岸恵子 娘。 岸恵子の今現在と若い頃。年齢,自宅,娘,孫,夫旦那,韓国人って?

トヨタ元取締役、岸恵子の不倫暴露が社内で話題? 過去にも社内不倫で出世逃す

岸恵子 娘

テレビドラマでは「赤い疑惑」や「赤い激突」、映画でも「約束」や「君の名は」などに出演していた女優の「岸恵子」さん。 プライベートでは、1957年の映画「忘れえぬ慕情」の撮影がきっかけで、フランス人の映画監督イヴ・シャンピさんと結婚していますが、二人は1975年に離婚しました。 そうして離婚から7年後の1982年10月5日、シャンピさんはパリの自宅で心臓発作のために急死したのです。 名前:岸恵子(きしけいこ) 生年月日:1932年8月11日(87歳) 職業:女優、文筆家 所属:舞プロモーション 出生地:神奈川県横浜市神奈川区 学歴:神奈川県立横浜平沼高等学校 Sponsored Links 岸恵子さん(当時50歳)が、横浜の実家で思いもかけない悲報を聞いたのは、1982年10月5日の夜のことでした。 前の晩に電話してきた麻衣子から、また電話がかかってきたんです。 おかしいな、何かあったのかなと思ったけど、「ママ、仕事で疲れてない?」とか、なかなか用件を言わないんです。 とその時のことを語った岸さん。 ようやく話し出した一人娘の麻衣子さんの言葉に、岸さんは一瞬耳を疑いました。 ママ、パパが急に心臓病で倒れて、それで… どうしたの?それでどこへ入院したの?麻衣子、パパの容態はどうなの? パパが死んでしまったの… あまりに突然の出来事に、岸さんは言葉を失ってしまいました。 「ママ、大丈夫!?私は大丈夫よ。 心配しないでね。 ママの代わりに、私がちゃんとするから。 パパは微笑を浮かべて、とってもきれいな死に顔だったのよ。 ママに、あの顔を一目見せたかった… 麻衣子さんの健気な言葉に岸さんは胸をえぐられる思いだったのです。 岸さんが最後にシャンピさんと会ったのは、来日する1週間ほど前の9月末でした。 シャンピさんが4、5年も前から企画していた映画「傷あと」が実現することとなり、俳優やシナリオライターが集まってパーティーを開いたのです。 その映画に女医の役があり、シャンピさんはジョークで、「ケイコ、引き受けてくれないか?」と言ったりしていました。 シャンピさんは医学博士号を持ち、パリの病院で助手をしながら好きな映画の勉強をして、監督になった変わり種だったのです。 医療問題をテーマにした作品も多く、代表作に「頭上の脅威」などがあります。 18年間の結婚生活中、一度も病気したことがなく、健康には自信を持ってたんです。 その彼が急死したなんて、今でも信じられません。 最後に会ったときも意欲満々で、とても元気そうだったのに…せめて念願の映画を撮り終えるまで生きていて欲しかったと思います と岸さんは話しました。 岸さんが来日したのは10月8日。 NHKテレビ「夕暮れて」(1983年)と、1983年秋公開の東宝「細雪」に出演するためでしたが、当時ソルボンヌ大学の現代文学科1年に通う麻衣子さんはパリに残していたのです。 二人は1975年に離婚したものの、シャンピさんとの交流はその後も途切れることはなく、岸さんはフランス人の妻がいるシャンピさんの家へは行きませんでしたが、麻衣子さんは父親を慕ってよく出入りしていました。 また、シャンピさんが岸さんのアパルトマン(セーヌ川に浮かぶサン・ルイ島の高級住宅地)へ来て、一緒に食事をすることもあったのです。 岸さんとシャンピさんの出会いは1956年の日本とフランスの合作映画「忘れえぬ幕情」で仕事をしたことが馴れ初めでした。 シャンピさんが来日して岸さんを主演女優に起用、その後、二人の関係は深まり、翌年(1957年)5月、パリ郊外の教会でノーベル文学賞作家の川端康成さんが立合人となって結婚式を挙げたのです。 とっても大らかな人で、勝手気ままにふるまう私を、楽しそうに見守ってくれたんです。 若かった私は、彼に甘えて本当に幸せでした。 初めて会った時からおよそ映画界の人には見えない素敵な男性で、私の人生に春風を吹き込んでくれたのが彼でした。 18年間、いわば女の一生を捧げたんですもの、思い出がたくさんあり過ぎて… とコメントした岸さん。 二人の結婚は18年後、幸せに見えた国際結婚にかげりが見え始めました。 やがてシャンピさんに愛人ができたことを知った岸さんは、家庭を捨てて仕事を取ったのです。 そうして1975年に二人は離婚。 岸さんが慰謝料をもらわなかったのは、最初から別れる時も夫婦の財産は別個のものとするという約束があったからだと言います。 麻衣子には厳しい試練でしたが、早く親難れしたというか、人間は結局一人なんだと悟ったようです。 それでも彼はずっと麻衣子の面倒を見てくれて、離婚後、私が日本へ仕事に来ている留守中は、とても可愛がっていました。 麻衣子もパパに懐いて、「素晴らしい人よ」と誰にでも自慢してたんです。 私はほっとして、自然な雰囲気で親子が会えるように、それとなく仕向けてきました。 一番可哀想なのは麻衣子かも知れません と語っていた岸さん。 また、岸さんは 麻衣子の気持ちも私と同じでしょう。 彼は私以上に親馬鹿で、娘のことをいつも心配していました。 私が言うのはおかしいかも知れませんが、今になって、絶対子供は片親にしてはいけないと思うんです。 麻衣子がふっと見せる暗い影は、やっぱり親の離婚の傷あとではないかと思うことがある。 かっこいい別れなんて絵空事で、子供には強烈な影響を与えるんですよね とも話していたのです。 離婚後も岸さんがパリに住む決心をしたのは、麻衣子さんへの親権や教育のことが気になったからでした。 日本へ帰ったらもみくちゃにされるのではないかという不安もあり、結局、年に2、3ヵ月、日本で仕事をする生活に落ち着いたのです。 1980年には自宅に泥棒が入り、数憶円相当の宝石を盗まれたという噂もありましたが、それでもパリに住み続けました。 そうして、岸さんはフランスに四半世紀も住み、2000年にようやく日本に戻り、横浜の実家で一人暮らしを始めています。 Sponsored Links.

