筋肉 サプリメント。 筋肉量を増やすサプリメントは○○で決まり?!【26日目】

筋肉痛におすすめのサプリメント4選!早く回復させる方法や必要な栄養を解説!

筋肉 サプリメント

こんにちは!筋トレ・フィットネス大好きフリーランスの太郎()です! 筋トレをして筋肉をつけたい・ダイエットで綺麗な体を身につけたいという皆様! きっとどちらの方もトレーニングをしたり、走ったりなどをして自分の体を変えようとされているかと思います。 でも、 「そのトレーニング・ダイエットの成果を さらに向上させることができますよ?」と言われたらどうしますか? 筋トレのために絶対に飲むべきおすすめサプリメント15選 この記事を読んでいる皆さんは、きっと トレーニングやダイエットの効果を上げたくてここまで辿り着いたという方が多いかと思います。 そしてそんな皆様のために、トレーニングやダイエットの成果を飛躍的に向上させることのできる「 筋トレ・ダイエット向けおすすめサプリメント15選」をご紹介していきます。 きっと多くの人は、サプリメントの名前を聞いたことがあっても、実際にはどんな効果のあるものなのか、いつ飲めばいいのかなどわからないかたも多いでしょう。 この記事を読めば、 各サプリメントの内容・効果・飲むべきタイミング・価格帯などといったことを知ることができますよ! 種類がありすぎてどれを選べばいいかわからないという方には、 「まず買っておきべきサプリメント5選」を冒頭にて紹介していますので、そちらからチェックしてみてくださいね! 目次• まず買っておくべきサプリメント5選 「筋トレ・ダイエット向けおすすめサプリメント15選」の中から、サプリメント初心者の方にまずは使ってみて欲しいサプリメント5選をご紹介していきます! この5つさえ揃えておけば、まずはトレーニングの効果を挙げられること間違いありません! 筋肉の増量・疲労回復・脂肪燃焼・パフォーマンス向上など、確実に効果を期待できるサプリメントなので是非参考にしてみてくださいね! 1:ホエイプロテイン 多くのたんぱく質を含み、 プロテインの中でも一番主流のタイプになります。 ホエイプロテインの特徴としては、摂取時の吸収が早く、 トレーニング後でたんぱく質が必要といった時に最適なプロテインです。 価格:4,800円〜(Amazon)• 飲み方・タイミング:トレーニング後 本当に美味しいと話題のホエイプロテイン「鍛神PRO」を徹底的にレビューした記事はこちら: 2:HMBサプリメント ここ数年で日本国内でも人気が出ており、 プロテインよりも早くたんぱく質(アミノ酸)を摂取することができることから、プロテインと一緒に飲む人が増えているのがHMBサプリ。 価格:5,000円〜7,000円• 飲み方・タイミング:トレーニング前後・プロテインと併用することで効果アップ 3: BCAA 必須アミノ酸であるロイシン、イソロイシン、バリンの3つのアミノ酸が組み合わさったサプリメントがBCAAと呼ばれ、このBCAAを飲むことによって、 筋肉の分解や疲れを軽減してくれる効果を持っています。 価格:1,400円〜(Amazon)• 飲み方・タイミング:食後や就寝前に摂取 筋トレ・ダイエット向けおすすめサプリメント15選 ここからは筋トレ・ダイエット向けのおすすめサプリメント15選を紹介していきます。 サプリメントの 名前・内容・料金・飲むタイミングなど、サプリメントの詳細についても紹介していきますので、自分のトレーニングやダイエットに合うサプリメントを探してみてくださいね! サプリメントの王様:プロテイン まずご紹介するのが、多くの人が知っている サプリメントの王様・プロテインです。 人の体の多くの部分はたんぱく質で出来ています。 そして、体の一部である筋肉を作るためにはたんぱく質を摂取することが必要なんですね。 そんな たんぱく質をしっかりと補給することができるサプリメントがプロテインです。 トレーニングを頑張っている人でプロテインを飲んでいないという方はほとんどいないといっても過言ではないでしょう。 