フォート ナイト twitter。 【FORTNITE】フォートナイト

ドライブインシアターみたいで楽しそう。『フォートナイト』で映画『インセプション』が上映されるよ

フォート ナイト twitter

最後には真っ暗な画面の中心に穴? イベントの最後には画面が真っ暗になり、真ん中には靄を出すブラックホール? 黒点? のようなものが出現。 依然としてその画面で止まっている。 一定時間おきに数字が出現 一定時間おきに、この黒点の周りに数字が出現する。 この数字を巡ってツイッター等のSNSではさまざまな考察が行われている。 再ログイン時の演出 再ログインした時の演出、一応置いておきます…。 その際の演出もきちんと用意されている。 周期が決まっており、周期 2時間? ごとに何個かの数字が出現するようだ。 多少間違いがある可能性がありますが、ご了承ください。 シーズン10といえば、ビジターの策略や行動が大きく取り上げられていた。 その一つにオーバータイムチャレンジ「時空を超えて」で出てきたビジターの記録がある。 その全文が上記の画像だ。 数字と文章に手がかりがある ツイッターなどのSNSでの考察には、「出現する数字と文章」に密接な関係があるとする説が多く見られる。 「11」ならビジターの記録の11単語目「I」、「15」なら「not」と置き換えることができるとのことだ。 数字 英文 11 146 15 62 I was not alone 私は一人ではなかった 87 14 106 2 150 others are outside the loop ループの外側に別の何かがあった 69 146 15 36 this was not calculated これは計算外だった 2 176 8 160 65 the moment is now inevitable これを避けることはできない サービス終了説 ダスティ倉庫上空にカウントダウンのタイマーが出現している。 カウントダウンが終わるのは 10月14日月曜日午前3時なので、そのタイミングでワンタイムイベントが始まるだろう。 ワンタイムイベントの伏線 隕石内にビジターのポッドが発見 【ビジターが何かを企んでいる?】 マップ中央付近に浮いている隕石の中には、シーズン4のシークレットスキン「ビジター」が出現したものと同じカプセルがあります...。 何かしらの関係があることは間違いなさそうだ。 マップ各地が過去に変化 マップ各地にはビーコンが設置され、起動すると 過去に関連した場所に変化していた。 時空を操れることが可能で過去に戻すことができるのだろうか? ダスティデポがメイン基地 ダスティデポにロケットが作成されている。 ビーコンもここで作られていたので、今回のワンタイムイベントに深く関わる場所である可能性が高い。 シーズン4のロケットと同じものが シーズン4のワンタイムイベントと同様のロケットがダスティデポに見られる。 ビジターが何か企んでいる可能性は高そうだ。 ロボットに異変が...?? ダスティ倉庫内に、意味深なモニターが。。。 ウイルスに感染... 何か関係があるのだろうか...。 記録を回収するためにビーコンを使用した?.

次の

海外のフォートナイト公式Twitterアカウント13個をフォローしたよ

フォート ナイト twitter

どーも、 MOMOです。 2020年5月25日の早朝、では「永久BAN」「」というワードがトレンドになりました。 どうやら大人気ゲーム「フォートナイト」のFNCSという大きな公式大会でという不正行為をして永久BANされたプレイヤーがいたようです。 今回は、フォートナイトでをして永久BANされたプレイヤーがいたことについてざっくりとまとめました。 フォートナイトとは が配信中のF2Pゲームで、2011年のSpike Video Game Awards 2011にて発表された。 通常のサードパーソンにクラフティング要素を追加したユニークなシステムが特徴。 流血描写などのどぎつい表現も無いため、「PUBGを始めたいけどリアルすぎる表現はちょっと…」というユーザーや親御さんにお勧め。 国内では小学生など低年齢層のプレイヤーも多く、あのにも掲載されているほどの人気である。 2018年3月8日より配信が開始された。 なお、版ではPlus会員でなくともオンラインプレイが可能。 引用元: BANとは BANとは、やオンラインゲームなどにおいてに違反して運営からアカウントの凍結処置をされることです。 「永久BAN」とは、運営からされる凍結処置が期間限定ではなく、永久にそのアカウントが凍結されることを意味します。 とは 「」(Teaming)とは、「本来チームを組むように設計されていないゲームにおいて、ルールを無視してチームを組む行為」という意味のゲーム用語です。 「Teaming」そのものは「チームを組むこと」という意味の英単語です。 しかしゲーム用語としては、上記のように「不正に、ルールに逆らってチームを組むこと」という意味で使用されますのでご注意ください。 「」は、定められたルールの中で公平にゲームを楽しんでいる一般ユーザーからすると迷惑きわまりない行為であるため、アカウント凍結(BAN)やゲーム運営者への通報(レポート)の対象となることがしばしばです。 引用元: まとめ フォートナイトのFNCSという大きな公式大会でという不正行為をして永久BANされたプレイヤーがいたらしい。 これに関して1番怖いのは数日前みんなが習ったであろう誹謗中傷ダメ絶対をもう守れていない事実があるということ。 さすがフォトナ界隈。 賞金のかかったの大会でとは…後味が悪すぎる。

