はそれぞれ別のマンダラチャートを作成するといいでしょう。 しかし、あまりにもマンダラチャートを作成しすぎると、注力するべきTODOが多くなりすぎて、結局どれも達成できなかった……ということになりかねません。 仕事での目標の場合「営業スキルを上げる」「マネジメントスキルを上げる」「ビジネスマナーを身につける」などそれぞれマンダラチャートを作成するのではなく、「デキるビジネスマンになる」を目標にし、それに必要な要素を8つ洗い出すことがおすすめです。 3.達成するために定量化し、期日を決める マンダラチャートで、目標や行うべきことが明確になりました。 しかし当然、何も行動しなければ目標達成することは叶いません。 目標を確実に達成するためにも、64のTODOを 定量化し、達成するときの 期日を決めておくことがおすすめです。 マンダラチャートの中に期日を入れておくと見にくくなってしまうため、別の紙に期日別にTODOを書き出しておくのもいいでしょう。 マンダラチャートの使い方は「目標達成」だけじゃない! マンダラチャートは目標達成のために使うシートだと思っている方も多いでしょう。 しかし、マンダラチャートは、 問題解決や情報整理のためにも使えることをご存知でしょうか。 次に、マンダラチャートの活用方法について紹介します。 「問題解決」「情報整理」「情報伝達」「発想整理」にも使える マンダラチャートは、中央に書く内容を変えるだけで、様々な使い方ができます。 真ん中に「解決したい問題」を置けば「問題解決」としてのマンダラチャートになり、真ん中に「評価したいもの」を置けば「評価チェックリスト」としてのマンダラチャートとして機能します。 自分の頭の中で展開したことを書き留めるという点で、マンダラチャートはマインドマップと似ていると感じる方もいらっしゃるでしょう。 しかし、マンダラチャートは展開する要素を必ず8個に収めなければならないため、後で見直したときに雑然としたものになることがデメリットです。 マインドマップが直感で理解するのに対し、 マンダラチャートは論理的な理解ができることが特徴だといえるでしょう。 マンダラチャートを活用できるおすすめアプリ「72Action」 「まずはマンダラチャートを試しに使ってみたい!」という人におすすめなのが「」というアプリです。 アプリでマンダラチャートをチェックできるため、すぐに「64個のTo Do」を確認することができます。 無料でダウンロードできて、使い勝手もいいと評判のため、ぜひ活用しみてください。 また、アプリに頼らず、あえて手書きすることで目標を強く自覚するのもいいでしょう。 手帳やテンプレートなど、自分が必要な時に見返しやすい方法で作成しましょう。 マンダラチャートを日常の様々なことに当てはめることで、自分が今何を考えているのか、何をすればいいのか具体的に理解ができるようになります。 テンプレートも活用しつつ、ぜひ一度マンダラチャートを作成してみてはいかがでしょうか。 マンダラチャートを仕事にも活かそう.

