スマホ落としただけなのに ネタバレ。 スマホを落としただけなのに2犯人Mの結末ネタバレ!BLのまさか

映画スマホを落としただけなのにあらすじネタバレ!成田凌がスゴイ!

スマホ落としただけなのに ネタバレ

Contents• スマホを落としただけなのにあらすじ 営業マンの 富田誠はタクシーの中で スマホを置き忘れてしまった。 重要なプレゼンになんとか間に合ったものの、とても困ったことになる。 誠の恋人、 稲葉麻美は誠にメッセージを送っても反応がないので不審に思う。 電話をかけてみると、 見知らぬ男が出た。 落ちていたスマホを拾ったというので、 カフェ店員に預けて麻美が代わりに受け取ることにした。 無事に誠の手に戻ったスマホ。 デート中、 プラネタリウムで麻美にプロポーズする。 だが麻美は亡き父の再婚相手(義母)と折り合いが悪く、誠を紹介したくなかった。 そのため プロポーズの返事ははっきりとできずにいる。 麻美は同僚の 加奈子に勧められ、放置していた SNSの使用を再開した。 さっそく友達申請が続々と届いた。 前の仕事で一緒だった 小柳守(現在は誠の先輩)や、麻美とある関係のあった 武井雄哉の名前も入っていた。 神奈川県警は刑事の 毒島徹と 加賀谷学が、山中での 遺体発見現場に立ち会う。 被害者は複数名で、共通しているのは 長い黒髪だった。 その黒髪は 一部分が切り落とされ、腹部を数回刺されたことが死因。 加賀谷は新人でありながら勘が鋭く、捜査班で活躍する。 誠は スマホ追跡アプリを入れ、もしものときのために備える。 そして麻美のスマホにも入れた。 誠のスマホデータは、 ある男がパソコンにコピーしていた。 スマホを遠隔操作したり、クレジットカード情報を不正利用していく。 誠は麻美が 過去を語りたがらないことを指摘し、麻美を怒らせてしまった。 麻美はSNSを通じて、 小柳から頻繁にメッセージを受け取るようになる。 映画好きという共通の趣味はあったものの、それ以上の関係にはあり得ないと思っていた。 しかし小柳のメッセージの内容は、どんどんエスカレートしていく。 加奈子に「富田くんに相談してみたら?」と言われる。 だが麻美のスマホに 誠と見知らぬ女性が写った写真が送られてきた。 怒った麻美は誠を問い詰める。 その女性は誠が家庭教師のバイトをしていた頃の 教え子の千尋。 千尋の姉の結婚式のときの写真だった。 そもそも麻美のアドレスを知らないのに送られるのがおかしい。 誠も 千尋とは連絡を取っていないという。 山中で見つかった遺体の身元が判明する。 そのうちの2人は 池上聡子と 宮本まゆだった。 聡子は母親と最近まで連絡を取っていたとわかる。 だが 留守電の音声は合成だった。 まゆは風俗店で不審な男に髪を切られてしまった。 その男は 黒髪を触り「おかあさん」とつぶやき続けていたらしい。 2人に共通するのは、行方がわからなくなっても心配する人がいないこと。 犯人がそこを利用しているのは明らかだった。 加賀谷は聡子のスマホがある場所を探すが、証拠隠滅されてしまったことに気づく。 ある男は大量のスマホを所持していた。 長い黒髪を持つ女性を狙い、 監禁し殺害していく趣味があった。 誠のスマホが勝手にロックされ、 金銭を要求するメッセージが出てしまった。 麻美はSNSで知ったセキュリティ会社に相談した。 社長の代わりに現れた 浦野善治が、誠のスマホに組まれたウィルスを駆除する。 浦野はスマホ関連の ハッキングなどの対応に長けている。 加奈子は麻美に付き添ってもらい、意中の人とデートに。 共通の知り合いである 武井も同席。 麻美は武井と気まずい雰囲気になる。 武井は既婚者なのに、麻美の 親友の山本美奈代と関係を持っていた。 美奈代の自殺の話になると、気分を悪くした麻美は1人で帰っていく。 追いかけた武井は 麻美に無理やりキスをした。 自宅近くまで来た麻美に、小柳からメッセージが入る。 「さっき見かけた。 近くまで引っ越してきた。 」などという内容。 完全に ストーカーと化してしまった小柳に怯え、麻美は逃げ回っていた。 すると麻美のスマホにまた写真が送られてきた。 誠と千尋がバーで会っているところだった。 その誠は千尋に連絡した覚えがないのだが、千尋は連絡を受けてバーに来たと言う。 麻美はバーで2人を目の当たりにして、ショックを受けて立ち去る。 店の外で口論になる麻美と誠。 千尋とのことを責める麻美に誠は、武井とキスしている麻美の動画を見せた。 何者かが撮影し誠に送っている。 お互いに疑う気持ちだけが残った。 数日後、小柳が「 麻美さんの恥ずかしい写真をばらまく」と脅迫メッセージを送る。 麻美が慌てていると、武井や加奈子から連絡は入る。 武井とのキス動画と武井を罵倒する文が、SNSに投稿されているという。 身に覚えのない麻美は削除しようとするが、SNSのパスワードが勝手に変えられていた。 そして誠と同じように金銭要求のメッセージが出る。 また浦野に対応してもらった麻美。 浦野はハッキングしている相手にウィルスを仕込み、反撃したと説明した。 