ポケモン 都市 伝説 怖い。 【閲覧注意】怖くて眠れない 「ポケモンの都市伝説」と言えば? 最新作のサンムーンでも新たな都市伝説が発見される

海外では公開禁止!?ムーミンのワケあり都市伝説

ポケモン 都市 伝説 怖い

1996年から爆発的に人気となり、23年経った今でも愛され続けるアニメ『ポケットモンスター』。 主人公のサトシとピカチュウがポケモンマスターになるまでのお話がアニメで放送され、ゲームでは様々な主人公が世界各地を冒険します。 そのポケモンですが、 想像以上に深い裏の設定があったり、 よく考えるとゾッとするような怖い話の宝庫なんです。 今回は、その中でも特に面白い裏設定・怖い話をまとめてお伝えします! ポケモンの世界では10歳が大人 世界各地では「成人」の扱いが国によって違いますが、ポケモンの世界では「10歳になると大人」としてみなされるそうです。 ポケットモンスターの脚本を担当していた首藤剛志さんが執筆した 『ポケットモンスターThe Animation』によると、10歳の誕生日を迎えた次の年の4月にはポケモンの捕獲許可証が下りるそうです。 10歳というと、ちょうど小学校4年生くらいの年頃ですが、その年齢になって初めて 「ポケモン捕獲許可証」が発行され、ポケモンゲットができるようになります。 しかし、ポケモン自然保護法のため一人が一度に持てるモンスターボールは6個までと決まっています。 サトシが旅に出たときも10歳の頃でした。 当時アニメをみていた人は 「10歳なのに一人で旅にでるの!?」と驚いた人もいたと思いますが、そんな裏設定があったとは…という感じですね。 そのため、ポケモンの世界では10歳以上になると旅にでようが何しようが勝手なのです。 カジノに行こうが、結婚しようが好きに人生を選ぶことができる。 現代でも 「少年革命家ゆたぼん」さんが不登校Youtuberとなり有名ですが、サトシもちょうどあのくらいの年齢で旅に出たのですから、ゆたぼんが自分の人生を行くのも不思議とわかるような気も…少し心配にはなりますね。 ポケモンジムは認可制の国家公務員である ポケモンを進めていく上で必ず通らなければならないのが 『ポケモンジム』。 ここでジムリーダーにバトルで勝利し、全てのジムバッジを集めることで四天王に勝負を挑むことができます。 実はこのポケモンジムが認可制の国家公務員であることはご存知でしたか? ポケモンジムはもともと 『トレーナーのための道場』のようなもので、それぞれのジムにベテラントレーナーがポケモンバトルを教える場でした。 しかし、ポケモントレーナーが一般化されていくにつれ、ジムを悪用しお金儲けする人が増えたため、 『児童1万人に対し1軒』という認可制度を設けたのです。 ただ、そこにも問題が生まれます。 児童一万人に満たない過疎化した地域ではポケモンジムを運営することができなくなってしまったのです。 そうすると、ポケモンジムが人工の多い場所に密集してしまい、結果的に地域の過疎化が進んでいってしまう… そうならないように、特例的に国の税金でジムを運営する許可が下りました。 そこで働くジムリーダーはいわゆる地方公務員なので、それほど良い給料がもらえるわけもなく、子どももたくさん来るわけではないので運営が大変なようです。 ちなみに言うと、ポケモンジムのリーダーは挑戦者に4回負けてしまうとジムバッジを返還しなければならないという設定まであるそうです。 給料が少ないのに、ノルマも課せられるとはなかなか大変な稼業なんですね… 初代ポケモンの町の名前は色の名前 サトシがポケモンの旅に出るときに一番最初に出発したのが「マサラタウン」ですが、色がモチーフになっていることに皆さん気づいていましたか? それぞれ何の色がモチーフになっているのか、確認してみましょう。 ポケモンの生みの親である 『田尻智』さんが幼少期を過ごした静岡県町田市と同じ場所に 『マサラタウン』があり、主人公の名前はアニメでは自身の名前にちなんで『サトシ』と設定されているのも意外と知られていない裏設定です。 マサラタウンが静岡県町田市をモデルにしたように、ポケモンの世界は現代の世界地図にピッタリ当てはまるようになっているのも驚きです。 それぞれの世代で世界各地を旅しているような感覚になるのもポケモンゲームの醍醐味かもしれませんね。 アメリカ、フランス、ハワイなど主要都市がモデルになっているところを見ると、世界全てがモデルになるまではポケモンは各世代へと進んでいきそうですね。 ポケモンの世界は現代の未来!? 世界地図をモデルにして冒険が続いているポケモンですが、実は 『現代の未来を表現しているのではないか』という説もあります。 その説を象徴しているのが、ジョウト地方で出てくる『アンノーン』というポケモンです。 アンノーンはアルフのいせきで出現するポケモンです。 珍しく28種類の姿を持つポケモンなのですが、図鑑にはこのような説明があります。 、、 すがたかたちが むかしの せきばんに しるされた もじに にており かんけいあるのではと ウワサされる。 