実はプロテインにはいくつか種類があり、それぞれ用途が分かれていますのでその違いを知ってくださいね! 本当に美味しいと話題のホエイプロテイン「鍛神PRO」を徹底的にレビューした記事はこちら: ホエイプロテイン 牛乳を原料として、作られているのがホエイプロテインです。 多くのたんぱく質を含み、 プロテインの中でも一番主流のタイプになります。 ホエイプロテインの特徴としては、摂取時の吸収が早く、 トレーニング後でたんぱく質が必要といった時に最適なプロテインです。 トレーニングでより強い体を手に入れたいという方、スポーツ選手全般におすすめと言えます。 また種類によってビタミンを強化されていたり、糖質が多く入っているものなど多くの種類が販売されています。 価格:2,200円〜(Amazon)• 飲み方・タイミング:女性向け・運動をしない日・間食の代わりに 効果はプロテインの10倍?HMBサプリ ここ数年で日本国内でも人気が出ており、 プロテインよりも早くたんぱく質(アミノ酸)を摂取することができることから、プロテインと一緒に飲む人が増えているのがHMBサプリ。 HMBの場合はその工程をなくし、 ダイレクトにHMB(アミノ酸)を摂取することが可能です。 価格:5,000円〜7,000円• 飲み方・タイミング:トレーニング前後・ プロテインと併用することで効果アップ トレーニング前に飲むべきサプリメント 皆さんはトレーニング前に何かのサプリメントを飲んでいますか? 実はトレーニング前に飲むだけで、 トレーニングでより重いウエイトを上げられたり、脂肪燃焼効果を促進したりなど、 全体的なトレーニング効果を向上させてくれるサプリメントがあるんです。 ここからはそんなトレーニング前に絶対に飲むべきサプリメントたちをご紹介していきます! さらなるパンプアップを狙える:一酸化炭素(NO)ブースター 名前の通り、 体内の一酸化炭素濃度を向上させてくれるサプリメントです。 一酸化炭素を増やすと聞くとなんだか怖いと思う方もいるかもしれませんが、それは筋トレにとっては大きなメリットになります。 体内で一酸化炭素が増えることで血管が拡張し、より血流が活性化されます。 それによって 筋肉の成長に必要な栄養素やホルモン・テストステロンなどの働きが活発になるとされています。 血流が良くなることで、より トレーニングでのパンプアップも向上され、短時間での成果を得やすくなります。 価格:1,800円〜• 飲み方・タイミング:トレーニング30分前に摂取 体を覚醒させてくれる:カフェイン 眠気覚ましといった意味での多くの人に知られているカフェインですが、実はトレーニング前に是非摂取してほしいサプリなのです。 カフェインを摂ることで脳が覚醒し、より集中力を高めることができます。 筋トレは総じて集中力を必要とするものですので、カフェインを摂って体を目覚めさせておくことに間違いはないのです。 ちなみにカフェインのサプリメントに関してはそれほど高価なものでないので、トレーニング以外にも勉強・仕事向けの眠気覚ましなどで使用してもいいかもしれません。 ( ただ使用量は守って使いましょう。 価格:500円〜• 飲み方・タイミング:トレーニング30分前に摂取 体脂肪を燃やしてくれる:CLA 筋肉をつけるだけでなく、体の脂肪をより燃焼させたいという人向けのサプリメントがCLAです。 CLAは「共役(きょうえき)リノール酸」という栄養素になるのですが、実はこの栄養素は 体脂肪を燃焼してくれる脂肪なのです。 体脂肪を燃やす脂肪というと不思議な感覚に陥りますが、実は CLAは脂肪の分解を促進してくれるものなんですね。 CLAをトレーニング前に摂取することで、トレーニング中の脂肪分解・脂肪燃焼をより効率的に行うことができます。 トレーニングで脂肪を燃やしたいという方は是非取り入れたいサプリメントです!