トルク リミッター。 トルクリミター

【通販モノタロウ】

トルク リミッター

基準、同期、空転の3タイプにて 多様な用途に対応します。 多様なオプションにより、負荷伝達の各種要求に対応。 多種のカップリングと組み合わせが可能で問題解決の多様性。 高速回転対応(特に空転型)。 トルク範囲:0. 65〜3000Nm。 ROBAスリップハブ コンパクト、大容量対応の スベリクラッチ。 高回転数に対応。 高性能、高回転数トルクリミッター。 オプションにて防錆タイプ、低マサツタイプライニング選択可。 トルク範囲:2Nm〜50KNm。 5サイズ、18段階設定により、 最適な選定が可能。 高精度、メンテフリー。 エレメントクラッチ エレメントを組み込んだフランジ 及びカップリング一体型 クラッチ。 最大190KNmのサイズも標準化 設計。 ベルトプーリー内蔵、 ギアカップリング一体型も対応。 デューティトルク エレメントの内部部品を駆動 部品に直接組込む事により、 よりコンパクトなクラッチを実現。 カスタムにも対応します。 ROBAコンティトルク 永久磁石によるマグネットクラッチ。 独自の設計による低コギング トルク。 トルク設定は調整ネジにより簡単且つ復元性高い。 ボトルキャッパー用専用タイプ あり。 トルク範囲:0. 1〜12Nm 上記以外に異なる種類もあります。 お問い合わせ下さい。 お問い合わせは左記よりお願い致します。

次の

トルクリミッターの検索結果

トルク リミッター

この節のが望まれています。 オートバイに用いられるバックトルクリミッターは、多板ユニットの内部に内蔵される機構である。 スリッパークラッチ slipper clutch や スライダークラッチ slider clutch とも呼ばれる。 オートバイは減速によるピッチングモーメントによって後輪の接地荷重が大きく減少し、がかかった際に後輪が滑りやすい。 特にレース走行などでは減速度が大きく、素早いシフトダウンによってエンジンブレーキが強くかかる状況が多い。 エンジンブレーキによる後輪のスリップを抑制するため、後輪から伝達されるトルク(バックトルク)を自動的に制限するバックトルクリミッターが装備される。 ただし、完全に伝達を遮断してしまうとエンジンブレーキが一切効かない状態になるため、バックトルクリミッターはクラッチを状態にしたり、クラッチ容量を一時的に減らすなどしてエンジンブレーキの効き具合とのバランスをとられている。 自動車においては、を搭載したレース専用車両に搭載されている場合もある。 歴史 この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年8月) バックトルクリミッターの最初の事例は、John Gregoryが1970年代に製作した用オートバイの Hogslayer とされている。 Norton HogslayerはT. Christensonのライディングによって幾多のドラッグレースを制してその名が世に知られる共に、バックトルクリミッターという機構がオートバイ設計者に注目されるきっかけともなった。 ワンウェイクラッチは複数のフリクションプレートのうちの半分と組み合わされ、バックトルクがかかるとそれらのフリクションプレートだけが駆動伝達を切断されてクラッチ容量を半減することで、動力伝達機能の調節を行っていた。 1985年からは、やに出場する4ストローク大排気量オートバイでバックトルクリミッターが採用され始め、750が最初であった。 1989年に市販車両のにも採用された。 その他の利用例.

次の

トルク・リミッタ 株式会社マイティ

トルク リミッター

4.形番表示例 トルクリミター TL 250 - 2 - 04022 - T H 20 J D1 - N49 1 シリーズ 2 サイズ 3 皿バネ 枚数 4 スプロケット 形番 5 トルク リミター側 6 軸穴径 公差 7 軸穴径 1mm単位 8 キー溝 公差 9 止めねじ 位置 10 トルク 設定値• 1 シリーズ• 2 サイズ• 3 皿バネ枚数• 4 スプロケット形番• 5 トルクリミター側• 6 軸穴径公差• 7 軸穴径 1mm単位• 8 キー溝公差• 9 止めねじ位置• 10 トルク設定値 5.形番表示例 トルクリミターカップリングタイプ TL 250 - 2 C - T H18JD1 X C H30JD1 - N49 1 シリーズ 2 サイズ 3 皿バネ 枚数 4 タイプ 5 トルクリミター側 6 単体タイプと同一表記 7 カップリング側 8 単体タイプと同一表記 9 トルク 設定値• 1 シリーズ• 2 サイズ• 3 皿バネ枚数• 4 タイプ• 5 トルクリミター側• 6 単体タイプと同一表記• 7 カップリング側• 8 単体タイプと同一表記• 9 トルク設定値• 軸穴が下穴の場合はトルクリミター側がTR、カップリング側がCRの表記になります。

次の