ポケモンの世界では『生きる古代文字』として説明されているのです。 このアンノーンが『古代文字』とされているならば、私たちのいる現代はかなり昔のことで、ポケモンがいる世界ははるか未来の物語であるということが言えます。 そして、今生きている犬や猫などの生物は全て「ポケモン」に変わっています。 人 間に変わるポケモンが生まれる日もいつか来るのかもしれませんね。 レッドは金銀ですでに死んでいた? 赤緑バージョンから金銀バージョンまで、実に3年ほどの月日がたっています。 その赤緑の次回作である金銀で、レッドは四天王を倒した後に裏ラスボスのような形で登場します。 その場所は『シロガネ山』の山頂です。 そのシロガネ山に出てくるレッドは、実は死んでいるんじゃないかという説が流れています。 原因としては ・ひでん技『フラッシュ』が必要な山なのにフラッシュが使えるポケモンを持っていない ・マサラタウンにいるレッドのお母さんに話を聞くと「しばらくれんらくをよこしていない」 ・戦闘が終わった後に画面が暗転したあと、姿が消えている これらの理由から「レッドはすでに死んでいるのでは」「最後はレッドの幽霊と対戦」と噂が絶えませんが、実際はどうなんでしょうか。 作中におけるレッドは無口である、とされてきたため、その設定を守るために無口なキャラを貫き通し、戦闘後は何も言わずにいなくなっただけではないでしょうか。 ギラティナは実はレッド説 ギラティナといえばポケットモンスタープラチナの表紙を飾る伝説ポケモンです。 そのギラティナが実はレッドではないか、という噂も広がっています。 が生まれる前、混沌のうねりの中からが姿を現した。 の体からと、そしてが生み出され、時間が流れ間が広がった。 さらには、、を生み出した。 この3体が祈りをると心というものが生まれた。 が創られたのでは眠りについた。 、と同時に生まれ、二匹と拮抗するを持ちながらもでられることがなかった。 をるといわれている。 暴れ者ゆえにを追い出されるが自ら生み出した破れたで元々住んでいたを見ている。 破れたそのもののような存在らしくの感情によって破れたやのにが広がってしまう。 宇宙が創造される前に生まれたポケモンが実はレッド、というのはあまりにもこじつけですね。 意味が分かると怖いポケモン 作中では何の気なしにゲットしているポケモンですが、中にはとても子どもがプレイするゲームとは思えないくらいの怖いポケモンがいます。 フワンテ 一見、見た目はかわいらしいポケモン 『フワンテ』ですが、なかなか怖いポケモンです。 図鑑にはこう書かれています。 、、 ひとや ポケモンの たましいが かたまって うまれた ポケモン。 ジメジメした きせつが だいすき。 漢字 人や ポケモンの 魂が 固まって 生まれた ポケモン。 ジメジメした 季節が 大好き。 フワンテだけでなく、人の魂や死んだ人がポケモンになった例はまだあります。 ボクレー 、 もりで さまよい しんだ こどもの たましいが きりかぶに やどり ポケモンになったと いわれている。 漢字 森で さまよい 死んだ 子供の 魂が 切り株に 宿り ポケモンになったと 言われている。 この世界では幽霊=ポケモンといっても過言ではないみたいです。 また、ポケモンが死んで別のポケモンになっている説もあります。 詳しくは下記ブログを是非チェックしてみてください。 ネタバレすると、 「実はピクシーが山に捨てられ、悪霊となったのがゲンガーじゃないか」という説について検証しています。 こういった設定を知ると、なんとなくプレイしていたポケモンも怖く感じますね… 海外ではこう呼ばれてる?意外だけどハイセンスなポケモンの名前 ポケモンは今や世界中で人気のゲームです。 海外では『ポケットモンスター』としてたくさんの人たちに愛されています。 そんなポケモンたちも海外では呼び名が違うのはご存知ですか? 数あるポケモンの呼び名の中でも特に珍しいポケモンをご紹介します。 ケーシィ・ユンゲラー・フーディン 元祖エスパータイプのこのポケモンたちは日本では 右から『ケーシィ』、『ユンゲラー』、そして『フーディン』です。 初代ポケモンではフーディンは友人がいる+通信ケーブルを持っている人にしか持つことのできないレアポケモンでした。 その初代からエスパータイプを支えてきた彼らですが、海外ではどのように呼ばれているのでしょうか。 実は海外では、 Abra(アブラ)、Kadabra(ユンゲラー)、Alakazam(アラカザム)という名前なんです。 海外では 「ちちんぷいぷい!」に匹敵する呪文の一つで、これにより非常に海外の人たちにも馴染むんだとか。 コイキング 水タイプのポケモンの中でも最弱レベルで、覚える技は「はねる」と「たいあたり」しかないある意味すごいポケモンです。 作中でもらえる、戦闘に出さなくても経験値がもらえるアイテム「がくしゅうそうち」はまさにこのポケモンのためにあるんじゃないかと思うくらい非力なポケモンです。 