北欧暮らしの。 北欧、暮らしの道具店

北欧ライフスタイル 人気ブログランキングとブログ検索

北欧暮らしの

イヌ(犬、狗)は、イヌ科の動物。 ネコ目イヌ科イヌ属に分類される。 学名は Canis lupus familiaris。 イヌはリンネ(1758年)以来、伝統的に独立種 Canis familiaris とされてきたが、イヌをタイリクオオカミ Canis lupus の亜種の一つとする学説(1993年、 D. Wilson and D. Reeder)が、現在は受容されつつある。 およそ3000万年前にイヌ科で最古の祖先へスペロキオンがミアキスから進化し、北アメリカ大陸で誕生した。 それからおよそ2000万年前にユーラシア大陸に移動し、さらに進化して犬の祖先といわれるトマルクトゥスとなり、アジアからヨーロッパやアフリカに広まって進化後、再び北アメリカ大陸に戻ったと考えられている。 広義の「イヌ」(後述)と区別して「イエイヌ」(英名 Domestic Dog)とも言うが、これは伝統的な学名 C. familiaris 家族の-犬 に対応した呼称。 また、広義の「イヌ」は広くイヌ科に属する動物 イエイヌ、オオカミ、コヨーテ、ジャッカル、キツネ、タヌキ、ヤブイヌ、リカオンなど の総称でもあるが、日本ではこちらの用法はあまり一般的ではなく、欧文翻訳の際、イヌ科動物を表す dogs や canine の訳語として当てられるときも「イヌ類」などとしてイエイヌと区別するのが普通である。 イエイヌは人間の手によって作り出された動物群である。 最も古くに家畜化されたと考えられる動物であり、現在も、ネコ Felis silvestris catus と並んで代表的なペットまたはコンパニオンアニマルとして、広く飼育され、親しまれている。 野生化したものを野犬(やけん、のいぬ)といい、あたかも標準和名のように、カタカナで「ノイヌ」と表記されることも多いが、もちろん種や亜種としてイエイヌから区別されるわけではない。 犬種については犬の品種一覧を参照。 現在、ジャパンケネルクラブ JKC では、国際畜犬連盟 FCI が公認する331犬種を公認し、そのうち176犬種を登録してスタンダードを定めている。 私たち人間の暮らしに役立つ植物、それがハーブです。 その多くが香りをもっており、芳香成分には沢山の薬効が含まれています。 皮膚や鼻の粘膜からその成分を吸収し心身ともに癒される方法がアロマテラピーです。 ハーブの利用方法にはアロマテラピー以外に、料理やハーブティーとして味わったり、ポプリ・リース・染物など暮らしに潤いを与えてくれたりもします。 これらハーブの花や葉を花材に使った生け花が「ハーブいけばな」です。 アロマテラピーやアロマエッセンス、ハーブティーでおなじみのハーブですが、セージ、ラベンダー、ミント等、フレッシュなハーブに実際に触れたことがある方は少ないのではないでしょうか? これらハーブ達の「花びら」や「葉」に触れる度、フワッ!フワッ!といい香りが湧き上がってとっても癒されるのです。 まさにアロマ(芳香)によるセラピー(癒し)をナチュラルに体感できる新しいアロマテラピー法です。