麻美は小柳を疑っていたが、浦野はそれはわからないと答える。 気分を変えようと カクテルを勧めた浦野。 すると浦野は 麻美と美奈代の関係について話し始めた。 それは麻美が 絶対に知られたくない過去で、なぜか浦野が知っていた。 激しく動揺する麻美は、徐々に意識を失くしていった。 誠は小柳に麻美につきまとっているのか問い詰める。 だが 小柳は全く覚えがないと主張。 SNSを確認すると、小柳のアカウントがいつの間にか2つになっていた。 何者かが なりすましで作ったようだ。 誠は麻美と連絡が取れなくなり、出勤もしていないため行方を追った。 加賀谷と毒島は「 足立」という男が 服毒自殺をしたと連絡を受ける。 部屋の様子から足立が 聡子とまゆを殺害したと思われた。 だが足立の勤務先のロッカーには、 金髪のショートカットのアイドルの写真がたくさん貼られている。 加賀谷は真犯人が 足立を犯人に仕立てた、と見抜く。 加賀谷と毒島はバーの防犯カメラで浦野が 麻美を連れ出す様子を確認する。 麻美が長い黒髪だったことで、次の被害者だと判断する。 浦野の車を追い、静岡の 遊園地へ向かった。 意識が戻った麻美は、手足を拘束されていた。 部屋の不気味さに自分が置かれている立場をすぐ把握する。 豹変した浦野は麻美に 殺意をむき出しにする。 誠と麻美に送られた写真やメッセージは、すべて浦野のやったことだった。 麻美を埋めるための穴を掘ってくる、と部屋を出ていった浦野。 その隙に誠が助けに来る。 麻美のスマホに入れていた追跡アプリで、居場所がわかったのだ。 麻美を助け出したが、誠の行動は浦野に読まれていた。 浦野は誠の足を折り、逃げられなくする。 そして 麻美が隠していたことを話そうとした。 麻美はそれを阻止し、自ら誠にすべてを明かす。 麻美は「 本当の名は山本美奈代」と打ち明けた。 親友の稲葉麻美と同居するほどの仲だった。 大学の先輩だった武井と知り合い深い仲になるが、実は既婚者だとわかり一方的に別れを告げられる。 別れた後に妊娠が判明し、一人で中絶手術を受ける。 さらに麻美が株に失敗し、美奈代の身分証を使い 闇金で多額の借金を負ってしまう。 美奈代も追い詰められ極限状態に。 不満を漏らす麻美に「 私の人生返して!」と怒鳴り散らした。 その後、麻美は「 私の人生をあげる」と言い残し、線路に飛び込み自殺をする。 顔の損傷が激しかったことと美奈代の身分証を持っていたので、麻美の死は「 山本美奈代の死」として処理される。 美奈代は麻美と同じ顔に整形し、 稲葉麻美として生きてきた。 誠は衝撃的な告白に何も答えることができなかった。 浦野は麻美と美奈代の写真を見て、 背中にあるホクロが同じだったことで同一人物だと気づいたという。 浦野は麻美の悲痛な叫びを楽しみながら、誠を殺そうとした。 すると加賀谷が銃を向け、浦野を追い詰める。 加賀谷は浦野に「 産まなきゃよかったと言われたんだろう」と言う。 それを聞いた浦野は激しく取り乱し、加賀谷に襲いかかる。 毒島が浦野の腕に発砲し、浦野の身柄を確保した。 取り調べでは浦野の正体は不明なまま、 事件についても黙秘を続ける。 麻美と連絡が取れない、と加賀谷が入院中の誠に会いに来る。 誠も今まで麻美を苦しめていたと思い、自分からは連絡できなかった。 加賀谷から麻美のスマホを受け取る。 「お気に入り」と名付けられたフォルダに、 誠の何気ない写真がたくさん保存されていた。 麻美が スマホは宝箱にもなる、と言っていた意味を理解した誠。 麻美はプロポーズされたプラネタリウムに1人で来ていた。 そこへ誠が現れる。 本物の麻美からもらった人生を一緒に生きよう、と誠からまたプロポーズされる。 誠のプロポーズを受け入れ、2人はプラネタリウムを後にする。 スマホを落としただけなのに動画視聴は? 「スマホを落としただけなのに」はいくつかの動画配信サービスで視聴可能です。 配信されているサービスは・・・• U-NEXT• paravi• アマゾンプライム• U-NEXTとparaviは追加料金が必要になります。 おすすめは アマゾンプライム! 見放題対象の作品になっていますので、年会費だけでOKです。 スマホを落としただけなのに感想 めちゃくちゃスリルのあるストーリーでした。 小柳さんの気持ち悪さに震えてましたが、実はなりすましでホッとしました。 この映画、ハッカーであり殺人鬼の浦野(仮)に たどり着くだけのストーリーじゃないんですよね。 確かにそれじゃあ簡単すぎます(笑) それに主演は北川景子さんですからね。 ただの被害者で終わるほど単純な話じゃなかった! 麻美の真実に「マジか!」とびっくり。 その前に 武井と再会したときに違和感ありましたね。 麻美の態度で元カレか?と思ったけど、武井がそんな接し方じゃなかった。 あの時点では親友の美奈代を追い込んで自殺させたから、麻美は武井を毛嫌いしていた?と思ってました。 なんといってもこの作品、 成田凌さんの凄さに尽きる! 浦野、顔が見えてないシーンですでにものすごい不気味。 