• 価格:4,000円〜• 飲み方・タイミング:トレーニング前に食事と一緒に摂取 トレーニングの最中に飲むべきサプリメント トレーニングの最中はしっかりと体に栄養素やエネルギーを届け続けることが大切になります。 筋トレの最中に体内のエネルギーが無くなってしまうと扱えるウエイトの重量が下がってしまい、効果的なトレーニングを行うことができません。 そんなときには トレーニング中でも栄養素が取れるサプリメントを、水などに溶かして摂取することがおすすめです! 筋肉の分解を防いでくれる:BCAA BCAAは筋トレの最中や筋トレ後に是非飲んでほしいサプリメントです! 必須アミノ酸であるロイシン、イソロイシン、バリンの3つのアミノ酸が組み合わさったサプリメントがBCAAと呼ばれ、このBCAAを飲むことによって、 筋肉の分解や疲れを軽減してくれる効果を持っています。 価格:4,800円〜(Amazon)• 飲み方・タイミング:トレーニング中やトレーニングの直後に摂取 トレーニング後に飲むべきサプリメント トレーニングを終えた後の体というのは、筋肉が消耗しているために筋肉の回復を促してくれるサプリメントを摂取するべきです。 筋肉を作るために飲むプロテインはもちろんですが、回復系のサプリメントを摂ることによって、 疲労を軽減したり筋肉の回復を早めてくれる効果があります。 また筋肉が回復して作られる際に、より大きく強い筋肉へなるようにと回復を促してくれるサプリメントもありますので、是非試してみてくださいね! 疲労回復におすすめ:グルタミン 筋肉や疲労の回復を担ってくれるサプリメントがグルタミンです。 グルタミンは回復の他にも、筋肉が作られやすくなるように促進してくれる効果や体内でのエネルギー源となってくれる効果もあります。 おすすめの 摂取タイミングはトレーニング直後や夜寝る前です。 体が回復をしなければいけないという時を狙って飲むようにしてみましょう!• 価格:2,800円〜(Amazon)• 飲み方・タイミング:トレーニングの直後や就寝前に摂取 より筋肉の発達を促進してくれる:EAA 筋トレ後にプロテインを飲んでたんぱく質を摂取し、その力で筋肉を発達させるというのはトレーニングの世界での常識ではありますが、実はトレーニング後にプロテインと一緒に摂取することでさらなる効果アップを狙えるのがこのEAAです。 EAAは必須アミノ酸と呼ばれ、通常体内ではたんぱく質を分解してそれを必須アミノ酸へと変化させます。 しかしながら、EAAは必須アミノ酸そのものであるために、 より早くトレーニング後で栄養素を欲している体へと必須アミノ酸を届けることができるのです。 トレーニングを終えたら、まずEAAを飲んでアミノ酸を体内へと届け、そしてプロテインを飲むことでより筋肉の発達を促進することができます!• 価格:6,700円〜(Amazon)• 飲み方・タイミング:トレーニングの直後に摂取 トレーニング以外で飲むべきサプリメント トレーニングの時以外でも 日常で摂取することで効果的に筋肉の発達を促進させてくれたり、また体のパフォーマンスを向上させてくれるサプリメントがあります。 トレーニング成果をより促進する:クレアチン クレアチンを定期的に摂取することで、筋トレ中の無酸素運動などの強度の高いトレーニング時に素早くエネルギーを作り出すことができます。 簡単に言い換えると、 トレーニングでより重たいものを持てるようになったり、今までウエイト50kgを8回しか挙げられなかった人が、10回挙げられるようになるなど、トレーニングでのパワーアップが期待できるんです。 クレアチンの効果を一覧であげると、「 身体能力・運動パフォーマンス向上、筋肥大効果・除脂肪体重増加、また脳の疲労軽減」といったまさにいいことづくめのサプリメントなんですね! おすすめの摂取タイミングは食後とトレーニング後になります。 またクレアチンを体内に満たしておくことでさらなる効果が期待できるため、毎回の食後に水に溶かして飲むといいでしょう!