次の

北欧ライフスタイル 人気ブログランキングとブログ検索

北欧暮らしの

書籍「」を読みました。 著者芳子ビューエルさんは、北欧の雑貨や家具の輸入をしていて、昨今の北欧ブームの礎を築いた方。 この本では、デンマークの暮らしや家庭の様子を紹介しています。 私も、以前、一度だけデンマークへ行ったことがあります。 「」を読んで、デンマークを訪れ、デンマークに魅了された時のことを思い出させてくれました。 私がデンマークへ行ったのは15年ほど前のこと。 まだ北欧ブームが日本に到来する前でした。 それ以前から、北欧のシンプルな雑貨屋や家具の、日本に馴染み深いデザインが好きで、ロイヤルコペンハーゲンの食器など集めていた頃。 ちょうどその頃、友人がデンマーク人の彼とお付き合いしていたこともあり、デンマークの話をよく耳にするようになりました。 今まで、海外旅行に行った国は両手ぐらいしかないのですが、その中でデンマークは一番「住んでみたい国」になりました。 「」は、著者の芳子ビューエルさんが、仕事や海外での暮らしで知り尽くしたヨーロッパ、特にデンマークの暮らしぶりを、紹介しています。 少なくて小さくて可愛いデンマーク デンマーク人は堅実なリアリストでもあります。 例えば、ものはあまり所有せず、室内にも多くのものを置かないのは、倹約のためだけではないと考えられています。 「ものが多いと整理整頓に時間がかかるし、必要なものを見つけるのにも時間がかかるでしょう。 そもそも、片付けなくちゃって思うこと自体がストレスにならない? 」 これはある友人の言葉ですが、なるほど、言われてみれば確かにそのとおり。 よけいなものが少ないほど、ストレスのない生活を送れそうです。 「ああ、そっちに考えるんだ」と、私は軽い驚きを覚えました。 より 多くは所有しないけれど、自分が大切だと思うものは大切に持ち続ける。 よけいなものを抱え込んでストレスを感じるのはいやだし、他人の評価や意見に左右されるのもいやだけれど、自分が好きなものには徹底してこだわり、手間暇かけることも厭わない。 毎日の生活の中で、そして自分の人生において、何が一番大切なのかを考えた上で、持つべきものをじっくり選択する。 デンマークの人々には、多かれ少なかれ、共通してそんな気質があるように感じます。 より 「」にも書かれていますが、国も、家も、家具も。 全てが「小さくてかわいい」という言葉がぴったりマッチします。 旅行の時に訪れた、アンデルセンの生家。 デンマークの地方都市オーデンセにそのこぢんまりとした家はあります。 こんなに狭い長屋に、どうやって家族が住んでいたの?と不思議に思うほど、小さな家でした。 近隣にはアンデルセン博物館があり、そこにはアンデルセンの生活を再現したお部屋が展示されています。 アンデルセンの生家。 小ぢんまりとした長屋です。 アンデルセンの家の庭で変顔する長男。 無造作に植生された草花がまた良い感じ。 一週間ぐらい滞在したでしょうか。 滞在したのは、庭も料理も全てが美しい、。 にも泊まりました。 室内も室内もレゴだらけ。 子どもは大喜びでした。 デンマークのコンセント、かわいいです。 デンマークのキッチンで、調理器具や鍋が表に出ているのを見たことはありません。 もちろん調理中は別ですが、午後の遅い時間などに訪問すると、どの家のキッチンも本当にきれいに片付いて、何も見えないのです。 アメリカのように収納場所がたくさんあるわけではありません。 ちょっとした壁収納と、日本の家のキッチンと比べても小さめな食器棚がある程度。 より どうしてそんなにすっきり整理できるのか、デンマークの友人に聞いて見ました。 答えは単純明瞭。 「ものが少ないからよ。 だってしまうところがないじゃない」 収納が小さいから、そもそも、ものをたくさん持てないといいます。 確かに、その通りでした。 デンマークの家のキッチンでは、なべもフライパンも、包丁やフライ返しのような調理器具も、食器やグラス類も、ほんとうに少ないのです。 「料理がおいしければいいでしょ。 そもそも、お皿をしまうところもないのに、たくさん買ってどうするの?」 友人は、けろりと言い放ちました。 より しまうところがないから、ものを持たない。 まさに、「家を大きくしたら片付くかも」と多くの人が思っていることと逆の発想です。 でも、本来、小さい場所を最大限に活かすことができれば、大きなスペースは不要。 そして、キッチンのような動作の多い場所は、コックピットのように小さいほうが、実は効率的ですね。 少数精鋭の道具で、美味しい料理を作るのが私の理想です。 そうじ道具もシンプル ヨーロッパの友人が来日して、私の家に滞在していたとき、窓そうじを手伝ってくれることになりました。 私は当たり前のように、ガラス磨き用の洗剤やワイパーを引っ張り出して、「じゃ、これでお願いね」と並べました。 ところが、彼女はきょとんとしているのです。 「これ、何?」 「だから、この洗剤でシューッとガラスをスプレーして、こっちのワイパーを使って…. 」 「そんなの、いらないわよ」 すっかり忘れていました。 ヨーロッパの人たちは、そうじする箇所ごとに特別な道具や洗剤を使い分けたりしません。 そうじ道具といえば、ほうきか、モップか、雑巾。 洗剤なら石けん。 あとはバケツと水があれば十分です。 より ほんとうにそんなに多くの洗剤や道具が必要なのでしょうか。 そうじをしようと思ってシンクの下の戸棚を開けたら、あれこれ色々な洗剤が並んでいて、お目当ての洗剤を探し出すのに一苦労。 しかも、他の洗剤はたっぷり残っているのに、肝心の洗剤のボトルだけは空っぽだった…なんてことはありませんか。 より 洗剤など、食べ物以外のストック品も、私たちの家の収納を圧迫しています。 種類が多ければ多いほど、ストックを管理するのも困難になります。 私も、なるべく食酢や石鹸、過炭酸ナトリウムなど、多くの用途に使える洗剤だけを厳選して持つようにしています。 種類を少なくすることで、 「在庫管理」という仕事を一つ、手放すことができるんですね。

