財務 モデリング。 財務モデリング資格・AFM (Advanced Financial Modeler)とは

【予測財務三表】の作りかた │ 新しいビジネスモデルの発想とヒント

財務 モデリング

事業計画にはPL計画のみではなく、それと連動するBS計画、資金計画も含まれます。 これらを合わせて3表計画を財務モデルに落とし込み、様々なパラメータで感応度分析を行います。 たとえば売上高を構成する新規登録数・既存登録数・新規登録単価・月額課金単価が重要であれば、その項目を乗算する形でモデルに落とし込みます。 さらに、これらの業績指標のうち、将来変化することを想定する項目についてはパラメータ 変数 として設定し、シナリオ別 ポジティブ・ベース・コンサバ等 に変動できるようにします。 同様にして売上原価や販管費も重要度に応じて、より詳細な構成要素に分解した上で、変動費や純固定費のみを可変とします。 たとえば計画2年目に登録数が急に10倍になっているが特段の根拠はない、ということでは実現可能性は低くならざるを得ません。 また、資金計画において、計画の途中で資金ショートしているということなどがあれば、それはもはや実行すべき計画ではなくなります。 必要以上に構造を複雑化しパラメータも多くすると、事後的に前提を変更する場合などに時間がかかるばかりか、モデル内に不整合を生じさせるリスクも伴います。 往々にしてモデルは複雑化しやすいものですが、そうなると担当者の属人的な好みやパラメータ連動の恣意性が生まれやすいため、他人が見ても思考プロセスを容易に再現できるモデルを心掛けることが重要です。 スタンドバイシーではデューデリジェンス業務と合わせて財務モデリングのご依頼を頂くケースも多く、デューデリジェンスと財務モデリングを一貫して行うことで、デューデリジェンスの発見事項を漏れなく精緻にモデルに反映することができます。 また、財務モデリングとデューデリジェンスは基本的に同一チームで対応するため、内容確認等のコミュニケーションコストも抑えることが可能になります。

次の

財務モデリング

財務 モデリング

財務モデリングの目的 財務モデルとは、事業上の様々な財務数値のシミュレーションを可能とした計算ファイル 主にExcelファイル のことです。 財務モデルの最大の強みは、前提条件を変化させた場合に将来の財務数値も連動して変化するという意味で「 シミュレーション可能」という点です。 この点、財務モデルを作成すると、企業や事業の将来の財務予測を「シナリオ別」かつ「要因別」に分析することが可能となり、ビジネスモデルの理解、将来性、リスク要因等の理解が深まるとともに、戦略策定や投資の意思決定の役立ちます。 ここまでの話では、財務モデルはとても難しそうに感じ、また、イメージが湧きづらいかと思います。 そこで設例を用いて簡単な財務モデルを見ていきます。 財務モデルのExcel作成例を下記に記載しています。 ここで重要なのは、「パラメータ」の存在です。 このパラメータ ここでは、売上成長率 の数値を変化させると、将来の売上高、営業利益も連動して変化するように数式を組んでいます。 この点が先ほど述べた財務モデリングの最大の強味ということになります。 財務モデリングが活きる職種 多くの人にとっては財務モデリングというものが馴染みがないかもしれませんが、財務モデリングはビジネスの様々な場面で使用されています。 特に1. 事業会社の財務部門、経営企画部、新規事業開発部、2. 投資銀行 IBD 、3. 投資ファンド、4. また、現在、これらの職種でない方にとっても、財務モデルの作成手法を知っていることはビジネスモデルや事業計画等を理解する上で強力な武器になると思っています。 ・ 特に財務モデリングスキルが求められる職種• 事業会社の財務部門、経営企画部、新規事業開発部• 投資銀行 IBD• 投資ファンド• 商業銀行の融資・審査 財務モデリングのロードマップ• (本記事)•

次の

【コラム】(財務モデリングの最先端)第6回 循環参照を避けるべき理由

財務 モデリング

東芝は、現在「CCC」と呼ぶ経営指標の目標を掲げています。 CCCはキャッシュ・コンバージョン・サイクルの略。 売掛金と在庫の回転日数から、買掛金の回転日数を引いて求めます。 このCCCを短縮するということは、運転資金が減るということです。 運転資金を賄う有利子負債は圧縮でき、在庫削減による生産現場の効率化で労務費なども削減できる。 言ってみれば、「資金繰り、貸借対照表、収益改善」と三方良しと旗振り役の副社長はコメントしています。 成果は着実に上がっていて、2008年3月期に34日であったCCCは前期には27. 8日へ短縮。 1年前よりもFCFは約5500億円も改善。 有利子負債も約5900億円圧縮したといいます。 このような取り組みは、トップマネジメントのコミットメントが必要です。 なぜなら、企業には、売掛金、在庫、買掛金を俯瞰してみている部署がないからです。 日産自動車でも同様の取り組みが行われてきましたがCFOの協力なリーダーシップの下、クロスファンクショナルチーム(社内横断的なプロジェクトチーム)が結成されていました。 さすがに東芝は、副社長が旗振り役となって社内横断のイノベーション活動と位置づけ、改善を継続する工夫をしているようですね。 カテゴリー: , , | 投稿日: | 投稿者:.

次の