松任谷由実 ルージュの伝言 歌詞。 松任谷由実の歌詞一覧リスト

松任谷由実の歌詞一覧リスト

松任谷由実 ルージュの伝言 歌詞

ウキウキするようなリズムに乗せて、キキがこれから向かうような、都会的な街に暮らす大人の女性の雰囲気が連想される。 この曲の歌詞、主人公のキキの、こちらが少し照れくさくなるくらいの清純さとは一線を画しており、ともすれば映画に合わないのではないかとも思うのだが、実際、ユーミンはこの映画に合わせて曲を書いていない。 ジブリ側から主題歌の依頼をされたものの、頼まれてから一年間も曲を作らず、しびれを切らしたジブリ側がユーミンの曲のなかから選曲したのだそうだ。 その選曲が功を奏し、映画にぴったりとはまる主題歌が生まれたのだ。 バスルームの鏡に、口紅で書かれた伝言。 「しばらく留守にします。 」とか書かれていたんだろうか。 でもそれだとなんだか置手紙みたいだし、シンプルに、「浮気者!」とでも書かれていたのかもしれない。 それを発見した男性の気持ちたるや。 これぞユーミンマジック この部分の怖さを皮肉っているのが、シンガーソングライター吉澤嘉代子の『化粧落とし』という楽曲である。 それを発見した男性はさぞ怖かったのだろう、警察を呼んでしまった。 車の窓に書いている点、ルージュの伝言がどういったものかわからない点が本家とは異なるが、『ルージュの伝言』は、そのオシャレな言葉の響きに反して、実体は女性の怨念がつまったおそろしいメッセージなのである。 そんなおそろしい浮気の仕返しが、ユーミンの手にかかれば、揺れる乙女心を描いた都会的でおしゃれな曲に昇華されてしまっているのだから、さすがとしか言いようがない。 TEXT 毛布.

