マホイップ 強さ。 【ポケモン剣盾】キョダイマックスとは・期間限定レイド情報・専用技について

【ポケモン剣盾】ハシノマ原っぱに出現するポケモンまとめ【ソードシールド】|ゲームエイト

マホイップ 強さ

初投稿です。 よろしくお願いします。 採用理由と役割 剣盾内定ポケモン DL内定ポケモンを除く の中で最も私が推しているマホイップを紹介させて頂きたくて、この育成論を書くこととなりました。 マホイップはかなり受けよりのポケモンということもあって、攻撃技の範囲がそれほど広いわけではなく、またそこまで火力が高いわけでもなかったのですが、 いつも受けポケとして使っているマホイップを何とかアタッカーとして使いたいと考えた結果、この弱点保険型に行き着きました。 フェアリータイプのアタッカー枠を検討している方などに届くといいなぁ、と思っております。 持ち物 弱点保険です。 フェアリー単タイプということもあり、発動するタイプは毒タイプと鋼タイプの技だけですが、現環境にはSM環境で暴れ回ったミミッキュに対抗できるドリュウズや、DLコンテンツにて解禁されたリベロエースバーンなど、タイプ一致で鋼技を打ってくるポケモンに加え、ドラパルトやサザンドラなどサブウェポンとして鋼技を搭載するポケモンも多くいるため、十分に発動を狙えると思っております。 命の珠型も考えましたが、火力が足りないと思い、弱点保険の方が確実に打点を出せると判断しました。 性格・努力値と調整 性格は控えめです。 努力値は、耐久無振りリベロエースバーンがダイスチル アイアンヘッド ではがねタイプに変化した時、返しのダイバーン マジカルフレイム で確定1発を取れる調整となっております。 元々種族値が特殊方面に高く、物理方面には低いポケモンな上、環境には物理ポケモンの方が多いと感じるため、HPに252、特攻に68振ったあと、余った努力値は全て物理に振ることでより確実に弱点保険を活かせるようにしました。 技構成 マホイップにまともな特殊技はそれほど多くなく、必然的にこのような技構成となりましたが、いざ使ってみるとギガドレインが受けに来たトリトドンやヌオーに刺さったりするので、意外と優秀だったりします。 あとは破壊光線なんかも覚えたりしますが、自分はアタッカーで使うならこの構成が一番丸いかな、なんて思ったりします。 また、補助技の数に関しては非常に優秀なので、お好みで例えばサイコキネシスの枠を自己再生に変えてみる、なんていうのもありかもしれません。 立ち回り例 壁貼り要員の後に出すのが安全だと思います。 いくら物理に厚く振っているとはいえ、お世辞にも防御種族値が高いとは言えないので、せめてリフレクターを貼れるポケモンと組み合わせるといいと思います。 弱点保険発動後は、基本的には相手の弱点をつける技を押していくのがいいと思いますが、キョダイダンエンでHP管理をすることも可能なので、例えば相手のタスキが発動してHPが1残っている時に、キョダイダンエンでダイマックスしながら回復することができることもこのポケモン固有の強みだと思います。 与ダメージ計算 すべて特殊+2で計算 H4振りリベロダイマックスエースバーン はがねタイプ にダイバーン マジカルフレイム で確定1発 100. 確実に先制で壁が貼れる上、挑発で起点回避もでき、このマホイップに限らず、多くの積みアタッカーとも相性がいいため、手持ちで腐りにくくて優秀です。 このポケモンの対策 こんな変態型対策する必要ないとは思いますが、カビゴンが天敵です。 