むき エビ。 エビの殻むきから考える移民問題 彼らは仕事を奪うのか:朝日新聞デジタル

子持ち甘エビの剥き方

むき エビ

概要 [ ] シロエビ、ベッコウエビ、ヒラタエビなどの別名もあるが、標準和名の「」はの一種 Metapenaeopsis lataに充てられていて、エビの分類上でも全く別系統の種類を指す。 さらに呼称での「シラエビ」は地域によって異なり、浅海で漁獲される諸種や類、などを指すことが多いので注意を要する。 唯一漁場をもつ富山県では、一般に「白えび(シロエビ)」と呼ばれ、沿岸地域では「ヒラタエビ」と呼ぶこともある。 1996年に「富山県のさかな」として、、と並んで指定されている。 特徴 [ ] 体長50-80mmほどで、サクラエビよりも大きく、やや左右に平たい体型をしている。 額角はないが複眼の後ろに小さな棘があり、尾の上にも小さな棘がある。 体色は無色で僅かにがかっているが、死ぬと乳色になる。 はこの体色に由来する。 サクラエビによく似るが、サクラエビはメスが抱卵せず受精卵を海中に放つに属するのに対し、シラエビはメスが卵を腹肢に付着させて保護するに属する。 種小名" japonica"の通り沿岸ので、側では、側では、、に分布する。 ただしシラエビの商業漁獲が行われるのは富山湾のみである。 深海でを作り遊泳する。 昼間は水深150-300mにいるが、夜は水深100m以浅まで上昇するを行う。 利用 [ ] 白えびの軍艦巻き 食用に漁獲されている。 ではやが流れ込んだ先に「藍瓶」(あいがめ)と呼ばれる海底谷があり、そこにシラエビが集まっているため、商業捕獲が成り立っている。 生のものは傷みが早く、富山湾以外ではまとまって漁獲できないため、以前は富山県周辺でしか入手できなかったが、21世紀初頭には流通網や冷凍技術の発達により生身での流通もある程度可能になった。 殻をむくのが難しかったのだが、一旦冷凍すると素人でもむきやすくなることがわかってから食材として見直され始めた。 「手むき」と「機械むき」があるが、手間がかかるが前者でむかれることが多い。 透明で美しい姿から「富山湾の宝石」と呼ばれている。 出汁(だし)に使われることが多かった。 特に素麺の出汁を取り、そのまま一緒に食べるのが好まれた。 またサクラエビの代用としてで着色しにしていたこともあった。 現在も干物はあるが、一般に白えびと称して販売されている。 新鮮なものは、甘味があり、種、、、、など様々な料理に用いられる。 岩瀬の松月などの料亭で供される福だんごは、1個で200匹ものエビを使って作られる。 丁寧に皮をむき、身を包丁で叩いて片栗粉と塩を混ぜて団子にし、炭火で焼いたもので、もっちりと香ばしい。 富山県では古来から食べられてきた鱒の寿しや昆布巻きなど比べると新参者にあたるが、「白えび天丼」・「白えびのむき身(刺身)」・「白えびせんべい」・「白エビバーガー」など多くの商品が開発され、新たな富山の名物となっている。 など、でもシラエビを利用した料理がよく提供されている。 寿司、天丼など富山県と共通する料理の他に、白えびなどもある。 近縁種 [ ] 日本産のシラエビ属 Pasiphaea には以下のような種類がいる。 ツノシラエビ Pasiphaea amplidens ,• オキシラエビ P. sinensis Hayashi et ,• キタシラエビ P. tarda ,• ヒトトゲシラエビ P. unispinosa Wood Mason, 脚注 [ ] [] 参考文献 [ ]• 「原色日本大型甲殻類図鑑」I 三宅貞祥• 「新装版 詳細図鑑 さかなの見分け方」 外部リンク [ ]• - (読売新聞社提供、2018年4月2日公開).

次の

エビの天ぷらのレシピ・作り方

むき エビ

経世彩民 津阪直樹の目 英国とヨーロッパ大陸に囲まれた北海周辺は、クルヴェット・グリーズ(グレーの小エビ)と呼ばれるエビの漁が最盛期を迎えつつある。 沿岸国のスーパーやレストランには、エビを使ったサラダやコロッケが出回る。 オランダ北端の港町ラウエルスオーホもエビ漁の船でにぎわう。 とれたてのエビが店に届くのかと思いきや、ほとんどがトラックに積まれ、2千キロ以上離れた北アフリカのモロッコに向かう。 3日半かけてモロッコに運ばれたエビは加工工場で手作業で殻をむかれ、また3日半かけて戻ってくるという。 なぜわざわざ、そんなことをするのだろうか。 「むき手」を求めて世界をめぐる このエビは小さく、機械でむくのには向いていない。 ベテランのエビ漁師、ベールンさん(64)によると、1980年代までは地元の各家庭で分担して殻をむいていた。 しかし報酬は安く、作業の負担に見合わなかった。 そこで90年代には東欧で行われるようになった。 しかし作業の質の問題などもあり、エビの行き先はアフリカに。 モロッコにあるオランダ系の加工工場では、殻をむいた後のエビの重さで報酬が決まる。 1日7キロ分で得られる日当は10ユーロ(約1200円)以下。 オランダの最低賃金の1時間分か、それ以下だ。 移民は仕事を奪うのか 「安いむき手」を求めて世界を旅するエビたち。 そこから、欧州でもっともホットな移民問題を考えてみたい。