『コイキング』は海外では一体どう呼ばれているのか。 海外では、 『Magikarp』という名前で、魔法(Magic)と鯉(Carp)が組み合わさっているのが分かります。 恐らく、コイキングが進化してギャラドスになる様を魔法のような進化に感じて名付けられたのでしょう。 『たいあたり』しかできなかったポケモンが、進化すると『街一つを焼き尽くすほどの凶悪ポケモン』になるので、理由が分かると納得の名前ですね。 ちなみにギャラドスは 『Gyarados』と表記されます。 こちらはそのまんまなんですな… ワンリキー・ゴーリキー・カイリキー こちらも初代から格闘タイプを支えてきたポケモンの代表格ですね。 日本では腕力から始まり、剛力、怪力とどんどんたくましくなる様を表現していますが、海外ではなかなかアツい呼び名がついています。 最終的にChampになるところがなんとも格闘家っぽいネーミングでしっくりきます。 ほとんどのポケモンが日本の名前に引っ張られている中、今回紹介したポケモンたちは海外でも色濃くリネーミングされ愛されているのが分かったと思います。 サトシとシゲルの名前の由来は? 作中に主人公で登場する 『サトシ』。 そして、ゲーム版では四天王を倒して最後に主人公と戦うライバルの 『シゲル』。 この二人は、実は意外なところから名前が付けられています。 まず、『サトシ』はポケモンの生みの親である 「田尻智」さんが、自身の名前を主人公につけた、という話が本当のようです。 そして、シゲルの由来はなんとあの「スーパーマリオ」の作者である 「宮本茂」さんからつけられているそうです。 1985年に大ブームを巻き起こしたスーパーマリオにライバル心を燃やした結果、作中にもその姿が投影された、ということですね。 更に言うと、ポケモンの作者である『田尻智』さんは東京都町田市で少年時代を過ごしたとされています。 そして、カントー地方の『マサラタウン』と関東圏の町田市は同じ場所に位置しているため、「田尻智さんが幼少期を過ごした場所をモデルにした」という噂もあるようです。 なぜサトシの相棒がピカチュウなの? ピカチュウといえば今やだれもが知っている超有名キャラクターになりましたが、ゲーム版ではピカチュウバージョンを除いて主人公の最初の一匹には選ばれていません。 むしろ初代では『トキワのもり』に出てくる野生のポケモンです。 そんなピカチュウが、なぜアニメではサトシの相棒となったのでしょうか? ピカチュウがサトシの相棒になった理由は、実は 「男女からの幅広いファンを獲得するため」 という製作者側の意図があったようです。 ポケモンは本来男の子向けのアニメのため、男の子からの人気は当然ですが、女の子からの支持がないと視聴率が落ちていくのは目に見えていました。 そこで、かわいいポケモンの代表として『ピカチュウ』が選ばれてアニメで大活躍し、ポケモンが全国的に大ヒットしたといわれています。 サトシのピカチュウは『進化しない』で有名ですが、その裏にはそんな理由が隠されていたんですね。 ちなみに言うと、Forbes. comによる『フォーブスの世界で最もお金を稼ぐキャラクターべスト10』では、ピカチュウは8億2500万ドルの収益を生み出しているとか。 日本円にして約8兆9608億6125万円稼いでいますので、ピカチュウが国の経済回してるようなものですね… ニャースだけなんで日本語話せるの? アニメの中で唯一日本語を話せるポケモン 『ニャース』。 ニャースがこっそり練習して日本語を話せるようになった、という回もあったような気もしますが、なぜニャースだけ日本語を話せるようにしたのでしょうか? アニメの放送前、どのように放送していくかという段階では、実は 『ポケモンも日本語はなしていいんじゃね?』と全てのポケモンにセリフをあてる予定だったそうです。 しかし、ピカチュウ役の大谷育江さんをはじめ、『声優さんがすごすぎて』セリフがなくてもポケモンの言葉で感情移入ができてしまったため、ポケモンにはセリフをつけずに放送したという逸話が残っています。 ちなみに、ニャースが話せるようになったのはポケットモンスターのアニメ第70話「ニャースのあいうえお」で語られています。 ニャースはロケット団に入る前に「マドンニャ」というニャースに恋心をいだきました。 ところがマドンニャは人間にしか興味がなく振り向いてもらえなかったため、「日本語」と「二本足で歩く」練習を来る日も来る日もし続け、習得したのだそうです。 結局、そんなニャースは気持ち悪い、とマドンニャに振られてしまいその経験からグレてロケット団に入り今に至ります。 何気なくニャースだけ話せる、という感じで見ていましたが、こんな設定もあったと知ると楽しくなりますね。 いかがでしたか? ポケモンには意外と知られていない内容がたくさんありますね。 明日、ポケモン好きな友達に話してみては? いかがでしたか? 次回もまだまだあるポケモン都市伝説を書いていきますので、お楽しみに!.

