ヴィン ランド サガ 海外。 Aimer 『Torches』に対する海外の反応「泣けてきた」

『海外の反応』ヴィンランド・サガ 第15話「こんなの悲しすぎる…。あの「駄目だ」は残酷過ぎるよ」

ヴィン ランド サガ 海外

西暦1013年10月、スヴェン大王は、 デンマーク軍本隊から離れたアシェラッド兵団はロンドンより西へ100km以上離れた農村を襲撃し享楽を貪っていた。 略奪した食料で飲み食いし騒ぐ兵団たちを尻目に、村が見下ろせる丘へ登るトルフィン。 殺された父を思い復讐の念に拳を握りしめていると、そこには暗闇に座り込むアシェラッドの姿が。 かつて「ブリタニア」が存在したこと、世界が老いてゆくこと。 アシェラッドはトルフィンに最終戦争 ラグナロク について聞かせるのだった。 海外の反応 トルケルはどうやって指を生やしたと思う? 3. 海外の反応 トルケルのメイン武器は丸太なのね 戦場で一人だけ丸太をぶん回してるのが面白いhaha 5. 海外の反応 この作品の背景凄すぎ、 ほんと美しい 8. 海外の反応 夢のシーンで流れたピアノのサントラがとても美しかった この作品は音楽面も素晴らしいね! 9. 海外の反応 獣の巨人かな? 21. 海外の反応 波乱に満ちたエピソードではなかったが、次回はいよいよ大きな戦いが…って感じのエピソードだったね トルフィンvsトルケル、もしくはアシェラッドvsトルケルが楽しみで仕方ない 果たしたあの巨人を倒せるのか… myanimelist. 52点 2話:8. 52点 3話:8. 52点 4話:8. 50点 5話:8. 53点 6話:8. 58点 7話:8. 58点 8話:8. 57点 9話:8. 56点 10話:8. ただアニメは原作に比べ、何というか、シリアス度やリアル度が上がってるよね。 この度合いで原作のレイプシーンをやると、たぶんもの凄く生々しく、後味の悪いものになると思う。 原作の「はっ早く、つづき! つづき! 」なんて台詞は、ある種男の滑稽さすら感じられるけど 脳みそからチンコ生えてんのかよ、みたいな 、これは音や色のない漫画だから緩和されてるのであって、 アニメでごついオッサンの声に悲しめのBGMつけて描かれた日にゃあ、ちょっと重苦しすぎないか? その後の物語が頭に入ってこなくなるレベルで。

次の

海外の反応 【ヴィンランド・サガ】 第1・2・3話 面白い!ここでお預けは辛い…

ヴィン ランド サガ 海外

こんにちは。 山本アンドリュー()です。 今回は、アニメ「ヴィンランド・サガ」の第2クールのOPテーマ曲『Dark Crow』に対する海外の反応をご紹介します。 アニメーション制作を行うのは、あの「進撃の巨人」や「甲鉄城のカバネリ」でもお馴染みのWIT STUDIOです。 今もっとも波に乗っている、アニメ制作会社と言っても過言ではないでしょう。 海外のアニメファンも絶大なる信頼を置いていて、「進撃の巨人」のSeason4もぜひ担当してくれとの声が海外の掲示板redditではよく議論されています。 さて、そんなWIT STUDIOが送るアニメ「ヴィンランド・サガ」のOPテーマ曲は海外ではどのような評価を受けているのでしょうか。 アニメ「ヴィンランド・サガ」の第2クールのOP曲について 大人気アニメ「ヴィンランド・サガ」。 第1クール時は、オープニング曲を「Survive Said The Prophet」、エンディング曲を「Aimer」が担当し高評価を得ました。 そして今回は、2019年7月7日から放送が始まった第2クールのオープニングソングが監禁され、アニメPVが公開されました。 第2クールを担当するのは、「MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)」。 その外観は、頭はオオカミ、身体は人間。 究極な生命体を持つ5人で構成されているバンドという設定になっており、一度見たら忘れられないバンドです。 2010年にデビューして以来、2014年には全米デビューも果たし、アメリカツアーも行っています。 英語を使った歌詞も多いことから、海外の方にも親しみやすく、たくさんのファンがいるようです。 そんなマンウィズが、ヴィンランド・サガのOPを担当!さぞやみんな喜んでるかと思いきや、反応は五分五分のようで。。 アニメファンからは、「アニメに合っていない。 」など辛口のコメントも多々届きました。 みなさんはどう思いますか?それではたくさん届いたコメントの一部を紹介しますので、一緒に見ていきましょう。

