相馬野馬追。 いよいよ開催!相馬野馬追。初日の見どころ

福島旅行に行こう!「相馬野馬追」の日程や楽しみ方をご紹介

相馬野馬追

概要 [ ] 馬を追う 野馬懸、原町区に所在する 雲雀ヶ原祭場地において行われる 甲冑競馬と 神旗争奪戦、街を騎馬武者が行進する お行列などの神事からなる。 これらの神事に関しては、国のに指定されている。 ののさきがけと見なされ、の1つとして紹介される場合もある。 までは、毎年からまでの3日間の日程で神事と祭りが一体となって開催されていたが、からは祭りと神事は日程が分離され、祭りを7月最終週の、、に開幕、神事を24日・25日に日程を固定して実施することが決まった。 2011年以後の詳細はとにより不明な点が多いため、以下には2017年までの日程等に基づいて記載する。 相馬野馬追の運営は、に発足した相馬野馬追執行委員会が取り仕切っている。 歴史 [ ] 起源は、開府前に、の遠祖である が、領内の小金原(現在の)に野生馬を放し、敵兵に見立ててをした事に始まると言われている。 成立後はこういった軍事訓練が一切取り締まられたが、この相馬野馬追はあくまで神事という名目でまかり通ったため、脈々と続けられた。 公的行事としての傾向が強くなったのは、江戸時代のによる軍制改革と、による祭典化以降と考えられる。 ので中村藩が明治政府に敗北して廃藩置県により消滅すると、に旧中村藩内の野馬がすべて狩り獲られてしまい、野馬追も消滅した。 しかし、の相馬太田神社が中心となって野馬追祭の再興を図り、にはの許可が得られて野馬追が復活した。 祭りのハイライトの甲冑競馬および神旗争奪戦は、戊辰戦争後の祭事である。 相馬氏は将門の伝統を継承し、捕えた馬を神への捧げ物として、相馬氏の守護神である「」に奉納した。 これが現在「野馬懸」に継承されている。 この祭の時に流れる民謡『』は、中村相馬氏の祖であるが住んでいた流山郷 (現在の千葉県)に因んでいる。 戊辰戦争後の祭りおよび神事の初日は、1872年(当初は太田神社のみの小規模な祭礼)以降、旧暦5月の申日に合わせて、以降、天候不順を回避するために、以降、さらに梅雨期そのものを避けるためにと変遷してきたが、からは小学校の夏休み開始に合わせてとなっていた。 から神事と祭りは日程が分離されることになり、神事は・に日にち固定で実施し、祭りは7月最終週のに開幕することになった。 ただし、7月最終週の土曜日に開幕すると8月上旬にまで日程が及ぶ場合は、祭りを前週に繰り上げて開催する。 騎馬武者を500余騎を集める行事は現在国内で唯一である。 は一部の旧中村藩士族の農家、や野馬追参加者により飼育されてはいるが、多くは関東圏からのレンタルによって集められている。 なお、2011年に開始された「 」では、この相馬野馬追の紹介は被災地の伝統行事であるにもかかわらずまだ行われていない。 開催地と三軍 [ ] 以北のうち、からにかけて相馬氏・中村藩(藩主:相馬氏)の領地に入っていたで開催される。 浜通り最北端にあるは・(藩主:伊達氏)の領地に、浜通り夜ノ森以南は・(藩主:、など)の領地に入っていたため、相馬野馬追に与らない。 各郷ごとに騎馬隊が編成され、さらにそれらが神社ごとに三軍に編成される。 中村城跡と相馬中村神社が所在するで編成される宇多郷勢の長は、中村藩主にならって全三軍を率いる総大将となる。 祭りのハイライトの甲冑競馬や神旗争奪戦は、の雲雀ヶ原(ひばりがはら)にある相馬野馬追祭場地( )で開催される。 現在の行政区域 旧郷名 所属神社 主な行事 7月第4土曜日 7月第4日曜日 7月最終月曜日 ( ) 総大将出陣式 北郷 総大将御迎 中ノ郷 ( ) 宵乗り競馬 お行列 甲冑競馬 神旗争奪戦 小高郷 ( ) 野馬懸 標葉郷 妙見三社の神事ならびにの行列のため、上から見下ろすのはいけないことだとされている。 そのため、出陣式の時に通る中村第一小学校前のは封鎖され、一部のカメラマン等を除いて上ることは出来ない。 また、付近の民家でも2階から見物することは自粛するのが通常。 移動などの為騎馬行列を横切ることもしてはいけない。 なお、行列の前に警察、市役所等により行列の横断を行わないように注意がなされているがこのような注意を無視し横断をする観客、報道関係者も多く見られる。 