鹿島釣り日記 場所。 茨城県『鹿島港』の釣りポイント情報まとめ

茨城県『鹿島港』の釣りポイント情報まとめ

鹿島釣り日記 場所

どうもゴロモンです。 今回は、先週に引き続き6月27日(土)、のへとフラット狙いで出撃しましたので、その釣行記をお伝えします。 先週末、県またぎ移動の解除を受け、早速サーフへと出撃したのですが、残念ながらヒラセイゴのみでフラット属には出会えなかったのですよね。 そんな訳で、ヒラメ・マゴチに出会うべく、2週連続でのへ単騎出撃です。 この日の潮は。 は大潮の時と比べると、チャンスタイムが長く続くと言われていますので、是非ともヒラメを釣りたいところ。 今回のタックル ・ロッド: NESSA LIMITED S1010M+ ・リール: ステラ C5000XG ・ライン:DUEL スーパーXワイヤー8 1. ところが、AM2時過ぎにのインターに着いたら、雨降ってるし・・・。 現地駐車場に着くと雨は霧雨状に。 今回こそと気合を入れて、AM3時過ぎにサーフイン。 さすがに真っ暗です。 目指す場所までは駐車場から少々距離がありますので、暗闇のサーフをテクテク歩いて向かいます。 さて、ようやくお目当てのポイントに到着。 まだ暗いので、ここはルアーを目立たせてヒラメに猛烈アピールするべく選んだのはこちら。 時間はAM4時、薄明るくなっては来ましたが、まだ水中は暗いであろうと思案しながら選ぶルアーはこちら。 ima サスケ120裂波 グローフロリダ 魚道110MDだとチョットレンジが入り過ぎるので、サスケ120裂波に交換。 同じくグローを選択して、まだ暗い水中にアピールします。 そして交換から2~3投目・・・ タダ巻きに時折、軽いストップを混ぜながら巻いていたところ、ちょい沖目で 「 ガ、ガッ!」 と小気味良いバイト!! すかさずアワセを入れると、バッチリ乗りました👍 ちょっと軽いですが、魚の引きを感じます! 寄せ波で一気に上げると、 やったー!、 ヒラメじゃー! サイズ的にはソゲですが、嬉しい念願の1枚です! ついに、今年初物となるヒラメをようやくこの手にすることが出来ました。 小さいソゲですが、格別の思いです(泣きそうじゃ・・・)。 ソゲではありますが、今年の初物なのでサイズを計測。 「 29cm」の可愛いサイズ。 なんと愛おしいことか。 サイズ以上に記憶に残る1枚となりました。 しかも、大好物のサスケ120裂波での釣果ですから、この1枚が余計に嬉しいのです。 私が絶大な信頼を寄せるサスケ120裂波、やっぱ間違いありませんよ。 [ by :title] さて、ソゲちゃんをリリースした後は、しばらく何もない時間が続きます。 日も昇り、晴れて気持ちが良いですが少々暑くなってきました。 周囲はというと、近くでシーバス1匹とソゲ1枚が上がったのは確認できましたが、ビニール袋で確保している方はいない様子。 周囲のアングラーも徐々に減ってきて、サーフにはイマイチ感が漂っています。 そんな状況を打開すべく移動を開始。 良さげな場所をして打って行くことに。 そして時間はAM9:00、ようやく見つけた良い感じの払い出し。 画像で分かるでしょうか?左から寄せた波が、右の沖に払い出てる感じが。 ルアーは当然ながら、 サスケ120裂波 ハデキスキャンディーで2匹目を狙います。 そして開始から2投目、 「 コッ、コンッ!」 という可愛らしいバイトが!! すかさず合わせると、今度も無事にフックアップ。 ソゲとはいえ、1日で2枚のフラットは上出来。 釣れてくれた事自体が、ありがたいことなのです。 しかも今回釣ったカラーは、先日購入した2020年のヒラメバカカラー。 お気に入りの1つなので、これまた嬉しいですよ。 やっぱサスケ120裂波ですよ。 相変わらず素晴らしい働きをしてくれます。 [ その後、日中はカンカン照りで暑くなったので食事と仮眠でしばらく休憩。 別のサーフに車で移動してみたのですが、行った先はサーファーが水面に一杯で出来るような場所が空いていないので断念。 結局元の場所に戻ることに。 戻った後、再開したのですが、の割には結構潮位が下がって、釣り難い感じの地形となってしまい、手持ちの各種兵器を投入しますが、魚からの反応は得られぬまま時間は過ぎていきます。 そして夕マズメ、雲行きが怪しくなったかと思ったらサーフに濃霧が立ちこめ肌寒い状況に。 曇ってチャンス到来かと、最後もサスケ120裂波で絨毯爆撃開始! しかし、海からの反応はなく敢えなく玉砕。 PM18:30、この日は暑かったこともあって、かなり疲れを感じたので暗くなる前に終了としました。 さて、自粛解禁後の第2戦目となった今回、ホゲるどころか2枚のソゲットに成功するという私らしくない驚きの2週連続釣果に、素直に喜ぶゴロモン。 これは、自粛要請を順守した私への褒美でしょうかね。 ソゲとはいえ、2枚のヒラメに出会えたことに感謝するばかり。 久しぶりのヒラメ、やっぱ嬉しかったです。 次はちゃんとしたヒラメサイズを水揚げしたいですねー、マゴチも大歓迎ですけどね。 ということで、ソゲ2枚に感謝したサーフ釣行でした。 ではまた。 golomon.

