ゲッツ 板谷。 楽天ブックス: ワルボロ

楽天ブックス: ワルボロ

ゲッツ 板谷

PR誌『ちくま』8月号よりゲッツ板谷さんによる、ちくま文庫『痛みの作文』 ANARCHY の書評を転載します。 京都の向島と東京の立川、場所と時代も違うのにふたりの不良のあいだには多くの共通点がありました。 京都の友達に以前、こんなことを教えてもらったことがある。 「京都の北には割かし金持ちが多く住んでるんやけど、南にはガラの悪い連中が吹き溜まっとるんよ」 この本を書いたラッパーのアナーキーさんは、モロにその南に住んでいた。 ちなみに、オレが生まれた時から住んでいる東京郊外の立川という街は、オレが中・高校生の頃はその逆で、競輪場や旧赤線地帯があった北側の方が不良の巣窟で、オレは南側に住みながら北側の不良たちと睨み合っていた。 そして、アナーキーさん同様オレも中学卒業後は地元の暴走族に入ったはいいが、とにかくタマリ場に行く度に一コ上の先輩たちからヤキを入れられ、しかも、そのヤキには全く愛が無かった。 よって、オレらの代の不良は次々と族から抜けてゆき、最後の数人にオレ、それと小学校時代から最も仲の良かったSという奴が残った。 そして、Sは先輩たちからのヤキを特に雨あられと食らい、遂にはパニック障害になって他県にある全寮制の高校に転校してしまったのである。 で、アタマにきたオレは、親戚の極道者のところでヤクザになって、族の一コ上を全員追い詰めてやろうと決心したのだ。 ま、結局ヤクザになるという目論見は、オレのお母ちゃんの命を張った数々の行動で見事に潰されることになったんだけどね(笑)。 オレとアナーキーさんは、オレの方が年齢的には十七コも上なのにもかかわらず、この『痛みの作文』はまるで自分の旧友が書いた本を読んでいるような気分にさせられた。 というのも、共通点がメチャメチャ多いのだ。 サッポロ一番の塩ラーメンが大好きで、最も大切に思っていたことは〝昔からの仲間がいるってこと"。 それから中学生の頃には、オレらもラップのリズムに乗って仲間内でディスり合ったり、マイケル・ジョーダンにもガッツリ憧れて、ザ・ハイロウズの「青春」という曲も大好きだった。 そう十七コも年が離れているというのに、夢中になっていたモノや好きなことがほぼ同じなのだ。 特にビックリしたのがハイロウズの「青春」という曲で、実は今から十年以上前に読者から「ザ・クロマニヨンズ」(ハイロウズ解散後に再結成した現在のバンド名)の真島昌利さんが今年一番面白いと思った小説はゲッツ板谷の『ワルボロ』だってファンクラブの会報誌に書いてありましたよ」というメールが来たのがキッカケでナント、そのクロマニヨンズに映画『ワルボロ』の主題歌を作ってもらうことになったのである。 そして、オレは初めて真島さんや甲本ヒロトさんに会った時、「自分は『青春』という曲が大好きなので、主題歌は何かそんな感じのを作って下さい」と図々しくもお願いしたのだ(なんと『痛みの作文』の帯には真島さんがコメントを寄せている!)。 あ、ヤベっ。 こんな下らんことをタラタラ書いてるうちに、文字量の残りが超少なくなってきたぞ、おい。 この『痛みの作文』の中で最も好きな部分は、アナーキーさんが小学生の時に一年三百六十五日のうちの三百日は同じ団地のその人の家にいたというエナのおばちゃん。 とにかく、この人のキャラが大好きだった。 不良をやっていると、たまにこういう理解者がいて、そういう年の離れたオッさん、おばちゃんはいちいち言い訳をしないでも、当り前のように見守ってくれるのだ。 そして、最も心にズシンときたのは、少年院を出たアナーキーさんが「マグマっていうチームの下で一から頑張ってみようと思ってる」とオトンに言った際に、彼から返ってきた「それがおまえのやりたい音楽なん?」「仲間とやってんのが楽しかったんじゃないん?」という言葉である。 自分もそういう道を通ってきたから、ちゃんとわかってるんだね。 いゃあ~、心の底から痺れました(笑)。 2017年8月3日更新.