行事 [ ] 7月第4土曜日 宵祭り [ ] (各神社) のでは宇多郷勢が、のでは中ノ郷勢が、同市のでは小高郷・標葉郷勢が各々出陣式を行う。 全三軍の指揮を執る総大将(中村藩公)の出陣式が行われる相馬中村神社では最も厳粛に行われ、相馬流れ山をする。 この後、各神社の神輿は御旅所へ、中ノ郷勢と小高郷・標葉郷勢の計二軍はそのまま原町の雲雀ヶ原にある祭場地へ向かう。 総大将御迎(南相馬市鹿島区) 12:00 - 総大将直属の宇多郷勢と、同隊が雲雀ヶ原へ向かう道中にいる北郷勢で行われる行事。 総大将を迎え入れたことで、宇多郷・北郷勢という騎馬軍を編成し、原町区の雲雀ヶ原にある祭場地へ向かう。 宵乗り競馬(南相馬市原町区) 14:00 - 雲雀ヶ原の相馬野馬追祭場地に三軍が集結し、を行う。 軍者会 7月第4日曜日 本祭り [ ] お行列(南相馬市原町区) 9:30 - 開催地の原町区にある相馬太田神社(中ノ郷勢)を先頭に、相馬小高神社(小高郷・標葉郷勢)、総大将がいる相馬中村神社(宇多郷・北郷勢)の順に総勢500余騎で、御本陣・雲雀ヶ原の相馬野馬追祭場地まで約3を行軍する。 甲冑競馬(南相馬市原町区) 12:00 - 騎馬隊が祭場地に到着し、山上の御本陣に神輿を安置した後に行う。 それまで被っていたを脱いで、をしめた姿の若武者の騎馬が、10頭立てで1周1000の速さを競う。 10回開催。 神旗争奪戦(南相馬市原町区) 13:00 - 打ち上げられたの中からゆっくり落ちてくる御神旗を騎馬武者たちが争奪する行事。 雲雀ヶ原の祭場地に隣接する本陣山からが鳴り響くと、雲雀ヶ原一面に500余騎が広がり、花火1発ごとに2本の御神旗が舞い降りる。 御神旗を勝ち取った騎馬武者は高々と御神旗を掲げ、羊腸の坂を本陣山( )山頂に向けて一気に駆け上がる。 旗は敵の首になぞらえてあるため、御本陣では旗軍者に審査される。 その後、騎馬武者は妙見神社から御札と副賞を受けて山を下りる。 この一連の流れが間を置いて行われ、花火は計20発(御神旗が計40本)が打ち上げられる。 なお、御神旗は、相馬中村神社が、相馬太田神社が、相馬小高神社がとなっている。 帰り馬(原町区以外) 原町区の中ノ郷勢以外の4隊は、騎馬行進を行いながら地元に戻る。 2017年 7月最終月曜日 野馬懸 [ ] 野馬懸(南相馬市小高区) 9:00 - 小高区の相馬小高神社で、裸馬を騎馬武者が小高区大井字岩迫から小高神社境内に設けられたに追い込む。 本来は野馬道(雲雀が原〜小高神社までの道路)を用いた(野馬懸)。 追い込み終了後、浄衣を着た御小人なる者が素手で捕え、小高神社に奉納する「上げ野馬の神事」が行われる。 この一連の行事が絵馬のルーツとされ、国の重要無形民俗文化財に指定されるきっかけとなる。 奉納された以外の馬は、博労(馬喰、ばくろう)によりセリが行われる。 一連の神事は以上の3日間に渡るが、小高以外の地域では野馬追は2日間の祭事と思う人がいる。 その一例として、近年まで相馬太田神社の看板には野馬追祭事の日が7月23日、24日と書かれていた。 (1979年) - ・、・によるの 小説• 『』(2017年) テレビドラマ• (2017年、) 脚注 [ ] []• 2010年7月24日. 2011年4月11日閲覧。 682)• 江戸時代初期には将門の子孫が相馬氏であるという伝承が確かに存在している。 徳川幕府に仕えて旗本となった惣領家(本家)の相馬氏・政胤の代の『御家伝書』を秋、相馬則胤が書写したものにある(岡田清一:著)。 653)• 妙見大菩薩は神仏習合でと同一視された為、神仏分離が明治時代に行われてからは妙見大菩薩ではなく天之御中主神に奉納している。 にはというに属した。 相馬の野馬追 p24 相馬野馬追保存会(1985年発行)• 2017年以降は「」• 「プロダクションノート」 『戦国自衛隊』、角川春樹事務所、1979年12月15日、 26 - 27頁。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 国指定文化財等データベース()• ウィキニュースに関連記事があります。 【2012年9月30日】• ウィキニュースに関連記事があります。 【2016年7月30日】.