次の

【ポケモン都市伝説】ナタネは森の洋館事件の犯人だった!?

ポケモン 都市 伝説 怖い

シオンタウンにはモデルが無い(現実には存在しない)のでは? ポケモンのマップは 日本をモデルにしていることはよく知られている。 カントー地方は関東地方であるが、地図で見ると見方次第だが シオンタウンは東の端にくっついているので実際には街が無い。 実はこれは名前の由来と関係があると思える。 初代ポケモンの街の名前は色に由来していることは知られているが「シオンタウン」は「 紫苑=薄紫色」に由来している。 Sponsored Link 実は「紫苑」と言うのは花の名前でもあり、野生のものは九州にわずかに自生している程度だが、生花として多く栽培されているので誰でも見たことがあるはなだ。 用途として「 仏花」つまり 仏様にお供えする花として有名であり仏壇やお墓で見たことがある人は多いと思う。 どちらかと言えば寂しい外見の清楚な花だ。 都市伝説で語られているようにひょっとするとシオンタウンは「 あの世」なのかもしれない。 海外で有名な「シオンタウン症候群」 これは「 ラベンダータウンシンドローム」として海外では有名な都市伝説である。 海外には「紫苑」が無いので薄紫色を表す ラベンダーが町の名前となっている。 では具体的に「 症候群」と言われるのはどういった症状なのだろうか。 これは海外で初代ポケモンが発売されてから数日して見られるようになった現象を指している。 その現象とは 12歳の少年少女の自殺が目立つようになったというものだ。 彼らはポケモンに熱中していたが、ある日突然自殺してしまったというのだ。 その彼らには 奇妙な共通点が見られたという。 全員、 シオンタウンでゲームが止まっていたらしいのだ。 カセットにはシオンタウンのセーブデータがあり、それが彼らの遺品になってしまったわけだ。 その原因は全く不明だが、BGMに含まれる 高周波が原因だという説を立てている人がいる。 Sponsored Link 確かに、昔、ハンガリーの「 暗い日曜日」(原題は悲しい日曜日)という曲を聴いて自殺者が数百人出たという話があった。 しかし時代背景(ナチスによる占領)ということもあるので、単純に曲と結びつけるのはおかしい。 ただ高周波に関する考察は面白いので紹介しておこう。 naver. 意図的とは考えられないのであったとしても偶然だろうが面白い考察だ。 シオンタウンには「666」という悪魔の数字がある 666は映画「 オーメン」で有名になった悪魔の数字だ。 その数字は聖書の「ヨハネの黙示録」に「獣の名前」として出て来るので嫌われているのだ。 それが何故ポケモンに隠されているというのだろう?キリスト教圏ならではの発見だ。 その666の都市伝説の内容はこうだ。 * シオンタウンは6番目の街 * 建物が6つある * 窓が6つの建物がある 少々こじつけ臭いが確かに666となる。 少女との会話が怖いが内容もおかしい まず会話だが 女の子「 あなた ゆうれいは いると おもう?」 主人公「 いいえ」 女の子「 …あはは そうよね! あなたの みぎかたに しろい てが おかれてる なんて ・・・あたしの みまちがいよね」 とよくある怪談のようだが、この 白い手というのが問題である。 ポケモンには 「白い手」のゴーストは存在しない。 だからこれは本当の 人間の幽霊を意味していることになる。 まさしく都市伝説にふさわしい話だ。 カラカラの幽霊とのバトルの意味 これは初代ポケモンの バグと言われている。 ゆうれいポケモンにはワザが出せないので、本来であればシルフスコープがなければポケモンタワーをクリアできない。 ただし ピッピ人形を使えばシルフスコープ入手前にクリアできてしまうことだ。 カラカラも野生ポケモンではないのだがピッピ人形で逃げられる。 実はカラカラは頭にかぶっている骨が高価なので 乱獲されているという。 そしてカラカラの幽霊は 親子で逃げる途中で殺されてしまったという。 だからピッピ人形を 自分の子供と間違えたという都市伝説が語られているのだ。 シオンタウンのBGMは確かに気に障る音楽であまり聴き続けたくないものだ。 また ポケモンの墓がある街ということもあって気味が悪いし、これらの都市伝説はプレイしてみると現実味があって不気味だ。 しかし、何故 12歳なんだろう?.