次の

松任谷由実(荒井由実) ルージュの伝言 LYRICS

松任谷由実 ルージュの伝言 歌詞

解説 [ ] 同年に発売された3枚目のオリジナルアルバム『』のA面5曲目(CDでは5曲目)に収録されている。 なお、、から発売された松任谷由実の自伝のタイトルも『ルージュの伝言』である。 歌詞に出てくる「あの人」は、ロックミュージシャンをモデルにしてると言われている。 に公開された『』のオープニングテーマソングに起用されており 、「」「ジブリソング」としてカバーされることも多い。 表題曲にはコーラスとして、、が参加している。 編曲を担当した松任谷正隆は、「ツアーバンドのメンバーたちに『たまにはレコーディングに参加させて欲しい』という要求が出され、OKしたものの、演奏のクオリティはいつもと比べると劣ってたので、手ごたえがなかったものになった。 その後、ストリングスを加えるといったこともしたが、感覚としては60点という出来で、このままレコードにはできないと思った。 その後、山下(達郎)は(吉田)美奈子とター坊(大貫さん)とさんを集めてコーラスをつくってくれた。 あれで抜群のアメリカン・ポップになりました。 だから、『ルージュの伝言』に関しては、山下の力がすごく大きい。 結果的に由実さんのポップ・シンガー路線を開拓してくれた」と、山下達郎への賛辞を述べている。 発売の「」(:ALCA-375〜377)にが収録、発売されたが、元来ので始まるのに対し発売されたオリジナル・カラオケではが編集でカットされ、2小節分のみが収録されている。 「何もきかないで」は、のミドル。 の登場週数は16週、チャート最高順位は週間45位、累計6. 9万枚のセールスを記録した。 にはロッテガーナチョコレート「今日も赤チョコよろしくね篇」のに起用された。 収録曲 [ ]• Side A : ルージュの伝言• Side B : 何もきかないで• 作詞・作曲:荒井由実 編曲: 参加ミュージシャン [ ]• 平野融 -• 大野久雄 -• 平野肇 -• 吉原真紀子 -• 山下達郎、、、 - カバー [ ] ルージュの伝言• 1975年 - (アルバム『私の好きな歌』収録)• 1976年 - (アルバム『15才の肖像』収録)• 1982年 - (アルバム『HELLO! 』収録)• 1987年 - (ライブビデオ『First Concert DO・RA・MA』収録)• 1990年 - (アルバム『GRADUATION』収録)• 1991年 - キャロル・セラ(アルバム『MESSAGE EN ROUGE』収録)• 1991年 - ベベウ・ジルベルト(アルバム『DE TARDE, VENDO O MAR』収録)• 2007年 - (アルバム『アニカペラ』収録)• 2008年 - セマ(アルバム『アカペラジブリ』収録)• 2008年 - (ミニアルバム『DOWN TOWN』収録)• 2008年 - (オムニバスアルバム『ジブリ my sweet』収録)• 2008年 - (アルバム『COVER GIRL2』収録)• 2009年 - Dizzi Mystica feat. CAMRY(オムニバスアルバム『R25 SPEED アニメトランス BEST 3』収録)• 2009年 - (アルバム『登龍門』収録)• 2010年 - (オムニバスアルバム『 オトギソングス BEST10』収録)• 2010年 - (アルバム『』収録)• 2010年 - 、、 (アルバム『』収録)• 2011年 - (アルバム『記憶の森のジブリ』収録)• 2011年 - (『 vol. 12 カバーソングコレクション』 収録)• 2011年 - (アルバム『』収録)• 2011年 - (オムニバスアルバム『VELVET SONGS』収録)• 2011年 - Dr. Production(アルバム『LOVE SONG FOR YOU 2』収録)• 2011年 - (オムニバスアルバム『果てしなきグラムロック歌謡の世界』収録)• 2012年 - Imaginary Flying Machines(トリビュートアルバム『』収録)• 2013年 - アルバム『かせきさいだぁのアニソング!! バケイション! 』収録• なお、2010年には・の(のソング)として使われた。 2019年 - (アルバム『MGC CLASSICS Vol. 2』収録)• 2019年 - (アルバム『アイランド・ソングス ~私の好きな愛の唄~』収録) 何もきかないで• 1975年 - (アルバム『私の好きな歌』収録)• 1991年 - ベベウ・ジルベルト(アルバム『DE TARDE, VENDO O MAR』収録) テレビドラマ [ ] - にで深夜に放送されたドラマ『ルージュの伝言』は、の楽曲26曲について、それぞれ曲のイメージから脚本を書き、ドラマ化したものである。 