• 価格:2,800円〜(Amazon)• 飲み方・タイミング:毎回の食後・トレーニングの直後に摂取 プロテインと同じくらい大切:マルチビタミン・ミネラル 激しいトレーニングで体が消耗すると、 自分が気がつかないところで体内のビタミンやミネラルはどんどんと失われていきます。 ビタミンやミネラルが不足すれば体が弱くなって病気にかかりやすくなりますし、筋肉を増やしたいという方はたんぱく質を筋肉に変えてくれるビタミンB6などを積極的に取り入れていかないといけません。 必要なビタミンやミネラルを満遍なく摂取するためには、このようなマルチビタミン・ミネラルが一番効率が良いため、是非 プロテインと同じくらい重要なものとして考えて欲しいなと思います。 価格:4,800円〜(Amazon)• 飲み方・タイミング:トレーニング後 2:HMBサプリメント ここ数年で日本国内でも人気が出ており、 プロテインよりも早くたんぱく質(アミノ酸)を摂取することができることから、プロテインと一緒に飲む人が増えているのがHMBサプリ。 価格:5,000円〜7,000円• 飲み方・タイミング:トレーニング前後・プロテインと併用することで効果アップ 3: BCAA 必須アミノ酸であるロイシン、イソロイシン、バリンの3つのアミノ酸が組み合わさったサプリメントがBCAAと呼ばれ、このBCAAを飲むことによって、 筋肉の分解や疲れを軽減してくれる効果を持っています。

次の

【薬剤師監修】筋肉痛におすすめのサプリ人気ランキング10選【運動後の痛みに】

筋肉 サプリメント

最近よくテレビCMで耳にする筋肉成分とは、何から構成されているものなのでしょうか。 サプリメントの効果も気になるところです。 この記事では、 筋肉成分のサプリメントについて説明していきたいと思います。 筋肉成分とは何から構成されている? 普段テレビを音だけで聞く事が多い方もいると思いますが、『筋肉成分』という言葉が時々耳に入ってきます。 この筋肉成分は、『イミダゾールペプチド』という成分の事を指します。 筋肉成分=筋肉作りに直接的な効果のある成分だと思っていましたが、このイミダゾールペプチドは、直接的な筋肉作りへの効果はないのです。 どういうことだ?と思うかもしれません。 実はイミダゾールペプチドは、鶏胸肉やカツオに多く含まれる成分でアミノ酸の一種であり、疲労回復に効果的だと言われています。 つまり、この筋肉成分と言うのは、「筋肉 作りに役立つ)成分」ではなく、「 鶏やカツオの 筋肉 に含まれる 成分」と言う事になります。 筋肉に必要な成分は何が必要? 筋肉に必要な成分は、主にタンパク質・炭水化物 糖質 ・ビタミン・ミネラルです。 筋肉と言えば、タンパク質を思い浮かべる人も多いかと思います。 しかし、タンパク質だけ摂っていても筋肉は付かないのです! 筋肉を動かすには、エネルギーが必要です。 車を動かすエネルギーがガソリンであるように、筋肉を動かすエネルギーは炭水化物 糖質 です。 近年糖質ダイエットが流行していますが、糖質を全く摂らずに運動してしまうと、体は筋肉をエネルギーへと分解してしまいます。 筋肉を付けたいのに、筋肉をエネルギーにしてしまうという大変な状況になるのです。 よって、筋肉には炭水化物 糖質 も欠かす事の出来ない成分です。 しかし、このタンパク質を分解する過程において欠かせないのがビタミンです。 特にビタミンB群には、タンパク質を分解する作用があるため必須です。 他にビタミンCも筋肉疲労を和らげる効果があるため、トレーニング後の筋肉疲労を減少させる効果が見込めます。 最後にミネラルですが、ミネラルは代謝をあげる効果があり筋肉が合成される過程に欠かせないものとなっています。 よい筋肉作りには、タンパク質だけではなくバランスのよい栄養摂取が必要であるとも言えます。 上記の成分とは別に、筋肉を鍛える過程において必要な成分があります。 それは、ミオグロビンです。 ミオグロビンは、激しい筋肉トレーニングにおいて消費される筋肉内の酸素を補給する働きがあります。 筋肉が酸素不足を引き起こすとミオグロビンが働いて酸素を供給します。 