お 雑煮 白 味噌。 関西と関東のお雑煮は違う?その由来と特徴を紹介!

白味噌の魅力や特徴と美味しい食べ方

お 雑煮 白 味噌

お正月恒例の食べ物と言えば、 お雑煮。 私が住んでいる関西では、元旦に 白味噌仕立てのお雑煮。 二日目は、 おすましのお雑煮でした。 お正月の三が日に白味噌とおすましの両方のお雑煮を頂けるのは、お雑煮好きの私には嬉しいかぎりです。 関西の人間にとって、お雑煮でおすましをする地域は関東だけかと思っていました。 あっさりした味わいのおすましは、関東に受ける味と思っていたのですが、調べてみると関東以外でもお雑煮でおすましを食べる地域が結構ありました。 この地域は、絶対白味噌だろうなと思うところが、おすましだったというところも多かったです。 今日は、 お雑煮でおすましの地域について、まとめてみました。 どの地域でどんなおすましを食べられているのでしょうか。 江 戸時代から庶民まで雑煮を食べるようになったのですが、武家社会の文化が強い江戸では、 「敵をのす」というゲンを担ぎ、 「のしもち」を切った四角い餅が使われた経緯があります。 全国のお雑煮事情 神戸山手大学教授の奥村彪生先生が、作られた 日本列島雑煮文化圏図という日本のお雑煮の文化が一目瞭然でわかる図があります。 ほとんどの都道府県でおすましが使われ、餅は関ケ原の合戦の地から東は角餅、西は丸餅になってますね。 イメージ的には、ラーメンでもこってり仕立ての豚骨が人気のある九州では、お雑煮にも白味噌かなと思っていたのですが、意外でした。 北海道と沖縄のお雑煮事情 日本列島雑煮文化圏図では、北海道と沖縄がありませんね。 北海道のお雑煮は、醤油味のすまし仕立てで、餅は角餅を使います。 具材は、鮭やいくらを使うことが多いそうです。 北海道ならではの具ですね。 沖縄では残念ながら、雑煮文化はないのですが、豚のモツ、内臓を煮た 「中身汁」でお正月を祝っているそうです。 鰹節と豚と乾燥シイタケの出汁で、豚の内臓で栄養たっぷり。 食べた人の感想を聞くと、結構美味しいそうですよ。 スポンサー広告 九州のおすまし事情 九州には、特色のある雑煮の郷土料理があります。 ・福岡の郷土料理に 「博多雑煮」があります。 特徴としては、焼きあなごでとった出汁に ブリを入れます。 具材は、かつお菜、かまぼこ、さといも、にんじん、大根、椎茸と具だくさんです。 かつお菜は、博多に古くから伝わる野菜です。 なぜ博多雑煮にブリが使われるかと言うと、 「嫁さんぶりがいい」と年末に大きなブリを嫁の里にもっていく風習があり、お正月の縁起にもちなんでブリが入れられるようになったそうです。 ・長崎県の郷土料理に 「具雑煮」があります。 1637年の島原の乱の際、海や山からさまざまな具材を煮込んで作ったのが始まりと言われています。 鶏肉や魚、季節の野菜など10種類以上を入れる超具沢山の雑煮です。 具材は、鶏肉、大根、にんじん、里芋、れんこん、椎茸、ごぼう、高野豆腐、焼きアナゴ、白菜、かまぼこ、ゆずの皮、水菜といっぱいの具材を入れるのが一般的です。 ・熊本の郷土料理に 「するめ雑煮」があります。 雑煮に「するめ」を入れることで、すごく 美味しい出汁がでます。 具材は、するめ(胴体)、里芋、ちくわ、ほうれん草、ごぼう、にんじんです。 ・一部の熊本県では、お雑煮に納豆を入れる 「納豆雑煮」があります。 食べ方もいろいろで、お雑煮と別皿に納豆で食べたり、お雑煮のお餅の上に納豆を乗せて食べる食べ方もあるそうです。 昔、熊本県を統治していた加藤清正が、戦の際、馬の背にあった大豆がそのまま発酵して納豆になり、それを食べると美味しかったことから、部下にもすすめ広まったと言われています。 さいごに お正月に食べるお雑煮ですが、圧倒的におすましの地域が多かったですね。 具材も各都道府県によって、違うのもお雑煮の特色ですね。 シンプルな具材の関東風から具だくさんの九州まで。 個人的には、あっさりした関東風が好きですが、皆さんはいかがでしょうか? お正月にいろいろな都道府県の雑煮を作って食べてみてもいいですね。 関連記事.