次の

3Dドキュメンタリー 疾走!相馬野馬追~東日本大震災を越えて~|NHKテクノロジーズ

相馬野馬追

福島県南相馬市では例年『相馬野馬追(そうまのまおい)』という伝統行事が開催されている。 相馬野馬追とは・・・ 相馬野馬追は一千有余年の昔、相馬氏の祖といわれている平将門が下総国(千葉県北西部)に野馬を放ち、敵兵に見立てて軍事訓練を行ったのが始まりと伝えられている。 現在では、毎年7月末の土曜日・日曜日・月曜日に甲冑に身を固めた500余騎の騎馬武者が腰に太刀、背に旗指物をつけて疾走する豪華絢爛で勇壮な戦国絵巻を繰り広げる。 『相馬野馬追』の魅力発信に参画しているのが一般社団法人 原町青年会議所(以下JCI原町)だ。 小学4~6年生を対象に、夏休みの課題として、地域の伝統文化である『相馬野馬追』をテーマに絵画を募集し、一斉に展示する『野馬追の里南相馬~子どもたちが描くふるさと絵画展』を実施している。 しかし、今年はコロナウイルスの感染拡大を防止するため、『相馬野馬追』の規模が縮小され、式典のみ(無観客)開催が決定した。 それに伴い絵画展も中止となったが、7月11日、南相馬市の街路樹200箇所に旗に印刷された子どもたちの描いた『相馬野馬追』が飾られた。 「今まで本事業は、小学校の協力のもと、夏休みの宿題の一つとして、募集してきた為、毎年多くの応募がありました。 しかし、コロナ禍で、学校としての考え方は、夏休みに芸術系の宿題よりも、授業時間が少なくなった学習系の宿題を出したいとの事でしたので、応募数は少なくなること、無理にお願いしても、学校へ迷惑をかけてしまうことも、容易に考えられました。 たとえ募集し、少ないながらも絵画が集まっても、それを発信する絵画展を実施する事により、3密が発生してしまう可能性があり、募集及び、絵画展の開催が非常に難しい状態でした。 」とJCI原町の渡邉光貴理事長。 初めての事業且つ、時間が無い中でWEB会議を重ね、商店会会長のもとに足を運び、十分な説明をして地域で一緒に進めていった。 5ヵ月という短い期間の中で、準備を急いだ。 4月から各種会議も全てWEBとなり、事業も延期や中止もやむを得ず、メンバーのモチベーションも下がっていた。 メンバー全員の考え方は、一人ひとり、少しずつ違うかもしれませんが、この地域を良くしていきたい!とのゴールはメンバー全員、同じだと思います。 コロナ禍で元気のないこの地域を、少しでも盛り上げるキッカケとなって欲しいと思い、実施に至りました!」と渡邉理事長。 どのような状況下でも青年会議所がやるべきことを考え、見出し、運動を続けることが重要だと示してくれたJCI原町。 創立50周年を迎える今年、6月に予定していた記念式典は延期となり秋に開催を検討している。 最後に渡邉理事長に50周年への思いを伺った。 「創立50周年は、我々先輩方の功績の積み重ねがあり、その功績に感謝をする機会だと考えると共に、未来への橋渡しも行わなければなりません。 創立50周年記念式典及び、記念事業に於いては、伝統を明日へつなぎ、新しい未来を市民と青年会議所メンバーで共に創造し、豊かな明るい社会を目指す機会にすることを誓います。 」 一般社団法人 原町青年会議所 2020年度スローガン 『伝統をつなぎ、次代をつくろう!~未来がよりよくあるために~』 URL: 今年で創立50周年を迎える。