補助技を打たないので特性はアロマベールにする意味が薄く、スイートベールにしているため、あくび型にはそこそこ強く出られるかもしれませんが、それでもカビゴンは特殊耐久が高いポケモンですので、ダメージレースならカビゴンに軍配が上がるかなと思います。 長文になってしまいましたが、ここまで読んで下さりありがとうございます。 また、エースバーンと対面したときに、エースバーンがアイアンヘッドを撃ってくるとも限りません。 実際、エースバーンのアイアンヘッドの採用率はそこまで高くない上に、持っていたとしても物理受けマホイップを警戒してバーンバーンかナックルバーンという動きをしてくる可能性があります。 よって、エースバーンを基準にこの調整をするのはあまりに不安定化だと思います。 ほかの役割対象であるサザンドラやドラパルトを相手するにも、受け型であれば回復しつつ殴っていれば勝てるのに、この型にすると、ダメージ大、ダイマックス使用済みの状態のマホイップが場に残ることになりますが、それだと1:1交換して終わりなだけになってしまいます。 対戦で実践しましたか?欠点が多すぎて使い物にならないと思います。 まず他のアタッカーより抜き性能が低いとのことですが、確かにそれはその通りだと思います。 しかし、はがねタイプやサブウェポンで鋼技を打ってくる相手には、実際かなり強気に立ち回れます。 特にドリュウズに対しては、スカーフ持ちの型破りドリュウズ、タスキドリュウズを問わず、上手く起点にできるのがこのポケモンならではの特徴ではないかと思います。 また、耐久型では常に急所のリスクが伴ったり、一撃技や腹太鼓などに怯えなければいけないですが、急所のリスクは伴うものの、短期決戦で抑えられるため、差別化は十分にできていると思っております。 エースバーン基準の努力値配分に関しては、正直流行りに引っ張られた感があると思いましたので、もっと有効な配分を考えて修正も検討しております。 欠点こそ多いですが、相手の思考の裏をかくアタッカーとしてポテンシャルは高いと思っております。 長文申し訳ありません。 貴重なご意見ありがとうございました。 対戦で実践したのかと仰る割にはさんは積みマホイップ使った事ないのでしょうか…?まあとは言え鋼搭載してないエースバーンも当然いるのでそこが不安定なのには同意します。 ニンフィアとの差別化については、私は最大の差別化点はギガドレインだと思っています。 ニンフィアの草技最大打点はマジカルリーフでなのに対して、マホイップはギガドレインを習得するため、純粋な火力だけでなく、殴りながら耐久できるというマホイップらしい戦い方ができるのもプラスポイントかなと思っています。 挑発的な文章になってしまい、申し訳ありませんでした。 思ったより弱点保険の発動機会も多そうで強いと思います。 言いたかったのは、エースバーンが鋼技以外を撃って来た場合にそのままやれれてしまい、安定しないのではないか、ということです。 エースバーン側が抜群技を撃たないと溶ける型マホイップを詰めきれないのも分かっていますが、結局相手依存で全く安定しないよね、ということを言いたかっただけです。 6〜86. 貴方の言うように、最高火力のダイスチルを撃たないと落としきれないなんてことはないのです。 さらに、エースバーンが炎タイプのままいれば、フェアリー技にも炎技にも耐性を持ったままの状態を残すことができます。 エースバーン側がスチルを撃てたとしても、絶対それを撃ってくるなんてことは言い切れないと思います。 私がエースバーンを使っていてもバーンから入ると思います。 ですがここでの論争はもうやめましょう。 突っかかった私が悪かったです。 申し訳ありませんでした。

