スイッチ 韓国ドラマ。 スイッチ【韓国ドラマ・チャングンソク】キャスト・あらすじ・感想!

スイッチ韓国ドラマの最終回あらすじをチェック!ラスト結末は続編を予感?!|韓ドラnavi☆

スイッチ 韓国ドラマ

2020. 主演を務めるのは、日本でも人気が有るチャン・グンソク。 検事のペク・ジュンス役と詐欺師のサ・ドチャンの一人二役を演じています。 このドラマが、チャン・グンソクが兵役に就く前の最後の作品になるのではないかと言われていますので、ぜひとも視聴したいところですよね。 スマートな魅力を放った検事役。 そして頭が良く、人間的な魅力を持った詐欺師役。 見事にチャン・グンソク風に熱演をしてくれるハズ。 他のキャストも豪華絢爛。 ハン・イェリ、チョン・ウンインなどが熱演しています。 詐欺師から、検事へと身分を偽って法律のすれすれを逃れていく、悪者を捕まえていく詐欺ストーリー。 合法と不法の境界線は??正義に向けアイロニー的メッセージを投げかける。 お時間がある方は、ぜひご視聴くださいませ。 スイッチ あらすじ 入隊前、最後のドラマ出演であるかもしれないチャン・グンソク。 これを見逃してしまうと、しばらくドラマに出ているチャン・グンソクには会えないかもしれませんね。 今回は一人二役を演じていてそれも両極端な役。 一方は検事。 一方は詐欺師。 どう折り合わせても、交わることができないような検事と詐欺師の役を演じてくれるのかに期待が高まります。 一人二役であり、かつ両極端な役なのでヘアや衣装のチェンジ、それぞれの役柄にどう感情移入して、躍動感ある演技を見せてくれるのかにも是非、注目してくださいね。 「 スイッチ-各話あらすじ」はこちらから ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。 見どころポイント 入隊前、最後のドラマ出演であるかもしれないチャン・グンソク。 これを見逃してしまうと、しばらくドラマに出ているチャン・グンソクには会えないかもしれませんね。 今回は一人二役を演じていてそれも両極端な役。 一方は検事。 一方は詐欺師。 どう折り合わせても、交わることができないような検事と詐欺師の役を演じてくれるのかに期待が高まります。 一人二役であり、かつ両極端な役なのでヘアや衣装のチェンジ、それぞれの役柄にどう感情移入して、躍動感ある演技を見せてくれるのかにも是非、注目してくださいね。 ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。 豪華な顔ぶれが並んでいた「スイッチ」。 ドラマのストーリーとしては、天才で完璧な詐欺師のドチャンと熱血検事のオ・ハラがタッグを組み、世の悪と戦うドラマになっていました。 そこにハラの先輩でもあった憧れの検事、ペク・ジュンス検事が加わるような形でしたね。 このドラマでは、チャン・グンソクは一人で二役を見事に演じ切りました。 有能な検事のペク・ジュンス役と天才詐欺師であるサ・ドチャン。 これらの二つは、絶対に交わることのできない気がしましたが、ペク検事とドチャン。 検事と詐欺師を超え交わりあっていました。 ペク検事が詐欺師に対する嫌悪感という、偏見の目がなかったのも一因かなと思います。 はじめに出会ったのがドチャンとハラ。 ハラは先輩である、ペク検事にそっくりな容姿を持つドチャンにある提案をしました。 それは・・・ペク検事のふりをして検事になること。 とんでもない提案に流石のドチャンも、はじめのうちこそ戸惑いますがここからハラとドチャンのコンビの始まりです。 そしてペク検事がとなっていくのですが、ドチャンの仲間である詐欺集団もとても個性的で味わい深いキャストばかりでした。 とても面白く、爽快な気分になれるドラマだったと思います。 