明日 今日 より も 好き に なれる。 夏の課題曲 : あした今日よりも好きになれる♪

GREEEEN キセキ 歌詞

明日 今日 より も 好き に なれる

キセキ 作詞 GReeeeN 作曲 GReeeeN 唄 GReeeeN 明日、今日よりも好きになれる 溢れる想いが止まらない 今もこんなに好きでいるのに 言葉に出来ない 君のくれた日々が積み重なり 過ぎ去った日々2人歩いた『軌跡』 僕らの出逢いがもし偶然ならば? 運命ならば? 君に巡り合えた それって『奇跡』 2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にして いつまでも君の横で 笑っていたくて アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど せめて言わせて 「幸せです」と いつも君の右の手の平を ただ僕の左の手の平が そっと包んでくそれだけで ただ愛を感じていた 日々の中で 小さな幸せ 見つけ重ね ゆっくり歩いた『軌跡』 僕らの出逢いは大きな世界で 小さな出来事 巡り合えた それって『奇跡』 うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって! 強がりや寂しさも 忘れられるから 僕は君でなら 僕でいれるから! だからいつも そばに居てよ 『愛しい君へ』 2人フザけあった帰り道 それも大切な僕らの日々 「想いよ届け!!! 」と伝えた時に 初めて見せた表情の君 少し間が空いて 君がうなずいて 僕らの心 満たされてく愛で 僕らまだ旅の途中で またこれから先も 何十年続いていけるような未来へ 例えばほら 明日を見失いそうに 僕らなったとしても、、、 2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にして いつまでも君の横で 笑っていたくて アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど せめて言わせて 「幸せです」と うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって! 喜びや悲しみも 全て分け合える 君が居るから 生きていけるから! All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 GReeeeNさん『キセキ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 GReeeeNさん『キセキ』の歌詞 キセキ words by グリーン music by グリーン Performed by グリーン.

