高橋英樹 孫。 高橋英樹 初孫がヤバイ!?

高橋英樹、孫の成長の早さに驚き「大人みんなで大変になりそう」(2020年6月28日)|BIGLOBEニュース

高橋英樹 孫

フリーアナウンサーの高橋真麻(38)が6日、都内で行われた投資資金の新サービス「マネーステップ」に出席し、第1子出産以降初の公の場に登場。 仕事復帰を果たした。 久しぶりに報道陣の前に姿を見せると、「ご無沙汰しております」と頭を下げた高橋。 トークを進めていると「いま単語が出てこなかったから、約3カ月のブランクを感じてますね」と苦笑いを浮かべた。 この日はロングスカートを着用していたが、出産前と変わらぬスタイル。 出産前と後では「6キロくらいしか増えなかった」ようで、「戻るのも早かった。 夜寝ないで育児しているとやせられる」と語った。 初めての育児に大変な様子を見せながらも、「局アナ時代の激務に鍛えられているので、早朝番組をやっているときより寝られたなとか激務に助けられた」とたくましかった。 父親で俳優の高橋英樹(76)は待ちにまった初孫に大歓喜で「(初対面の日)待っていられなくて家から出てそわそわしていた。 孫への愛情を爆発している。 それをどう抑えるか必死」とデレデレだ。 孫へのプレゼントを「いっぱい買いたいと言っているのですが、ありがたいことに出産祝いで色々いただいて事足りている。 徐々ね」となだめている状態という。 また、高橋が子育てはなるべく夫婦2人で頑張りたいという意向があり、「父は一歩下がりながらかわいがっている。 本当はズブズブにコミットしたいようですけど」と明かした。 コロナ禍での出産だったが、「立ち会いは禁止。 産後30分での面会は主人だけ。 両親は退院してから孫と対面」と特殊な環境下を回想。 「最初は不安はあったけど、病院の方は慣れているので心強かった。 コロナに対しては病院の方のほうが細心の注意を払ってくれたので、病院の方のほうが大変だったなと肌で感じた。 感謝しかないですね」と思いを伝えた。 高橋は2018年に12月に一般男性と結婚。 今年5月1日にブログで出産を報告していた。 イベントにはお笑いコンビ「東京ホテイソン」も登場した。

次の

高橋真麻、父・英樹は孫にデレデレ「愛情を爆発」 出産後初イベント コロナ禍での出産振り返る(スポニチアネックス)

高橋英樹 孫

5月に第1子の誕生を報告したフリーアナウンサー高橋真麻(38)が6日、都内で「おつりで投資トラノコ」の新サービス「マネーステップ」記者会見に出席した。 出産後初のイベント出演で、本格的に仕事復帰した。 真麻は第1子の誕生を祝福され「ありがとうございます」と満面の笑み。 コロナ禍での出産をねぎらわれると、「不安はあったけど、病院の方が細心の注意を払ってくれた。 感謝しかないです」と話した。 産後3カ月での復帰となったが、スレンダーな体形を維持。 「体調もすこぶる良く、つわりもなかった」とし、寝不足の苦労も「局アナ時代の激務が鍛えてくれたのかな」と笑った。 また「夫婦で子育てを頑張りたい」という真麻の気持ちをくみ、一歩引いて見守っているという父、高橋英樹(76)の様子も明かした。 「本当はずぶずぶにコミットしたいところを、グッと我慢している」と、あふれる孫への愛を抑えているようで「『品川中のあめを買うのが夢』と言っていたので、それはやめてと言いました」。 溺愛ぶりに苦笑しつつも、真麻は「今が一番親孝行ができているのかな」と笑みを浮かべた。 高橋は18年12月に一般男性と結婚。 お笑いコンビ、東京ホテイソンのたける(25)とショーゴ(26)も出席。

次の

高橋真麻、『スッキリ』復帰し子育ての近況紹介 高橋英樹は孫にデレデレ「愛情爆発してます」 |最新ニュース|eltha(エルザ)

高橋英樹 孫

俳優の高橋英樹(75)とフリーアナウンサーの高橋真麻(38)親子が16日、都内で「都営バスで巡る地形テキストラリーGPS」のイベントに出演した。 親子でのイベント出演は今年初めて。 東京都交通局が2月29日まで実施中のスタンプラリーをPRしながら「子どもと孫に残したい東京」をテーマにトークを繰り広げた。 英樹は「高低差は残していって欲しい。 山は山、丘は丘として」、真麻は「都市開発もあるでしょうが、自然は残して欲しい。 自然公園だったり、記念公園だったり」と話した。 真麻は18年12月に結婚した一般男性との第1子を妊娠しており、5月にも出産予定。 14日で7カ月に入り、「つわりもほとんどなく、実感も無くて。 胎動もそんなにないのでエコーを見てもまだ宇宙人みたいな感じ」と説明。 「お腹の張りもそんなになくて。 ちょっと食べ過ぎた時の方が(妊娠してからよりも)まだ出ていた」と腹部をさすった。 「今まで以上に元気に過ごしております」と話し、「今までよりも運動しなきゃとか、ストレッチしなきゃとか、食べ物を気をつけなきゃという気持ちが出ているんで健康的になったと思います」と強調。 酒豪として知られるが、「信じられないくらいにノンアルコール飲料を片っ端から飲んでます。 辛いのは辛いです。 さらにね、授乳が始まっても、その生活が続きますからね」とぼそり。 英樹も「親が心配するくらいですよ。 動き過ぎ。 よく動くんで、よく食べるんですよ」と伝えた。 待望の初孫に「憧れのね、ジィジィですけれども。 みんな私の仲間は『孫がこんなに可愛い』と全員言ってますので。 それを目指してね、健康で産んでくれたらいいな」と目を細めた。 「品川中のアメを買い占める」「数カ月後には品川中のアメが無くなる」と自宅付近の菓子店などに予告。 待望の孫へ愛情は惜しまない様子だが、「いろいろと、やりたいことはたくさんあるんですけど、言うと(孫に)絶対寄せてくれなくなるんでね」と苦笑い。 これに対して真麻は「娘の私だって肥満児になったのに、孫だったらどうなるかと思うと恐ろしくて預けられない」と本音も。 出産準備については「フジテレビ時代の先輩、後輩がみんなママアナになっているんで、いろいろアドバイスをくれる。 『そろそろ骨盤ベルトをした方がいいよ』とか。 それを参考に」と周囲のサポートも万全な様子。 同じくフリーに転身した平井理央アナ(37)に会った際には、「(お腹が)出てきましたね、というリアクションでした」と報告した。

次の