ネオ クラシック カー。 ネオクラシックがカッコイイ! 今買える90年代カー10選

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】 第1回・マツダデザインの原点。マツダ・ユーノス500

ネオ クラシック カー

自動車趣味人にとって今ほどいい時代はないのかもしれません。 EVとか燃料電池とか、おまけにクルマがしゃべるようになったけれど、少なくとも一般庶民が金持ちになれる時代であることは確か。 貴族じゃなくてもロールス・ロイスに乗っちゃうワケですね。 マネーゲームなヴィンテージカーの世界はひとまず置いといて、21世紀になって、じりじりとジャンルを確立したのが、「ネオクラシック」とか「ヤングタイマー」と呼ばれるちょいと古いクルマたち。 中年男子憧れのクルマも多いことでしょう。 ボーダーラインは30年。 ココを超えるとお国によってはハンドルが逆側でも登録できたり、税金がぐーんと安くなったりします。 で、モータースポーツの世界でも生産から30年でクラシック車両によるレースイベントへの参加資格が認められたりします。 さかのぼること30年といえば1990年前後に売り出されたクルマたちです。 日本はバブル真っ盛り。 今にして思えばこの時代のクルマって、ハードの部分がどんどん進化した時代です。 ドイツ車じゃなくても高速巡航速度がアップし、また逆に安全性も向上。 デザインの面でも従来の心地よさを残しつつ、空力など洗練させていきました。 ところがです。 そんな時代も10年過ぎれば個性喪失という目に見えるカタチに変化します。 安全性を筆頭に、クルマに対する要求性能は世界基準なのですから当然です。 各社ともに似たようなソフトウェアで設計し、似たような課題を抱え、似たような価格で販売。 至極当然といえばそれまでですよ。 現代の生活でも過不足ない十分なパフォーマンス。 クルマは錆びにくく、エアコンもバッチリ(?)効いてくれる。 しかも、見た目も乗り味も個性的。 「ネオクラシック」とか「ヤングタイマー」が人気になるのはうなずけるトレンドなのです。 しかし、しかし。 全部が全部、趣味性と実用性、費用対効果を発揮してくれるワケじゃありません。 尋常ならざる高額、修理しても信頼性が得られないとか、まあ現実はお金のかかる趣味という側面も否定できません。 肝心なのは己の目利き。 そこで今回、費用をかければ相応の効果が得られる、日常遣いができそう、いまなら買える金額、という1990年代のクルマをリストアップ。 価値観は人それぞれですし全ジャンルをフォローできませんが、ワタシの趣味も少し加味してご紹介してみます。 Audi S4 Avant アウディは縦置き2. 7リッターV6ターボ+クワトロ(AWD)+6MTのS4をオススメします。 セダンとワゴンがありますがコスパも性能も最高。 しっかり整備すればいまだにビュンビュン走れます。 上級グレードにハイチューンのRS4がありますが、早くて乗りやすいS4に軍配を上げておきます。 信頼性に不安が過るかもしれませんが、この時代のイタリア車はまさに日常をリフレッシュしてくれる最高のパートナー。 いま狙って仕上げるなら156がいい感じですね。 先代の角張ったデザインの155も魅力ですが完成度はコチラが上手。 じゃあ159とかブレラってどうよ? となれば、面白みに欠けますね……というのがワタシの結論。 Alfa 156 2リッター4気筒は上玉が極少なので忍耐力が必要。 ワタシならV6+ATの組み合わせを探します。 アルファのV6は秀逸ですしATでもワクワクする気持ちは変わらず。 モダンクラシックな濃度は156が最右翼でしょう。 禁断のタイミングベルト、ウォーターポンプなどは納車時にリセットを。 欠品パーツが出ているので、各種アキレス腱を含め専門店でイロイロ教えてもらいましょう。 それがお店選びのヒントにもなります。 バウハウスのデザイナーたちはアメリカと北欧に流れたようですが、クラシック・ボルボの魅力はミニマルな風情と道具感のバランスでしょうか。 人気は240でしょうがワタシの狙い目は740エステートです。 JAGUAR XJR X300 ジャガーのフラッグシップであるXJ。 新型はEVになるとのハナシですから、スチールシャシーのX300型は見逃せませんね。 ただし、ATがキモなのでOHは前提条件となりそう。 でもね、低いルーフがもたらす独特の空間は何とも言えず上質です。 相場は底値を脱出したのか整備してあるのか、売値+50万を考えておきましょう。 底値を脱したといえば、X100型のXK8です。 ひところは2桁万円で買えたんですけどね。 流麗なEタイプの面影残るビッグキャットもスチールシャシーで楽しみましょう。 味わい深いいいクルマです。 ボディタイプはクーペとコンバーチブルがあります。 本来であればじっくりと1台1台クロースアップしたかったのですが、今回はアウトライン程度の解説にとどまってしまったことをご容赦ください。 いずれにせよ、「ネオクラシック」&「ヤングタイマー」は大人の嗜好品です。 人生を豊かにしてくれることだけは間違いありません。