半分ほどを森一弘が演出。 23分程度の一話完結。 深夜番組としては異例の高視聴率を記録し、若い女優が競って出演を希望したことで知られる。 デビュー当初の今ではベテランが多い反面、引退した人の顔も見える。 が毎回何らかの端役で出演していたが、VOL. 8「リフレインが叫んでる」では準主役、VOL. 22「ESPER」では主役をつとめる。 またも8割ほどの回で端役を演じた。 2009年9月10日から9月19日の深夜 最終話の場合は9月19日の早朝つまり9月18日の深夜 ににて再放送された。 1992年にVHSビデオが発売されたが(TOVE-1005、-1006)、DVDやBDは2016年6月の時点では発売が確認されていない。 サブタイトル [ ] (I)(II)は収録VHSビデオソフトの巻• VOL. 1「」(4月3日放送)(II)• 脚本:• 出演:、、ほか• VOL. 2「」(4月10日放送)• 脚本:• 出演:、、、ほか• VOL. 3「」(4月17日放送)• 脚本:小松江里子• 出演:、ほか• VOL. 4「」(4月24日放送)• 脚本:君塚良一• 出演:、、、、ほか• VOL. 5「」(5月1日放送)(I)• 脚本:小松江里子• 出演:、、、ほか• VOL. 6「」(5月8日放送)• 脚本:小松江里子• 出演:、、ほか• VOL. 7「」(5月15日放送)(I)• 脚本:君塚良一• 出演:、ほか• VOL. 8「」(5月22日放送)• 脚本:小松江里子• 出演:、、ほか• VOL. 9「」(5月29日放送)(II)• 脚本:• 出演:、ほか• VOL. 10「」(6月5日放送)• 脚本:北川悦吏子• 出演:、ほか• VOL. 11「」(6月12日放送)(II)• 脚本:北川悦吏子• 出演:、、、間寛平ほか• VOL. 12「」(6月19日放送)• 脚本:小松江里子• 出演:、、• VOL. 13「」(6月26日放送)• 脚本:北川悦吏子• 出演:、、ほか• VOL. 14「」(7月3日放送)• 脚本:北川悦吏子• 出演:、ほか• VOL. 15「」(7月10日放送)• 脚本:北川悦吏子• 出演:、ほか• VOL. 16「」(7月17日放送)• 脚本:君塚良一• 出演:、、ほか• VOL. 17「」(7月24日放送)(I)• 脚本:君塚良一• 出演:、、、ほか• VOL. 18「ルージュの伝言」(7月31日放送)• 脚本:君塚良一• 出演:、、、ほか• VOL. 19「」(8月7日放送)• 脚本:• 出演:、、、ほか• VOL. 20「」(8月14日放送)• 脚本:君塚良一• 出演:、ほか• VOL. 21「」(8月21日放送)• 脚本:• 出演:、、ほか• VOL. 22「」(8月28日放送)(II)• 脚本:君塚良一• 出演:間寛平、、、、ほか• VOL. 23「」(9月4日放送)(I)• 脚本:• 出演:、ほか• VOL. 24「」(9月11日放送)• 脚本:君塚良一• 出演:、ほか• VOL. 25「」(9月18日放送)• 脚本:吉田桃子• 出演:、ほか• VOL. 26「」(9月25日放送)• 脚本:北川悦吏子• 出演:、ほか 「ユーミン・ドラマブックス」 [ ] 放送終了翌月の1991年10月11日、単発ドラマ「ユーミン・ドラマブックス」が、同じTBS系列の「秋のドラマスペシャル」として放送された。 3話ので1話30分ほど。 プロデューサーや演出家・脚本家は「ルージュの伝言」に携わっていた者が多い。 脚本:?? 出演:、、、ほか• 脚本:• 出演:、、、ほか• 脚本:• 出演:、、ほか 脚注・出典 [ ]• com. 2010年10月7日. 2017年12月31日閲覧。 シネマトゥデイ. 2012年12月9日. 2017年12月31日閲覧。 デイリー新潮 SHINCHOSHA. 2016年11月15日. 2017年12月31日閲覧。 『僕の音楽キャリア全部話します』松任谷正隆、新潮社、2016年10月31日、ISBN-10: 4103504811、ISBN-13: 978-4103504818、71-72頁。 発売「」 :ALCA-375〜377(:B000UV2JT4/:4988024011041)収録。 ロッキンオンジャパン. 2017年9月22日. 2017年12月31日閲覧。 、ロッテ - 2019年5月10日閲覧。 のとは別人。 「」(テレビドラマデータベース)• (テレビドラマデータベース) 外部リンク [ ]• 松任谷由実オフィシャルサイトによる紹介ページ•