次の

リオン・マグナスと人生

明日 今日 より も 好き に なれる

はログインするたびにたんやから「おかえりなさい!」って言ってもらうんですけど、先日浴衣リオンくんのガチャがね。 出たじゃん。 復刻?らしいけどまあ出たんですよ なんかもう……この…生きてて浴衣のに出逢えるってなんかもう奇跡だなって…思うんですよ。 思いますよ…明日今日よりも好きになれるあふれる思いが止まらないし言葉にできないよね…っていう気持ちで書いているがこれです ありがてえ、一言で言うとありがたいしこれが奇跡だなって。 同じ国に生まれたのミルロマンス…いや本当にこういうことよ。 人を愛して初めてわかる、の歌詞の奥深さ。 ごめんね素直じゃなくて… いや正直テイルズがいろんなソシャゲ出すようになってから浴衣のリオンくんとかたしか色々あった気がするんです。 とかレイズでもあるんじゃないかなって思うしへたしたらテイルズオブ(懐かしさで死ぬ)とかでもあったんじゃないかなって思うんですけど、なんかもうさ~~~~~ うまく言えないんですけどリオンくんってわたしにとって過去も未来もすべて含めて人生で一番好きっていう何があろうと揺るがない一番なので、生きているうちに新規絵に出会えるって改めてすごいことだなって… よく二次元推してた人が三次元推すようになると「生きてるだけで新規絵」とか言ってたりするし、その気持ちもうける~わかる~みたいなところはあるんだけど、なんか…それのようでいてそれでないようでいて…わ、わからん…自分の気持ちが…複雑…乙女心だからね…仕方ないよね まずの人生を考えたときに、浴衣にシャルティエ柄の謎の扇子で夏をしたりするんだなあっていうその事実に泣けてくるんですよね リオンくんについての説明だよ! とはに登場するCVのキャターでテイルズオブ人気投票でもはや殿堂入りした16歳の天才美剣士だよ! 2でも彼によく似た(…)ジューダスというキャターが登場するよ! 戦闘のテーマ曲もアレンジがたくさんあるよ。 皮肉な運命に翻弄され、実の父の手ごまとして実の姉に刃を向けたり、信頼関係を結び始めていた主人公と敵対したりするよ。 崩れ始めた海底の洞窟で運命という濁流に飲み込まれるがごとく、16年の生涯の幕を閉じるよ。 マリアンの名前を呼ぶときはエミリオに戻ったと思うけど、彼は「」として死ぬことを選んだんだなって 何回同じことを言うんだこいつはって感じだけど全部自分の気持ちの上では意味が違う(正しくできない) いやもう話すと長くなるしまとまらないからやめるけど、オリジナル版とリメイク版で彼の性格や人とのかかわり、そしてシナリオが変更されていることによって、確かに彼の孤高で冷徹な部分は失われたとは思うんですが、リオンくんが自分の死を意識していながらもそっちの道を選択する部分は変わらないし、そういう彼でよかったと思います。 まあわたしがリオンくんのそういうところが好きだからだけど 生存ルートが欲しかったと思わないの?と以前友人に言われたこともあるんですが、やっぱり色々考えた結果わたし個人はいらないなって思います これはもう自分の中の感覚でしかない話だけど、たとえばの全国大会の幸村VSで幸村くんに勝ってほしいか?っていうのに似てる 幸村くんは様々な試練を乗り越えて、あらゆるものを背負ってあのコートに立っていて、その覚悟なんてもう想像もできないと思う そりゃ幸村くん大好きだし勝ってほしいって思うけど、でも幸村くんが勝ったら彼は一生救われなくて、一生「テニスを楽しむ」なんて考えを持つこともできないかもしれない そのほうが嫌だから、「幸村くんに勝ってほしくない」じゃなくて「くんに勝って幸村くんを救ってほしい」と思う だから負けたら悔しいし悲しいし泣くけど、は負けたに笑顔を浮かばせ握手をさせるくらい彼に光を届けてくれる男だからいいんですよ リオンくんの話に戻ると、作品によって微妙に色々違うから何とも言えないところはあるけど、彼も想像を絶する覚悟を持ってあの瞬間にあの場所に立っているんですよね なんかもう…野暮だなって…わたしのクソデカな個人の死なないで!感情なんて…持ち込みたくないなって思うんだよ…リオンくんの人生に……………わたしにを止められるのか…?そんなん無理だよ…いやそういう話じゃないんだけど………… だってリオンくんがたとえ何度生まれ変わっても必ず同じ道を選ぶって言ってるんだもん…必ずって言ってるんだもん…そして実際に何度もそれを選んでいる…… だから生存とかそういうのは全部イフでいいなって。 でもこれはドラマCD()があるから思えたことかもしれないなぁとは思う…ドラマCDでリオンくんが大泣きしてるしその理由も理由だから…… もう何が何だかわからないけど、だからソシャゲのこういうなんでもないような浴衣絵に泣けるな~って思うんだろうなって思いましたよ 作品の中で彼は完全に完結してしまっているから、彼でありながらも彼が別の楽しいことを味わっているものを改めて見られるっていいなぁって まあ今までのいろんな絵では特にそこまで思わなかったので単純に浴衣が性癖ってだけなんでしょうけどね!!!! あと生存ルートについていろいろ考えてたらやっぱありかもなって気持ちになったりしたけどね!!!