次の

『海外の反応』ヴィンランド・サガ 第15話「こんなの悲しすぎる…。あの「駄目だ」は残酷過ぎるよ」

ヴィン ランド サガ 海外

ヴィンランド・サガ 『 ヴィンランド・サガ』 VINLAND SAGA は、 幸村誠による日本の漫画。 2005年4月より『週刊少年マガジン』(講談社)で連載が始まったが、週刊連載に幸村の執筆が追いつかず、2005年10月に同誌での連載を終了、同年12月より『 月刊アフタヌーン』(講談社)にて月刊ペースの連載を再開し、現在に至る。 11世紀初頭の北ヨーロッパ及びその周辺を舞台に繰り広げられる、当時世界を席巻していた ヴァイキングたちの生き様を描いた時代漫画である。 タイトルの ヴィンランドは北アメリカ大陸にあったとされるヴァイキングの入植地のひとつで、主人公の トルフィンは11世紀に実在したと言われるアイスランド商人 ソルフィン・ソルザルソンをモデルにしている[1]。 あらすじ・構成 物語は10年前、1002年のアイスランドにさかのぼる。 アイスランドはノルウェー王の統治を嫌う人々がスカンディナヴィア半島から移り住んできた土地で、少年トルフィンは父トールズと母ヘルガ、姉ユルヴァとともに貧しいながらも平和に暮らしていた。 父の友人、船乗りのレイフから様々な冒険譚を聞き、はるかな「ヴィンランド」に憧れるトルフィン。 そこに北海最強の戦闘集団、ヨーム戦士団のフローキが現れる。 トールズは実は昔、「戦鬼(トロル)」の名で恐れられ、ヨーム戦士団の大隊長を務めていたが、ある日突然、首領シグヴァルディの娘のヘルガとともに姿を消していたのである。 フローキはトールズの出奔を不問に付すかわりにイングランドとの戦に参加せよ、という首領の命を伝える。 島民の身柄を押さえられたトールズはそれに応じ、数名の若者と友人レイフとともに本土との中継地点であるフェロー諸島を目指すことになった。 これを知った少年トルフィンは、戦いへのあこがれから父に黙って勝手についてきてしまう。 しかしフェロー諸島で一行を待っていたのは、フローキから金と引き換えにトールズの処刑を命じられたアシェラッド兵団だった。 トールズは「本当の戦士」たらんとする、自らの不殺の誓いを守り素手で奮戦、首領のアシェラッドまでも決闘の末に打ち破るが、トルフィンを人質に取られてしまう。 トールズは決闘の勝利の証として一行の無事をアシェラッドに誓わせ、殺された。 アシェラッドは誓い通りにレイフ一行を見逃すが、目の前で父を殺されたトルフィンは復讐に燃え、アシェラッドの兵団に取りついた。 引用・出典: 作中で死んだヴァイキング戦士に「ヴァルハラなんて嘘だったんだ…」と言わせてしまった模様 ヴァルハラ(Valhalla 北欧神話において主神オーディンがアース神族の国アースガルドに建てた戦死者の館。 勇敢な戦士たちが戦に倒れたとき、 ヴァルキューレと呼ばれる武装した女性たちが馬車でその魂をヴァルハラに運ぶ。 ヴァルハラの戦士たちはオーディンと宴席に就き、戦いに明け暮れるが、 戦死しても翌日には生き返る。 こうした戦士たちは「神々の黄昏」とも呼ばれるラグナロクのとき、 オーディンの側に立って巨人たちと戦う。 ヴァルハラとは古ノルト語で戦で「倒れた戦士の住居の意味」で、 バイキングたちは勇敢な死を遂げてヴァルハラに迎えられることを名誉と考えていた。

次の