次の

お祭りは素晴らしいが参加してる地元の男は最悪

相馬野馬追

新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごす時間が増えた方もいらっしゃるのではないでしょうか? たまには読書などいかがでしょうか。 相馬市図書館では、展示企画 『おうちで読書』 が開催中です。 全国の書店員が選んだ歴代本屋大賞(いちおしの本)を集めました。 どれも素敵な作品ばかりです。 city. soma. fukushima. 夏休みの期間に楽しく読める本を展示しています。 子ども向けの本も展示していますので「自由研究」や「読書感想文」など、 夏休みの課題のヒントになる本が見つかるかもしれませんよ。 ぜひお越しください。 city. soma. fukushima. html ——————————————————————————- (相馬市市役所HPより抜粋) かしま駅 ポニーの1日駅長 日時:2020年7月19日 日 10:00~12:00 場所:JR常磐線 鹿島駅 駅舎前広場 対象:駅利用者、南相馬市民、ほかどなたでも 料金:無料 申込:事前予約不要 [お楽しみメニュー] 1. ポニーとふれあい&乗馬できます ポニーに触ったり、なでたり、一緒に歩いたり、未就学児・小学生程度のお子様はポニー乗馬もできます。 子ども用駅長の衣装を着て写真撮影 子ども用の駅長コスチュームを着ることが出来ます。 ポニー駅長と一緒に駅の前で記念写真を撮りましょう。 スタンプやシールをもらおう 鹿島駅舎内と、ポニーとのふれあい場で、駅や馬にまつわるスタンプが押せます。 集めてくれた方にはJR東日本のノベルティシールを差し上げます。 facebook. 大熊町と双葉町の両町において、町に縁がある若手世代や各方面の最前線でご活躍されている方、 企業のみなさんと一緒に「環境」や「持続可能性」をキーワードに、 まちづくりについての意見交換を行いたいと考えています。 これからのまちづくりにおける考え方など、幅広くアイデアをいただきたいと考えています。 参加対象者につきましては、大熊町・双葉町の復興について前向きに意見交換を行っていただける方であれば、 町民のみなさんをはじめとして、企業の方や学生の方など、遠方にお住まいの方を含めてどなたでも参加可能です。 遠方にお住まいの方など、来場が困難な方についてはWEB上での参加も可能です。 ぜひ、皆さんのご意見をおきかせください。 なお、この会は計3回の実施を予定しています。 現在、第1回目以降の開催時間が未定となっています。 詳細が分かり次第、相双ビューローでもお知らせしていきたいと思います。 town. okuma. fukushima. html 地図はコチラ 高平生涯学習センターでは、「高平いきいき学級 ナチュラルメッセージボード作成講座」を開催いたします。 日 時:2020年7月20日 月 13:30~15:30 応募締切:2020年7月15日 水 場 所:高平生涯学習センター 高平小学校向かい 福島県南相馬市原町区下高平字寺前155-1 TEL:0244-22-2302 講 師:相川 洋子 先生 参加料:2,000円 材料費込み 定 員:先着12名 定員になり次第締切とさせていただきます 鮮やかな彩り-。 素敵なメッセージボードを一緒に作ってみませんか? ご興味のある方は是非お問合わせください。 社会的距離 お互いの距離を2m、または1mほどの間隔 の確保をお願いいたします。 飛沫感染予防のため、マスクの着用、咳エチケット、手洗いと手指の消毒の徹底をお願いいたします。 飛沫感染予防のため、対面での会話はなるべく避けるようお願いいたします。 新地町の釣師防災緑地公園に今月オープンしたばかりの「しんちパンプトラック」。 オープニングイベントとして開催したパンプ自転車教室が好評だったため、第2回教室を開催します。 注意点として、参加対象者には条件がありますので、ご注意ください。 —————————————————————————————————————— 〇日程:2020年7月26日(日) 〇時間: 【午前の部】10:00~12:00(9:30~ 受付開始) 【午後の部】13:30~15:30(13:00~ 受付開始) 〇場所: 住所:福島県相馬郡新地町谷地小屋町裏9(地図はコチラ) 〇対象者(参加者条件あり):小学生以下の新地町民 〇定員:午前・午後 各10名ずつ(参加には保護者の同伴が必要です。 ご了承ください。 —————————————————————————————————————— 南相馬市では、小高交流センターにて『陶芸教室』を開催します。 