ホチキス 留め 位置。 縦書きや横書きのときのホチキスの位置とは?止め方を紹介│ふじや流プラス

ホチキス(正確にはステイプラー)はどの位置どんな向きに留めますか?:トラパパ@TORAPAPA:オルタナティブ・ブログ

ホチキス 留め 位置

基本は左上に斜めで 大学で提出するレポート用紙は、 基本的に縦の用紙に横書きで書いていくものが大半です。 ただ、「あー、そうか」とだけ理解していると、すぐ忘れてしまう可能性があります。 理由までキチンと理解しておくことが大切です。 理由は、2つあります。 先生は右利きだから 先生はあなたのレポートをチェックしていく時、 右手にペンを持ちます。 そして左手で、ページの右下を持ち、左上の方向へ向かってめくっていきます。 想像力を働かせてくださいね。 ファイリングをしやすいから 先生が書類をファイルに綴じる場合は、 書類の左側に穴を開けます。 もし、右側をホッチキスで止めたら、ファイルで綴じた時、ページをめくれなくなってしまいます。 だから、左側に綴じるのが基本になるのです。 実は、この方法は、書類を扱う機会が多い、 日本の官公庁でも決めれている正式なルールともされているそうです。 ですから、このやり方が一番正しい綴じ方だと言うことが出来るでしょう。 縦書きの場合は? では、レポートが横書きではなく、 縦書きの場合はどうなるのでしょうか? 今回は、用紙が縦になっている場合で考えていきます。 その理由は、レポートを読むとき、最後は、左下で終わるので、ページの左下をもって、右斜めにめくるのが読みやすいからです。 例外もあることを想定しておこう ただ、これはあくまでも基本的なパターンであって、例外が発生する場合もあります。 先生が左利きの場合 先生が左利きだと、少し話が違ってくる場合があります。 先生は、左手に原稿をもって、あなたのレポートを読むため、たとえ、横書きのレポートであったとしても、右上にホッチキスを止めてあった方がレポートが読みやすくなるということになります。 会社の書類だと、複数の人が見ますが、大学のレポートだと、 一人の先生が見るケースが多いので、その先生の特徴や好みに合わせる機会が増えて来るところがあるように感じます。 大学の方針で違う場合もある 大学によっては、上に2ヶ所止めるよう指定されているところもあるようです。 大学の場合、 先生の好みや学校の方針によっていわゆる通常のパターンと違ってくる場合があります。 学生というのは、まだ社会人ではないので、ホッチキスのとめる位置が間違っても、それなりに許されてしまうところがあります。 でも、 大学は、社会に出て行くための練習の場でもあります。 たかがホッチキス、されどホッチキス 普段から、想像力を働かせながら、正しいホッチキスのマナーを身に付けていってくださいね。