次の

タコ釣りは違法?禁止されている場所も多いので注意!

鹿島釣り日記 場所

6月1日 日曜日のブログになりますが、緊急事態宣言も解除されたので1年振りに『釣りVARI日記』を再開します。 前回は房総半島の洲崎まで遠征したが…… フグの大群に遭遇して大した釣果は残せなかった🐡🐡🐡 まずは釣具屋で県内の主要なポイントの事前調査を行った。 その結果『大洗港』『那珂湊港』『鹿島港』は県外からの来場者が集中するためまだ閉鎖されていた。 ただし『鹿島港海釣り公園』は人数制限はあるが営業を開始されていた。 なお大洗から鹿島にかけての海沿いの公園や道の駅は閉鎖されているが、海岸は特に制限はないようだ。 ここ数年は地磯からのウキ釣りをメインにしてきたが…… 今回は茨城県の鹿島灘で久しぶりに『投げ釣り』に挑戦してみます。 鹿島灘は白浜の海岸線が果てしなく続き、茨城のゴールドコーストと呼ばれる景色はスケールが大きい。 その鹿島灘には砂浜の浸食を防ぐために作られた『ヘッドランド』と呼ばれる幅100m程の人工の岬が点在している。 その数は何と33基にもおよび大洗町から神栖市までほぼ1kmの間隔で築かれている。 形をどれもアルファベットのTの字で先端にはテトラポッドが築かれている。 このヘッドランド周辺は離岸流により砂地は深くえぐられて水深があるので、魚が集まりやすい場所のようだ。 釣れる魚は『キス』『アイナメ』『イシモチ』『シーバス』『クロダイ』等豊富で… まれに80cm超の『座布団ヒラメ』が釣れることがあり、ルアーマンには人気のポイントである。 いずれも国道51号線からアクセスすることになるが、問題は駐車スペース🅿️ 場所によっては海岸までの道が無く、ヘッドランドまでかなり歩かないと辿り着けないようだ。 ネットの情報でアクセスが良い場所として選んだのが『荒野ヘッドランド』 現地に到着したのが9時半🕤これから満潮を迎えるタイミングであった。 やはり海岸沿いには津波対策のための防潮堤が築かれていた🌊 海岸に降りてみるとどんよりとした曇り空の下既にルアーマンの姿があった🎣 右側に見えるのが隣のヘッドランドだが5人くらいの人影が見える。 思っていたより広く足場も良さそうで先行者は二人のみ🎣 思い切って竿を振ることができそうだ。 本日の餌は投げ釣りでは定番の青イソメ 太平洋に向かい思い切り投げたいところだが……🎣 遠くの方が浅くなるようなので陸から30m〜40mがポイント🐡 記念すべき第一号の獲物は同行の師匠に先を越されてしまった。 気分転換にヘッドランドの内側を攻めてみます。 散歩に来ていた近所の方の情報では、この内側のポイントは前日はもの凄い釣果だったようで…… ・60cm超のヒラメが2枚 ・40cm超のマゴチがクーラーに入らないくらい ・1時間に50cm超のシーバスが5尾 いずれもルアー釣りの方だそうです。 浜には大量の小魚がうち上がっていたが… イワシの大群が回遊していたそうです。 今日はその姿は確認できないが内側を攻めてみます🎣 さっそく20cm弱のキスが釣れた。 同じようにキスがポツポツと釣れる。 キスは引きが弱くもう少し大物を釣りたいところだったが…… 潮がひいてきたせいかこの後はさっぱり釣れなくなった💢 対岸の方では30cm超のマゴチが釣れたのが見えた。 時刻は間も無く3時🕒全くアタリがなく時間だけが過ぎて行った。 深作農園のバームクーヘンは国内のコンクールや更に食品の世界的な評価機関『モンドセレクション金賞』を5年連続で受賞していることが店頭で紹介されている🥇 テレビや雑誌でもよく紹介されているが、休日は1日4000人が訪れる人気店である。 この日は閉店間際ですぐに入店できた。 。oO.