モデル出身の成田さんですが、なにげに映画ではいろんな役をこなしてきました。 浦野のようなクズ、表向きはクズだけど中身は純粋な青年(ニワトリスター)、イケメンでゲイ(逃げ恥)など。 映画「人間失格」では太宰の担当編集者、真面目なんだけど少し狂った一面もみせている。 ここ数ヶ月で出演映画が立て続けに公開されています。 かなり演技の幅が広い俳優さんですよね。 「スマホを落としただけなのに」は2020年1月に続編が公開されます。 加賀谷と浦野は引き続き登場しますよ。 加賀谷も謎めいた部分があるので、そこが明らかになるのかなあ。 キャスト 稲葉麻美 ストレートの黒髪が特徴の美人 富田誠と恋人同士 北川景子 富田誠 麻美の恋人で営業マン 田中圭 加賀谷学 神奈川県警捜査一課の新人刑事 非力だがサイバー犯罪に詳しい 千葉雄大 杉本加奈子 麻美の同僚 高橋メアリージュン 武井雄哉 麻美の親友、美奈代と不倫した過去がある 加奈子と合コンで知り合う 要潤 天城千尋 誠が家庭教師のバイトをしていたときの教え子 筧美和子 毒島徹 神奈川県警捜査一課の警部補 加賀谷と一緒に遺体遺棄事件の担当になる 原田泰造 小柳守 誠と同じ会社に勤務 派遣で来ていた頃の麻美に好意を持っていた バカリズム 浦野善治 セキュリティ会社を装いスマホをハッキングしていた 本名や素性は不明 成田凌 山本美奈代 かつての麻美のルームメイト 桜井ユキ カテゴリー•

次の

映画『スマホを落としただけなのに』の犯人について/ネタバレ

スマホ落としただけなのに ネタバレ

『スマホを落としただけなのに2囚われの殺人鬼』評価は? 前作のつながりは? 7更新 『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』あらすじ概要 原作は志駕晃のミステリー小説。 『』続編。 トラウマを隠す加賀谷刑事は新たな殺人事件について、前作で逮捕した連続殺人鬼・浦野から情報を得ます。 一方、恋人にも…。 他の映画はも参考にしてください。 『』の続編2作目で、3作目も既に発売されています。 監督の中田秀夫は『リング』シリーズで注目されて、ホラー映画を中心に多数の作品を監督していますが、代表作『リング』を超える作品はまだないように思えます。 題材や導入部はうまいけど、ラストを大切にしてない作品が多い印象です。 本作の主人公は、前作『』で助演だった 加賀谷刑事を演じる千葉雄大です。 戦隊シリーズ出身で、数え切れないほどの映画・ドラマに出演しています。 キャラ薄めなのが本作でどう評価されるか。 恋人役を演じる白石麻衣は乃木坂46のアイドルです。 演技はともかく長いセリフもがんばっていました。 同じく前作から続投の連続殺人鬼を演じる 成田凌は、完全に主役を奪ってました。 劇場でも「成田凌やばかった」しか聞こえてこないほど。 前作で主人公カップルを演じた 北川景子、田中圭も登場しますが、ほぼカメオ的な友情出演のみです。 いま思えば、演技が微妙と言われた北川景子の前作の方がましと思えるし、引き込まれたのは人間的魅力かと感じます。 スマホを落としてみたら?」とからみます。 麻美の正体を知ってるので笑えませんが。 北川景子と田中圭の出演はこれっきりです。 加賀谷の先輩刑事の毒島(原田泰造)も一瞬だけ登場します。 それ以外は、前作の 加賀谷刑事と、彼が逮捕した連続殺人鬼の浦野(成田凌)と、スマホのセキュリティだけが共通のつながりです。 前作は スマホのセキュリティをつく犯罪を描き、ミステリ的なフーダニット要素やどんでん返しもあり、エンタメ映画としてよくできてたと思います。 説明や説教くさいセリフは多いけど、スマホ持ってない人も見るので仕方ないと感じます。 本作『スマホを落としただけなのに2』も説教くささは健在ですが、独り言で心情を語る「TVドラマ風セリフ」が多いのは残念すぎます。 たぶん前作が難しすぎた高齢者への配慮でしょうけど、IT専門用語以外の説明セリフも多すぎます。 ミステリとしても、前作並みの予測不可能なフーダニット(犯人探し)をめざしてるけど空回りが目立ちます。 何よりも 犯人に意外性が全くないし、そもそも犯人は5人でした!という結末は、ミステリの爽快感を失くしすぎてます。 成田凌の和製『ハンニバル』に特化すべきでは? 原作小説を未読なのでどこまでオリジナルか不明ですが、浦野を演じた成田凌は、映画『羊たちの沈黙』『ハンニバル』で登場する 天才精神科医にして猟奇殺人犯であるハンニバル・レクター博士を意識してると思います。 過去のトラウマを抱える若手刑事が、獄中の連続殺人鬼の協力を得て捜査する過程もよく似ています。 本作で足りなかったのは、加賀谷刑事と浦野との間の偏愛と、千葉雄大の(成田凌に匹敵するくらいの)演技力です。 フーダニット(犯人探し)のミステリとしては失敗してるので、むしろ 猟奇殺人犯とトラウマ刑事との交流に焦点を当てた方が良い作品に仕上がったと思います。 その場合は、闇演技ができる若手女優の起用がふさわしいとも感じます。 