次の

ルージュの伝言 歌詞 松任谷由実 ※ quiz.interreg4c.eu

松任谷由実 ルージュの伝言 歌詞

物語の一番最初は? では細かい部分を見ていきましょう。 まず時系列の一番最初を考えてみましょう。 この歌詞の世界の中で、 「一番最初」は何だと思いますか? 列車に乗るところ? それとも 「あの人」の浮気発見? いやいや、もっと前です。 それはA子と 「あの人のママ」である 姑との蜜月です。 A子は、ある日突然列車に乗って会いに行けるほど(そしておそらく数日は泊まらせてもらえるほど)姑と 友好な関係にあります。 これは一朝一夕に作られるものではありません。 おそらくA子は婚約の挨拶をしたあたりから姑と 徐々に徐々に距離を詰め、良好な関係を築いていったはずです。 しかし、冷静に考えてみましょう。 同居が決まっているならそうした良好な関係を築いていくのもうなずけます。 が、実際姑は、列車に乗っていかなければ会えない距離に別居しています。 普通の女性なら、結婚しても姑と別居することが分かっていれば、 そこそこの関係性でいいかと思うでしょう。 また、その程度の関係性なら、旦那の浮気問題を姑にチクるということもしないはずです。 ではなぜA子は姑と、突然列車に乗って会いに行き数泊できるほどの関係性を構築したのでしょう? それはB男の 浮気癖にあるはずです。 浮気 (これは想像ですが)B男は付き合っていた当初も、 何度か浮気をしたのでしょう。 それを乗り越えてなんとか結婚までこぎつけました。 しかしA子は女の感で、B男の浮気癖は 結婚しても治らないだろうことを予感していました。 そんな中、B男のご両親に挨拶することになりました。 A子はそこではじめて、B男が 「ママ」に頭が上がらないことを見抜いたのでしょう。 そしてA子はあることを思いつきます。 『 姑と仲良くしておき、今度B男が浮気したときはチクって叱ってもらおう!』 そう、A子はB男の浮気撲滅のため、姑を懐柔し、味方に付けておいたのです! きっと食事会などで女子トークの合間に、過去の浮気のことをそれとなく匂わせて反応を試したりもしたでしょう。 「もし息子が浮気でもしたらすぐに知らせなさい、私がとっちめてやるから!」という約束なんかも取り付けたのかもしれません。 だからある日突然列車に乗って会いにいき、しばらく泊めてもらうことができたのです。 重要なのは、A子が決して旦那の浮気を知って錯乱し、ヒステリックに家を飛び出したのではないということです。 こうした行動を何年も前から計画し、その日のために周到に根回しをしていたのです! 恐ろしや!A子の奸計!! これが「ルージュの伝言」の一番最初、前提部分です。 そして、この根回しが完了してから歌詞が始まります。 なぜバスルームにルージュで伝言を残したのか? あのひとはもう気づく頃よ バスルームにルージュの伝言 浮気な恋を早くあきらめないかぎり うちには帰らない それにしても、なんで 「バスルーム」に伝言を残したのでしょうか? ひとつは 時間稼ぎでしょう。 家に帰ってきてすぐに見えるところに伝言を残しておくと、早々と足がつくかもしれません。 「あれ、あいつどこいったのかな?」 「飯はどうするんだろう?」 イライラしながら嫁の帰りを待つB男。 しかしいつまでたっても連絡も取れず帰ってもこないのでひとまず出前か何かで遅めの夕飯を摂り、らちがあかないので風呂にでも入ってさっぱりしようと思ったら ルージュで伝言があり、ショックを受ける、という効果を狙ったのかもしれません。 怖いです…… また、バスルームなら後で落とせるからという 女性的な感覚もあるのでしょう。 つまり、 「うちには帰らない」とは言っているものの、実はまた帰って生活することをちゃっかりと想定しているのです。 だから壁でもドアでもなく、 「バスルーム」なのでしょう。 この辺も背筋がゾクっとしてきます。 A子の奸計 さて、この曲の中で僕が最も恐怖を感じた箇所にいきましょう。 明日の朝ママから電話で 叱ってもらうわMy Darling! ぱっと見、怖いどころか可愛いとすら思える一節ですが、よくよく考えてみるとA子の恐ろしさが垣間見えてきます。 A子はたぶんまだ電車の中にいて、策略を練っています。 どうすればB男に 最大限のダメージを与えられるか? また、それだけではまだ不十分で、B男にはダメージを受けると同時にどれだけ自分が大切かを思い出して欲しいという気持ちもあるでしょう。 そこでA子は、明日の朝まで連絡しないという作戦を立案します。 すぐに連絡して今姑の家にいるとでも告げたら、B男は安心してしまいます。 だから明日の朝までは連絡せず、B男を 一晩苦しめようというのです。 B男にしてみたら、永遠のように長い夜になるでしょう。 事故にでも遭ったのか、もしかしたらさらわれたのかも?それともあいつも浮気してるんだろうか?…… このへんはルージュで書かれた伝言の内容次第ですが、 それを言わない松任谷由実もかなり性格悪いですw きっと相当思わせぶりなことを書いたのでしょう。 B男は当然 「ママ」にも電話するでしょうが、もちろんA子は先手を打って姑はもちろん、自分の親や友達にも 口止めしていることでしょう。

次の