ムニエル 作り方。 たらのムニエルの基本とアレンジレシピまとめ!おすすめの付け合わせも!

正しいムニエルの作り方。

ムニエル 作り方

シーバス(スズキ)の代表的な料理といえば? シーバスと聞くと釣り人にしか分からない名称だと思いますが,この魚の一般的な呼ばれ方はスズキです。 シーバスフィッシングはルアーで狙える対象魚でゲーム性があり,河口付近にも生息するため敷居が低く,海釣りの中でも特に人気があるジャンルです。 また,この魚は成長するに従って呼び名が変わる出世魚としても有名です。 私も全国の呼び方を知っているわけではありませんが,有名な呼び方の1つとして,セイゴ~フッコまたはマダカ~スズキと呼ばれています。 昔は高級魚として珍重されていたようですが,現在はスーパーにもよく並ぶ大衆魚として扱われるようになったみたいですね。 スズキの特徴として,生息域が広いことがあげられ,海はもちろんのこと,河川の河口や汽水域にも生息することが出来ます。 そのため,エサの種類や生活環境によって身の質が変わってくるため,どこで採れた魚か知っておく必要があります。 特にスズキは,刺身としても食べられますが,河川で採れたものについては,皮や身から川魚特有の臭いがあることや,寄生虫が入っている可能性も高いですので,生食する場合は海で採れたものに限ることをオススメします。 そんなシーバス(スズキ)を使って思い浮かべる料理といえば,新鮮なものは洗いや刺身といった生食で,塩焼きやムニエル等の焼き物,煮魚,フライや唐揚げ等の揚げ物といったところでしょうか。 ということで今回は,簡単に出来るフレンチの定番料理「スズキのムニエル」の作り方を分かりやすく紹介します。 用意する具材・調味料 具材• スズキ 1匹 調味料• バター 10g• 薄力粉 適量• 塩(あれば岩塩) 適量• ブラックペッパー 適量• タルタルソース(マヨネーズ) 適量• レモン汁 適量 スズキの簡単な捌き方 魚の捌き方は共通しています。 こちらの記事でも魚の捌き方を分かりやすく説明していますので参考にして下さい。 鱗を落とす まずはスズキの鱗を落とします。 鱗を落とすときは,専用のうろこ取りを使うと安全で早く出来ます。 私は以下のうろこ取りを使用しています。 Amazonの情報を掲載しています 持っていなければ,包丁で代用することが出来ますので,心配しないで下さいね。 鱗を綺麗に取り除いたら調理に移ります。 三枚おろしにする 次に,三枚おろしにします。 エラと内臓を取り除き,頭を落としてから半身2枚と中骨に切り分けます。 白くきれいな身がみえました。 魚を締めた際,血抜きをしっかりとしておいたので,身に血が交じることはほとんどありませんでした。 同様に裏面も捌いていきます。 三枚おろしが出来ました。 この後,腹骨と中骨を取り,皮を引けば刺身に出来ますが,今回は焼き物にしますので,これでラップして冷蔵庫に保管します。 また,これらの作業にはスズキの骨が切れる包丁が必要ですので,なるべく切れ味の良い出刃包丁を用意しましょう。 手頃な価格でオススメの出刃包丁はこちら Amazonの情報を掲載しています 使用後は包丁の手入れ 最後に,魚を捌き終わり包丁を使い終わった後は丁寧に洗って乾燥させましょう。 また,定期的にメンテナンスすることで切れ味を持続させておくと包丁は長持ちしますよ。 