ミオグロビンは、ヘモグロビンから酸素を受け取り貯蔵する役目があります。 しかし、鉄分が不足すると赤血球 ヘモグロビン が不足し、ミオグロビンが貯蔵する酸素量も減ってしまう事になります。 つまり、ミオグロビンを働かせるためには鉄分が欠かせません。 鉄分も積極的に補給していくべきでしょう。 筋肉成分は食品から摂ることができる? 筋肉成分は食品から摂取する事も可能です。 タンパク質 ・牛肉 モモ、ヒレ ・鮭 ・卵 卵黄の食べすぎには注意 糖質 ・白米 ビタミン・ミネラル ・野菜類 緑黄色野菜がオススメ ・きのこ類 ・海藻類 おおまかですが、これらの食品から筋肉に必要な成分を補う事が出来ます。 タンパク質においては、他に豚肉や鶏肉、大豆などでも補う事が出来ますが、特にオススメの3種類を紹介しました。 また、プロテインを飲む事によって、良質なタンパク質を摂ることも可能です。 筋肉を付けたい目的によって、プロテインの種類を使い分けると良いでしょう。 ちなみに、記事の冒頭で説明した、イミダゾールペプチドを食品から効果的に摂取したい場合にオススメの方法は『鶏胸肉の煮汁を飲む』ことです。 イミダゾールペプチドは水溶性の成分であるため、水によく溶けるという特徴があります。 鶏胸肉を茹でた汁を味付けしスープにして食す方法は、鶏胸肉をただ食べるよりも、効果的にイミダゾールペプチドを摂取する事が出来ます。 筋肉成分を補給するサプリにはどんなものがある? 筋肉成分を補給するサプリメントには、軟骨成分を含むものやアミノ酸を主体としているものなどがあります。 筋肉成分のサプリメントだからと言って、一概に全て同じような効果があるわけではありません。 強い歩みを取り戻したい、筋肉を付けたいなど目的に合うサプリメントを選ぶ事が大切です。 サプリメントの種類や特徴について説明していきたいと思います。 筋肉成分を補給するサプリメントの種類と特徴 サントリー ロコモア 最近TVコマーシャルでよく宣伝されている筋肉成分サプリです。 筋肉成分 イミダゾールペプチド のほかに軟骨成分 プロテオグリカン・コンドロイチン等 が含まれているのが特徴です。 元気に歩きたい!という方にオススメのサプリメントです。 大正製薬 大正グルコサミンパワープラス 軟骨成分 グルコサミン・コンドロイチン・㈼型コラーゲン の他に、筋肉成分 アンセリン が含まれたサプリメントです。 軟骨成分が強化されているサプリメントですので、足腰に不安のある方にオススメのサプリメントです。 他に歩いた時の違和感を解消する、赤ショウガや筋肉の伸び縮みをサポートするエラスチンを配合していることから、加齢に伴う足腰の違和感などに悩む方にオススメです。 味の素KK アミノエール ロイシン40%を主成分として9種類のアミノ酸が配合されたサプリメントです。 筋肉作りをサポートしてくれるアミノ酸を効率的に摂取する事が出来ます。 筋肉の衰えを感じる方にオススメのサプリメントです。 当サイトを訪問した頂き、ありがとうございます。 ポマと申します。 2年前に医者から内臓脂肪・尿酸値の指摘を受けて、ジムに通うようになりました。 筋トレをして周りから「鍛えてますか?」と言われるのが嬉しくて、すっかりハマりました。 笑 体調も良くなりましたし、ぜひ皆さんも良い筋トレライフを送って頂けたらと思います。 色々なプロテイン、サプリ、加圧シャツを試しながら、筋トレを行っています。 筋トレをしている方であれば、当たり前のように「プロテイン」は飲むと思います。 その他、サプリや加圧シャツを併用する事で、筋トレの効率を上げる事が出来ます。 プロテイン、サプリ、加圧シャツなど、筋トレを効率を上げるために参考にしてください。

次の

筋肉増強におすすめのサプリ人気ランキング10選

筋肉 サプリメント