次の

白味噌おすすめ5選! 料理研究家が厳選|お雑煮や西京焼きに

お 雑煮 白 味噌

ホームベーカリーでお正月用のお餅をつきました 420gのもち米で、これだけ作れます。 パック餅に比べると、家で作るお餅ってかなりずっしりしています。 お米がしっかり詰まった感じがします。 1つ食べればお腹いっぱい。 みなさん、お雑煮はどんなお味ですか? このお餅で作ったのが、我が家のお雑煮。 汁はおすまし 具はうすあげ、水菜、かつお節、丸餅(焼かない) このお雑煮、実は私が慣れ親しんだお雑煮ではありません。 大阪生まれの大阪育ちの私、お雑煮はずっと 白味噌です。 食べさしではありませんが、盛り付け下手過ぎて見た目悪い。 汁は白味噌仕立て 具は大根、人参、丸餅(焼かない) 新婚の頃、元旦にこの白味噌のお雑煮を作ると、相方がビックリしてこう言いました。 まさか白味噌育ち??? 相方は京都生まれの小学校の途中まで京都育ち。 京都の長岡天神です。 「 関西人だからもちろん白味噌よね」と何の疑いもなく白味噌雑煮を作ったのですが、予想外にものすごい反発を食らいまして。 こんなんシチューやん、無理無理!!! このおすましのお雑煮は質素過ぎ!!! という不毛な争いが起こり・・・。 結果、相方に嫁いだ私なのでここは百歩譲って、 元旦は相方の実家風「おすまし雑煮」で、 2日は私の実家風「白味噌雑煮」を作ることに落ち着きました。 慣れれば美味しいわ、おすましのお雑煮。 全国的には皆さんどんなお雑煮を食べていらっしゃるのでしょうか? と気になり調べていたら、こんなものを見つけました。 引用元: このマップを見たら、 白味噌文化圏ってめちゃくちゃマイノリティーではないですか! 全国を2分する勢いだとばかり思ってましたよ。 そういえば福岡の友達はブリと鶏肉を入れるって言ってたなあ。 汁も具もそれぞれのご家庭多種多様なのでしょうね。 お雑煮って研究すると面白そう。 で、このマップを見ても京都はやはり白味噌文化圏。 相方の実家のお雑煮は一体どこから伝わってきたのでしょうか。 謎は解明されないままですが、白味噌雑煮に未練タラタラのまま、来年もまたおすましのお雑煮を作るのでしょう。 何てったって嫁だしさ。

次の

お雑煮のおすましの地域は、関東だけではなかった!!

お 雑煮 白 味噌

ホームベーカリーでお正月用のお餅をつきました 420gのもち米で、これだけ作れます。 パック餅に比べると、家で作るお餅ってかなりずっしりしています。 お米がしっかり詰まった感じがします。 1つ食べればお腹いっぱい。 みなさん、お雑煮はどんなお味ですか? このお餅で作ったのが、我が家のお雑煮。 汁はおすまし 具はうすあげ、水菜、かつお節、丸餅(焼かない) このお雑煮、実は私が慣れ親しんだお雑煮ではありません。 大阪生まれの大阪育ちの私、お雑煮はずっと 白味噌です。 食べさしではありませんが、盛り付け下手過ぎて見た目悪い。 汁は白味噌仕立て 具は大根、人参、丸餅(焼かない) 新婚の頃、元旦にこの白味噌のお雑煮を作ると、相方がビックリしてこう言いました。 まさか白味噌育ち??? 相方は京都生まれの小学校の途中まで京都育ち。 京都の長岡天神です。 「 関西人だからもちろん白味噌よね」と何の疑いもなく白味噌雑煮を作ったのですが、予想外にものすごい反発を食らいまして。 こんなんシチューやん、無理無理!!! このおすましのお雑煮は質素過ぎ!!! という不毛な争いが起こり・・・。 結果、相方に嫁いだ私なのでここは百歩譲って、 元旦は相方の実家風「おすまし雑煮」で、 2日は私の実家風「白味噌雑煮」を作ることに落ち着きました。 慣れれば美味しいわ、おすましのお雑煮。 全国的には皆さんどんなお雑煮を食べていらっしゃるのでしょうか? と気になり調べていたら、こんなものを見つけました。 引用元: このマップを見たら、 白味噌文化圏ってめちゃくちゃマイノリティーではないですか! 全国を2分する勢いだとばかり思ってましたよ。 そういえば福岡の友達はブリと鶏肉を入れるって言ってたなあ。 汁も具もそれぞれのご家庭多種多様なのでしょうね。 お雑煮って研究すると面白そう。 で、このマップを見ても京都はやはり白味噌文化圏。 相方の実家のお雑煮は一体どこから伝わってきたのでしょうか。 謎は解明されないままですが、白味噌雑煮に未練タラタラのまま、来年もまたおすましのお雑煮を作るのでしょう。 何てったって嫁だしさ。

次の