次の

ほぼ日刊イトイ新聞

ゲッツ 板谷

ほぼ日刊イトイ新聞 - 天久聖一の味写入門。 第27回 味写を集めよう! 〜出張編・ゲストゲッツ板谷さんの巻〜 いつも味写を読んでくれてる 女性読者のみなさん(&その他のヒマ人間)ごきげんよう! 私が味の素博士です! さて、今週の味写は久々の出張企画じゃぞい! 室温50度のプレハブ小屋を飛び出して向かった先は 東京都、立川市! ここにも博士得意の飲みニケーションで知り合った、 ある有名人が住んでおるのじゃ。 博士 なるほど! 岩でせき止められた水流が方向を変え、 田畑に流れ込むワケですな。 板谷 そういうことだ。 俺はなにもこの三年間、 ただ怠けて眠り惚けてたんじゃねえ。 実は真剣に村のことを考えていたというわけさ。 博士 まるで三年寝太郎ですな。 味のある面白写真を用意しておいてくれって! 板谷 俺、忙しいんだよ。 いまから地蔵に笠被せて鬼退治だろ? それ終わったら 月にお嫁に行かなきゃいけないんだから。 博士 なんの話ですか! 板谷 昔話だよ! もう現実はうんざりなの。 マス目を文字で埋めるなんて地味な仕事なんか いつまでもやってられるかよ。 じゃあ嫁ぐ前にここまで俺を育ててくれた オヤジの写真でも見てもらおうかな、 オリビアを聴きながら。 昭和10年生まれの69歳。 定年後も5年間延長で続けた サラリーマン生活に終止符を打ち、 現在は地元の草野球チーム3球団に所属しつつ、 金曜日には必ず七面鳥を食べ、 自作の看板作りに精を出す和製ブルースリーだよ。 博士 さすが息子を月へ嫁に出すだけあるわい。 世界の父親像を根底から覆す パワーを感じるぞい! 板谷 このブルースリーの服、 洗い替え用に5,6着持ってるんじゃないかな? オリビアを聴きながら。 雨ざらしのカツラってかなり不気味だぞ。 最初スカンクが死んでるかと思ったもん、 オリビアを聴きながら。 そしたらな〜んかそれが 親父の琴線に触れたみたいでさ。 こういうコスプレが 親父のライフワークになっちまったんだよ! 博士 外出もこの姿で? 板谷 この前ファン相手にバザーやったんだけど、 頼みもしないのに この格好でのこのこ付いてきてさ。 ちなみにコレ、そのときの写真。 親子でブルースリーじゃ芸が無いってんで、 手作りの豊胸エプロンだって。 恥ずかしくて、穴があったら ソコにイチゴ味のゲロ吐いてたところだぜ、 オリビアを聴きながら。 博士 もう、オリビアはいいよ! しかしコレ、確かに恥ずかしいですな。 板谷 全くな! オッパイの位置が下過ぎるっーの! たぶん乳がちょうど髪で隠れる 浜崎あゆみスタイルを狙ったんだと思うけど、 これじゃ完成度低くてなんだかわかんねえわ。 これを治せるのは、ハッキリ言って ジョーブ博士しかいないね! 博士 いや。 板谷 安心しな。 偽モンだから。 博士 当たり前じゃ! 日本一の優良サイトでナニさらす気じゃい! でもコレも手作りかいな? 板谷 100円ショップのジョークグッズじゃないかな? こういう仕込みだけは手を抜かないよ、 ウチの親父は。 納屋に海賊の宝箱みたいな小道具入れがあってさ、 その中はこの手の仮装グッズでぎっしりだから。 博士 カツラも違うバージョンで。 板谷 これはモミアゲ付きだな。 これで本人はルパンのつもりだよ。 博士 ルパン何世じゃ?! 頭のおかしい賽銭泥棒にしか見えんぞい! 