みなさんこんにちは! 日々理想の肉体に近づくために、肉体改造してますか!? 今回は、筋肥大をするために必要なおすすめのサプリメントについての僕の考えをお伝えしていきます! 筋肥大するためには、 『筋トレ・栄養摂取・休養』が大事です! その中でも栄養摂取は、自分に必要な栄養素を調べたり、食事や栄養の管理をしたりと結構頭を使う分野です。 特に、筋肥大に効果のあるサプリメントは数多くあり、有名なものだとプロテインやBCAA、クレアチンなどがあります。 こんだけ数が多いと、「どのサプリメントがどんな効果を持っていて、どれと飲み合わせると効果が高くて、どれの優先度が高くて…もう分からんわっっっ!!」とパニックになってしまうでしょう(汗) しかし、これらをしっかり整理して、自分の栄養管理をできないと、筋肥大に成功して理想の肉体を作り上げることは難しくなってしまいます。 ですので、今回はトレーニーによく使われる5種類のサプリメントの効果と摂取すべき優先度を比較していこうと思います! これからサプリメントを買おうと考えている方は是非参考にしてみて下さいね! そもそもどうやったら筋肥大するの? 肉体改造して分厚い筋肉を手に入れたいと思っている人たちの頭の中には、常に『筋肥大』といったワードが飛び回っていることでしょう。 みなさんご存知のように、 タンパク質は筋肉の分解を防ぎ、筋肉を作る材料になる栄養素です。 つまり、プロテインには筋肥大に重要な、筋肉の分解を抑制し、筋肉の合成を促進する効果が十分にあります! 基本的にタンパク質は、お肉やお魚、卵、大豆などの食品からでも摂取が可能なのですが、プロテインのメリットとして、 『タンパク質を素早く吸収出来る』ということがあります。 例えば僕がプロテインを使う時は、筋トレ後30分以内はタンパク質の吸収が促進されるゴールデンタイムと言われる時間帯なのですが、この時間帯にタンパク質を素早く摂取する時に使います。 この時に、普通の食事でタンパク質を取ろうとすると、食品は固形物なので胃で消化されてから小腸に送られて、そこでやっと吸収がスタートします。 胃での消化には時間がかかるので、30分間のゴールデンタイムはあっという間に過ぎ去ってしまいます。 これに対して、プロテインの場合は液体なので、胃を通過してダイレクトに小腸へ届くことができます。 そうすることですぐに吸収がスタートします。 吸収が早いと言われるホエイプロテインの場合、プロテインの摂取から20〜40分で血中のアミノ酸濃度がMAXまで高まります。 (タンパク質は消化されるとアミノ酸に変わります。 また、クレアチンが筋肉内に蓄積されると、その濃度を薄めようと筋肉内に水分が入ってくるので、結果的に筋肉がパンプアップし、見た目も分厚い筋肉に変わります! 僕がクレアチンを使う時は、その時々によって使い方が変わるのですが、大学生の時には、柔道の試合前に『クレアチンローディング』という試合の約2週間前ほどからクレアチンを摂取し始めて、筋肉内のクレアチン濃度を徐々に高めていく方法を行っていました。 こうすることで、試合の時には筋肉内のクレアチン濃度がかなり高まっていて、筋肉の瞬発力が極限まで引き上げられたコンディションで試合をすることができました! 試合の結果は、プロフィールをご覧頂いた方はご存知だと思いますが、全国大会で優勝出来て、それまでの努力の要因が大きいとは思いますが、クレアチンも一つの要因のように感じています。 最近のクレアチンの使い方は、後でお伝えするHMBという成分とクレアチンが一緒に入っているサプリを日常的に飲んでいます。 というのも、 クレアチンとHMBは同時に摂取すると効果が上がるという実験結果があります。 HMBは、クレアチンと併用することで効果が上がります。 これは、Steven L. Nissen教授も参加した、ポーランドでの実験で判明しました。 論文は、2001年に医学誌「Nutrition」に掲載されてます。 実験では、次の4つのグループの除脂肪体重(LBM)と筋力の向上を計測しています。 ・偽薬を摂取 ・クレアチン(CR)のみ摂取 ・HMBのみ摂取 ・クレアチンとHMBを同時摂取 その結果、 クレアチンとHMBを同時摂取したグループが、最も顕著に除脂肪体重が増加し、筋力も向上しました。 