次の

海外のフォートナイト公式Twitterアカウント13個をフォローしたよ

フォート ナイト twitter

6月17日に待望のシーズン2チャプター3が開始した世界的人気オンラインゲーム、『フォートナイト』。 当初は5月下旬に予定されていたバージョンアップが延期に延期を重ね、ようやく配信されました。 ダウンタイムの後、大量のデータダウンロードに1時間もかかってやっと始まったチャプター3。 わくわくしながらゲームスタートしてみると、一応シーズンは変わっていないのでマップは変更なしですが、これまでの街並みの半分が水没するという衝撃の展開にしばしボウ然…。 サメは出てくるし、被り物をしたギャングみたいなのに襲撃されるし、なかなかのアップデート感でしばらくは飽きずに楽しめそうです。 新チャプターではパトカーが登場しない!武器やアイテムなど、リニューアルされたものもたくさんありますが、そんななか世界中のプレイヤーの間で「アレが消えてる…」と話題になっているものがあるようです。 Engadgetの記事によると、新チャプターからパトカーが一切登場しなくなったとのこと。 フォートナイトのフィールド上にある車は、建築素材を収集するのに重要なアイテム(乗れるわけではない)。 前チャプターまでは普通の乗用車やトラックに交じって、確かにパトカーがいましたが、そういわれてみれば今回のチャプターでは一切見かけなくなりました。 これに関してThe Wall Street Jouranal(WSJ)は「警察官によるジョージ・フロイド氏殺害事件に関連する情勢に配慮したもの」と見ているようです。 開発元のEpic Gamesは今のところコメントを出していませんが、WSJの情報源によると、同社は政治的意図を発信するというよりは、世界中のプレイヤ—に対して「配慮をした」というスタンスのようです。 ゲーム界に広がる反人種差別運動の影響アメリカでの事件を発端に、世界的に広がった反人種差別運動の影響はゲーム界にも及んでいます。 たとえば『Call of Duty: Modern Warfare』を運営するインフィニティ・ウォードは自社のゲームタイトルについて「人種差別的なコンテンツの居場所はない」と異例の声明を発表し、GTAシリーズやレッド・デッドシリーズで人気のロックスターは事件後、2時間にわたってオンラインゲームをシャットダウンし、ジョージ・フロイト氏を追悼しています。 フォートナイトのEpic Gamesは以前、「政治的発言やアカウント名などを理由にプレイヤーを締め出すことはしない」、とThe Vergeに対して見解を発表しており、今回も表立った動きや発言はありません。 とはいえ、フォートナイトは世界中に3億5000万人以上のプレイヤーがいますから、みんなが心おきなくゲームに没頭できるように、配慮せざるを得なかったのでしょう。 正直、私はプレイしていてもパトカーがいなくなっていることに気づいていなかったのですが、気づかずに楽しくゲームに没頭できた、ということこそがEpic Gamesさんの配慮のおかげなのかもしれません。 世界がなんとなく元気がない今こそ、ゲームの世界を守ろうと奮闘してくれるデベロッパーさんに感謝です。 2020年6月24日9:44 本文中に誤りがありましたので訂正しました。 Source: Engadget, The Verge.

次の