(今)(ちょろい) それでもすべてが終わった後実はどこかで生きていました、くらいがいいなと思います ある日突然クレスタで出会ってもいいし、全部終わってからスタンとルーが探しまくってであってもいいし、デュナミス孤児院で洗濯物干しててもいいし…(先生のそういう絵あったよね~~~~!!!!!!) 物語としてはあそこで終わってほしいなってきもち もうどうしたらいいのかわからなくなったし自分がいつか読み返すこともあると思えないけど消すのもな…って思ったからそのまま載せておく… わたしが一番好きなリオンくんはドラマCD版の「 ・フォーゴットン・クロニクル」なんですけど。 これもう本当に全人類に聞いてほしいくらい好きだから全人類聴いてほしいんだけど、マリアンとの関係もこれが一番好きです。 めちゃくちゃどうでもいいですけどフォーゴットンクロニクルでと入っていることから、が書いた小説「」のリスペクトが込められていると思いますが、小説が<私>の生涯をなぞっていくようにこのドラマCDもリオンくんが産声を上げた瞬間から死ぬその瞬間までをゲームと違った展開でなぞり、描いています。 はで(シナリオ含め大幅に)リメイクされ、さらにそのディレクターズカットとしてリオンくんを主人公にしてプレイできる「リオンサイド」なるものが追加されたものも発売されていますが、このリオンサイドのストーリーともまた違っているので、本当にリオンくんのことを知っていてかつ憎からず思っているけどドラマCDとか聴くほどでは…って思っているすべての人に聴いてもらいたいです。 基本的に重めの同担拒否夢女でっていう業の深いオタク人生を送ってきていますがリオンくんに関してはもう…なんていうの…夢とか腐とかもあるのはあるんだけどもうただただ彼の幸せを祈っていたいのよ…こんなピュアな気持ち…そうこれは愛なわけよ…。 このドラマCDはエピローグの「Yes, my lady」も涙が枯れ果てて干からびて死にそうになるほど素晴らしいんですが、シャルティエとの関係もすごく良くてね~~~~好き。 シャルとの関係は小説の「蒼黒の追憶」も好きなので全人類に読んでほしい。 いやシャルからみたリオンくんってなんか新鮮だったなって。 展開的には真新しいことはあまりないけど「僕のエミリオ坊ちゃん…僕がいたからさみしくなかったでしょう?」を初めて読んだときの鳥肌たるやもうほんと無理ですよ。 ハァ~~~~ほんと…シャルティエ……シャル…はあ…ありがとう…もう何が言いたいって全人類に読んでほしいし聴いてほしいし全人類とを分かち合いたい。 そういう時です今。 でも実際分かち合えるのかって言うとめんどくさいオタクだから難しくてさ~~~~~そういうとこよ本当に。 リオンくんのよさってやっぱり「完成して完結しているのに永遠に未完成」な感じがあると思うんですよね。 リオンくんがあの時いたらなぁとかそういう感じの。 永遠に考えられる。 そしていろんな作品によってわりとキャラの味付けが変わることによって、いろんな考え方が出来るようになった気もします。 昔はやっぱりオリDの冷酷なところや陰気臭い(…)ところが好きでもあったのでの変化とか、そもそもコートタイトルとかの変化とかまんまるやんけ!ってくらい尖ったところがなくなったことに対してかなり複雑な気持ちも持っていましたが、今はもううんうんそれもまたリオンくんだねみたいな境地になりました。 そこまでではないけど! でも微妙にいろいろなリオンくんのルート…?が描かれることによって、いろんな要素を混ぜてこうだといいなぁっていう自分の中での自分が納得するもの?が出来上がったなぁって。 だからこんなに長く好きでいられるんだろうなとも思うし、永遠に考えていられるんだろうなって思う。 3だったかな?でジューダスとリオンのどちらかしか仲間にできない選択を迫られるシーンがあって1週間プレイをストップしたんですが、こういうところが好きだなって思います。 二者択一みたいな…しんどいものはあったけど、こういうところにリオンイムズをなんか感じてしまいましたね。 なんかもうね、本当にリオンくんみたいに好きになるキャラって一生出てこないだろうなって心から思うから、そう思うたびに特別だなあと思いますよね。 彼の抱えているものや内面に秘めているもの、頭で考えているもの、言葉で発するもの、行動で示すもの、人生にあらわれるもの、歩いてきた過去に散らばるもの、つま先から頭のてっぺんまで、全部が愛しくて全部が永遠に解き明かせないなぁって思う。 とても立体的に好き。 運命に翻弄された人生だったけど、彼を救ったのも運命なんだなって思えるから「」というタイトルも本当に好きなんですよね。 タイトルに納得する作品が大好きマンだからそれもあっては本当に本当に本当に大好き。 なんだかんだゆうてDが一番好き…遙か3もそうだけどいちいち運命が好きすぎるな… pasta144.