次の

大谷翔平の目標達成シートに学ぶ目標設定5つのポイント

大谷 翔平 目標 達成 シート

自身もシーズンMVP、投手および指名打者の2部門でベストナインを受賞するなど、今や日本を代表するプレーヤーとなったプロ野球・大谷翔平選手。 高校入学当時は「まさか自分が160キロを投げられるなんて思っていなかった」と語る彼が、どのようにして目標を達成してきたのか、その方法や重要ポイントに迫ります。 それを書くことによって目標を明確化して、いつまでにやらなければいけないということをしっかりと考えながら取り組むことができるので、ぼんやりと思い描くよりは目標に近づきやすいと思います。 僕は目標達成表をすぐに見られるように部屋にも貼っていましたし、あとは全員がトレーニングルームの天井に貼っていましたね。 「毎日バットを振る」というよりは、「毎日何分間」「毎日何本振っていく」など具体的なことですね。 そのくらい明確でないとちゃんとこなせないんじゃないかなと思います。 大谷実は僕も最初、160キロ投げられるとは思っていませんでした。 当時はプロでさえ日本人で160キロを投げるピッチャーは佐藤由規さん(東京ヤクルト)くらいしかいなかったので、「まぁ、無理だろうな」と。 でも、監督やトレーナーが「できないはずはない。 トレーニング次第で絶対に投げられるようになる」と言ってくださったので、「じゃあ、どのくらいずつ球速を上げていけば届くのかな」と考えるようになりました。 そういう単純計算することも目標設定のうちに入ると思うんですね。 それで「1年間で5、6キロずつ上げていけばいいのかな」と考えることで、自分でも「なんかできそうだな」と思えるようになりました。 大谷最後、試合に勝つか負けるかの微妙なラインはそういう「人間性」や「運」などの微妙なところで左右されるのではないかと思うので、常にそういった部分をしっかりやっていけば、大事な場面になった時に思い切ってやれるんじゃないかというのはあります。 それがあるかないかでは、パフォーマンスも全く違ってくると思っています。 僕は誰よりもしっかりと野球に向き合い、練習に取り組んできたという自信がある。 そこは誰にも負けていないと思っていつもプレーしています。 それに、野球だけができればいいという問題でもないと思っていますし、これから生きていくうえで、ずっと大事になってくる、必要になってくる部分かと思っています。 大谷はい、よく言われましたね。 やっぱり楽しくても正しくないことって沢山あると思いますし、楽しい方向に進んでいくことは結構簡単なことだと思うんです。 逆に正しい方向に進んでいくことは、すごく大変で難しい。 だからこそ、しっかりと自分自身で制御して、正しく行動できるかどうかということがすごく大事だと思っています。 これはもう高校の時からずっとですね。 そこで戻って拾えるかどうかの差が練習にも出てくるのではないかと思っています。 今はトレーニングした日は10時ですとか10時半に寝ます。 1時間、2時間死ぬ気で頑張ったトレーニングの成果が返ってくる割合をなるべくその日のうちに100%にしたいという感じですね。 大谷はい。 結構、緊張するタイプなので、映画を見たり、本を読んだりしてリラックスしています。 何もしないよりは勉強にもなりますし、映画を1本観たり、本を1冊読むことで、また違う考えが出てきたりするので、パフォーマンスにもつながればと思っています。 そういう時はどのようにして次に進まれてきたのでしょうか? 大谷負けた日もそうですが、1週間、2週間はやっぱり落ち込みますね。 今シーズン優勝していなかったら、それもまた落ち込んでいたと思うんですけど、それをどうやって次につなげるかということが大事かなとは思います。 僕は無駄な試合や無駄な練習というのはないと思っているんです。 