本作での最大の違和感は、 加賀谷刑事の捜査方法が「浦野に頼りすぎ」な点です。 「師Mが犯人」という浦野の発言を全面的に信じて、特別に高性能PCとネット環境を与える展開には納得しかねます。 警察が見つけた証拠ほぼ何もないし。 真犯人の容疑者一覧は? 映画『スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼』はフーダニット(犯人探し)ミステリーなので容疑者をまとめます。 「どの事件の犯人(容疑者)」かは、あえて書きません。 映画内でのあやしい人の一覧です。 他にもサイバー犯罪対策室の室長の三宅卓也(ずん 飯尾和樹)等がいますが、完全にコメディ要員だし、スマホやITにうとい高齢者らが共感しやすい説明用キャラでもあるので、容疑者からははずします。 そもそもこの人、映画に不要です。 真犯人の容疑者一覧• 加賀谷学(千葉雄大)トラウマ抱える刑事• 浦野善治(成田凌)IT専門家。 浦野の師M。 山中殺人と仮想通貨犯は同一?• 火傷の顔の謎の男性(井浦新)• 笹岡一(鈴木拡樹)加賀谷、美乃里の共通友人• JK16(高橋ユウ)仮想通貨犯に対抗するホワイトハッカー• 根岸剛志(音尾琢真)いかつい顔• 吉原宏樹(アルコ&ピース平子祐希)浦野を見張る刑事• 安西優香(奈緒)美乃里の友人 いま何の犯人を探してるのか不明?犯人多すぎ問題 本作はミステリとしては「犯人に意外性がない」ので、わざと 混乱させるために複数事件を並列に見せます。 もちろん上手く見せてくれれば、ラストでたたみかけるような謎解きが快感になりますが、本作は混乱させるだけなので残念です。 まず前作で 浦野が「母に似た黒髪ロングの女性を何人も埋めた山中」から、女性の遺体が発見されます。 染めたショートヘアなので浦野が犯人の可能性は低いです。 しかし加賀谷は獄中の浦野が語った「ダークウェブに潜む師Mのしわざ」を裏づけなしに信じて捜査権を与えます。 次に 仮想通貨「レイラコイン」580億円分が「M」を名乗る犯人に盗まれます。 その仮想通貨のマーキングに成功した、ホワイトハッカー「JK16」が現れ、犯人が引き出せなくなると、 JK16こと神宮寺紗綾子(高橋ユウ)は犯人に殺害されます。 加賀谷の恋人の 美乃里がカフェのフリーWiFiにつないで、SNSのパスワード等を盗まれ、スマホのカメラやGPSもハッキングされます。 この ストーカーのハッカーを捕まえるため、美乃里がおとりになることを了承します。 浦野の提案で、加賀谷は警視庁サイトでセキュリティブログを書き始めます。 そこに頻繁にアクセスするIPアドレスを特定し、メールのファイルをクリックさせてカメラをハッキングして、 焼けただれた顔の犯人を映します。 神奈川県警のサイトもハッキングされます。 牢獄の監視人の吉原刑事は、浦野に虫入りや糖尿病の小便を食事とするいやがらせをしてたが、ギャンブルの借金を返してもらい、さらに上乗せ額を要求した時、浦野に トイレで窒息死させられます。 別件で捕まったトラック運転手が、JK16こと神宮寺紗綾子のクレジットカードを持ってて、 殺人鬼の根岸剛志(音尾琢真)が捜査線上にあがります。 カードは、JK16の遺体が見つかった後は止められて追跡されるので持ち歩く意味が不明ですが。 これだけ複数の事件が発生したのに映画では上手く処理しきれてなくて、もはや 「犯人は誰?」よりも「いま何の犯人を探してる」のか混乱します。 ミステリ作家初心者のような脚本なので、前作のまとまりはゴーストライターかと疑うほどです。 JK16の殺人犯の正体は?みのり誘拐犯も同じ? ホワイトハッカー「JK16」こと神宮寺紗綾子を殺害したのは根岸剛志です。 JK16のクレカを持っていたトラック運転手の証言から明らかになります。 終盤で美乃里も誘拐して殺害しようとし、加賀谷を刺し、火傷顔の男性に撃たれます。 しかし根岸は「M」を名乗る人物に(金で?)依頼されただけの、 ただの実行犯だと判明します。 殺人依頼者「M」の正体と動機は? 仮想通貨を盗んだ「M」を名乗る犯人の正体は、加賀谷の元共同経営者の笹岡一(鈴木拡樹)です。 この意外性のなさには逆に驚きました。 笹岡は、 加賀谷と作った会社を存続させるために仮想通貨を盗んだと自白します。 しかしJK16に仮想通貨をマーキングされて引き出せなくなったので、(マーキング解除させた後に?)殺害しました。 そこまで切羽つまってたんですかね。 美乃里の誘拐と殺害は、映画を盛り上げるため、かと思ったけど別の理由が。 なんと 笹岡はゲイであり、加賀谷のことを愛してたのです。 だからその恋人である美乃里に、加賀谷との現状を質問してたんですね。 美乃里の誘拐殺害未遂は「嫉妬」によるものです。 今思えば 美乃里の友人女性が持ってた「BL本」はこの伏線です! ストーカーのハッカーの正体と目的は? 美乃里のスマホを ハッキングしたり、ストーカーしてた「やけど顔の男性」の正体は、警視庁公安部の兵藤彰(井浦新)です。 