唯一の残念なのは、やっぱりロマンスがほぼ皆無であったこと。 ハラとドチャンのロマンスを期待していたのですが・・・二人は結果、どうなったのでしょうか??鈍感な私には、わかりませんでした・・。 物語はハッピーエンドでのマクトジとなりましたが・・・・。 スペシャル版か何かで、二人の恋模様をとことん描いて欲しいです。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 主人公・ヒロイン、そして脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示! 主演俳優・女優、および共演者などの情報が一目でわかります。 サ・ドチャン・ペク・ジュンス役 (チャン・グンソク) 一人二役を演じたチャン・グンソク。 年齢30歳、職業。 ドチャンは詐欺師・ペク・ジュンスは検事。 検事だろうと、詐欺師だろうと騙しやであることは変わらない!ドチャンは、かつて天才詐欺師だった父親から、受け継いだ天性の勘を生かし自分も詐欺師になった。 それも完璧型の詐欺師。 他の人間が躍起になって九九の段を暗記するとき、ドチャンは81個の騙しの技術を身につけた。 何よりも強いのは、早期教育と実践詐欺を小学校に入る前にやって退いたことだ。 息を吸いジョークを一言。 息をはくときには冗談を一言。 ジョークがなくては生きられない肯定主義者。 かつての夢は検事だったが、ある理由から検事の夢を諦めざるをえなかった。 詐欺をして暮らしていたドチャン。 そのドチャンがある日、出会ったのが女検事のオ・ハラ。 突拍子もないオ・ハラに偽物の検事になれと提案されたが・・。 オ・ハラ役 (ハン・イェリ) ドチャンと同じ30歳。 ソウル中央地検刑事部の検事だ。 何物にも変えられない実力主義車で、ハラ自身も実力一つで全ての障壁を突破してきた検事。 個性は強いが熱血感あふれる女検事なのだ。 学生時代は喧嘩が好きで、喧嘩に明け暮れた毎日。 ヤンチャが過ぎたために、学校で物が扮した時に犯人だと疑われ退学になりそうに・・・。 人生を諦めかけた時、救世主が現れた。 それがペク・ジュンスだ。 ペク・ジュンスのおかげで、ハラの疑惑は晴れ自分も検事になろうかと必死で勉強した。 そしてある日、ある男に出会う。 それは憧れのペク検事にそっくりの詐欺師のドチャンだった! クム・テウン役 (チョン・ウンイン) ピィルギャラリーの代表取締役。 年齢はだいたい50代くらい。 鋭い眼光に核博な知識。 教養を兼ね備え美術の世界では有名なクム・テウン。 だが、有能な美術の世界に生きる顔には裏の顔が存在した。 麻薬を裁くことで、黒いカネを自分のものにして自分の私利私欲を満たしていたのだ。 テウンの悪行を、バラそうとする者がいれば容赦なく殺人を犯す。 望むものや手に入れたい者があれば絶対に自分の手の中に収める。 ポン監督役 (チョ・ヒボン) 詐欺のアシスト役。 40代。 映画監督になりたかったが、現在はドチャンらと一緒にこの世の悪を暴く詐欺団の中で活躍。 脚本から演出までオールマイティにこなす。 もちろん変装、変装に必要なための特殊メイクだって楽勝だ。 できれば映画の世界で、花開き活躍したかった。 ソ・ウンジ役 (シン・ドヒョン) かつては看護師として働いていた。 20代。 まだお肌もピチピチ。 現在は俳優として活動している。 それも詐欺俳優だ。 自分を救ってくれたドチャンに感謝し一目惚れした。 ドチャンを追いかけ、詐欺団のメンバーの一人になった キム室長役 (ソン・ウォンソク) クム・テウンの手下。 秘書業務も行う側近中の側近。 クム・テウンの全てを知っている人間の一人であり、クム・テウンが唯一たった一人信用している人物でもある。