頑張って何年続けても結果が出ないという練習の仕方というのは確実にあると思うんですが、それを失敗だと気づいて違うことに取り組めば、そこで1個「発見」があって、それがどんどん成功につながっていくのかなと思っています。 僕はまだ、自分を「成功者」とは思っていないんです。 むしろ「失敗」と「成功」を繰り返している段階ですし、それをいろいろ試して次につなげていこうと考えています。 おそらく、これは現役中ずっと続くんでしょうね。 そうして、最後に現役を終えた時に「これが良くて、これがダメだった」ということを、次の世代の人たちに伝えていけたらと思っています。 あの時は、どういうふうに夏へつなげていったのでしょうか? 大谷本当に悔しくて、その時の新聞を自分の部屋に貼りました。 やっぱり「春は春だ」で終わりにはしたくなかったんです。 「負けて良かった」なんて思ったことは1回もないですし、悔しい気持ちが次に向けてのモチベーションにはなったと思います。 それでもやり続けてきた理由は何だったのでしょうか? 大谷人それぞれの意見があるので当然かなと感じていました。 僕自身は、失敗したら失敗したでいいかなっていう 笑。 僕の中ではそれくらいの感覚ですね。 それもいつか僕にもつながると思いますし、その後の子たちのいい材料になるんじゃないかくらいの気持ちでやっていますね。 いい成功材料として取り扱われれば、それはそれで一番幸せなことですけど。 2つやることをやめて、1つに絞って成功すれば、それはそれで成功だと思いますし、2つやっていたからこそ成功するかもしれない。 そう考えれば、2つやることが失敗とは単純には言えない気がするんです。 大谷競技に限らず、色々な分野ですごい選手がどんどん出てきてくれたら、みんなワクワクすると思いますし、僕もワクワクすると思うので、一緒に頑張って盛り上げていけたらなとは思っています。 僕からアドバイスなんてものは言えませんが、なるべくできることは2つ並行しながらやるように心がけています。 例えば、お風呂に入りながら本を読むですとか、時間は限られているのでうまく使っていきたいなと思っています。 その時にどう思っているかにもよりますが、将来も野球に関わりたいという気持ちもあるので、少なくとも自分がやってきたことについては何か残したいとは思っています。 大谷 翔平 選手 小学3年から硬式野球を始め、私立花巻東高校に進学。 同高2年夏、3年春と2度甲子園に出場するも、いずれも初戦敗退。 2013年にドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。 1年目から投手、野手の両方で起用され、2015年は最多勝、最優秀防御率、最高勝率の投手部門3冠を獲得。 2016年は打者としても自己最多の22本塁打を記録し、投打にわたってチームの10年ぶり日本一に貢献。 パシフィック・リーグ最優秀選手のほか、ベストナインにも史上初めて投手と指名打者の2部門で選ばれた。 「2016日本通運クライマックスシリーズ・パ」ファイナルステージで記録した球速165キロは日本球界最速。 193センチ、92キロ 右投左打 始めよう!アスリートライフスタイル! アスリートライフスタイルは夢を描くことや目標を立てることから始まります。 目標設定ができてはじめて、それを達成するためにやるべきことを考え、自らのアスリートライフスタイルを築くことになります。 目標設定において大切なことは、大谷選手が話していた「ぼんやりと思い描くのではなく、期限と数字をしっかり入れる」つまり、具体的で明確な目標を立てることです。 また、パフォーマンス向上のためには「人間性」も左右するのでは︖という大谷選手の言葉からも、単に練習をすることだけでなく様々な角度からパフォーマンス向上に必要な要素を考えることも大切です。 大谷選手のお話を参考に、長期・中期・短期で目標を立て、アスリートライフスタイルを実践してください!.