板谷 こっちなんかもっとスゴイよ。 この後ひとり言で延々交通情報を つぶやいていたから。 博士 その辺の地上波なら 楽々キャッチしそうな表情じゃな。 板谷 仕事辞めてから持て余してるんじゃないかな、 自分のこと。 以前は突然近くの廃材を集めてきて ベンチを作り出すし、 そのベンチの数がまた尋常じゃなくてさ、 庭に積み上げた手作りベンチが ナバロンの要塞みたいになっちゃってさ、 置き場所無いからって近所の学校に 50個単位で何回も寄贈するわけよ。 当然学校側も気味悪がっていい加減断ると、 今度は街中のバス停に 3個ずつ並べ始めてんだから。 それでいつだったか俺の車貸せっていうから キー渡してやったら 直後に車ごとその穴に転落してさ、 しかもその穴と車幅が ちょうど同じくらいだったから ドアが開かないで閉じこめられてやんの。 ヤキソバの作りすぎで。 昼間から休み無しで 8時間くらい鉄板の前にいたからな。 博士 命がけかい! ヤキソバくらい楽しく焼こうよ! 板谷 そういうこと出来ないみたいね、ウチの親父は。 特にヤキソバには 人一倍こだわりがあるみてえだし。 博士 と、言うと? 板谷 自分で編み出した技があるんだよ。 秘技「アゲハチョウ」って言うんだけど。 こうヤキソバをひっくり返すときに、 コテ持った両手をアゲハチョウの羽みたいに 大きく広げるんだよ。 それが近所のオバチャンたちに評判良くてさ。 実際動きは派手だけど、 ヤキソバの半分は鉄板から飛び出して 食いモンになんねえもん。 灼熱の鉄板を前に8時間 ヤキソバを焼き続けた者だけが辿り着ける 究極の境地じゃ! 板谷 おだてるとスグ調子に乗るんだよ。 誰の期待に応えてるんだか常に体鍛えてるしな。 つーか、サービス精神と無駄な筋肉が合体すると 周りが迷惑するだけなんだよ! 博士 なかなかどうして 貴重な存在だと思うがな。 板谷 まあ、バカは平和の象徴だからな。 案外目には見えない部分で親父のバカが 立川の平和を守ってるのかもしれねえな。 博士 世の中のバランスって、 こういう人たちで保たれてるんじゃぞい! 板谷 その分、シワ寄せはゼ〜ンブ 家族に来るんだっつーの!! 博士 ごめんなさ〜い!! さて、みなさん! 今回の出張味写はいかがじゃったかな? この後、ゲッツ氏は無事月への嫁入りを果たしたものの、 翌日にはほっぺたにクレーターの痕を付けて 帰ってきたそうじゃ。 そしてここからは諸君に耳より情報じゃ! 今回のゲスト、 ゲッツ板谷氏の最新単行本『超出禁上等』が 7月15日、扶桑社から発売になるぞい! あと、これはどうでも良いが 中のイラストは当コーナー担当の中年マンガ家、 天久とかいう男がやっておる。 絵はともかく当世一代のゲッツコラムは 笑殺必至!! 覚悟してお買い求めいただきたい。 では来週も味写の世界でお会いましょう! チャオ!! 板谷 なあ、アメリカンドッグ食ってかない? ウチのセージが揚げた、衣がペプシ味の。 博士 いらんわいっ!そんなもの!! ゲッツ板谷 文筆家/分泌家 1964年7月4日生まれ。 立川在住の悪玉コレステロール。 好きなお菓子はいちごカプリコ。 特技は「バイオハザード」で 誰よりも早くインクリボンを見つけること。 著書に『板谷バカ三代』『ベトナム怪人紀行』 『許してガリレオ!』『出禁上等』など多数。 いま日本でもっとも「笑える」文章を書く巨漢ライター! ホームページ:.