ハワイアン音楽の暗い部屋で美乃里の写真を眺めたり、ラストで根岸を撃って加賀谷を救ったのも兵藤です。 兵藤は公安サーバーへの侵入者が、美乃里の自宅からだったと、つきとめたので美乃里を監視してたのです。 しかしこのオチには無理があります。 公安なら、美乃里の恋人が加賀谷であり、閲覧履歴が加賀谷の父親の情報だとすぐわかるはず。 それなのに美乃里のスマホをハッキングする違法捜査を繰り返して、もはや犯罪者の領域です。 公安刑事としては無能過ぎます。 また、自宅PCでハッキングしてたのは、明らかにプライベートだし越権行為で逮捕されるべきだと思います。 山中殺人の真犯人「M」の正体とは? 山中で発見された遺体の殺人犯は「M」とされますが、それは浦野からの証言だけが手がかりでした。 その ダークウェブの伝説的存在「M」の正体は、発見された山小屋の住まいの冷蔵庫に入ってた遺体です。 浦野が3年前に殺害したようです。 山中で見つかった遺体の殺人犯がMだったかどうかは記憶があいまいですが、その 真犯人は浦野である可能性が高そうです。 浦野は「黒い長髪女性」しか殺害してないと思われたけど、その裏をかいてか何か別の理由で2人を殺害し埋めたのでしょう。 浦野こそが真犯人?結末は? 浦野がおかした犯罪は、まずギャンブルで借金地獄に落ちてた 吉原刑事をトイレ窒息させて復讐し脱獄します。 気づいた加賀谷が、スプリンクラーに気をとられて逃げられる展開は雑です。 浦野は笹岡が仮想通貨犯だと気づき、脅迫して神奈川県警サイトをハッキングさせます。 金も用意させます。 美乃里の誘拐・殺害も浦野が要求したようですが、そもそも加賀谷を愛する笹岡は自分の意志で美乃里を排除したかったと思います。 浦野は3年前にダークウェブの師Mを殺害して冷蔵庫に保管しました。 山中での遺体の殺人犯も浦野の可能性が高いです。 浦野は海外逃亡に成功し、中国かアジアの諸外国に潜伏します。 エンドロール後に、誰かがそれをスマホで撮影します。 警視庁公安サーバー侵入者の正体と目的は? 警視庁公安サーバーをクラッキングして侵入したのは、加賀谷刑事です。 侵入先が美乃里の自宅とつきとめた公安刑事の兵藤は、その後美乃里をストーカーします。 加賀谷が公安サーバーに侵入した目的は、警官だった父親について調べるためです。 そして 兵藤刑事は、加賀谷の父の部下だったと判明します。 加賀谷も兵藤も、一度逮捕された方がよさそうな立派な犯罪者です。 加賀谷がかかえるトラウマの闇とは? 前作『』の回想シーンを見ただけで、ほぼトラウマの内容はわかりますが、実はまだ何かあるかもしれないと思ってました。 しかし期待は裏切られ何もなかったです。 加賀谷は 幼少期に、警官の父を亡くし、そのことで精神を病んだ母親に「おまえなんか産まなきゃよかった」と言われて虐待を受けていました。 それが心の闇やトラウマとなり、浦野にも「自分と同じ人種」と見すかされてしまいます。 美乃里は、療養ケアセンターの女性を訪ね、ガンで弱ってる加賀谷の母親と会って話します。 母親の言い分が自分勝手で驚いたけど、死を目前にして過去の行いを悔いたのでしょうね。 でも 傷つけた幼い心は癒やされないので罪は重いです。 結局、前作も本作も 『スマホを落としただけなのに』というタイトルほどスマホは重要ではなく、むしろ「母親による育児放棄・児童虐待・ネグレクト」こそがテーマになっています。 麻美も浦野も加賀谷もそれで苦しめられてきたのです。 スマホを落とした?タイトルの意味は? 浦野逃亡以外の事件が解決し、刺された加賀谷も回復後、別れそうだった美乃里と加賀谷は恋愛関係に戻ります。 そして 美乃里が「スマホを落としてよかった!」と言った後に回想シーンに入ります。 美乃里がバスに置き忘れたスマホを、加賀谷が走って渡しに行ったことが2人のなれ初めだったようです。 冒頭で麻美(北川景子)が言った 「スマホを落としちゃえば?」は軽く伏線だったんですね。 タイトル『スマホを落としただけなのに』のために、わざわざスマホを落とした設定にした感じですが。 ちなみに 『囚われの殺人鬼』は言うまでもなく、浦野のことです。 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』私の評価と続編 スマホを落とした後の恐怖を描きながら、トリッキーなラストへ持ち込んだ前作と比べると今回は見劣りします。 事件は多いし複雑で、それが分かりづらくて焦点が定まっていません。 私は圧倒的に前作の方が好みです。 ただ、本作の最大の見どころである、 獄中の浦野(成田凌)という猟奇殺人鬼の造形や演技には魅了されました。 もし続編があれば、浦野が主人公になるのではないでしょうか。 闇を抱える天才を演じる若手女優とタッグを組ませてほしいです。 前作はある程度、現実的なIT犯罪だったのに、今回はクラッキング技術がインフレを起こしつつあるのは残念です。 また、 成田凌の怪演を受け止めきれる俳優(柄本佑とか?)の選出も必須と感じます。 続編小説 の映画化も楽しみに待ちたいです! 他の映画はも参考にしてください。 『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』含む映画ランキングや映画賞•