この教室では、湯呑程度の器を1つ作成します。 器の完成期間は、2~3カ月を予定しています。 完成後にお電話にてお知らせします。 湯呑やお皿、マグカップなど… あなたの理想のイメージを形にしてみませんか? 日時:2020年7月29日(水) 10:00~11:30 場所:小高交流センター 北3棟 交流スペース 講師:大甕(おおみか)陶芸クラブ 高田 先生 対象者:どなたでも 参加費:1,000円(材料費) 定員:5人程度 持参物:エプロンまたは汚れて良い服、タオル、飲み物 申込方法:窓口(チラシ下部の申込欄に記入して提出)または 電話(0244-32-1124)まで。 city. minamisoma. html ———————————————————————————————————————— 南相馬ひばりエフエムと相双ビューローでお送りする 相馬野馬追の見どころ。 相馬小高神社で、午前9時30分頃から そして相馬市では相馬中村神社 JR相馬駅から徒歩で約20分ほど の北手 三の丸お屋敷からの 総大将御出陣も大きな見どころのひとつです。 相馬中村神社で、時間は 朝7時30分くらいまで行けばいいみたいですね! 雰囲気はどんな感じですか? 三の丸お屋敷へお迎えの騎馬武者が来て 総大将が御出陣される様子を ごく間近で観ることができる場所です。 貴重な体験ができますね!相馬中村神社境内での宇多郷出陣式をひととおり見終わったら、そのあと相馬市内の街中に行けばお行列も観れますね。 その次はどこへ? 平成28 2016 年 相馬野馬追、総大将三の丸お屋敷をご出立 総大将と宇多郷の御行列にくっついてくように 北郷 南相馬市鹿島区 へ向かいましょう! 相馬野馬追は移動していく祭りでもありますからね。 北郷 南相馬市鹿島区 での見どころは、どこへ行けばいいでしょう? まず北郷副大将の永田陣屋 海老原副大将邸:南相馬市鹿島区永田 で 北郷の出陣式が執り行われ 北郷陣屋へ御行列を組み進軍なされます。 そのあと 総大将と宇多郷勢が永田陣屋へ入られます。 北郷勢の到着された北郷陣屋 JAふくしま未来鹿島総合支店 広場 では 伝令など、その昔の陣屋の様子が披露されたり お侍さまと一般の方との交流が持たれたりします。 戦国時代さながら、軍者たちの勇ましいやり取りを間近で観ることができるんですね! 永田陣屋に入られた総大将と宇多郷勢と 北郷陣屋との間で騎馬武者の伝令が取り交わされ 総大将の御行列が北郷陣屋へ向かいます。 騎馬武者通しの勇ましいやり取り「口上(こうじょう」も聴きごたえがあります。 特に総大将を迎え入れる際の北郷陣屋での緊迫した感じはぜひ、観て頂きたいですね。 北郷陣屋では、今年は大きなスクリーンで永田陣屋(海老原邸)とのやり取りが映し出されるようですし、ぜひ、足を運んでみてください。 このあと、行くとしたらどこがおすすめですか? 平成28 2016 年 相馬野馬追、北郷永田陣屋 南相馬市鹿島区のまちを宇多郷勢と北郷勢の御行列がわたったら、同じ鹿島区の真野川の河原で、北郷勢によるミニ神旗争奪戦が行われます。 本祭場地となる南相馬市原町区の雲雀ヶ原では、先着した中ノ郷、小高郷、標葉郷の出陣騎馬が集結し宵乗り競馬が行われます。 宇多郷勢、北郷勢も順次、駆けつけます。 雲雀ヶ原祭場地での宵乗りが終わり、午後5時30分頃から、南相馬市原町区の旭公園で、軍者会が執り行われます。 この様子も、どなたでも観ることができます。 軍者会が終わると、原町区内の駅通りを相馬盆踊りのパレードが始まります。 どなたでも盆踊りの列に参加できる「飛び入り歓迎」のチームもありますので、相馬野馬追の前夜祭を楽しんでください!!!!! 初めにも話したように、相馬野馬追は移動して行く祭りであり、また同時多発的に、色んな場所で行事、やイベントが開かれてますから情報を集めて、3日間楽しんでほしいですね! 平成27 2015 年相馬野馬追 北郷永田陣屋から北郷陣屋へ 昨年、平成28 2017 年の、[相双ビューロー]: 南相馬ひばりエフエムと相双ビューローがお送りする 「」へ続きます。 [相双ビューロー]: 南相馬ひばりエフエムでは、野馬追開催の3日間 雲雀ヶ原祭場地などからの一部生中継も交え「相馬野馬追特別番組」を放送します。 7月29日 土 、午前10:00から午後1:00 7月30日 日 、午前10:00から午後3:00 7月31日 月 、午前9:00、正午 南相馬市内では87. 0MHzで、またインターネットのサイマルラジオ スマホの無料アプリ リッスンラジオ で、お聴きいただけます。 詳しくは、[相双ビューロー]: 2017.

次の