次の

ポケモン剣盾 ソロでマックスレイドのススメ(対マホイップ編)【ポケットモンスター ソード・シールド】

マホイップ 強さ

こんです。 この記事は剣盾から追加されたマホイップと タイプが同じフェアリー単で最も強いであろうを比べてみる記事です。 まず二匹のを比べてみよう! H 95 A 65 B 65 C 110 D 130 S 60 マホイップ H 65 A 60 B 75 C 110 D 121 S 64 はい、ちょー似てます。 まず火力面はCが一緒なので、あくまで上は同じ火力です。 上は 耐久面ではマホイップがBで勝り、Dで劣るようには見えます。 見えますがHの差が結構がっつりあるのでどちらものほうが上です。 で素早さなんですがこちらはどちらとも甲乙つけがたいといった感じですね。 S60というのは普通に遅く、追い風しても微妙な数値で、トリルに差し掛かっている数値です。 となると当然遅いの方がいいというわけですね。 しかしマホイップも負けてはいません。 のSは60なので60族とはトリルしようがしまいがになってしまうのですが、マホイップはトリル化でなければ確実に先攻が取れます。 でこの60族で強いのと言ったら。 そう、マホイップはに確実に先手をとれダメージを与えることができるのです。 何?先手とって何するかって?よくぞ聞いてくれました。 マホイップはマジカイムを覚えます。 当然これだけでは火力が足りないので珠もたせてックスすればH252に何と! ・・・まぁ晴れればなんとか... ちなみに61族にがいます。 特性 次に二匹の特性を比べてみましょう。 マホイップ スイートベール アロマベール そう上は一緒の2匹ですが、特性によって大きく差が開いています。 対しマホイップは眠らない特性と、メンタル攻撃をうけない特性。 死に特性とは全然言えないのですが、スキンに比べるとやはりといったところ。 メイン火力 次にメイン火力です。 お互いCが高くアタッカーになれますので比べるポイントです。 おなじみの光景ですね。 これだけで元威力90が162まで上がります。 これで2匹同時に攻撃できて音技!を代表する技です。 冷静に考えてノーリスクでフェアリーみたいに広い攻撃範囲の技を一致吹雪並みの火力で撃ってくるってどうなんだ・・・? マホイップ は?あ、いやいやすいません。 なんとマホイップのメインウェポンはで止まりです。 あの強すぎてシャインしかもらえなかったカプ・コケコと同一視されているわけです。 ガハハ! というわけで威力120、42も離れています。 互いに全体攻撃技ですがこんだけ威力離れて方や音技・・・ 技の豊富さ 次ににしか、マホイップにしか覚えず有用な技を並べていきます。 しっぽをふる なきごえ 相手全員へのデバフ。 普通に便利 バトンタッチ 正直瞑想したら普通に殴ったほうが速い気もするが、かげふみほろびをゴーストに交代して逃げたりとか? ていうか普通に後攻交代とかにも。 スキン対象なので72も威力ある。 色々な使い方はできそう。 じこあんじ 味方が殻破ってたりしたら使うといいかも、 相手一人を攻撃したいときに リフレクター 何故かマホイップはリフレクターは覚えない・・・なんで? あまごい にほんばれ 天候技、何気にウェザボを覚えるので水と火の威力100技を使える。 ゴーストに打点、対やゲンガーへ。 みきり ふういんされないまもる。 ねがいごと バトンタッチと合わせるといいかも。 あくび 流し性能が高まる。 なんか多いですね。 マホイップ デコレーション 当たった相手の攻撃と特攻を2段階上げる強い積みわざ。 ちなみに当たり前だがダブル専用 あまいかおり 相手全員の回避率を2段階下げる技。 ねっぷうとか雪崩が当たりやすくなる。 なかまづくり 相手の特性を消せるほか、相手のねむるを防げる。 地味に一致シャインと威力が一緒。 フレイムの火力上げついでに晴れてると便利かもしれない。 何か覚える。 水に強いのかも ふういん 相手のまもる封じたり。 マホイップは手があるのでパンチができるぞ!でも3色パンチは使えないぞ! 有用性はないが書きたかっただけ。 マジックルーム 誰かこれ活かせる人教えてくれ。 ちなみにどういうわけかワンダールームは覚えるのには覚えない。 そのくらいください・・・ アンコール この速さでアンコールって意味あるのか若干疑わしいがをボングシールドで固めたりとか・・・ ネタ殺しはできるかも なんかやたら草技を覚える。 なんで? と基本的にシングルにおいては圧勝です。 マホイップがシングル用の技アンコールと強いて言うならなかまづくりしかありません。 サブウェポンもの方が多いです。 やたらマホイップが草技覚えるのが何とも気になりますが。 だから対水性能が高いといわれると、そもそもって対水性能、というか対雨パ性能高いからうーむ?といったところ。 一方ダブルにおいては両者とも譲りません。 は全員にデバフまけたり単体用の攻撃を持ってたり強いまもるのみきりを持っているほか、説明不要のスキンハイボを持っています。 味方への強烈なバフとふういんを覚えるマホイップ、アンコールもダブルなら活かしやすいでしょう。 一方火力においてはまぁうん。 ックス まだシーズン1では解放されてませんが、マホイップにはキョックスという専用形態を持っています。 この技はフェアリー技が変化して、攻撃した時味方全員のHPが回復します。 味方の身代わり分のHPを確保したりといろんな使い方がかんがえられそうですね! そしてックスはHPのみ上がるので、HPが低いマホイップとの相性は結構いいです。 まとめ 火力 アタッカー性能 耐久 素早さ 引き分け 特性 シングル性能 ダブル性能 引き分け・・・という事にさせてください ックス 多分マホイップ ・・・シングルは使いましょう。 採用理由が愛とかいう人は止めはしません。 ただこの文は最高でもレート1600しかいけなかった雑魚が書いているので、シングルでもの劣化にならない型がある!という方は是非教えてください。 皮肉でもなんでもないです、マジで。 Halfkirby.