HMBとクレアチンだけを、それぞれ摂取したグループも、偽薬よりポジティブな結果となりましたが、どうせなら、同時摂取するのが一番です。 HMBだけで効果を実感できない人は、クレアチンも同時摂取してみるといいでしょう。 95 USDで有料公開されているので、興味がある方は確認するといいでしょう。 html) ですので、僕は日常的にクレアチンとHMBを摂取して、トレーニングの効果を上げるようにしています。 クレアチンは肉や魚などにも含まれていますが、1日に必要なクレアチン5gを摂取するには、例えば 牛肉だと1kgも食べなければいけません。 200gステーキだと5皿分です。。。 BCAAは筋肉の合成を促進するというよりも、筋肉の分解を抑制する働きの方が強いと考えています。 ですので、筋肥大の効果としては、半分くらいというイメージを持っておけば良いでしょう。 僕がBCAAを使う時は、トレーニングの前や最中に飲んで、トレーニング時に筋肉が分解されるのを防ぐ役割で使うことが多いです。 BCAAはアミノ酸なので、タンパク質を補給すればある程度は摂取することが出来ますが、 必要量を摂取しようとしたら、通常の食事では困難です。 グルタミンは筋トレの効果アップよりも、体調管理を良くする側面の方が強いって印象があります。 筋肥大の効果も、他のサプリメントと比べるとあまり高くない印象です。 僕がグルタミンを使う時は、ハードなトレーニングをすると大量を消耗してしまい、一時的に免疫力が低下して風邪を引きやすくなってしまうので、グルタミンを摂取して免疫力を高めるといった使い方をします。 グルタミンは体内でも生成可能な非必須アミノ酸で、プロテインを飲んでいたり、高タンパクな食事を心がけていれば比較的必要量の摂取が可能な成分です。 要は、筋肉をつきやすくする成分ということですね! もちろん筋肥大効果も抜群に高いです! 僕がHMBを使う時は、先ほどもお伝えしたようなクレアチンとHMBに加えてBCAAとグルタミンも一緒になっているサプリを、筋トレの前・最中・後の3回に分けて飲んでいます! 筋トレ前と最中に飲むことで筋肉の分解を抑制して、筋トレの後に飲むことで、筋肉の合成を促進させる狙いがあります! また、 HMBは通常の食事での摂取は難しい成分です。 というのも、タンパク質が消化されてアミノ酸に変化し、そのアミノ酸が消化されたものの一部がロイシンに変化して、そのロイシンが消化されたもののたった5%しかHMBにならないのです。 僕はこの工程を始めて知ったとき、「どんだけ過酷な道のりなんだよ…(汗)」って思いました(笑) しかも、効果を出すために必要なHMBの摂取量は1日に1000mg〜3000mgと厚生労働省が定めているのですが、必要量のHMBを摂取しようとすれば、プロテイン20杯以上のタンパク質を摂取しなければなりません。 プロテインを毎日20杯とか、金銭的にも胃袋的にも無理ゲーですね(笑) 筋肥大するための筋トレサプリメントの優先順位は? 5種類の成分の効果を理解して頂いたところで、筋肥大するためには、これらのサプリの中からどの成分を優先して摂取していけば良いのでしょうか? もちろん金銭的に余裕のある方は全てのサプリを摂取した方が、より筋肥大しやすくなるでしょうが、ここではそれぞれの成分の役割を考えた上で、実際に全てのサプリメントを使ったことのある僕が優先順位を考えてみました! 筋肥大するための筋トレサプリメント優先順位1位:HMB まず筋肥大するための筋トレ用サプリメントを何か1つだけ買うとしたら、迷わずHMBを買うべきでしょう。 HMBの筋肥大作用はこれら5つのサプリメントの中でも一番高いです! また、先ほどもお伝えしたように、HMBは他の成分に比べて、食事での摂取が一番困難な成分です。 クレアチンもHMBほどではないですが、食事での摂取が難しい成分です。 毎日1キロの牛肉ステーキ食えって言われたら、金銭的にキツいですよね…(僕はお肉大好きなので嬉しいですが!