次の

門司港ネオクラシックカーフェスティバルのページ

ネオ クラシック カー

お釣りは出ませんが、現金やキャッシュレス決済と組み合わせてのご利用は可能です。 イベントの中止や延期でスワッップミートの皆さんも出店出来なくて困っていらっしゃいます。 また飲食店やキッチンカーの皆さんも臨時休業や営業時間短縮で、売上の減少が止まらずに、弁当販売やケータリングで頑張っていらっしゃいます。 そんな中で久しぶりに開催されるイベントです。 露天商がいない縁日では楽しさも半減で盛り上がりに欠けます。 イベントも同様でスワップミートやキッチンカーもイベントの華で、参加車両と同じく無くてはならない存在です。 見学者の皆様におかれましては、どうか金券を有効にお使いいただき盛り上げにご協力いただきますよう、駐車料金の徴収にご理解とご協力を宜しくお願い致します。 エントリー車両はもちろん駐車料はいただきません。 マスクの無い方はスワップミートで1枚100円で販売しています。 マスクを着用頂けない方は入場をお断りします。 手の消毒にどうぞご利用下さい。 また熱中症対策に水分の補給も心掛けて下さい。 会場で体調不良であることが見受けられた方にはスタッフからお声を掛けさせていただき、状況によってはご退場いただく場合が御座います。 また体調がお悪くなってきた方は本部席へお知らせ下さい。 2020年 01月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 2019年 03月 05月 08月 09月 11月 2018年 06月 08月 09月 11月 2017年 04月 06月 07月 09月 10月 2016年 04月 06月 07月 09月 12月 2015年 02月 07月 08月 09月 10月 2014年 01月 02月 04月 07月 09月 10月 11月 12月 2013年 01月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 2012年 07月 11月 12月 2011年 2010年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月.