包丁研ぎの魅力とメンテナンスに欠かせない砥石の選び方を解説していますので是非ご覧下さい。 スズキのムニエルのレシピ スズキの下処理 スズキの半身を半分に切ります。 次に両面に塩・黒胡椒を適量振り,薄力粉をまぶしたら下処理の完成です。 スズキをフライパンで焼く フライパンにバター10gを入れて溶かします。 バターが溶けてフライパンがよく温まったら,皮のついた面から焼いていきます。 皮は火が通ると反り返りますので,フライ返しで上から押し当てて焼き色を均一にします。 皮目にしっかりと焼き色がついたら反対側も焼いていきます。 焼き色がついたら盛り付けて完成 裏面もしっかりと焼き色がついたら,お皿に盛り付けて完成です。 ソースとして,レモン汁を上からかけるか,タルタルソースを添えますが,今回はどちらもありませんでしたので,マヨネーズで代用しました。 タルタルソースを添えると,もうワンランク上のレストランで出てくるような料理が出来ますよ。 Amazonの情報を掲載しています 料理に合うオススメのお酒 スズキのムニエルに合うオススメのお酒はこちら。 せっかく美味しい料理を作ったなら,美味しいお酒と一緒に味わいたいですよね。 まとめ いかがでしたか? 非常に簡単に出来るフレンチの定番料理として紹介しましたが,味はもちろん素材が良いこともあり非常に美味しいですよ。 身は非常に柔らかく,しっかりと焼いた皮はスズキの上品な風味があります。 もちろん海で採れたスズキですので,川魚特有の臭いは全くありません。 バターと塩コショウの味付けがしっかりと効いており,スズキの素材の良さが引き立ちます。 白身魚の中でも癖のない身ですので,フレンチとの相性はとても良いですよ。 最後に食卓で撮ったスズキのムニエルはこちらです。 簡単に出来ますので是非スズキのムニエルに挑戦してみて下さいね。 おすすめするお取り寄せグルメ 私がスズキのムニエルと並んでおすすめするのが,脂のたっぷりのったマグロです。 たっぷり入った美味しいマグロを,送料無料でお取り寄せ出来るおすすめのお店はです。 以下の公式サイトからお取り寄せすることが出来ますので,この機会に是非マグロを堪能してみて下さい。 釣楽々の人気記事• 今回は釣り人なら一度は苦労するクーラーボックスに入れる氷を大量に調達する方法について紹介します。 今回は皆さんがあまり意識していないかもしれない,1回釣りに行くことでいったいどれくらいの釣行費用がか... 今回は釣った天然真鯛を使って刺身用に柵取りまでの捌き方を紹介します。 真鯛の代表的な料理と... 今回は,ゴメクサスのパワーハンドルノブを分解して回転性能の向上に成功しましたので,その方法について紹... 今回は,オフショアジギングで使用する道具の1つ「アシストフック」の作り方を紹介します。 今回は,管理人がライトジギングで使用しているベイトロッド「シマノ 16グラップラーBB B632」を... 今回は,管理人がライトジギングで使用しているベイトリール「シマノ 16グラップラーBB 200HG」... 今回は,釣ってきた天然真鯛を使って白子ポン酢を作りましたのでそのレシピを紹介します。 今回は青物狙いのオフショアジギングについて,必要な道具と釣り方や釣果を伸ばすコツを紹介します。 今回は釣ったタチウオを使って柵取りと保存用の捌き方を紹介します。 タチウオの代表的な料理と...

