爪がはがれる。 爪が白くなってはがれる 治療や普段のケアは?:朝日新聞デジタル

なぜ?「手足口病」で爪がはがれる…!自宅でできる対処法とは

爪がはがれる

二枚爪の主な原因 二枚爪ができる原因として、内部要因と外部要因の両方が考えられます。 それぞれ主なものを4つご紹介しますので、自分の生活や行動で特に当てはまるものはどれか、確認しましょう。 複数の要因が合わさっていることもあります。 2-1. 【外部要因】乾燥 健康な爪は10~15%程度の水分を含んでいると言われていますが、して水分が不足することにより、爪がもろくなり、二枚爪になることがあります。 単純に保湿不足という場合もありますが、日常での水仕事による乾燥や、食器洗いや掃除などで使用する洗剤の影響により爪が乾燥しやすくなっている場合もあるようです。 また、やマニキュアを落とす際に使用するリムーバーにより、乾燥しやすくなることもあると言われています。 2-2. 【外部要因】爪への衝撃 指先の力を使う仕事が多い方や、爪に負担をかけるような爪切りの使い方をしてしまっている方は、爪に衝撃が加わることが多くなり、二枚爪になってしまうことがあります。 2-3. 【内部要因】栄養不足 爪は、ケラチンという繊維状のたんぱく質が主成分と言われています。 そのため、食事から得られるたんぱく質が不足すると、健康な爪を作ることが難しくなり、二枚爪ができやすくなると考えられています。 2-4. 【内部要因】血行が悪い 血行が悪いと、指先にまで栄養が届きにくくなり、爪がもろくなることがあります。 爪は、爪の根元にある爪母(そうぼ)という部分でつくられ、徐々に上に伸びていくと言われていますが、栄養がきちんと届かないことで健康的な爪が生えにくくなってしまうことがあるようです 3. 二枚爪ができた時の爪の整え方 二枚爪になってしまったら、これ以上ひどくならないためにも、慎重に爪を扱いましょう。 爪の整え方について、やすりを使う方法と爪切りを使う方法をご紹介します。 3-1. やすりを使用する方法 二枚爪になった時は、爪にかかる負担をできるだけ抑えたいので、やすり(ファイル)で削ることをおすすめします。 爪切りの裏面についているやすりは、面が粗く爪への負担が大きくなりやすいので、できるだけ爪の長さを整えるためのやすりを使いましょう。 「エメリーボード」という名称で販売されているものもあります。 やすりは横から見た時に45度になるようにあてると、きれいに削ることができます。 【肌らぶ編集部おすすめ参考商品】 なめらかな仕上がりが期待できるアイテムです。 爪切りを使用する場合 爪切りが絶対にNGというわけではないので、やすりに抵抗がある方は、以下の点を意識して使用してください。 ただ、極端に爪が薄い場合や爪が欠けやすい場合は、面倒でもやすりを使うことをおすすめします。 爪は、水分を含むことで硬さが変化すると言われているため、爪を切る前に手を数分間ぬるま湯につけたり、入浴後に爪を切ったりするとよいでしょう。 広い面積を一度に切ろうとすると、爪に圧がかかりやすくなってしまうので、ハサミのような感覚で少しずつ切ることをおすすめします。 切れ味が悪い、握りにくい、使っているうちに切れにくくなってきた場合などは、思い切って新しいものに替えてみてください。 二枚爪の4つの対策 二枚爪対策として、具体的にどのようなことに気をつければ良いかをご紹介します。 一度に全てを意識するのは難しいと思いますので、まずは特にできていないと思ったものから始めて、徐々に増やしていきましょう。 4-1. 爪の保湿 手が乾燥しているなと感じたら、定期的にハンドを塗るようにしましょう。 手の甲には塗っているけど指先までは意識していないという方は、きちんと爪の周りの皮膚まで揉み込むように塗ってみてください。 また、爪にうるおいを与える「(キューティクルオイル)」も合わせて使うことをおすすめします。 ネイルを頻繁に変えすぎない 爪にかかる負担を減らすために、ネイルを頻繁に変えすぎないことも大切です。 特に自分でをしているという方は、頻繁に変えすぎないようにしましょう。 できるだけ長持ちできるよう心がける、または、たまには何もしない日を作って爪を休ませてあげるなど、できるだけリムーバーを使う回数を減らすよう意識しましょう。 何もしないのは嫌だという方は、ネイルを落とした後にをしてから、新たに塗るようにしましょう。 保湿しながら爪をほんのり色づけるタイプのネイルもあります。 4-3. バランスの良い食事を心がけたうえで、たんぱく質を多めに摂る 無理なダイエットをしている方や、外食やコンビニ弁当ばかり続いているという方は特に、栄養バランスを考えた食事をするように意識しましょう。 そして、爪の主成分であるたんぱく質を意識して摂りましょう。 たんぱく質だけたくさん摂っても、バランスが悪くなるため、まずは3食しっかりと食べることが大切です。 指先の血行を良くする体操をする 指先が冷えているなと感じたら、意識して動かしてあげましょう。 簡単なやり方を2つご紹介します。 少し強めに握る、開くようにすることがポイントです。 同時に足も同じようにすると全身の冷え対策も期待できます。 全ての爪に対して行いましょう。 最後に 二枚爪の原因をお伝えしましたが、いかがでしたか? 日頃の何気ない行動や、ちょっとした生活の乱れなどで二枚爪はできることがあります。 少しずつ意識することが大切ですので、日頃の生活を見直してみてくださいね。