次の

【結末ネタバレ】スマホを落としただけなのに|映画と原作小説の違いを徹底解説

スマホ落としただけなのに ネタバレ

Contents• 戦慄するメガロポリスの簡単なあらすじネタバレ OLの有希は公園でスマホを拾う。 スマホを取りに来た男性と後日偶然再会し、傷心でもあった有希は男性はあっという間に恋人同士になり同棲し始める。 しかしそれ以降、有希の身の回りで不可解な出来事が次々と起こり始める。 実は国家対国家の大事件に巻き込まれていることなど有希は知る由もなかった。 一方、5人の女性を殺した殺人鬼・浦井光治は北朝鮮に逃亡していた。 国際手配されている浦井には行き場がなく、北朝鮮で保護してもらう代わりに母国日本をサイバー攻撃する契約を結んでいた。 シリーズ1作目、2作目からの続編にして最大スケールの傑作ミステリー。 スポンサーリンク 戦慄するメガロポリスの詳しいあらすじネタバレ ここからはネタバレを含む詳しいあらすじを紹介していきますので、未読の方は注意してくださいね。 ~第一章~ この作品は、終始「A」から「E」までの5人の視点が交互に描かれながら同時進行でストーリーが進んでいくので、あらすじも一部そのように分けて書いています。 【A:OL粟野有希】 OL の 粟野有希はいつものように公園でランチをしている時、スマホを拾った。 落とし主は20代後半と思われる長身で爽やかな男性だったが、お互い名前も名乗らずその場は別れた。 会社の同僚にその時の話をしていると、同僚から「実は有希の彼氏の浮気現場目撃してしまった」と告白される。 有希には8年間交際している同棲中の彼氏がいた。 マンネリだったことは事実だが、浮気をするタイプだとは思っていなかったので最初は信じて疑わなかった。 しかしまさにその時、有希のスマホに彼氏からの LINE が来た。 明らかに浮気相手に送ったと思われるメッセージの誤送信だった。 有希 は彼氏を責めたが、 「浮気をしているのは事実だがこの LINE のメッセージを送っていない」という中途半端な言い訳を繰り返した。 しかも「浮気じゃなく本気だから別れてほしい」「同棲しているこの部屋からも出て行く」とまで言い出した。 一人では家賃を払うこともできないので有希は途方に暮れてしまった。 早くもおかしな現象が起こり始めてきたけど、もちろん当の本人は全く気付いてもいないし、当事者だったら絶対気づかないと思う。 【B:謎の男竜崎とホステス】 銀座の高級クラブに 竜崎はいた。 同じクラブ内の隣のテーブルには五輪担当大臣の桜庭がいた。 ホステスは70歳を超える大臣がスマホを扱っていることを褒めちぎり持ち上げた後で、大臣のスマホの充電が切れかかっていると言って裏にスマホを持って行った。 そこでホステスがスマホに差し込んだ充電器は、接続した瞬間からスマホのデータがコピーされ、かつ特殊なウイルスに感染させる恐ろしい充電器だった。 ホステスは後日公園で竜崎と会った。 お互い一切目を合わせず完全に他人のふりをして、ホステスは竜崎から報酬を受け取った。 そしてさらなる指令を受けた。 出たー!浦井!今回は北朝鮮って... とんでもないところに行っちゃったね。 【D:警察官桐野良一】 神奈川県警生活安全部の 桐野良一は、内閣サイバーセキュリティセンターにいた。 この組織は2020年東京オリンピックパラリンピックをサイバー攻撃の魔の手から守ることを目的として設置されたものだった。 本来なら関係のないはずの桐野がここに呼ばれた理由、それは 北朝鮮に浦井が侵入したかもしれないという情報を入手したからだった。 桐野は唯一浦井とコミュニケーションが取れる存在という点を評価され、ここに呼ばれたのだった。 浦井は北朝鮮に行って何をしようとしているのか? 桐野は、浦井は金には興味がないが、もし仮にオリンピックのような国家的なイベントで世界中のハッカーの注目を集める派手な攻撃を思いついたとすれば、北と手を組んで日本に攻撃を仕掛けてくるかもしれないと考えた。 スポンサーリンク ~第二章~ まだ接点が見えない3者のそれぞれのストーリーが続きます。 【A:OL粟野有希】 彼氏が本当にあっという間に出て行ってしまい、有希は寂しさを紛らわそうと渋谷の TSUTAYA に行くことにした。 そこで、偶然にも先日拾ったスマホの落とし主の男性に再会したのだ。 男の名前は 瀧嶋と言った。 傷心の有希にとって運命的な再会を意識するのは当然で、二人が男女の関係になるのは時間の問題だった。 3度目のデートで有希は自宅に招き得意の料理を披露した。 話の流れで「家賃が払えないから近々引っ越す」と言ったところ、あれよあれよといううちに、この部屋に瀧嶋が引っ越してきて二人は同棲することが決まった。 瀧嶋は総合電機メーカーに勤めているという。 