デリケート ゾーン ただれ。 デリケートゾーンのかぶれは、皮膚科を受診していいのですか?

デリケートゾーンの蒸れを防ぐ4つの対策方法!放置するのは危険かも

デリケート ゾーン ただれ

かぶれは、正式には「接触皮膚炎」と呼ばれ、外部からの刺激によって炎症を起こした状態です。 皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできており、一番外側の表皮が刺激から体を守るバリアの役割を果たしているのですが、このバリア機能をもってしても防ぎきれない刺激があると、かぶれが起こってしまいます。 原因となる刺激には、皮脂や汗、温熱、乾燥などの他、体質によっては特定の物質に接触することによって起こるアレルギー性のものもあります。 かぶれについて詳しくはを参照してください。 女性の場合、生理中のナプキンやタンポンのヒモなどによる接触や経血による蒸れなどがかぶれの原因になります。 男性の場合は、衣服による蒸れや、性行為のときに使用するコンドームが合わずアレルギーを起こすことなどが原因として考えられます。 「性感染症(STD)」を含む感染症もデリケートゾーンにかゆみを起こす原因になります。 性感染症とは、性的な接触によって感染する病気のことです。 粘膜は皮膚と違ってバリア機能が弱いため、感染症を起こす細菌やウイルス、真菌(カビ)などが入り込みやすい部位です。 またこれらの病原体にとって、高温多湿になりやすく、えさとなる皮脂や汚れがたまりやすいデリケートゾーンは、繁殖するのにうってつけの環境です。 そのため、デリケートゾーンが性行為などで感染者の粘膜と接触したりすると、感染症にかかるリスクが高くなるのです。 デリケートゾーンが菌などに感染する経路は性行為に限りません。 カンジダのように常在菌として体内に潜んでいる場合や、白癬菌のように公共の浴場などでもうつる場合があります。 デリケートゾーンにかゆみを引き起こす感染症には、次のようなものがあります。 性器ヘルペス 「単純ヘルペス」というウイルスによる感染症です。 一度感染すると腰部付近の神経の中で生き続け、免疫力が低下したときなどに再発します。 男女ともに、強い痛みが出たり、水泡、潰瘍(ただれ)ができます。 性器クラミジア 「クラミジア・トラコマティス」という細菌による感染症です。 日本では最も多い性感染症といわれています。 感染すると、男性では尿道炎や精巣上体炎、女性では子宮頸管炎などを起こし、不妊の原因にもなります。 膣トリコモナス症 「膣トリコモナス」という原虫(単細胞の微生物)による感染症です。 男性では無症状であることが多いのですが、女性では悪臭のあるおりものの増加や激しいかゆみが起こります。 性行為をしなくても、タオル、シーツなどを介してうつることがまれにあります。 性器カンジダ症 「カンジダ」という真菌(カビ)による感染症です。 カンジダは健康な人でも男女ともに体内にもともと常在菌として持っていることの多い菌です。 感染経路は性行為に限らずさまざまで、いつ感染したかわからない場合がほとんどです。 感染しても必ず発症するわけではなく、免疫力が低下したときなどに菌が増殖して発症します。 男性では症状が出ることが少ないのですが、女性はヨーグルト状のおりものの増加やかゆみが起こります。 いんきんたむし 「白癬菌」という真菌(カビ)による感染症です。 10代後半から20代の男性に多く、強いかゆみが起こります。 性行為をしなくても、感染した人の皮膚から剥がれ落ちた角質に触れるだけでもうつることもあります。 ペットの毛に感染する種類の白癬菌もおり、感染したペットを抱いたりすると、触れた部分の皮膚にうつりかゆみをともなう湿疹ができることがあります。 白癬菌についてはを参照してください。 毛ジラミ症 「毛ジラミ」という吸血昆虫が陰毛に寄生して起こる感染症です。 感染すると、男女ともに強いかゆみが起こります。 性行為をしなくても、タオルやシーツなどを介してうつることがあります。 かゆみを起こす主な感染症.

