サポカー 補助 金 と は。 車安全装置(自動ブレーキ)の補助金★受けられる自治体はどこ?価格や機種は?

申請書類の進捗状況|審査状況の確認|自動車導入補助金|補助金情報|一般社団法人次世代自動車振興センター

サポカー 補助 金 と は

「サポカー補助金」の申請受付が2020年3月9日から全国で開始されています。 『サポカー』とは、『安全運転サポート車』のことで、衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置などに代表される先進安全技術を搭載した車のことを指します。 この購入補助制度が『サポカー補助金』です。 サポカー補助金は、高齢者の交通事故防止策の一環として行われている補助金制度で、対象が65歳以上のドライバーとなっています。 補助金は、新車で最大10万円、中古車で最大4万円の補助金を受けることができます。 サポカー補助金とは、経済産業省による自家用自動車を対象とした「安全運転サポート車普及促進事業費補助金」及び国土交通省による事業用自動車を対象とした「安全運転サポート車普及促進に係る自動車事故対策費補助金」の総称です。 サポカー補助金の対象となる車両とは? 【対象となる車両】 1. 安心運転サポート車の車両(新車・中古車)購入補助 2. 後付けの「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」設置補助 具体的な車種については(経済産業省)をご覧ください。 後付け装置補助の申請は(次世代自動車振興センター)となります。 新車については、2019年12月23日以降に登録された車両が対象となります。 ただし、2019年12月23日以降に、対象車種として追加された車種については、追加された日から対象となります。 中古車については、2020年3月9日以降の中古新規登録(登録車)又は中古新規検査届出(軽自動車)もしくは移転登録された自動車が対象となります。 後付けペダル踏み間違い急発進等抑制装置については、認定された店舗等において、その店舗等が認定された日以降に設置された装置が対象となります。 なお2020年度中に満65歳となる方については、2020年3月31日までに登録(届出)または設置された場合は対象になりませんのでご注意ください。 対象者であれば、設置時点で満65歳となっていなくても対象となるとのこと。 ただし、前提として 車両の使用者が対象者である必要があります。 自家用自動車・事業用自動車ともに対象となります。 補助台数は、自家用自動車については、1人につき1台となります。 事業者用は、対象者(高齢運転者)の人数が上限となります。 サポカー補助金の申請期間は? 2020年3月9日に申請がスタートしましたが、2021年2月頃までに申請された方が対象となることを想定している、という状況です。 詳しくはにて、改めてお知らせ予定とのこと。 また、申し込みは登録(届出)・取付から原則1ヶ月以内となるそうです(詳しくはコールセンター・販売店等にご相談ください)。 サポカー補助金はいつごろ受け取れるの? 申請から交付まで最大3~4ヶ月程度お待ちいただく可能性があるとのこと。 申請総額が予算を超過した場合は、サポカー補助金の募集も終了予定ですので、できるだけ早くに申請しておくとよいでしょう。

次の

ご存知ですか?サポカー補助金制度がスタートしています!

サポカー 補助 金 と は

サポカーS サポカーSとは衝突被害軽減ブレーキ+ペダル踏み間違い急発進抑制装置がどちらも装備された車です。 衝突被害軽減ブレーキとペダル踏み間違い急発進抑制装置がつけばお店に追突することも減ります。 違いは「通称、自動ブレーキ付き」か自動ブレーキと踏み間違い装置付きがどちらも装備された車かで補助金は違います。 補助金はサポカーで新車の普通車を購入した場合に6万円が受け取れます。 サポカーSの車を購入した場合は10万円が受け取れます。 軽自動車を購入した場合は補助金額は違います。 軽自動車を購入した場合はサポカーの場合は3万円受け取れます。 サポカーSの車を購入した場合は7万円受け取れます。 また中古車でも衝突被害軽減ブレーキ付きの車両もしくは衝突被害軽減ブレーキ+ペダル踏み間違い急発進抑制装置付きであれば補助金の対象になります。 これもサポカーとサポカーSで補助金は違います。 サポカーで中古車を購入した場合2万円の補助金を受け取れます。 サポカーSで中古車を購入した場合4万円の補助金を受け取ることができます。 内訳は下記の通りです。 サポカー補助金がもらえる内訳 サポカーの種類 サポカーS サポカー 新車登録車(65歳以上) 10万円 6万円 新車軽自動車(65歳以上) 7万円 3万円 中古車(65歳以上) 4万円 2万円 サポカーと言っても安全装置の内容や普通車か軽自動車か新車か中古車かで変わります。

次の

サポカー補助金の申請方法(自家用中古車)_サポカー補助金_サポカー補助金交付を行う次世代自動車振興センター

サポカー 補助 金 と は

12月13日に閣議決定された補正予算案に、65歳以上の高齢運転者による衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進等抑制装置が搭載された安全運転サポート車の購入等を補助する「サポカー補助金」が盛り込まれました。 これを受けて、サポカー補助金の対象となる車種・グレードについて、「サポカー補助金に関する審査委員会」における審査の結果、本日取りまとめられましたので公表します。 また、サポカー補助金の対象となる後付けペダル踏み間違い急発進抑制装置については、当該審査委員会における審査の結果、国土交通省による先行個別認定を受けている装置であるものとして、併せて取りまとめられました。 留意事項に記載されている、申請にあたって必要となる書類については、補助事業実施団体である次世代自動車振興センターホームページにて改めてご確認ください。 1.サポカー補助金の対象となる車種・グレード等 サポカー補助金の対象となる車種・グレードについて、「サポカー補助金に関する審査委員会」における審査の結果、本日取りまとめられましたので、別添のとおり公表します。 令和元年12月23日から新車新規登録(登録車)または新車新規検査届出(軽自動車)された自動車が対象となります。 補助金の交付を受けた新車については、新車新規登録日または新車新規検査届出日より1年以上の間、原則として同一の者による使用(車検証上の使用者名義を変更しないこと)が求められます。 違反すると補助金を返納いただくことになります。 事故等により全損扱いとなり、保険会社が代位取得した際に、当該車両が中古車として転売された場合には返納の必要が生じますので御注意ください。 また、サポカー補助金の対象となる後付けペダル踏み間違い急発進抑制装置については、当該審査委員会における審査結果が、国土交通省による先行個別認定を受けている装置であるものとして、併せて取りまとめられました。 なお、対象期間及び販売・取付事業所については、今後可及的速やかにお知らせします。 2.留意事項• 今後発売される車種・グレード等については、改めて「サポカー補助金に関する審査委員会」において審査を行い、順次取りまとめ・公表します。 自家用自動車については、法人名義での購入は補助の対象外となります。 また、補助の交付は、1人につき1台限りとなります。 事業用自動車については、法人名義での購入は補助の対象となります。 申請に当たって必要となる主な書類は以下の通りとなる予定です。 補助金交付申請書• 車検証のコピー• 本人確認書類(住民票、運転免許証、健康保険証等のコピー)• 補助金振り込み先• 中古車についても、今後、順次取りまとめ・公表します。 3.サポカー補助金の対象車種リスト サポカー補助金の対象車種リストについては以下の当省ホームページを御確認ください。 4.参考資料 担当• 事業用自動車について 国土交通省 自動車局技術政策課長 野津 担当者:小磯、玉屋、伊堂寺 電話:03-5253-8111(内線 42254) 03-5253-1639(FAX).

次の