最近は USB メモリーに力を入れて販売していると言い、その話を聞いて有希は何か力なりたいと考えた。 瀧嶋が新商品のUSBメモリーのモニターをやってもらえると助かると言ったので、有希は快く引き受けた。 いったんはエラーが出たUSBメモリーだったが、セキュリティ担当の佐藤に頼み、USBを使えるように設定を変えてもらった。 この竜崎とホステスのやり取りがストーリーにどう絡んでいくのか、この時点ではまったくわかりません。 【C:殺人鬼浦井】 浦井は平壌でタワーマンションに案内され、 最高級のもてなしを受けていた。 ここではすべての身の回りの世話を 淑姫(スクヒ)という女性がすると言った。 スクヒは浦井の行動を全て監視し報告するように指令を受けており、また北朝鮮の思惑「東京オリンピックにサイバー攻撃を仕掛ける」という計画に参加させるように誘導するのが任務だった。 そのためであれば、自分の体を使って浦井を誘惑することも考えており、浦井が黒髪の女性にこだわっていることを知った上であえて同じような髪型をしたりもした。 浦井に与えられたパソコンは24時間モニターされており、それによると浦井は日本人の麻美という女性に尋常でない執着心を持っており、結婚しているにも関わらず大変な未練があるようだった。 怪しいですね、瀧嶋。 でも、IT系の知識がない普通の女の子なら疑うこともないですよね。 【B:謎の男竜崎とホステス】 ホステスは竜崎に指示された通り、新聞記者の前で噂話をし、言われた通り 記者をホテルの部屋に誘った。 ホステスは、記者がシャワーを浴びている間に逃げて来ても良いと指示を受けていたが、結局逃げることができず強姦されてしまった。 【C:殺人鬼浦井】 浦井は日本の国会の閣議の音声を盗聴していた。 かと思えば、麻美と夫の会話も盗聴していた。 スクヒは は浦井の心をつかむためどんなことでもやると言ったが、浦井から要求されたことは、金副部長(北朝鮮幹部)ではなく自分に対して忠誠を誓うことだった。 そしてその証拠として、金副部長のスマホにウイルスが仕込まれた充電器に繋ぐように指示した。 スポンサーリンク ~第四章~ 徐々にストーリーが進んでいきますが、まだまだ謎はたくさん残ります。 【A:OL粟野有希】 深夜遅く帰宅した有希は、瀧嶋がぐっすり眠っているのを確認し、シャワーを浴びていた。 その日同僚から聞かされた話が気になっていた。 同僚の不倫相手である部長のスマホがウイルスに感染しており、送った覚えのないLINEメッセージが妻宛てに送られていたのだという。 その話は自分の身に起こったことあまりに似ていることから、有希は何かがおかしいと感じた。 シャワーから戻った時、自分のスマホの位置が微妙に変わっており、瀧嶋によってチェックされた?と有希は感じた。 瀧嶋から2度目に渡されたUSBメモリーをチェックしたセキュリティ担当の佐藤が、このUSBメモリーはウイルスに感染していると有希に告げた。 その日、有希は家に帰ることができなかった。 瀧嶋から渡されたUSBメモリーがウイルスに感染していると聞かされ、それをどう解釈して良いのかがわからなかったからだ。 あれこれ考えるうち、 瀧嶋の会社に電話をかけてみることにした。 瀧嶋慎一という人物は確かにいたが、電話口に出たのは全く聞いたことのない声の男性だった。 有希は帰宅し、瀧嶋を問い詰めた。 瀧嶋は嘘をつき通そうとしたが、決定的な証拠を突きつけると何も言わずに部屋を出て行ってしまった。 いや、怖すぎでしょ。 自分の彼氏が何者かわからない。 目的もわからない。 めちゃくちゃ怖いと思う。 【C:殺人鬼浦井とD:警察官桐野】 スクヒと浦井は韓国に密入国していた。 ムグンファの花びらを名乗って東京オリンピックの公式ホームページを改ざんしたのは実は浦井だった。 韓国のサイバーテロだと思わせるため、韓国に入国した上で攻撃を仕掛けたのだ。 桐野は公安の刑事から、浦井がいまだに麻美に固執していることを利用し、どうにか浦井を誘い出すことはできないかと相談された。 再三にわたる説得で、麻美の協力を得ることに成功し、麻美のSNSを利用して浦井を韓国に誘い出す作戦を立てる。 SNSから麻美が韓国旅行を計画していることを知った浦井は、旅行代理店のネットワークに侵入し二人が乗る飛行機を突き止め、この機に麻美を誘拐しようと考えていた。 浦井は麻美を拉致し、剥製にしようと考えていた。 北朝鮮に来たのはその技術が欲しかったからでもあった。 韓国からのアクセスログを確認し、浦井が動いていると判断した警察は、韓国に何人もの警察官を派遣した。 しかし直前になり浦井に気づかれてしまう。 桐野のスマホに浦井から着信があり、計画がバレて取り逃がしたことを桐野たちは知ったのだった。 スポンサーリンク ~第六章~ ホステスは竜崎からもう一度新聞記者と会うように命令されていた。 これ以上命令に従うのは嫌だったが、完全に弱みを握られていたホステスは、拒むこともできず八方塞がり状態だった。 絶望しながら歩くホステスの前に現れた一台の黒いワゴン車、そこから降りてきた男は瀧嶋だった。 