次の

鮭のムニエルのレシピ~洋食店のように仕上げる焼き方のコツ 【シェフ直伝】

ムニエル 作り方

シーバス(スズキ)の代表的な料理といえば? シーバスと聞くと釣り人にしか分からない名称だと思いますが,この魚の一般的な呼ばれ方はスズキです。 シーバスフィッシングはルアーで狙える対象魚でゲーム性があり,河口付近にも生息するため敷居が低く,海釣りの中でも特に人気があるジャンルです。 また,この魚は成長するに従って呼び名が変わる出世魚としても有名です。 私も全国の呼び方を知っているわけではありませんが,有名な呼び方の1つとして,セイゴ~フッコまたはマダカ~スズキと呼ばれています。 昔は高級魚として珍重されていたようですが,現在はスーパーにもよく並ぶ大衆魚として扱われるようになったみたいですね。 スズキの特徴として,生息域が広いことがあげられ,海はもちろんのこと,河川の河口や汽水域にも生息することが出来ます。 そのため,エサの種類や生活環境によって身の質が変わってくるため,どこで採れた魚か知っておく必要があります。 特にスズキは,刺身としても食べられますが,河川で採れたものについては,皮や身から川魚特有の臭いがあることや,寄生虫が入っている可能性も高いですので,生食する場合は海で採れたものに限ることをオススメします。 そんなシーバス(スズキ)を使って思い浮かべる料理といえば,新鮮なものは洗いや刺身といった生食で,塩焼きやムニエル等の焼き物,煮魚,フライや唐揚げ等の揚げ物といったところでしょうか。 ということで今回は,簡単に出来るフレンチの定番料理「スズキのムニエル」の作り方を分かりやすく紹介します。 用意する具材・調味料 具材• スズキ 1匹 調味料• バター 10g• 薄力粉 適量• 塩(あれば岩塩) 適量• ブラックペッパー 適量• タルタルソース(マヨネーズ) 適量• レモン汁 適量 スズキの簡単な捌き方 魚の捌き方は共通しています。 こちらの記事でも魚の捌き方を分かりやすく説明していますので参考にして下さい。 鱗を落とす まずはスズキの鱗を落とします。 鱗を落とすときは,専用のうろこ取りを使うと安全で早く出来ます。 私は以下のうろこ取りを使用しています。 Amazonの情報を掲載しています 持っていなければ,包丁で代用することが出来ますので,心配しないで下さいね。 鱗を綺麗に取り除いたら調理に移ります。 三枚おろしにする 次に,三枚おろしにします。 エラと内臓を取り除き,頭を落としてから半身2枚と中骨に切り分けます。 白くきれいな身がみえました。 魚を締めた際,血抜きをしっかりとしておいたので,身に血が交じることはほとんどありませんでした。 同様に裏面も捌いていきます。 三枚おろしが出来ました。 この後,腹骨と中骨を取り,皮を引けば刺身に出来ますが,今回は焼き物にしますので,これでラップして冷蔵庫に保管します。 また,これらの作業にはスズキの骨が切れる包丁が必要ですので,なるべく切れ味の良い出刃包丁を用意しましょう。 手頃な価格でオススメの出刃包丁はこちら Amazonの情報を掲載しています 使用後は包丁の手入れ 最後に,魚を捌き終わり包丁を使い終わった後は丁寧に洗って乾燥させましょう。 また,定期的にメンテナンスすることで切れ味を持続させておくと包丁は長持ちしますよ。 包丁研ぎの魅力とメンテナンスに欠かせない砥石の選び方を解説していますので是非ご覧下さい。 スズキのムニエルのレシピ スズキの下処理 スズキの半身を半分に切ります。 次に両面に塩・黒胡椒を適量振り,薄力粉をまぶしたら下処理の完成です。 スズキをフライパンで焼く フライパンにバター10gを入れて溶かします。 バターが溶けてフライパンがよく温まったら,皮のついた面から焼いていきます。 皮は火が通ると反り返りますので,フライ返しで上から押し当てて焼き色を均一にします。 皮目にしっかりと焼き色がついたら反対側も焼いていきます。 焼き色がついたら盛り付けて完成 裏面もしっかりと焼き色がついたら,お皿に盛り付けて完成です。 ソースとして,レモン汁を上からかけるか,タルタルソースを添えますが,今回はどちらもありませんでしたので,マヨネーズで代用しました。 タルタルソースを添えると,もうワンランク上のレストランで出てくるような料理が出来ますよ。 Amazonの情報を掲載しています 料理に合うオススメのお酒 スズキのムニエルに合うオススメのお酒はこちら。 せっかく美味しい料理を作ったなら,美味しいお酒と一緒に味わいたいですよね。 まとめ いかがでしたか? 非常に簡単に出来るフレンチの定番料理として紹介しましたが,味はもちろん素材が良いこともあり非常に美味しいですよ。 身は非常に柔らかく,しっかりと焼いた皮はスズキの上品な風味があります。 もちろん海で採れたスズキですので,川魚特有の臭いは全くありません。 バターと塩コショウの味付けがしっかりと効いており,スズキの素材の良さが引き立ちます。 白身魚の中でも癖のない身ですので,フレンチとの相性はとても良いですよ。 最後に食卓で撮ったスズキのムニエルはこちらです。 簡単に出来ますので是非スズキのムニエルに挑戦してみて下さいね。 おすすめするお取り寄せグルメ 私がスズキのムニエルと並んでおすすめするのが,脂のたっぷりのったマグロです。 たっぷり入った美味しいマグロを,送料無料でお取り寄せ出来るおすすめのお店はです。 以下の公式サイトからお取り寄せすることが出来ますので,この機会に是非マグロを堪能してみて下さい。 釣楽々の人気記事• 今回は釣り人なら一度は苦労するクーラーボックスに入れる氷を大量に調達する方法について紹介します。 今回は皆さんがあまり意識していないかもしれない,1回釣りに行くことでいったいどれくらいの釣行費用がか... 今回は釣った天然真鯛を使って刺身用に柵取りまでの捌き方を紹介します。 真鯛の代表的な料理と... 今回は,ゴメクサスのパワーハンドルノブを分解して回転性能の向上に成功しましたので,その方法について紹... 今回は,オフショアジギングで使用する道具の1つ「アシストフック」の作り方を紹介します。 今回は,管理人がライトジギングで使用しているベイトロッド「シマノ 16グラップラーBB B632」を... 今回は,管理人がライトジギングで使用しているベイトリール「シマノ 16グラップラーBB 200HG」... 今回は,釣ってきた天然真鯛を使って白子ポン酢を作りましたのでそのレシピを紹介します。 今回は青物狙いのオフショアジギングについて,必要な道具と釣り方や釣果を伸ばすコツを紹介します。 今回は釣ったタチウオを使って柵取りと保存用の捌き方を紹介します。 タチウオの代表的な料理と...