次の

【剣盾ダブル構築】ホイドリキッス〈デコレーション/マホイップ/〉

マホイップ 強さ

お久しぶりです。 エキスパンション・パスが発表されて嬉しさと同時に戦々恐々としています。 思った以上に強敵だったマホイップ なんかすごく強いんですけど!? というのが最初の感想です。 弱点補完の技も完備。 厄介な相手ですね。 今回はそんなマホイップの攻略です。 使用は「」 その辺で手に入る+どちらのバージョンでもゲットできる いつもこの条件でやっています。 そんなわけで今回はその条件を満たすを採用しました。 持ち物は「」です。 マホイップの攻撃は全て特殊攻撃で、チョッキを持たせることであらゆる攻撃を軽減できます。 マジカイムやダイバーンのような弱点技でも耐えるようになります。 以前の記事をご覧の方は気付くかもしれませんが、 対の時の使い回しです。 そのため、対の記事を見てを用意した方は、を持たせるだけでオッケーです。 これもいつものことですが、無振り、も適当です。 ックスレベルは私のうっかりで上げていませんが、最大にしておく方が安定します。 技構成 今回使う技は2種類だけ。 あとはお好み……というか、必要ないです。 じしん(ダイアース) 採用理由の一つであるじめんタイプの技。 ックス終了後は使用しないので、自力習得できるじしんでいいです。 ダイアースは味方全員の特防を上げるため、マホイップの攻撃から味方を守ることが出来ます。 ただし、能力変化をかき消す波動で効果が消えるため、過信は禁物。 (ダイスチル) マホイップの弱点であるはがねタイプの技。 追加効果は防御アップなのでマホイップ戦では役に立ちません。 そのため、バリアを破壊しつつ貫通ダメージを与える時に使いましょう。 ックスが終わったらじしんではなくこちらを連打。 自由枠 何を入れてもいいですが、今回はチョッキ持ちなので変化技は使えません(画像ではを覚えていますが、使わないので変更していないだけです)。 挑戦、マホイップ 準備も出来たことですし、マホイップに挑戦して見ましょう。 ……? ……? 外れメンバー引きましたね。 まぁ気にせずいきます。 これでマホイップによる味方へのダメージが軽減されます。 2ターン目でバリアが残っているなら(ほぼ残っていますが)ダイスチルでダメージを与えつつバリアを2枚破壊します。 3ターン目。 バリアが張ってあるならダイスチル、張っていないならダイアースを選択。 ここでックスが解除されます。 あとはひたすらを連打。 味方がいかに攻撃してくれるかがカギとなります。 味方が3回瀕死になりましたが、どうにか撃破できました。 ボールを選択して捕獲。 確定捕獲ではないので何度もチャレンジする必要があるかもしれません。 今回出現数増加キャンペーン中の仕様らしいのですが、色々な種類のマホイップが出るようになっています(平常時のキョックイップはミルキィバニラのみ)。 おまけ マホイップの技構成です。 くさタイプ、ほのおタイプ、まで完備しており、非常に面倒な技構成です。 さらにマックスレイドバトルではめいそうも使用してくる強敵です。 のが地味に役に立つ相手。 は強し。 では今回はこの辺で。 また次回の更新でお会いしましょう。 hinata-nagare.

次の