ホステスは有希だった。 【A:OL桐野有希】 瀧嶋は身分こそ名乗らないものの、おそらく警察官だろうといった様子で有希にあれこれ質問をした。 元彼に急に浮気相手が現れたことも、自分が瀧嶋と出会ったことも全て仕組まれたことだった。 なぜ有希がそのような目にあわなければならなかったのかというと、ホステスとして竜崎の指示に従い行っていた事が、正真正銘のスパイ行為であるからだった。 スパイ行為は海外では死刑になる重罪だった。 スパイ疑惑の有希に、瀧嶋は近づき、同棲することでスマホやパソコンを徹底的に調べ、有希の会社のパソコンも調べるためUSBメモリーを接触させたりしたのだった。 スポンサーリンク 【C:浦井とD:桐野の対決】 浦井は火力発電所を休止させ、その身代金に1000億円を要求した。 オリンピックの開会式まで数時間と迫っていた。 飛行機が乗っ取られ、国立競技場に向かっているというデマツイートがものすごい勢いで拡散されていた。 浦井が何か仕掛けてくると対策チームの桐野は構えていた。 一方向からドローンが飛んできた。 すぐにドローンは捕獲されたが、続いて2機のドローン、続いて3機、5機と連続でドローンが現れ、ここまでのドローンに一度に対処するだけの準備は日本側にはなかった。 絶対絶命だと思ったが、そのドローンは何もせずどこかに飛び去ってしまった。 その頃、裏では1000億円の身代金はディスカウントされ10億円となって北朝鮮に送金されていた。 国家的判断だった。 その頃、浦井は麻美のマンションにいた。 ドローンや火力発電所などでやるべきことをやった浦井は、麻美のマンションに見事侵入し、麻美を拉致することに成功していた。 北朝鮮工作員のアジトである倉庫に連れてこられた麻美は、相手が浦井だと知り愕然とした。 浦井は最終的には麻美を剥製にする予定だったがその前に強姦しようとし、暴れるあさみに電気ショックを与えたその時、パトカーがやってきた オリンピックに人員を取られ、現場に現れた警察官は桐野を含め4人だけだった。 桐野たち4人は浦井を捕えることができるのか? 瀧嶋と有希の関係はこのまま終わってしまうのか? 気になるラストはぜひ、小説で読んでみてくださいね! スポンサーリンク 戦慄するメガロポリスの感想や口コミ シリーズ1作目を読み終わった時、あまりのリアル感と恐怖に「この作家さん何者!?」と検索してしまったくらいです。 今回もまた、• 北朝鮮の内部事情• 新潟沖に上陸する行程• 東京オリンピックに向けての日本の対策 など、どこまで本当かわからないけど、どうやって取材したんだろう???と思うような記述がたくさん登場します。 冒頭で「新しいタイプのサスペンス」と書きましたが、どんな怖いミステリーやサスペンスも、あくまでも小説の中の話と割り切って世界に入り込める部分があると思います。 山荘で閉じ込められ一人ずつ殺されていく• 過去に一緒に罪を犯した仲間が一人ずつ殺されていく 読みながらドキドキはしますが、状況が特殊ですし、自分がその立場に立たない限りはあくまでもフィクションとしての怖さしか感じませんよね。 でも、スマホから始まるサスペンスは、誰もが他人事ではないです。 あとは、東京オリンピック。 単純にオリンピックを楽しみにしているだけの一国民は、「国家単位でのサイバー攻撃」なんて思いもしません。 知らないところで、いろんな人が走り回っているのでしょうね。 ぜひ、未読の方は東京オリンピックの前に!読んでいただきたいなと思います。 口コミをいくつか紹介します。 戦慄するメガロポリス読了! とにかくスケールの大きさ、ストーリーの展開の速さにページをめくる手が止まりませんでした。 最後の最後までラストが見えなくて、誰がホントは誰なのか、実はあの人がこの人なんじゃないかとか、堪能できました!もしかして第4弾もあり?! — Hiromi hiromin103 スポンサーリンク 戦慄するメガロポリスを電子書籍でお得に読む方法! 戦慄するメガロポリス、もちろん書店に行けば紙書籍で購入できるのですが、 実は電子書籍でも読むことができますよ。 電子書籍、使ったことがないという方も多いかと思いますが、実は数えきれないほどのメリットがあります。 中でも一番のメリットは、 今すぐ読めるということです。 この記事を見に来てくださったということは、戦慄のメガロポリスのストーリーが気になって検索されたのだと思います。 ぜひ読んでみたいな!と思った時• もう本屋さん閉まってる• 天気悪くて外に出たくないな• 行って在庫がなかったら最悪だな などなど、今すぐ行くのはちょっと... という場合もあると思います。 でも! 電子書籍だったら、スマホさえあれば今すぐ読み始めることができますよ。 しつこいですが、とりあえず怖い!です。 そして面白いです! ラストの感じだと、まだ続編がありそうな予感もしますね。 では、最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の