次の

鹿島港で釣り!釣りのポイントと狙える魚種は?

鹿島釣り日記 場所

鹿島釣り日記とは? のにおいて、オカッパリで驚異的な釣果をあげている釣り人のアカウントです。 ジギングやプラッギング、フカセなどあらゆるジャンルの釣りで嘘のように爆釣し、メーターオーバーのカンパチやヒラマサを挙げているので、腕はプロ並みと思われます。 南堤 住金 東電 排水 温排水 取水口 北堤 「鹿嶋釣り日記」さんの釣果の例• ヒラマサ• カンパチ メーターオーバー 、 その他石鯛やイシガキダイ、、伊勢海老(イセエビ)も多数釣れています。 ワラサや、カレイが雑魚に思えてきますね... 本来やカンパチは南方系の魚で、寒流の影響が強い茨城で冬に釣れることはないのですが、は工業港であり多くの温排水が流れています。 そのためそのような魚が冬でも死滅しないようです。 ロウニンアジの幼魚も死滅回遊するものがで釣れているので鹿嶋港にもGTがいるのかもしれません。 釣りしている場所について 調査した結果、工業港であるで釣りが可能になっているのは有料の「魚釣園」だけなようです。 それ以外の場所は防犯カメラと警察がいるそうなので釣りすると逮捕され、になるそうです。 たとえば、岸壁、ポートラジオ、北新堤、東電吸水口・公共埠頭、南防波堤といったポイントは昔は釣り可能でしたが、今は釣り禁止になり、釣りをすると不法侵入で逮捕されるので、釣りしている人はいないと思います。 そのため、鹿嶋釣り日記さんも魚釣園でつっているものと思われます。 でヒラマサや、カンパチを釣りたい人は「魚釣園」へ行ってみてはどうでしょうか?• 公式ホームページ ヒラマサなど青物を狙うなら潮あたりの良い先端部が良いでしょう。 、イセエビは根元部にあるテトラ帯の付近で釣れるのだと思います。 石鯛や石垣鯛などは岸壁についているのでしょうか? 南堤 住金 東電 排水 取水口 温排水 北堤 はの砂浜に人工的に作られた工業港です 港湾の規模は国内最大級で、水深があるため様々な魚種が狙えます とが交るため、寒流系と暖流系の魚種を狙うことが出来る珍しい釣場です 園内にはトイレ・休憩所・があり、ご家族連れで釣りを快適に楽しむことができます• 利用料金は当日券大人200円、 小人(小・中学生)100円となっています。 釣具レンタルは600円、アオイソメは540円。 トイレがあるので家族連れやルにも良さそうです。 僕も今度、彼女と銚子への旅行を兼ねて行ってみたいと思います! 釣りすぎ? 鹿嶋釣り日記さんはを乱獲したとしてプチ炎上しました。 お金を払って魚釣園で釣りをして、実力でたくさん釣っている人に嫉妬し、的外れな批判をするのは見苦しすぎます。 まとめ は良い釣り場です! 東京に近いのにオカッパリからルアーでメーターオーバーの青物が狙えるすごい釣り場です。 利用料金も安いので腕に自信のある人はぜひ「魚釣園」に訪れてみてはいかがでしょうか? 参考• 鹿島釣り日記さんについて詳しい情報が載っている板があります。 興味のある方はどうぞ。 (ならchmate、ならtwinkleというアプリを入れないと見れないので注意) saltiga.

次の