次の

鮭のムニエル(ソテー)のレシピ/作り方:白ごはん.com

ムニエル 作り方

【材料】• たら:1切れ• 小麦粉:適量• オリーブオイル:大さじ1• 卵:1個• マヨネーズ:大さじ2• プレーンヨーグルト:大さじ2• レモン汁:少量• 塩こしょう:少々• レタス、トマト:適量 【作り方】• 卵を茹で、玉ねぎをみじん切りにして水にさらします。 茹でた卵をみじん切りにしてつぶし、マヨネーズ、ヨーグルト、水気を切った玉ねぎ、レモン汁、塩こしょうを加えて和えます。 たらに塩こしょう、小麦粉をまぶします。 フライパンにオリーブオイルを熱し、たらを両面焼きます。 皿に盛り付けて、レタスやトマトを添えます。 タルタルソースをかけたら完成です。 【材料】• たら:2切れ• 塩こしょう:少々• 小麦粉:適量• 酒:大さじ1• 油:小さじ1• だし汁:小さじ2• ぽん酢しょうゆ:小さじ1• バター:小さじ1• 乾燥海藻ミックス:4g• 貝割れ菜:10g 【作り方】• たらに塩こしょうを振って小麦粉をまぶします。 海藻はたっぷりの水で戻し、貝割れ菜は1. 5cmに切ります。 フライパンに油を熱し、たらの両面に焼き色がついたら取り出します。 フライパンの汚れをふき、だし汁、ぽん酢しょうゆ、バターを入れて煮詰めます。 たらを戻し入れてからめたら器に盛ります。 フライパンが冷めたら大さじ1の水を入れて火にかけ、煮詰めてたれを作ります。 海藻と貝割れ菜を混ぜたら器に盛り付けて完成です。 【材料】• たら:2切れ• 小麦粉:適量• 塩こしょう:少々• バター:20g• 生クリーム:100cc• 水:50cc 【作り方】• たらに塩こしょうを振って小麦粉をまぶします。 玉ねぎを薄くスライスし、ほうれん草を食べやすい大きさに切り、しめじをほぐしておきます。 フライパンにバターを熱し、たらを両面焼いたら皿に取り出します。 再びフライパンに油を熱し、玉ねぎを炒めます。 玉ねぎがしんなりしたらしめじとほうれん草を炒めます。 コンソメ、水を加えて炒め、生クリームを加えひと煮たちさせます。 塩こしょうを加え、ムニエルにクリームソースをかけたら完成です。 【材料】• しいたけ:4枚分• エリンギ:2本• まいたけ:30g• しめじ:20g• パセリみじん切り:大さじ2• にんにくみじん切り:大さじ1• 酢:大さじ2• みりん:大さじ2• オリーブオイル:大さじ1• 塩:適量 【作り方】• きのこ類は石づきを取って食べやすい大きさに切ります。 酢、みりん、コンソメを混ぜてマリネ酢を作ります。 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で熱し、きのこと塩を中火で炒めます。 火が通ったらしょうゆを加えて炒めます。 しんなりしたらボウルに入れてマリネ酢と和えます。 粗熱を取ってパセリを加え、冷蔵庫で冷やして器に盛ったら完成です。 【材料】• ズッキーニ:1本• なす:1本• 人参:1本• パプリカ:1個• にんにく、しょうが:各1かけ• 粉コンソメ:4. 酢:50cc• 白ワイン:50cc• 砂糖:大さじ2• 乾燥バジル:小さじ1• オリーブオイル:大さじ1 【作り方】• 野菜を食べやすい大きさに切り、にんにく、しょうがを薄切りにします。 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて炒め、なすを加えて炒めます。 人参、ズッキーニ、パプリカの順で加えて炒めます。 しょうが、白ワイン、酢、砂糖、塩、バジル、コンソメ、水を加えて炒めます。 落としぶたをして10分煮込んだら火を止めます。 保存瓶に入れて熱いうちにフタをします。 冷めたら冷蔵庫で保存します。 しょうがを抜いて器に盛り付けて完成です。 【材料】• 玉ねぎ:3個• バター:15g• 小麦粉:小さじ2• チキンブイヨン:500ml• 塩:少々• フランスパンの薄切り:4枚• グリエールチーズ、ミックスチーズなど:適量 【作り方】• 玉ねぎとにんにくを薄切りにします。 鍋にバターを熱し、玉ねぎとにんにくを飴色になるまで20分ほど炒めます。 小麦粉を混ぜ合わせたら、チキンブイヨン、ローリエを加えて弱火で10分煮込みます。 ローリエを取り出したらスープを耐熱容器に入れ、フランスパンを浮かべます。 チーズをのせたらトースターまたはオーブンでこんがり焼いて完成です。

次の