次の

大谷翔平の目標達成シートで営業成績を上げる!テンプレートあり

大谷 翔平 目標 達成 シート

2018年のスポーツ界で素晴らしい功績を残した選手と言えば、MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属の 大谷翔平選手であることは、間違いないと思います。 そして国内でも箱根駅伝で5連覇の掛かった 青山学院大学も素晴らしい成績を残している。 残念ながら日本サッカー界では世界的に偉大な記録を残した選手は、2018年にはいなかったが、今後は多くの希望がある。 この2つの選手(達)は、とてつもない記録を打ち立てている。 大谷選手と言えば 二刀流でMLBに名を轟かせ、新人王にもその名を残しました。 あの野球の神様 「ベーブ・ルース」以来となる、シーズン中に2桁本塁打と投手として2勝以上を達成したこは、 97年ぶりの快挙であるのは、記憶に新しい。 誰もが投手か打者かのどちらかを選択しなければ無理だと言っていましたが、そんな世の声も吹き飛ばし、目標を達成しています。 また、 箱根駅伝4連覇の青山学院大学。 来年は5連覇の掛かった年になります。 歴史的には、6連覇の中央大学、5連覇の日本体育大学のがありますが、ここに迫りくる勢いの青山学院大学でもあります。 双方の若いエネルギーは、偉大な記録を作ったという共通点がありますが、その他にも興味深い共通点がありました。 目標管理シート 大谷選手と青山学院大学の共通点は、目標管理シートである。 ただ目標を掲げるのではなく、 半歩前の目標を具体的に設定し管理するのである。 大目標を中央にそれを達成するための8つの具体的な目標を掲げ、その8つを達成するための8つのアイディアを出していくという方法。 スポーツニッポンが花巻東高校時代の大谷翔平選手のマンダラートを記事にしてたことがあり、話題になりました。 その完成度は現在の大谷選手を見たら納得できる物となっている。 その大谷翔平選手のマンダラートがコチラ👇 (出所)スポーツニッポン 高校1年生でこの完成度。 圧巻です 青山学院大学の目標管理シート 青山学院大学は、 目標管理シートは、マンダラートに比べると シンプルなものですが、その内容は、具体的で 半歩前の設定になる。 現状からかけ離れた目標では、モチベーションも下がるので、少し手に届きそうな目標にしてある。 そもそも、指揮を執る 原晋監督が目標管理を定着させたのである。 原監督は、ビジネスマン時代に素晴らしい営業成績を残しており、その時、目標を達成するのに目標を管理しながら営業し 「伝説の営業マン」と呼ばれるまでになったそうです。 目標管理シートは、ビジネスで頻繁に活用されたツールでもあるのです。 原監督の考えは、学生たちが大学を卒業し、 社会に出て仕事をしていくときにも 自らの目標を管理することが必要であると言うことも含めてこれらを学生に指導しているようです。 指導者として本当に素晴らしい考えをお持ちの方です。 青山学院大学の生徒たちは、監督に練習させられている印象はなく、自ら打ち立てた目標・課題をクリアするために進んで練習している印象でした。 目標も、 「タイムを2秒伸ばす」などとても具体的なものを、 練習に出る前の玄関や見えるところに貼っていました。 一般社会でも 目標を用紙に見えるものにしなくても、皆さんは頭の中でやっている作業であると思いますが、それらを整理し可視化することで脳にフィードバックすることができる。 哺乳類でも人間が特別進化を遂げてきたのは、このようにして 「書いて残す」ことが特別な能力であるので、この能力を存分に利用するほかありません。 私自身、リハビリテーションの世界に身を置かしてもらってるのですが、リハビリテーションでも各患者それぞれに治療の目標計画を立てます。 長期目標と短期目標を立てるのですが、短期目標は2週間くらいを目途に目標を立てていきます。 具体的な関節の角度・筋力の数値、また、出来る動作とできない動作を数値化してそれらを改善します。 目標を立てるにあたっては、文献や論文を元に目標達成が可能なものかそうでないかを吟味しながら具体的に行っていきます。 医者や看護師といった他の専門職も同じような作業を行っている。 目標を立てそれを可視化することが、社会に出ても重要なスキルなのでこれらのことが、習慣化できればしっかり自立できます。 ジュニア世代から習慣化すれば素晴らしい大人になれると思います。 サカクル 目標管理シートとマンダラート 今日はサカクルから、目標管理シートとマンダラートの無料ダウンロードを提供します。 新年から新たに目標を掲げ、より良い選手になっていきましょう。 中央の 黄色い部分に大きな目標を掲げ、それを達成するために必要なことを8つ書きます。 その8つを外側の枠の灰色に記入し、それを達成するために必要なことを書いていく。 目標を達成するためにマスを埋めていくのですが、 緑色の部分に書くことは、他の目標を達成する項目と 重複しても構いません。 灰色に記入する目標は、 重複しないようにしてください。 大谷翔平選手のマンダラートを参考にするのも良いと思います。 小学生の低学年には少し大変な作業になるので、 高学年くらいからがおススメです。 また、スポーツだけに限らず他の分野にも利用可能になります。 マンダラートのマスはA4用紙では小さいので、 A3に拡大するほうが記入しやすいです。 私は、自宅でA4をプリントアウトした後、コンビニで拡大コピーしました。 目標管理シート 目標管理シートは 長期目標と短期目標を書くようになっています。 長期目標は、ざっくりとしたものでも良いのですが、 短期目標は、細かくより具体的に記入しましょう。 例えば、 長期目標 DFとしてボールを奪う能力をあげる 短期目標 ドリブル相手の敵から、すぐに足を出さないで相手からボールが離れたら体を入れる。 3週間で習得する と言うような具合に、記入しましょう。 短期目標はより具体的に、期限を設けるのも良いです。 長期目標はもっと大きなものでも良いと思います。 また長期目標を決めきれなければ、短期目標のみでも良いです。 しかし、短期目標は、必ず具体的な内容で記入しましょう。 また 字はできるだけ大きく書き、意気込みを文字に注入してください。 こちらも A3で拡大コピーすると見やすいと思います。

次の