次の

岸惠子(7)イヴ・シャンピの死|神谷光信 日本文学研究者|note

岸恵子 娘

トヨタ自動車本社(「Wikipedia」より /Chris 73) 女優で作家・岸恵子の小説最新作『わりなき恋』(幻冬舎)が、 トヨタ 自動車グループ内で話題になっている。 ストーリーは、69歳の作家がパリ行便のファーストクラスで一回り年下の大企業役員と知り合いになり、恋に陥るというもの。 岸自身の私小説とも思わせる内容であり、官能シーンなども赤裸々に描かれている。 なぜ、トヨタグループで話題になっているかといえば、主人公と恋仲になるビジネスマンのモデルが、元トヨタ取締役・元デンソー副社長の岩月伸郎氏だからだ。 岸恵子の新作の内容については「週刊文春」(文藝春秋)がいち早く報じ、岩月氏に突撃取材も敢行している。 その一問一答を見る限り、本人もまんざらではなさそうだ。 「週刊文春」にはトヨタやデンソーという社名も岩月氏の個人名も一切出ていないが、「これは岩月氏に100%間違いない。 本人も非公式の場では認めています」(名古屋財界記者)という。 岩月氏は慶応義塾大学卒業後、トヨタに入社。 頭脳明晰なビジネスマンとしてトヨタ内の出世競争に勝ち残って取締役に就任した。 下からの人望も厚かった。 トヨタでは海外企画部などでの勤務経験が豊富だった。 トヨタ取締役を退任後は、トヨタグループ最大手のデンソーに移籍して同社の副社長まで務めた実力者である。 また、岩月氏の実父もかつてデンソー社長を務めたことがあるため、伸郎氏がトヨタからデンソーに転じた際には、「親子二代でデンソー役員」と名古屋財界では注目されたこともある。 その一方で、名うてのプレイボーイとしても知られていた。 トヨタの事情通がこう解説する。 「実父がデンソーの社長を務めていたこともあって、大変裕福な家庭で育ち、お金に不自由をしたことがありません。 部長のころから金曜日の夕方になるとトヨタ本社にタクシーを呼びつけ、部下を引き連れ名古屋の歓楽街の錦に繰り出し、飲み歩いていました。 イケ面の親分肌で身銭を切ってきれいに遊ぶことから、夜の世界でもモテモテでした」 仕事はできてお金持ち、そして部下の信任も厚いとなれば、トヨタ社内にも多くの女性ファンがいたようだ。 しかし、少々派手に遊び過ぎたようで、質実剛健をモットーとするトヨタ社内では岩月氏の行動に眉をひそめる首脳たちもいたことも事実である。 実は岩月氏がデンソーに転じたのには訳がある。 「当時社長だった奥田碩氏の評価も高く、いずれは海外ビジネスを統括するトヨタの副社長は当確と見られていましたが、わずか2年でトヨタ取締役を退任してデンソーに移籍したのは社内不倫が原因です。 少しやり過ぎの評判がたって、奥田さんも岩月さんのことを擁護しきれなくなったようです」(元トヨタ幹部) デンソーに移った後の岩月氏は着実に仕事をこなし、表面上は順風満帆に見えたが、今回、岸恵子が『わりなき恋』を上梓したことで、「デンソーに移ってもプレイボーイぶりをいかんなく発揮していたということですね」(同上)という声も出ている。 ところで、この岩月氏は最近、幻冬舎から立て続けに『生きる哲学トヨタ生産方式』『トヨタ生産方式でドラッカーの「マネジメント」を読み解く』といったトヨタ生産方式に関する新書を出版している。 これについてもトヨタグループからは「あの人はトヨタ生産方式の専門家でもないのになぜだろう。 きっと幻冬舎と太いパイプがあるに違いない」(トヨタ系列幹部)との指摘もある。 『わりなき恋』は、やり手の編集者で幻冬舎社長の見城徹氏が仕掛けたものではないかと見る向きもあるのだ。 (文=編集部).