次の

シラエビ

むき エビ

冷凍エビの色々な解凍方法を実践 今回使用したのは冷凍のむきエビです。 氷水解凍 ためしてガッテン!のサイトで紹介されていました。 やり方は、密封袋(ジップロック等)に食材を入れ、氷水に袋ごと沈めるだけ。 冷蔵解凍・室温解凍より解凍が早くできるんだそうです! 大学の研究室によると、他の解凍方法に比べてドリップが激減なんだとか。 研究室とか言われるとなんだか説得力ありますよね。 流水解凍 エビを密封袋に入れ、空気を抜いて口を閉じてから流水にかける解凍法。 これは定番なので実際やられている方も多いのではないでしょうか。 塩水に漬ける解凍法 塩分濃度3~3. 塩水に漬ける事で、臭みは抜けても旨味は逃げないそう!期待! 塩+重曹を溶かした水に漬ける解凍法 以前テレビで見たのを思い出し、調べてみるとありました!NHKきょうの料理で紹介されています。 エビが浸かるくらいのぬるま湯に、塩と重曹を溶かしてエビを浸すだけ。 簡単! 塩と重曹の分量は、水1リットルに対してそれぞれ小さじ3~4だそうです。 伊藤家の食卓でエビをプリプリにする裏技が紹介されているんですが、その方法も重曹水を使うんですよね。 重曹水にエビを20分漬けるだけ、というやり方なんですが、この解凍法だと裏技も兼ねてるので一石二鳥な気がします。 冷凍エビの解凍にかかった時間 ちなみにこの日は11月で、暖房はつけていません。 夏場だと時間も変わってくると思います。 また、冷凍エビは半解凍で調理するのがいいとの情報もあったので、半解凍になった時点で解凍はやめています。 氷水解凍にかかった時間 約40分で半解凍の状態になりました。 このやり方が一番時間がかかったんですが、ドリップがほんとにちょっとしか出なかったのがびっくり。 旨味や栄養分が外に出ていないという事になるんでしょうね! 流水解凍にかかった時間 約10分で半解凍の状態になりました。 一番早く解凍できたのがこちらの流水解凍。 あっという間。 ただし氷水解凍に比べてたっぷりドリップが出ました。 時短なんですけどねー、ドリップ…。 塩水に漬ける解凍法にかかった時間 約20分で半解凍の状態に。 直接水に漬けるのでもっと早く溶けるかな?と思いましたが、エビがカチカチなんで塩水もすぐ冷えちゃいました。 塩+重曹水に漬ける解凍法にかかった時間 半解凍になるまでに約15分かかりました。 ぬるま湯でスタートした分、塩水より若干早く解凍できました。 解凍したエビを焼き、食べて比較 解凍したエビを焼いてみます。 塩・コショウだけの味付けで焼き時間も全く同じ。 焼きあがりがこちらです。 見た目では全然違いがわかりません。 どれも同じに見えます。 肝心の味と食感ですが、明らかに「おっ」と思ったのは塩+重曹水で解凍したエビ。 他のエビに比べてプリっと感が違いました。 美味しい! 他3つは違いがわかりませんでした。 私だけ?と思い主人にも食べてもらいましたが、やはり塩+重曹水のエビが美味しいとの事。 他は一緒かなーと言っていました。 ただ、ですね… 比較して食べるから違いがわかる程度で、他のエビもプリっとしてて美味しかったんですよ。 私は普段エビの下味を付ける際に片栗粉を使用するのですが、今回はわかりやすくなるかと思い、あえてこの手順を省きました。 たぶんこの省いた下処理を行えば、どれも違いがわからなくなるんじゃ?と思ったのが正直なところです(笑) エビを解凍するにはどの方法がいいのか 時短を取るなら流水解凍 エビの解凍にかかった時間は 流水>塩+重曹水>塩水>氷水 なので、早く解凍したいなら流水解凍。 ただしドリップは結構出てしまいます。 塩+重曹水と約5分しか変わらないので、ちょっとした時間と手間をかける余裕がある時はこっちがいいかもしれません。 食感優先なら塩+重曹水 流水解凍と約5分しか変わらない上にプリっとした食感も良いので、私的には一番好きな解凍法でした。 今後はこのやり方でいこうと思います! 旨味と栄養分を考えると氷水解凍 流水解凍に比べてドリップの量がかなり少なかったので、きっと旨味や栄養分も外に出ていないのでは?と思います。

次の