笑) しかし、筋トレの効果を高めるためには必須な成分なので、HMBよりも優先度は劣りますが、HMBを既に摂取しているという方は、次はクレアチンを買ってみると良いと思います! 筋肥大するための筋トレサプリメント優先順位3位:BCAA BCAAはHMBやクレアチンと比べて、筋肥大作用は劣るのですが、食事での摂取が難しい成分です。 実はプロテインの方が筋肥大作用としてはBCAAよりも高いと考えているのですが、プロテインで摂取出来るタンパク質は通常の食事からでも必要量を摂取出来るので、わざわざサプリメントして摂取するならば、食事では摂取するのが難しいBCAAを優先的に摂取するべきだと考えて、BCAAをプロテインよりも高い優先順位にしました。 ですので、既にHMBとクレアチンを摂取しているよーという、結構意識高い素晴らしいトレーニーの方は、次はBCAAの購入を考えると良いでしょう! 筋肥大するための筋トレサプリメント優先順位4位:プロテイン ここで、やっとプロテインの登場です! プロテインは、確かに素早くタンパク質を摂取出来るというメリットはあるのですが、トレーニング後にHMBを摂取する方が筋肥大効果が高いです。 それにタンパク質自体は通常の食事からでも十分に摂取が可能なので、HMBを持っていればプロテインの必要性はかなり低くなってしまいます。 実際に僕は先ほど紹介したバルクアップHMBプロとプロテインを併用しているのでプロテインも飲んでいますが、あくまでも他の成分と比較すると優先順位は下がってしまうと考えていますし、自分としてもその意識でプロテインを使っています。 ですので通常の食事でも、タンパク質と炭水化物と脂質の量を計算して食事メニューを考え、1日に必要な各栄養素をしっかりと補給出来るように計画しています。 もしも要望がありましたら、別記事で僕の食事メニューも公開しようと思いますので、気になった方はコメントかお問い合わせから連絡して下さい! 筋肥大するための筋トレサプリメント優先順位5位:グルタミン 一番摂取しなくても良いと考えているのはグルタミンです。 グルタミンは通常の食事をバランスよく取っていたり、プロテインを飲んでいれば、必要量は摂取出来てしまう成分です。 しかも、ここまでしっかりと栄養管理をしていれば免疫力も全然落ちませんし、僕はほとんど風邪を引きません。 ですので、この記事をここまで読んで下さった向上心の高い素晴らしいあなたは、きっと栄養管理をしっかりとして自分の身体を大切にしようという考えを持っていると思うので、体調管理用のグルタミンはおそらく不要でしょう! 筋肥大するための筋トレサプリメントのまとめ! 以上をまとめると、筋肥大するための筋トレサプリメントで摂取する優先順位が高い成分は、 HMB、クレアチン、BCAAの3種類です。 この中でも、 特にHMBは食事での摂取の難易度が高いです。 ですので、1種類だけ筋肥大するための筋トレ用サプリメントを摂取するとしたら、 『クレアチンとBCAAを含んだHMBサプリ』がベストの結論だと考えています。 私は中学、高校、大学、社会人と現在進行形で 14年間以上柔道を続けていて、大学時には 全国大会で優勝することが出来ました! 現在はブラジリアン柔術の試合にも参戦し、年末の大会でも 優勝することが出来ました! しかし社会人になってからは、激務や人間関係のストレスで暴飲暴食を繰り返し 15キロも太ってしまいました。 周りの人からはデブキャラ扱いをされ、ミジメで情けなくツラい毎日でした。 そんな情けない自分から脱したいと一念発起しますが、仕事の忙しさや疲れでなかなかダイエットは上手くいきませんでした… しかし、試行錯誤をして自分でダイエット法を考えたり、筋トレグッズやサプリメントを試しながら自分に合うダイエット法を見つけ、その方法を実践したら 1ヶ月で8キロ、3ヶ月で15キロのダイエットに成功しました! 現在でもリバウンドせず、さらに筋肉質な体型に変わってきています。

次の