次の

ホチキスで書類を止める際の正しい位置【ビジネスマナー】

ホチキス 留め 位置

皆様は資料をホチキス(注1)する時に、どの位置どんな向きに留めるようにしてますか?以降、或るお客先での体験に始まる「こだわり」の話です。 (注1:正確にはステイプラー、です。 ホチキスは発明者の名前ですので。 ) こだわりのカテゴリーは下記の通り。 l 位置、左上を留める?それとも右上? l 向き、横「 - 」?斜め「 / 」(左上の場合)?それとも縦「 」?? l 用紙の縦長、横長かどうかで位置を変える? l レイアウトやサイズの異なる紙を組み合わせてからステープルするときは? l 縦書き、横書きでも位置や向きを変えるか?? l どのくらい余白を持たせるか。 できるだけギリギリに留める?? まだ若手、 10 年以上前のことですが、あるお客先で部長さんが、私どもが準備した資料をビリビリ破り捨てて、会議を開催中止し、早々に退席してしまったことがあります。 ご機嫌損ねた原因はホチキスの仕方にご不満が。。。 「横じゃなくて斜めに留めないと、めくっていくうちに資料が破れやすくなるだろ!いつもそうしろって誰にでも注文してるんだ。 付き合い長いんだからそのくらいわかってなくてどうする!!」 ・・・なるほど、そういえば普段何気なく斜めに留めていたが、今日はたまたまコピー機の自動ステープル機能で留めちゃったからデフォルトで「横」留めになったみたい。 それにしても・・・「好み」細かいなあ。。。 ま、お客様の要望にあわせてあげればいいことなので、そうすればいいだけのこと。 だけど会議中止されたのはイタいなあ・・・ で、この部長さん、別の機会にさりげなく「いい言葉」も残してくれました。 「資料が分厚ければバインダークリップでもしょうがないと思う。 だが、 基本的にステープルするということは、『資料の構成と内容に自信を持っております』という姿勢の証。 だからステープルできる。 ところが、自信がないときはクリップで仮留めしておき、プレゼンしながら前の頁に戻ったり一部スキップしたりと構成を随時組み変えしたり、手許資料を合間にはさんで即興でアレンジしようとする人に出会ったりするんだが、こういうのはプロとして許せないんだよ!」 おおぉ・・・・なるほど、それは説得力あるかも。 それ以来、ホチキスできれば必ずするようにしてます。 分厚いときはスパイラル(注2)。 (注2:たまーに、時間がなくなってバインダークリップで済ませることもないわけではなくて。 さてさて、冒頭のカテゴリについて、ご参考までに小生の経験則に従い整理をしておきます。 l 位置、小生は基本的には 左上を留めます。 l 向き、基本は 横「 - 」です。 斜め「 / 」の方が何度もめくっても確かに破れにくい気がしますが、横の方がなんというか「凛々しい」気がしまして。 l 用紙の縦長、横長かどうかで位置を変えることはありませんが、 枚数が多くなってホチキスで留めれる限界に近いときのみ、斜め「 / 」にすることがあります。 破れて外れやすくなるため、少しでも痛まない留め方がいいかなと思ってのことです。 l レイアウトやサイズの異なる紙を組み合わせてステープルするときは、基本は斜め 「 / 」にしています。 これも観る人が資料をめくるときの丁寧さ度合が落ちるような気がするので、資料が痛まないように配慮してのことです。 l ちなみに 縦書きなら右上もアリと思いますが、小生はまだ縦書き資料のステープル機会に出会ってないです。 もし出会ったらきっと右上を留めるような気がします。 l こだわりで言うと、 余白は上も左も 5mm 以上 1cm 未満を目安に 留めています。 あまり余白がないのは前述の「凛々しさ」を損なう感触を持っておりまして。 余りすぎると「粗雑」にみえますし。 皆様はどのようにこだわっておられますか?? ご参考にならなければただのヒマネタになってしまいますが、ご興味をもたれた方々、是非ご自身のポリシーとして整理・確立させみてくださいませ。 >花鹿さん、コメントありがとうございます。 やっぱりこだわる人がいるんですね。 自分の感性にマッチしないこだわりを強制されるって辛いですよね。 ホチキスじゃなくて言葉遣いも同様ですしね。 自分の普段をちょっと反省させられる気がします。 >Yutakaさん、コメントありがとうございます。 なるほど、理由がしっくりきますね。 ホチキスですが、「ホッチキス」は、明治時代からイトーキの登録商標でしたが、現在では一般名詞化したため、文房具分野での「ホッチキス」という商標は失効しています。 2006年4月現在登録されている「ホッチキス」の商標は以下の通りです。 登録第4343797号 キヤノン株式会社(理化学分野限定) 登録第4766203号 マックス株式会社 (医療器具限定) ご参考になれば。

次の

【ホチキスの止め方】正しい位置は右上?左上?知っておきたい3つのマナー

ホチキス 留め 位置

止めるは「活動しているものの動きがやむようにする」という意味• 留めるは「離れないように固定する」という意味• 停めるは「乗り物を一か所にとどめる」という意味• 「今まさに動いている」ものの場合は止める、「今は動いていない」ものの場合は留める• 特に乗り物を「止める」場合に停めるを使う いかがだったでしょうか。 3つとも意味が似ているので間違えやすいかもしれませんね。 実際に水道やガスを「とめる」という場合には「止める」だけでなく、「停める」が使われている時があります。 停止という熟語もあるので混同されたのでしょうか。 また、止めると留めるの判断がつきにくい場合もあります。 例えば、「ゲートから出ようとするのを『とめる』」という場合、出ようと動いているのを制止するなら「止める」ですし、動きだす前にまだ出ないでと言っているなら「留める」が相応しいです。 どうしても判断に迷う場合は、一番意味の広い「止める」を使っておくのが無難かもしれません。

次の