次の

スイッチ韓国ドラマ感想・評価は面白い?視聴率・口コミの評判で検証してみた

スイッチ 韓国ドラマ

スポンサーリンク スイッチ【韓国ドラマ】紹介 本作はチャン・グンソクさん入隊前最後の作品として贈る社会派エンターテインメントです。 詐欺師のドチャンと堅物の検事を対照的に演じ分けるチャン・グンソクさんの演技力が光るのはもちろん、ハン・イェリさん演じる相棒オ・ハラとの騙し騙されながらも協力関係を築き、クールなようで微妙に垣間見えるラブラインにもトキメキ必至です。 見事な悪役ぶりを発揮するチョン・ウンインさんや若手女優シン・ドヒョンさんなどベテランから新鋭までバランスのとれたキャスティングが生み出すケミストリーが更に魅力を高めました。 またOSTで「美男ですね」共演したFTISLANDのイ・ホンギさんが参加するなど細部にも細かい演出が施され、みどころは数多いです。 スイッチ【韓国ドラマ】あらすじ 賭博現場にて検事になりすまし巨額の掛け金を奪った詐欺チームを束ねるリーダーのサ・ドチャン チャン・グンソク。 同じころ検事のペク・ジュンス チャン・グンソク は捜査に向かう途中で交通事故に遭い意識不明の重体となってします。 後輩のオ・ハラ ハン・イェリ はジュンスの事故に不可解なものをかんじ更なる危険を察知。 ジュンスと瓜ふたつのドチャンと取引しジュンスの身代わりをさせるのでした。 ハラと組んで検事として動き始めたドチャンは天性の才能でさまざまな困難を乗り越えていくが・・・。 スポンサーリンク スイッチ【韓国ドラマ】キャストインタビューまとめ チャングンソクさんは台本を読んだとき、 「自分に詐欺師が似合うか?検事役は合っても詐欺師はちょっと・・・(笑)」 と思い、周囲の人の聞いたところ「ぴったりじゃん」と言われたとか。 兵役前の作品になるだろうとの思いから、自分の代表作と言われるような作品にしようとの思いが強かったようです。 相手役のハンイェリさんに対しては 「徹夜で撮影後の朝早く病院で横たわり酸素マスクをつけるシーンがあって、本当に寝てしまった。 (笑)」 とインタビューは終始、チャングンソクさんのトーク力で笑いにあふれていました。 ドラマの見どころについては 「予想できそうで次の展開がまったく予想がつかなくなってしまうところがこのドラマの魅力。 もっと早く先が知りたいとワクワクしながらみてもらえると思います。 」 と語っています。 ハンイェリさんはこのドラマを選んだ理由として 「オ・ハラが感情の起伏が激しく、これまでやったことのない役だった。 オ・ハラがどうなっていくのかが知りたかった」 と語り、キャラクターへの愛着を表しました。 時々出てくるオ・ハラのアクションシーンについて、専門的に学んだのではなく、そのときどきで練習して臨んだものだと語っています。 ハンイェリさんは女優の傍ら舞踊家としても活動しているため、動きを吸収する速度に共演者がみな驚いたとか。 その点も注目してみてくださいね! スポンサーリンク 監督が語る「スイッチ」の魅力 監督はチャングンソクさんについて 「本当にびっくりするぐらい演技が上手でどうやったらそんな眼差しができるんだろうと驚かされました。 台詞がなくても表情や雰囲気だけで表現できる感情も描写も素晴らしかったです。 」 と語り、絶賛していました。 ハンイェリさんについても 「人気のある女優で視聴者の関心をひくのではなく、ストーリーで勝負したいと思ったので演技力や役者自身が持つ魅力をもってキャスティングしたいということでオ・ハラ役を探していたのですがハン・イェリさんが、望む条件に合致し実際にもうまく演じていただけたので感謝しています。 」 とキャスティングにとても満足しているようでした。 そして撮影中のエピソードとして 「新人の俳優さんに対しても細かく演技指導をしたりコミュニケーションを頻繁にするチャン・グンソクさんの姿勢がとても印象的です。 主演として共演者を引っ張っていくリーダシップを発揮されていて頼もしかったです。 」 と語っています。 これについて詐欺団の紅一点役で新人女優のシンドヒョンさんも 「チャングンソク先輩はすごく明るくてイタズラ好き。 一人二役を演じている様子を実際にみたら、すごく大変だとわかった。 でも少しも疲れた様子を見せず、後輩たちを面倒見てくださった。 ムードメーカーだった」 と、現場の雰囲気を盛り上げたチャングンソク先輩への感謝と尊敬を表していました。 韓国での評価もまずまずなようです。 ロマンス模様をもう少し組み込んでもいいのではないかという視聴者の声や、詐欺集団との統制のとれたチームワークをまだまだ見ていたいという声も含め続編を熱望する書き込みが最終回を迎えた後も続いています。 既存のメンバーに更にパワーアップするキャスティングを加えてパート2などがあれば是非見てみたいなという期待が湧きました。 最後に この撮影終了後、兵役のため約2年間、芸能活動を休止しているチャン・グンソクさん。 年齢的にも30代になった彼の兵役後の姿が気にならずにはいられない演技で魅了したのが本作ではないでしょうか。 チャングンソクさんは本作のインタビューで今後やりたい役を聞かれ、 「幼い頃からカーレーサーや医者や芸能人になりたいと思っていたんですが、ドラマや映画を通して何にでもなれる俳優という職業を改めて誇りに思いました。 生まれ変わっても芸能人を目指したいですね。 」 兵役を終え、さらにステップアップした姿を見られることを期待しつつ復帰を待ちたいですね。