次の

キセキ GReeeeN 歌詞情報

明日 今日 より も 好き に なれる

はログインするたびにたんやから「おかえりなさい!」って言ってもらうんですけど、先日浴衣リオンくんのガチャがね。 出たじゃん。 復刻?らしいけどまあ出たんですよ なんかもう……この…生きてて浴衣のに出逢えるってなんかもう奇跡だなって…思うんですよ。 思いますよ…明日今日よりも好きになれるあふれる思いが止まらないし言葉にできないよね…っていう気持ちで書いているがこれです ありがてえ、一言で言うとありがたいしこれが奇跡だなって。 同じ国に生まれたのミルロマンス…いや本当にこういうことよ。 人を愛して初めてわかる、の歌詞の奥深さ。 ごめんね素直じゃなくて… いや正直テイルズがいろんなソシャゲ出すようになってから浴衣のリオンくんとかたしか色々あった気がするんです。 とかレイズでもあるんじゃないかなって思うしへたしたらテイルズオブ(懐かしさで死ぬ)とかでもあったんじゃないかなって思うんですけど、なんかもうさ~~~~~ うまく言えないんですけどリオンくんってわたしにとって過去も未来もすべて含めて人生で一番好きっていう何があろうと揺るがない一番なので、生きているうちに新規絵に出会えるって改めてすごいことだなって… よく二次元推してた人が三次元推すようになると「生きてるだけで新規絵」とか言ってたりするし、その気持ちもうける~わかる~みたいなところはあるんだけど、なんか…それのようでいてそれでないようでいて…わ、わからん…自分の気持ちが…複雑…乙女心だからね…仕方ないよね まずの人生を考えたときに、浴衣にシャルティエ柄の謎の扇子で夏をしたりするんだなあっていうその事実に泣けてくるんですよね リオンくんについての説明だよ! とはに登場するCVのキャターでテイルズオブ人気投票でもはや殿堂入りした16歳の天才美剣士だよ! 2でも彼によく似た(…)ジューダスというキャターが登場するよ! 戦闘のテーマ曲もアレンジがたくさんあるよ。 皮肉な運命に翻弄され、実の父の手ごまとして実の姉に刃を向けたり、信頼関係を結び始めていた主人公と敵対したりするよ。 崩れ始めた海底の洞窟で運命という濁流に飲み込まれるがごとく、16年の生涯の幕を閉じるよ。 マリアンの名前を呼ぶときはエミリオに戻ったと思うけど、彼は「」として死ぬことを選んだんだなって 何回同じことを言うんだこいつはって感じだけど全部自分の気持ちの上では意味が違う(正しくできない) いやもう話すと長くなるしまとまらないからやめるけど、オリジナル版とリメイク版で彼の性格や人とのかかわり、そしてシナリオが変更されていることによって、確かに彼の孤高で冷徹な部分は失われたとは思うんですが、リオンくんが自分の死を意識していながらもそっちの道を選択する部分は変わらないし、そういう彼でよかったと思います。 まあわたしがリオンくんのそういうところが好きだからだけど 生存ルートが欲しかったと思わないの?と以前友人に言われたこともあるんですが、やっぱり色々考えた結果わたし個人はいらないなって思います これはもう自分の中の感覚でしかない話だけど、たとえばの全国大会の幸村VSで幸村くんに勝ってほしいか?っていうのに似てる 幸村くんは様々な試練を乗り越えて、あらゆるものを背負ってあのコートに立っていて、その覚悟なんてもう想像もできないと思う そりゃ幸村くん大好きだし勝ってほしいって思うけど、でも幸村くんが勝ったら彼は一生救われなくて、一生「テニスを楽しむ」なんて考えを持つこともできないかもしれない そのほうが嫌だから、「幸村くんに勝ってほしくない」じゃなくて「くんに勝って幸村くんを救ってほしい」と思う だから負けたら悔しいし悲しいし泣くけど、は負けたに笑顔を浮かばせ握手をさせるくらい彼に光を届けてくれる男だからいいんですよ リオンくんの話に戻ると、作品によって微妙に色々違うから何とも言えないところはあるけど、彼も想像を絶する覚悟を持ってあの瞬間にあの場所に立っているんですよね なんかもう…野暮だなって…わたしのクソデカな個人の死なないで!感情なんて…持ち込みたくないなって思うんだよ…リオンくんの人生に……………わたしにを止められるのか…?そんなん無理だよ…いやそういう話じゃないんだけど………… だってリオンくんがたとえ何度生まれ変わっても必ず同じ道を選ぶって言ってるんだもん…必ずって言ってるんだもん…そして実際に何度もそれを選んでいる…… だから生存とかそういうのは全部イフでいいなって。 でもこれはドラマCD()があるから思えたことかもしれないなぁとは思う…ドラマCDでリオンくんが大泣きしてるしその理由も理由だから…… もう何が何だかわからないけど、だからソシャゲのこういうなんでもないような浴衣絵に泣けるな~って思うんだろうなって思いましたよ 作品の中で彼は完全に完結してしまっているから、彼でありながらも彼が別の楽しいことを味わっているものを改めて見られるっていいなぁって まあ今までのいろんな絵では特にそこまで思わなかったので単純に浴衣が性癖ってだけなんでしょうけどね!!!! あと生存ルートについていろいろ考えてたらやっぱありかもなって気持ちになったりしたけどね!!!