次の

デリケートゾーンのただれ

デリケート ゾーン ただれ

・どこも 冷房が効きすぎ。 汗が冷えて気持ち悪くなっちゃう。 ・スーツを着るのがつらい。 脇汗が気になるし、すぐクリーニングに出さなきゃいけないし......。 ・なおしてもなおしても メイクが崩れる ・汗をかくと、肌がかゆくなる。 あー、シャワー浴びたい!っていつも思ってる。 ・昔より、自分の 汗のニオイが気になって。 これって加齢臭かなあ......。 気温の上昇、紫外線、冷房と、夏は不快な要素がいっぱい。 オフィスでは露出度の高い服は着られないので、汗がこもって自分のニオイも気になります。 知らず知らずのうちに、みんな色々なことを我慢していたんですね。 これだけは耐えられない、あの悩み 次々に湧き出す不満のなかで、「大きな声では言えないけれど...... 」と盛り上がったのが、 「デリケートゾーンがかゆい」 という悩みです。 汗をかきやすい夏は、生理中でなくてもムレや不快感を感じるもの。 口には出さないだけで、みんな我慢していたことがわかってホッとしました。 と同時に「これってどうにかならないの?」「放っておいて大丈夫?」という疑問も。 そこで今回は、デリケートゾーンの専門医である「なおえビューティークリニック」の喜田なおえ先生に「夏のデリケートゾーン対策」についてインタビュー。 気になるあれこれをうかがってきました。 知らなかった! デリケートゾーンのあんなこと Q7. 夏に増えるデリケートゾーンの病気がある? A. 夏だけでなく年間を通して気を遣いましょう。 夏だから特に増える病気はありませんが、ほかより皮膚がデリケートな部位です。 ムレたり湿気がこもったりしないように、年間を通して気を使う必要があります。 お話を伺って特に驚いたのは、加齢にともなう女性ホルモンの減少が、デリケートゾーンのかゆみやニオイに影響しているということです。 その上「かくと黒くなる」という、よく聞くウワサが本当だったなんて! これからはかゆくても、かかないようにしよう...... と言いたいところですが、生理現象だけにつらいところ。 そんなときは、喜田先生のお話にも出ていた 「デリケートゾーンのかゆみ止め」を使ってみるのもひとつの手です。 薬局で買える、デリケートゾーンのかゆみ止め 販売名:フェミニーナ軟膏S 第2類医薬品 効果・効能 かゆみ、かぶれ デリケートゾーンのかゆみ・かぶれを鎮めてくれる「 」は、使いやすいクリーム状の治療薬。 ステロイド剤を使用していない、肌にやさしい処方です。 ナプキンや経血、おりものによるかゆみ・かぶれや、夏の汗ムレ、ストッキングをはいているときのムズムズ感......。 そんなデリケートゾーン特有の不快感が「フェミニーナ軟膏」を塗ると気にならなくなるのは、かゆみを素早く鎮めて、かゆみの発生を抑える効果のおかげです。 さらに「 」は、デリケートゾーン以外にも、 肌のかゆみ全般に効き目があります。 虫さされや湿疹、あせも、皮膚炎にも使えるので、おだやかな処方のかゆみ止めとして、ポーチにひとつ入れておくと役立ちそうですね。 ドラッグストアで気軽に買えるのも魅力です。 また、ベタつかないクリームタイプの 「フェミニーナ軟膏」のほかに、よりさらっとした使い心地の 「フェミニーナジェル」、直接触らず使える ミストタイプがラインナップ。 夏はサラッとしたジェルタイプ、生理中はミストタイプなどと使い分けてもいいかもしれません。 膣カンジダの場合、ポロポロとした白いおりものが出るという症状があります。 膣カンジダは、1度かかると完治しても再発してしまうことがあります。 そんなとき、頼りになるのが 「フェミニーナ 腟カンジダ錠」。 小型で挿入しやすいスリムタイプの薬です。 かけばかくほど悪化するデリケートゾーンのかゆみは、一刻も早い対処が重要。 「フェミニーナ 腟カンジダ錠」なら、再発時にドラッグストアで買うことができるので異変を感じたらすぐに対応することができます。 新しい習慣で、夏が快適に! 喜田先生によると、デリケートゾーンは身体の皮膚のなかでも特に薄く、外部からの刺激に弱いのだそう。 自分の身体に関する正しい知識を持って、不調を感じたときにどんなケアをするのか、何を使うのかということに、もっとこだわってみるべきなのかもしれません。 日本で初めて、デリケートゾーンのことを考えて開発され、多くの女性に愛用され続ける「フェミニーナ軟膏」なら、実績の面でも安心。 新しい習慣が、「ガマンの夏」をぐっと快適に変えてくれそうな気がします。

次の

デリケートゾーンのできもの【7つの種類とその治療法や対策】

デリケート ゾーン ただれ

皮膚科を受診していいの? 手や足にできたかぶれの場合は、皮膚科を受診しますが、デリケートゾーンのかぶれの場合も皮膚科を受診していいのでしょうか? 皮膚科を受診してもいいのですが、問診だけで終わるとは考えられませんので、施設が整っている婦人科へ行ったほうが良いと思います。 このように、きちんと患部を診察できる設備が整っている科を受診する事がベストですね。 デリケートゾーンの診察は婦人科が基本です。 一度でも、出産を経験したことがある人は、婦人科に行くのも平気ですが、やっぱりそうでないような人は、恥ずかしいというのが本音でしょうね。 さっきお話ししたように皮膚科に行ってデリケートゾーンの診察っていうのはなかなか難しいと思います。 デリケートゾーンには、かゆみやかぶれからいろいろな症状がでてきます。 かゆみ・かぶれ・ただれ• できもの・しこり• 臭い このような場合も婦人科で大丈夫です。 特に臭いで悩んでいる場合は、どの部分からの臭いか特定することが難しいために、設備が整っている婦人科で受診することをお勧めします。 病気が原因の場合は、薬を処方してもらえますし、病気が原因でなくただ臭いが発生しているの場合はその臭いの原因が究明できるから安心できます。 黒ずみの場合も婦人科でいいの? 黒ずみの原因は色素沈着です。 色素沈着を改善する場合は美容皮膚科を受診しましょう。 美容皮膚科では、皮膚のくすみやシミなども解消するためのいろいろな機器が整っています。 私たちの顔のしみやくすみを改善するいろいろな治療方法があります。 デリケートゾーンの黒ずみも原因が色素沈着ですから、美容皮膚科は得意分野になります。 黒ずみを薄くするには、• ハイドロキノンなどの塗り薬• ピーリング• レーザー治療 の方法があります。 デリケートゾーンに塗る美白クリームについては顔にも、使用できるものが多いので一つ持っていたら、とても重宝します。 まとめ デリケートゾーンのトラブルは、まず婦人科を受診しましょう。 かゆみやかぶれであっても、自己判断をしないで、必ず婦人科を受診しましょう。 病気が潜んでいる場合もあります。 早めに受診していれば安心できますね。

次の