次の

スイッチ-世界を変えろ キャスト・登場人物紹介 チャン・グンソク&ハン・イェリ&チョン・ウンイン主演韓国ドラマ

スイッチ 韓国ドラマ

概要 詐欺師の主人公が検事のふりをして、仲間達と事件を解決するドラマ。 正義感が強い検事のジュンスと頭の回転が速く難事件もすぐに解決に導く詐欺師のドチャンを一人二役で演じるのは、「ラブレイン」のチャン・グンソクで「テバク」以来約2年ぶりの主演で今作が兵役前の最後のドラマ出演になります。 そしてドチャンの後輩検事ハラ役には、「青春時代2」のハン・イェリが演じていて犯罪者で詐欺師のドチャンに惹かれ始めて行く姿に注目です。 顔がそっくりなのに性格が真逆の二人を演じる一人二役のチャン・グンソクには充分楽しめます。 たまに変装して罠を仕掛けますが、マッシュルームカットには笑えます! 詐欺師仲間と罠を仕掛け成功するシーンはスカッとする事間違いなし! そして、もうダメだ!と思っても結局はすり抜けて解決するドチャンがカッコいいですよ! ハラがえくぼを出して笑う顔は可愛いですが、ドチャンとの信頼関係が深まる中、ラブが見え隠れします! スポンサードリンク 【相関図】 【あらすじ】 詐欺師のドチャンは大金を手にして逃亡する為に空港へ来るが、騙された相手がやって来る。 検事だと言い張り検察へ行くが、検事のハラは、重体になってる先輩のジュンスにそっくりなドチャンに身代わりを頼む。 仕方なく協力したドチャンだったが、もともと司法試験の勉強してきた事もありすんなりと検事に成り切る。 捜査をする中で詐欺師で鍛えた勘と策略で次々と事件を解決するが、父親の命を狙った通称ヒグマのテウンと再会する。 テウンの悪事を暴く為に仲間達と罠をしかけ、先輩検事も容赦なく裁いていく。 仲間達と詐欺を働き、偶然検事のハラと出会い、検事のジュンスのふりを頼まれる。 元々、検事志望で勉強していた事もあり専門用語も知り尽くしている事で、様々な事件を解決していく。 父親と再会するがテウンに命を奪われてしまう。 何者かに事故を装い命奪われそうになるが、自分とそっくりの詐欺師が自分の身代わりをしていることに驚く。 曲がったことが許せなく自分を助けてくれたドチャンにも罪を償わせようとする。 罪を償わせると言いながらも心臓の調子が悪く、結局頼ってしまうことに。 先輩検事ジュンスの意識が戻るまで詐欺師だと知りながらドチャンに身代わりを頼む。 ジュンスに好意を持ちながらもドチャンにもひかれる。 検察内部にも金儲けのために罪を犯しながらもすり抜ける上司を探る。 裏では違法な密輸を繰り返す。 隠し子のソンドゥの存在を隠しながらも、自分の手下をさせ利用する。 以前、自分の妻(ジョンピルの娘)の命をを奪っておきながらマチョン(ドチャンの父親)に濡れ衣を着せ手を切り取る。 韓国ドラマ-スイッチ-あらすじ全話一覧 - 最終回 スポンサードリンク 韓国ドラマその他のおすすめ記事.

次の