次の

ゲッツ板谷ってどうよ?

ゲッツ 板谷

来歴・人物 [編集 ] 出身。 中学3年までは学習塾通いなど勉強漬けで暴力・不良行為とは無縁の生活を送っていたが、ある日同じクラスのの悪ふざけに激昂。 結果、番長を病院送りにしたことが校内中に知れ渡り、他校への殴り込みに参加するようになるなど不良の道を歩むこととなった。 高校入学後は暴走族「地獄」 を経て、伯父の手伝いでや借金取立てを行うなど、本人曰く、ヤクザ予備軍を地で行く生活を送っていたが、美術大学を目指して高校卒業後にに入校。 美大受験は失敗に終わり、美術系専門学校卒業を経て就職活動を行うも失敗。 後に伯父の紹介で求人広告を制作する会社に入社するも1ヶ月で退社。 以後数年間は職業不定の身となるが、予備校時代に知り合った友人であるにへ紹介され、ライターとして活動開始。 その後ペンネーム改名、エッセイの執筆開始などを経て現在に至る。 30歳で。 男児をもうけた。 活動・作品 [編集 ] 金角・銀角コンビ期 [編集 ] 白夜書房の『』にてフリーライターとしてデビュー。 後に姉妹誌の『』においても執筆することとなる。 初期はパチンコ台を絡めたヌードモデル撮影やアートとの融合など、いわゆる"バカ企画"に分類される単発企画が主な活動だった。 パチスロ必勝ガイド誌上においては時折「架空のパチスロ機種」をでっち上げ、偽の新機種紹介記事を執筆していた。 架空機種は「一発当てれば家一軒」「平均獲得枚数32000枚のカミカゼチャンス」といった内容の煽り文句で、例外なく強力な出玉性能をアピールしたものとなっており、架空記事でありながら編集部には読者からの問い合わせが相次ぎ 、反響を呼んだ。 後に同誌上で「インデアンのふんどし」 連載開始。 『パチンコ必勝ガイド』誌上の名物コーナーとして現在も(一部改名され)存続している。 『パチンコ必勝ガイドルーキーズ』創刊時に「五つ星ホールを探せ! 」の連載を開始。 毎回様々な県のパチンコ店を回り、店に無断でチェックを入れ採点するという企画。 パチンコ店巡りだけでなく、ご当地巡りの要素も多分に取り入れられており、連載開始から読者人気1位を独走した。 この連載によって金角・銀角コンビの名が出版業界内にも知れ渡るなど成功を収めた企画だったが、経費が毎回多額となった事で 連載終了を余儀なくされた。 先述の「五つ星ホールを探せ! 単行本作品• パチンコ必笑ガイド(白夜書房)• ベトナム乱暴紀行()• インド怪人紀行 角川文庫• タイ怪人紀行 角川文庫• 直感サバンナ 角川文庫• 情熱チャンジャリータ• 戦力外ポーク 角川文庫• 妄想シャーマンタンク 角川文庫• BESTっス! 板谷遠足 角川文庫• 板谷式つまみ食いダイエット• 真・板谷番付! メタボロ 幻冬舎文庫• やっぱし板谷バカ三代 角川文庫• とことん板谷バカ三代 オフクロが遺した日記篇 角川書店• そっちのゲッツじゃないって! () 金角・銀角コンビ解消後 [編集 ] 銀角とのコンビ解消を機に「ゲッツ板谷」に改名。 「インデアンのふんどし」などコンビでの連載は代役を立てて継続した。 後に「パチバカ天国と地獄」コーナー内でを執筆開始し、従来のスタイルからの路線変更を図った。 途方もない"バカ"エピソードにあふれた自らの日常をつづったエッセイを執筆(代表作として、自らの家族の"バカ"に鋭くメスを入れた『板谷バカ三代』のほか『バカの瞬発力』など)。 その他に西原理恵子の元夫らとのアジア旅行を描いた『怪人紀行』シリーズや、自伝をもとにした小説『』、対談本『わらしべ偉人伝』などが刊行されている。 公式サイトは「Gコーポ」と称され、ゲッツ板谷本人の他、友人や面白そうなファンなどが文章を掲載している。 近年、ファン層が広がっているのか、Gコーポの住人であり、友人の洋服店店長キャーム(『』やエッセイ群にも中学校時代の友人として登場)まで単独で本を出す事態となっている。 2006年6月8日、及びを併発し入院。 同年9月2日退院。 詳細は『板谷番付! 