次の

爪が剥がれるのに痛くないのはなぜ?病院に行くべき?原因と対処法

爪がはがれる

爪の成分は、ケラチンというタンパク質の一種で、適度に水分を含んでいる組織ですが、乾燥したり、栄養状態が悪いと、割れやすくなります。 私たちが「爪」と呼んでいるものは「爪甲(そうこう)」という部分です。 爪のつけ根から奥は「爪根(そうこん)」と呼ばれます。 ここには爪の元になる大事なところ「爪母(そうぼ)」があります。 爪のつけ根には、半月状の白い部分がありますが、これは「爪半月(そうはんげつ)」といって、これから爪になっていく部分です。 「半月が大きいと健康」などと言われたりしますが、全身の健康状態には実はあまり関係がありません。 特に、小さい子どもの爪では、半月がほとんど見えないこともあります。 爪がはがれた場合の対応 爪が無くなると、物をつまんだり、足指に力を入れたりするのが難しくなります。 生活する上で非常に重要なのですね。 何かに引っかけて爪がはがれてしまうと、大変な痛みを伴います。 爪がはがれたら、消毒したうえで爪を元に戻して乗せ、ガーゼや包帯などで固定してすぐ外科を受診してください。 汚れた手で傷口を押えないようにしましょう。 爪が割れたら、そのままばんそうこうで固定をしてください。 爪は再生しますが、完全に元に戻るまでには1ヶ月以上かかってしまいます。 爪を切っているときなどの「深爪」にも注意しましょう 子どもの爪は薄くて切りにくく、うっかり深爪してしまいがちです。 大人用ではなく、子ども用の爪切りで切った方がよいでしょう。 深爪してしまったときは、流水で洗い、ばんそうこうで固定しカバーしておきます。 巻き爪への対応 巻爪とは、爪の両側が指先の皮膚に食い込む現象です。 足指の状態を見て、巻き爪や陥入爪(かんにゅうそう)らしいとわかったら、整形外科に相談して下さい。 巻き爪そのものを治療するのも大切ですが、靴との相性などが原因という場合もありますので、子どもに合った靴を選びましょう。 幼児の成長は早いので、靴もあっという間に合わなくなることがあります。 歩き方が変だな?と気づいたら、足もとにも注意してあげるとよいでしょう。 爪の根元を傷めたときの対応 指を挟んで、爪の内側が内出血してしまうことがあります。 骨折などなければ自然に治っていきますが、爪が黒くなって、後日はがれてしまうこともあります。 念のため消毒し、ばんそうこうでカバーしておきましょう。 爪がはがれたり傷んだりしても、爪甲だけなら再生します。 しかし、爪母が傷ついたり取れてしまったりすると、再生は難しくなります。 根元を傷めたときは、必ず外科を受診し、適切な処置を受けましょう。

次の

足の爪がはがれる:医師が考える原因と対処法|症状辞典

爪がはがれる

爪の成分は、ケラチンというタンパク質の一種で、適度に水分を含んでいる組織ですが、乾燥したり、栄養状態が悪いと、割れやすくなります。 私たちが「爪」と呼んでいるものは「爪甲(そうこう)」という部分です。 爪のつけ根から奥は「爪根(そうこん)」と呼ばれます。 ここには爪の元になる大事なところ「爪母(そうぼ)」があります。 爪のつけ根には、半月状の白い部分がありますが、これは「爪半月(そうはんげつ)」といって、これから爪になっていく部分です。 「半月が大きいと健康」などと言われたりしますが、全身の健康状態には実はあまり関係がありません。 特に、小さい子どもの爪では、半月がほとんど見えないこともあります。 爪がはがれた場合の対応 爪が無くなると、物をつまんだり、足指に力を入れたりするのが難しくなります。 生活する上で非常に重要なのですね。 何かに引っかけて爪がはがれてしまうと、大変な痛みを伴います。 爪がはがれたら、消毒したうえで爪を元に戻して乗せ、ガーゼや包帯などで固定してすぐ外科を受診してください。 汚れた手で傷口を押えないようにしましょう。 爪が割れたら、そのままばんそうこうで固定をしてください。 爪は再生しますが、完全に元に戻るまでには1ヶ月以上かかってしまいます。 爪を切っているときなどの「深爪」にも注意しましょう 子どもの爪は薄くて切りにくく、うっかり深爪してしまいがちです。 大人用ではなく、子ども用の爪切りで切った方がよいでしょう。 深爪してしまったときは、流水で洗い、ばんそうこうで固定しカバーしておきます。 巻き爪への対応 巻爪とは、爪の両側が指先の皮膚に食い込む現象です。 足指の状態を見て、巻き爪や陥入爪(かんにゅうそう)らしいとわかったら、整形外科に相談して下さい。 巻き爪そのものを治療するのも大切ですが、靴との相性などが原因という場合もありますので、子どもに合った靴を選びましょう。 幼児の成長は早いので、靴もあっという間に合わなくなることがあります。 歩き方が変だな?と気づいたら、足もとにも注意してあげるとよいでしょう。 爪の根元を傷めたときの対応 指を挟んで、爪の内側が内出血してしまうことがあります。 骨折などなければ自然に治っていきますが、爪が黒くなって、後日はがれてしまうこともあります。 念のため消毒し、ばんそうこうでカバーしておきましょう。 爪がはがれたり傷んだりしても、爪甲だけなら再生します。 しかし、爪母が傷ついたり取れてしまったりすると、再生は難しくなります。 根元を傷めたときは、必ず外科を受診し、適切な処置を受けましょう。

次の