次の

北欧 暮らしの雑貨図鑑 (NEKO MOOK)

北欧暮らしの

日用品を日本のマーケットへと紹介するだけでなく、その背景に広がるものも丹念にリサーチし、風土と暮らしを伝えること。 そうした活動からは、ある種の民俗学的視点も見え隠れする。 そんな「Found MUJI」について、無印良品の担当者に話を聞いた。 合理的に、暮らしを楽しむ北欧。 だからこそ、世界中から愛される。 「Found MUJI」の活動がスタートしたのは2003年のこと。 リサーチの対象となったのは、中国やインドなどアジア諸国、ドイツ、リトアニアなどヨーロッパ、インド洋のマダガスカル、さらには日本各地まで全世界におよぶ。 「Found MUJI」 252 マダガスカル「世界のかご」 そこで見い出された日用品は改良を加えられ、青山の店舗「Found MUJI 青山」を始めとした国内12店舗、海外の8か国14店舗で販売された。 これまで取り上げられた特集は、現在までに300近く。 無印良品の担当者は「Found MUJI」の活動をこう説明する。 無印良品:無印良品はもともと「ものを作る」というより、「探す・見つけ出す」という姿勢で生活を見つめてきました。 廃れることなく長く活かされてきた日用品を世界中から探し出し、生活や文化、習慣の変化に合わせて少しだけ改良し、適正な価格で再生してきました。 2003年からはこの活動を「Found MUJI(見い出されたMUJI)」と名付け、さらに世界の細部にまで入り込みながらよいものを探す旅を始めました。 北欧諸国からは、2018年夏にフィンランドが、2015年末から2016年初頭にかけてはスウェーデンがテーマに選ばれた。 「Found MUJI」の担当者は、ガラス工房や100年以上の歴史を持つ機織工房、煉瓦造りのリネン工場といったもの作りの現場に足を運ぶだけでなく、その国の一般家庭にも宿泊。 寝食を共にすることで、人々の暮らしにも触れたという。 さまざまなものが作られる現場・使われる現場を回りながら、「Found MUJI」はシンプルかつ高い機能性を持つことで知られる北欧の日用品の背景にあるものを炙り出していく。 たとえば、器ひとつにしても、単純な形状で扱いしやすく、かつスペースを取らないようにデザインされている。 そこにはまず最低限必要なものから揃え、あとから生活の変化に合わせて買い足すことができるように、という思いが込められているんですね。 北欧の人々は、合理的で暮らしを楽しむことに長けていると感じます。 その考え方が生活の道具にも反映されており、ゆえに世界の多くの人々に使われているのではないでしょうか。

次の