(今)(ちょろい) それでもすべてが終わった後実はどこかで生きていました、くらいがいいなと思います ある日突然クレスタで出会ってもいいし、全部終わってからスタンとルーが探しまくってであってもいいし、デュナミス孤児院で洗濯物干しててもいいし…(先生のそういう絵あったよね~~~~!!!!!!) 物語としてはあそこで終わってほしいなってきもち もうどうしたらいいのかわからなくなったし自分がいつか読み返すこともあると思えないけど消すのもな…って思ったからそのまま載せておく… わたしが一番好きなリオンくんはドラマCD版の「 ・フォーゴットン・クロニクル」なんですけど。 これもう本当に全人類に聞いてほしいくらい好きだから全人類聴いてほしいんだけど、マリアンとの関係もこれが一番好きです。 めちゃくちゃどうでもいいですけどフォーゴットンクロニクルでと入っていることから、が書いた小説「」のリスペクトが込められていると思いますが、小説が<私>の生涯をなぞっていくようにこのドラマCDもリオンくんが産声を上げた瞬間から死ぬその瞬間までをゲームと違った展開でなぞり、描いています。 はで(シナリオ含め大幅に)リメイクされ、さらにそのディレクターズカットとしてリオンくんを主人公にしてプレイできる「リオンサイド」なるものが追加されたものも発売されていますが、このリオンサイドのストーリーともまた違っているので、本当にリオンくんのことを知っていてかつ憎からず思っているけどドラマCDとか聴くほどでは…って思っているすべての人に聴いてもらいたいです。 基本的に重めの同担拒否夢女でっていう業の深いオタク人生を送ってきていますがリオンくんに関してはもう…なんていうの…夢とか腐とかもあるのはあるんだけどもうただただ彼の幸せを祈っていたいのよ…こんなピュアな気持ち…そうこれは愛なわけよ…。 このドラマCDはエピローグの「Yes, my lady」も涙が枯れ果てて干からびて死にそうになるほど素晴らしいんですが、シャルティエとの関係もすごく良くてね~~~~好き。 シャルとの関係は小説の「蒼黒の追憶」も好きなので全人類に読んでほしい。 いやシャルからみたリオンくんってなんか新鮮だったなって。 展開的には真新しいことはあまりないけど「僕のエミリオ坊ちゃん…僕がいたからさみしくなかったでしょう?」を初めて読んだときの鳥肌たるやもうほんと無理ですよ。 ハァ~~~~ほんと…シャルティエ……シャル…はあ…ありがとう…もう何が言いたいって全人類に読んでほしいし聴いてほしいし全人類とを分かち合いたい。 そういう時です今。 でも実際分かち合えるのかって言うとめんどくさいオタクだから難しくてさ~~~~~そういうとこよ本当に。 リオンくんのよさってやっぱり「完成して完結しているのに永遠に未完成」な感じがあると思うんですよね。 リオンくんがあの時いたらなぁとかそういう感じの。 永遠に考えられる。 そしていろんな作品によってわりとキャラの味付けが変わることによって、いろんな考え方が出来るようになった気もします。 昔はやっぱりオリDの冷酷なところや陰気臭い(…)ところが好きでもあったのでの変化とか、そもそもコートタイトルとかの変化とかまんまるやんけ!ってくらい尖ったところがなくなったことに対してかなり複雑な気持ちも持っていましたが、今はもううんうんそれもまたリオンくんだねみたいな境地になりました。 そこまでではないけど! でも微妙にいろいろなリオンくんのルート…?が描かれることによって、いろんな要素を混ぜてこうだといいなぁっていう自分の中での自分が納得するもの?が出来上がったなぁって。 だからこんなに長く好きでいられるんだろうなとも思うし、永遠に考えていられるんだろうなって思う。 3だったかな?でジューダスとリオンのどちらかしか仲間にできない選択を迫られるシーンがあって1週間プレイをストップしたんですが、こういうところが好きだなって思います。 二者択一みたいな…しんどいものはあったけど、こういうところにリオンイムズをなんか感じてしまいましたね。 なんかもうね、本当にリオンくんみたいに好きになるキャラって一生出てこないだろうなって心から思うから、そう思うたびに特別だなあと思いますよね。 彼の抱えているものや内面に秘めているもの、頭で考えているもの、言葉で発するもの、行動で示すもの、人生にあらわれるもの、歩いてきた過去に散らばるもの、つま先から頭のてっぺんまで、全部が愛しくて全部が永遠に解き明かせないなぁって思う。 とても立体的に好き。 運命に翻弄された人生だったけど、彼を救ったのも運命なんだなって思えるから「」というタイトルも本当に好きなんですよね。 タイトルに納得する作品が大好きマンだからそれもあっては本当に本当に本当に大好き。 なんだかんだゆうてDが一番好き…遙か3もそうだけどいちいち運命が好きすぎるな… pasta144.

次の