次の

岸恵子の今現在と若い頃。年齢,自宅,娘,孫,夫旦那,韓国人って?

岸恵子 娘

横浜の私鉄沿線。 坂道を一人の老人がのぼっていく。 一二歳年上の恋人に出逢ったときに五八歳だった男は七五歳、別れたときの恋人の年齢になっている。 《坂をのぼりつめたところにある、おおきな角地のブロックに男が愛した、純日本式の家ももうなかった。 歩調をゆるめた男は、東に面した道から、角を曲がって、かつて裏庭のあった道に回った。 そこにはっとするほどおおきな房をつけたミモザの木があった。 まだ冷たい春風のなかに、黄色いミモザの花盛りがあった。 》(『わりなき恋』) 主人公の女はすでにこの地上にいない。 そして、男も、ミモザの花も、夕暮れのなかに消えていく。 『わりなき恋』はここで終わる。 横浜白楽にある自邸の書斎でこの場面を書いたとき、岸惠子は文学的想像のなかで、自分が地上を去ったあとの世界を描いたのだった。 ミモザはパリの春を告げる花である。 「パリの春は、ミモザで黄色く染まり、やがて,空の青が少しずつ拡がるとマロニエの花が満開になる」と岸は記したことがある。 強い印象を残すこのラストシーンは、この世のものたちへの優しい別れの挨拶である。 愛しいこの世界。 パリの空、横浜の夜景、そして父母と暮らしたこの古い家の匂いと、静かな庭の佇まい。 空襲を逃れた切り子のグラス。 自分が愛した人々、自分を愛してくれた人々。 わたしは全てを置いて去って行く。 この肉体も地上に置いていく。 わたしをどうぞ忘れないで……。 岸惠子は知性と行動を愛したリアリズムの人である。 感傷を排した散文世界に生きてきた彼女は、ここではじめて、甘美な、何か詩のようなものを、われわれに差し出している。 パリ、映画、女優といった記号が、絢爛たる光輝でわれわれを幻惑した時代はすでに過去になった。 パリへの憧れを、銀幕の女優への憧れを、今は懐かしむ時代にわれわれは生きている。 世界がフラットになり、パリ、テヘラン、あるいはガザの現在が、日本の今此処とSNSで繋がる今日、「岸惠子」を幾重にも取り巻いていた幻影のオーラは雲散霧消して、ひとりの人間の、あるがままの立ち姿が現れている。 岸惠子は俳優を職業にしたが、自分の人生そのものを「お芝居」にはしなかった。 彼女は「血の滲むような屈辱」をスクリーンの外で噛みしめながら、垂直の姿勢を保ちつつ、自分の運命を生き切ろうとした。 渾身の力を振り絞り、行き着くところまで行こうとした。 いわば、自分の人生そのものを「作品化」したのだ。 彼女の栄光はそこにあるとわたしは思う。 (2019年4月29日).

次の