次の

ポケモン都市伝説!ポケモンの悲しい物語と裏設定…

ポケモン 都市 伝説 怖い

ここがポイント!• 森の洋館事件とナタネ まずはこの2つについて軽く説明する。 森の洋館はポケモン・ダイヤモンド&パールに登場する建物。 ハクタイの森という場所にあり、洋館の前には大きな木が生えているため「 いあいぎり」を覚えていないと中には入れない。 Sponsored Link 建物の中は怪現象やオバケがうようよし、ホーンテッドマンションのような怖さがある。 「ロトム」のしわざかと思われたが、このポケモンを倒しても怪現象がなくなることはない。 実はこの洋館にも昔は人が暮らしていた。 しかし殺人事件が起き、 住んでいた人は全員殺されてしまったのだ。 これが「 森の洋館事件」であり、やがて幽霊屋敷と噂されるようになる。 そして ナタネはというと、この森の洋館があるハクタイシティのジムリーダーだ。 草系ポケモンを使う彼女だが「草系ポケモン使いに悪い人なし」と断言する素直な性格の持ち主だ。 ナタネの怪しい行動 そんな彼女がなぜ、この都市伝説で事件の犯人にされているのか。 それには いくつかの理由があるので解説と一緒に紹介しよう。 ・森の洋館にはベッドが3つあるが、住んでいたのはおじいさんと少女の二人だけ 元々は他にもう一人住んでいて、それが ナタネだったのではないか? ・ナタネを倒すと「いあいぎり」がもらえる ハクタイシティではナタネしか「 いあいぎり」が使えない。 よって、「いあいぎり」を使わないと切れないくらいの大きな木を植えて洋館への道をふさいでいた? Sponsored Link ・ハクタイの森でうろうろしている姿を何度も見られている 誰かが事件について調べていないか確認するため。 「 犯人は現場に訪れる」とはよく言ったもの。 細かい理由まで紹介するとキリがないので、大まかなところだけ選んでみた。 こう考えると、確かに都市伝説が語るように彼女と事件をつなぎ合わせることができる。 しかし、当然ながらこの都市伝説に反対する輩もいる。 ナタネは「犯人じゃないよ」説 先ほどは森に通うナタネを犯人候補としたが、このことに関してポケモンスタッフが次のように答えている。 「彼女は責任感が強くて事件のことはいつも気にしている」 ナタネは犯人ではなく、 純粋に事件を解決したいという気持ちから行動しているのでは?とも考えられるコメントだ。 またストーリーが進むと、ナタネは主人公に 洋館の調査をお願いしてくる。 ナタネが事件について悟られたくなければ、主人公に頼むのはおかしな話。 どうしても調べたいなら自分で調べれば済む話だ。 本当のところ、「彼女は無関係なのでは」とも思えてくる。 ところでポケモンスタッフの答えにはこんな続きがある。 「ナタネはオバケが苦手だからいつも建物の前で帰ってしまう」 実際にナタネ本人も「草タイプとゴーストタイプが合わさったポケモンが出たらどうしよう」などと語っている。 ポケモンのオバケなんて可愛いイメージしか想像できないが、彼女は自他共に認める オバケ嫌いでもある。 「 気にはなるけどオバケが怖くて調べられない。 だから主人公にお願いした」 まとめると、つまりこんなところである。 しかしナタネのオバケ嫌いが、犯人だと疑われないためについた 嘘だとしたら…?草系ポケモン使いだけにカモフラージュは得意なのかもしれない。 ……話が次から次へと変わって、まるでミステリー小説のような都市伝説だ。 それだけナタネを怪しむプレイヤーと守りたいプレイヤーが多いということだろう。 どちらの説を信じるか。 ナタネ愛が試される都市伝説だ。

次の