』()および『やっぱし板谷バカ三代』()にて述べられている。 著名人との交友など [編集 ] 西原理恵子 立川美術予備校在籍時に知り合い、後に友人となる。 西原は「彼ら(ゲッツと銀角)は私と出会うまでは、人間のクズという仕事をしていた」と語っている。 ゲッツ並びに銀角のデビューのきっかけは西原の斡旋によるものとされ、ゲッツは著書の中で彼女に対し再三感謝の言葉を述べている。 『わらしべ偉人伝』など、彼の著作の多くのイラスト制作に西原が関わっており、また、彼女が関わっていない作品においても「SPECIAL THANKS 西原理恵子」と巻末に書かれている。 ゲッツ板谷ファンならびに板谷家ファンを公言しており、文庫版『板谷バカ三代』内の特別企画ページ「We love"バカ三代"」 を執筆。 また、彼女のライブに招待されるなど交友がある。 彼女と知り合った経緯は不明だが、板谷家では家族ぐるみで応援している模様で、特に父(ケンちゃん)は彼女の全ての出演番組を観ているという。 また、著作中で彼女のマネージャーは「夏目くん」と表記され、父も彼女の参加するイベント終了後に食事の約束を彼と取り付けるなど、彼とも仲が良い様子が窺える。 『』連載「わらしべ偉人伝」での対談にて意気投合、その縁でショートムービー『SF Short Films』内のピエール監督作品『県道スター』の主演としてゲッツが抜擢される。 矢井田と同じく文庫版『板谷バカ三代』内「We love"バカ三代"」を執筆。 映画版『ワルボロ』に友情出演している。 「Gコーポ」のレギュラー連載を執筆していた。 ペンネームは板谷が発案。 その他 [編集 ]• 著作内において、自身の一人称を「ボキ」と表すことがある。 著作によると週に数回キッチンで腕をふるう模様。 そのレパートリーはをはじめ、、豚バラ肉の炒め、豚のひき肉炒めのなどを用いたものが多い。 著作や公式ページにグルメ情報があり、国内のほか・・・など海外の情報もある。 家族や自身の友人の行動など、身の回りの出来事を執筆することが多いことから、「やはり正式な肩書きは『ライター』なのか」と尋ねられた際に「もしくは(身近な事の)書記係だな」という旨の返答をしたことがある。 著作では熟女趣味を公言している。 また、の大ファンで、『わらしべ偉人伝』にて対談が実現した際は我を忘れるほど感激しているさまが表されていた。 銀角とのコンビは「日本一凶暴なライター・イラストレーター」として出版界内で知られていた。 二人をモデルにが『らんぼう』という喧嘩っ早い刑事コンビを主人公にした小説を書いた事もある。 西原理恵子の著作『』の登場人物「こういち」のモデルである。 脚注 [編集 ]• 著作中では『立川地獄』と表記することもある。 現在も親友として交友のあるキャームもメンバーの一人。 『バカの瞬発力』(二見書房)より。 理由は社長が伯父を激怒させたことから。 掲載号以降の号にて後日談的に掲載された。 なお、パチスロに詳しい読者にとっては、当時の規定上(正規に設置される機種としては)実現不可能とわかる仕様であった。 金角と銀角のトークバトル形式で展開する内容のコラム。 敗因は「歴代4名のモンスター担当編集者」と「6ページ程度の連載にも関わらず雑誌全体の経費の3分の1ほどを費やしていた」と後に『バカの瞬発力』内で語られた。 西原の著作『金角銀角さんとわたくし』や『バカの瞬発力』など。 『金角&銀角のパチバカ天国と地獄I』。 『出禁上等! 』『直感サバンナ』(二見書房)など。 背表紙には「各界の板谷家ファンからのメッセージ」とある。 また、今作においても「板谷家ファンの矢井田瞳です」と書かれている。 必勝パチスロ虎の巻『バカの瞬発力』第40回。 必勝パチスロ虎の巻『バカの瞬発力』第34回。 また、撮影現場にはケンちゃんが勝手についてきたが、ピエールがその強烈なキャラに惚れ込み、急遽出演シーンがつくられたという。 必勝パチスロ虎の巻『バカの瞬発力』第28回。 西原理恵子著『西原理恵子の人生一年生 2号』。 外部リンク [編集 ]•

次の