次の

シティーオート 旧車・ネオクラシック車専門店 中古車検索

ネオ クラシック カー

最新のクルマも魅力的ですが、1980年代から1990年代のクルマが「ネオクラシックカー」と呼ばれ、改めて注目を集めているのです。 ネオクラシックカーの魅力は、どのようなところにあるのでしょうか。 また、さらにその希少性ゆえにパーツの入手も非常に困難で、日常使いがしづらいとされています。 その点ネオクラシックカーは、きちんとレストアすれば現在でも日常的に使えるのが大きなポイントだと、旧車専門誌の元編集者が教えてくれました。 「1980年代から1990年代のクルマは、当時としては非常に開発費をかけたものが多いです。 税制面で有利な5ナンバーサイズに収め、パワーも280馬力という自主規制のなかで、いかに魅力的に仕上げるかを競い合っていた時代でした。 日本の自動車メーカーはあまり古い車両のパーツをストックしない傾向がありますが、このネオクラシックカー人気を受けて、『スカイラインGT-R(R32型)』などはパーツの再生産が決定するなど、状況は好転してきています。 燃費や安全性では現代のクルマには劣りますが、走行性能に関しては十分負けていないモデルが多いのも特徴です」 当時人気車だったクルマはパーツの入手もまだ可能な場合も多く、手間をかけてあげただけ新車に近い味わいを改めて楽しむことができるのだそうです。 「当時は、クルマの車種によってモテるなどいうことがありました。 経済的に余裕が生まれた熟年層で、当時は高値の花だった憧れのクルマにもう一度乗りたいとか考える人が多いようです 青春時代に流行った名車を所有する喜びをいまでも味わえるのも、大きな魅力のひとつでしょう」(旧車専門誌の元編集者) 実際にネオクラシックカーを手に入れたいと思った場合、どんなところに注意すべきなのでしょうか。 板金修理や車体整備などを手がける「秀自動車」(栃木県宇都宮市)の高島氏は次のようにいいます。 「大切なのは、車体の状態がいいものを選ぶことです。 エンジンや細かいパーツは、新品やリビルド品を探して取り付けることが可能ですが、車体に歪みやサビがあると修復にお金がかかります。 しかも当時のクルマはスポット溶接された部分が多いので、サビが出やすい傾向があります。 ある程度の修復費用を見込んで選ぶか、または過走行ではない、状態の良いクルマがおすすめです」 過走行ではないほうがいいとはいうものの、年式の割に極端な低走行車もあまりおすすめできないと高島氏はいいます。 「機関部品などは走らせて正常に機能するように設計されているので、あまりにも低走行すぎるとパーツの固着なども出てきて、性能に作動させるには手間がかかってしまうことがあります。 またネオクラシックカー選びで大切なのは、パーツが入手できるモデルかどうかということも大きく影響すると思います。 ゴム部品などの消耗品はともかく、足回りや操作系などのパーツが純正品でも社外品でも入手しやすい車両であれば、レストア代も維持費も安く済みます」 そういった視点で考えると、当時流行した「兄弟車」は、ベースが同じクルマでも販売系列ごとに違うネーミングで販売されていた車両のため状態がいいクルマを探しやすい傾向があるようです。 さらに人気車種であればパーツの流用などもしやすいとのことなので、ネオクラシックカー選びの基準のひとつにもなりそうです。 前出の旧車専門誌の元編集者は、次のようにいいます。 「ネオクラシックカーとして人気が高いのは、当時みんなが憧れたクルマです。 そのなかでもスカイラインGT-R(R32型)は別格です。 またホンダ初代『NSX』もルックスも含めてマニアが多い1台です。 最近では強烈なトルクを誇った三菱『GTO』も改めて注目を集めていますが、状態のいいクルマは非常に高額になっています。 さまざまな状況を踏まえると、実際に手が出しやすく購入後も満足度が高いと思われるのは、日産『シルビア(S13型)』でしょう。 当時、ホンダ『プレリュード』と人気を二分した大人気クーペです。 シルビアは5ナンバーサイズにパワフルなターボエンジン、貴重なFRレイアウトと、懐かしさと走る楽しさが両方欲しい人には最適です」 ネオクラシックカーの特徴のひとつとして、できる限り純正パーツを使用していることが挙げられます。 その点でもシルビアはまだ細かい純正パーツを入手ルことが可能なのだそうです。 ただし、このS13型シルビアですが、前出の高島氏は、購入前に細かくチェックしたほうが良いといいます。 「FRでパワフルな走りが楽しめるとあって走り好きなオーナーが多かったこともあり、修復歴のある車両が多いです。 またエンジンをチューニングしてハイパワーにしたものも多く、過去にかなりの負荷が車体にかかっている場合もあります。 エンジンや足回りも大切ですが、車体に歪みやサビが少ないほど、状態がいいといえますね」 トヨタ「マークII」兄弟も人気モデルとされています。 マークIIは長い歴史を持つ車種ですが、なかでもおすすめは1996年から2001年まで製造された8代目(X100型)です。 20年前のモデルですが、ネオクラシックカーとしてはかなり若い部類にはいりますが、おすすめの理由は搭載されるエンジンです。 名機として有名な2. 5リッター直列6気筒ターボ「1JZ-GTE」を搭載した「ツアラーV」グレードの走りの良さには定評があります。 販売台数的には圧倒的にマークIIが多いのですが、兄弟車である「チェイサー」や「クレスタ」なども、このエンジンを搭載したモデルは走り好きなファンから根強い人気を誇っています。 「X100型マークII兄弟は、当時のトヨタ『スープラ』に匹敵するパワーを持つエンジンを搭載し、FRで4ドアという実用性も両立していてサイズも手頃です。 はじめてのネオクラシックカーには最適かもしれません。 ただし、少し前からドリフト好きからも人気になっており、ドリ車(ドリフト走行用にカスタムされたクルマ)のベースとして使われた車両を選ぶと手直しに苦労しそうです」(高島氏) ほかには、ユーノス(マツダ)「ロードスター(初代NA型)」も魅力的な1台です。 「程度のいい車両を見つけるのは大変かもしれませんが、こちらもネオクラシックカーとしては入門しやすく、かつ懐の深いクルマです。 当時はデートカーとしても走りを楽しむクルマとしても大人気でした。 マツダもパーツの再生産を発表したこともあり、レストアもしやすいというのは大きな魅力です。 コンパクトなFRオープンという現行型に引き継がれているコンセプトは何年経っても色褪せません」(旧車専門誌の元編集者) 「レストアを念頭に考えるのであれば、できるだけ構造はシンプルなほうがいいです。 その点でも初代(NA型)ロードスターはおすすめです。 当時はレース用にパワステやオーディオまで取り外したグレードがあったくらいシンプルです。 ただし、安全装備が少ないので(運転席エアバッグがオプション、助手席エアバッグなし)、その点で手を出しにくい可能性もあります。 日本が誇る名車たちは、今後はもっと値上がりするかもしれません。 あの頃憧れたクルマを手に入れるには、いまがチャンスではないでしょうか。

次の